月香の狩人、アカデミアに立つ   作:C.O.

43 / 48
久々なアレです。


43.試行、迫る仮免試験

 波乱に満ちた雄英の夏期休暇も終盤に差し掛かり、学校では雄英の1年ヒーロー科が鍛錬に励んでいた。

 体育館γ、通称トレーニングの台所ランド(TDL)では仮免取得に向けてセメントスが構築した立体フィールドでイレイザーヘッドやエクトプラズムを始めとした教師陣が生徒達にマンツーマンで手ほどきをし安定して決定力を持つ行動、所謂必殺技の開発を行っている。

 私もまた副担任としてその趨勢を見守っていた。

 本来ならば私も公安調査庁(PSIA)が総出で行っている(ヴィラン)連合の威力偵察を含めた調査に加わるべきなのだろうし、実際に調査への参加を提言したものの、『狩人』に関しては即時出撃できる状況を整えておくことを優先すべきと判断され、雄英にて情報収集に努めよという、詰まるところの待機命令が下されたのであった。

 また、逮捕に至ったスピナーこと伊口秀一とマグネこと引石健磁の取り調べも、両人共に予想外に黙秘を続けており全く進展を見せていない。利害関係だけで繋がっていると思われた(ヴィラン)連合だが、個人の矜持故か仲間を売る行為は嫌悪している様子であった。

 そのため(ヴィラン)連合への威力偵察どころか単純な捜査すら満足に行えていないということが現状であり、私としても雄英にて副担任の職務に当たる以外は行動に移せる任務が無いという実状なのだった。

 

「お前たち一旦、訓練を中断して集合しろ」

 

 イレイザーヘッドが訓練中の生徒達に集合の合図を掛ける。

 突然中断されたことに疑問符を浮かべつつも生徒達は迅速に集まってきた。

 イレイザーヘッドは相変わらずの平坦な口調で生徒達に説明を始めた。

 

「個性伸ばしや必殺技の開発は個人差があるが、ある程度は定まってきた。期間的に技の開発がもっとギリギリまで掛かると思っていたが、想定以上に順調に進んでいるため次の段階に移れると判断した」

 

 イレイザーヘッドの言葉に生徒達が期待の表情を見せる。

 

「具体的には、実際の仮免試験対策を行う」

 

 基礎能力を上げてきた段階と明確に違う、実際に行動を起こす応用訓練である。

 基礎能力訓練の段階では、実戦を想定していたとしても感覚やイメージのズレが起こる。それを修正するためには、実戦に近い形で訓練を行う必要があるのである。

 

「というわけでほれ。狩人、説明してやれ」

「何をですか?」

 

 さも当然のように話をしろと振られたが、事前の打ち合わせがあるわけもない。

 イレイザーヘッドは私に視線を向けているが、何を話せというのだろうか。

 

「勿論、仮免試験についてだよ。この中じゃ一番直近に仮免試験を受けたのは狩人だろう? 一番生徒達に参考になる話ができるのはお前だ」

「……なるほど。わかりました。とはいいましても、試験の性質上、参考になるかどうかはわからないのでは?」

「いいからほれ」

 

 そういうとイレイザーヘッドは壁にもたれ掛かり、顎をしゃくって早くしろと促してきた。

 周囲にわからないよう一つ嘆息しつつ頷き、生徒達へ向き直る。

 生徒たちの表情には疲労の色が浮かびながらも真剣な視線を注いでいる。その真剣に応えられるだけの有用な助言をどこまでできるのだろうか。

本来ならば、傾向と対策を伝えることが王道なのだろう。だが、ヒーロー活動認可資格試験は本試験だけでなく、仮免試験すらも流動的に内容が毎年変化するため、一面的な傾向を伝え、その対策をとってしまうと逆効果になりかねないのだ。

 だがそれでも僅かにでも私の経験そのものが彼らにとって有意なものであるならば、伝える価値もあるのだろう。然らば埃を被った記憶の糸を手繰り寄せる必要がありそうだった。

 

「さて説明と言っても、仮免試験は毎年形式が変わります。ですから、私のときの試験内容をそのままお話ししても意味がありません。ですが、ある程度の傾向はありますし、なによりも本質は変わりません」

「ちなみに、意味はないとはいえ先生のときはどんな試験だったのかしら?」

 

 蛙吹梅雨が顎に人差し指を当てつつ、疑問を口にする。

 

「私のときは、被災地において(ヴィラン)役の監督官を救助が行われている場所へ如何にして向かわせないかと、救援を如何に素早く呼び正確な情報を伝えられるかが主に試験の重要なポイントになりましたね」

 

 ヒーロー飽和時代と呼ばれ久しいが、私が試験を受けたときもやはり同じくヒーローの飽和状態は叫ばれていた。

 個々人の実力よりも、個性を鑑みた上で適材適所に配置し集団として最大限の効果を求めることを当時は第一に考えられていたのである。

 そのため私が試験時に判断したことは「完全制圧後ならば精神的に余裕をもって報告ができ、後の救助活動の憂いを絶つことができる」だったため、救援到着までの時間から逆算し、眼前の(ヴィラン)役を沈黙させ周囲一帯のクリアリングを人命救助に文字通り致命的な支障がでない時間内と被害規模で抑え行うことであった。

 今思えば、試験なのだから救援の連絡を他の誰かに頼むことをしていれば幾分か楽になったであろうが、当時の私にはどの様なことであれ任務中に誰かを頼るなどあり得ないと即断で切り捨てる選択肢である以上、それしか最善策として取りえなかったのであった。

 

「先ほどもお伝えしましたが、試験そのものはほぼ間違いなく私が受けたときとは違う形式で出題されますが、試験官が観察するポイントは限られているのです」

 

 三つ指を立て、生徒達に提示する。

 

「ヒーロー活動は、三つに大別されます。即ち、『救助』『避難』『撃退』です。これはヒーローの基本三項と呼ばれるものですが、試験はそれぞれに特化したシチュエーションが用意され、適切な行動をとることが出来るかを見られます」

 

 一応、イレイザーヘッドに視線を送りつつ間違っていたら訂正を促すようにしているが、今のところ口を挟まないということは特段の問題がないものとして判断していいのだろう。

 

「基本的には、『撃退』を主にした戦闘能力を測る試験と『救助』を主にした救出能力を測る試験が一次試験と二次試験に分けられて出題されます。その年ごとに一次試験が『撃退』のこともあれば『救助』のこともありますので、一概に一次試験はどちらであると断定はできませんが、この構造自体は十数年は変わっていません」

 

 ここまで説明したところで、八百万百から手が上がる。

 

「質問よろしいでしょうか」

「どうぞ」

「先程、先生はヒーローの基本三項を上げましたが、試験には『避難』は出題されないのでしょうか?」

「尤もな疑問です。『避難』という項目は『撃退』と『救助』の何れであっても基本的に付随されてくるものとして考えられています。つまり試験は『撃退』並びに『避難』、もしくは『救助』並びに『避難』といった形で出題されるということです」

「なるほどですわ。状況から(ヴィラン)の撃退を優先すべきか、一般人の避難経路の創出を優先すべきか。自身がその場に残って救助を行うべきか、それとも別のヒーローに救助は任せ、自分自身は避難誘導に徹するべきか。その判断も問われるということですわね」

「そういうことです」

 

 ヒーローとして現場に出れば、思考を放棄して無心で一つのことに徹していればいいということはない。その場その場で、常に判断を試されるのである。

 そして、仮免とはいえ現場でヒーローとして振る舞うことになれば、少なからずその判断をしなければならない場面に出くわす可能性が往々にしてありえるということでもあった。

 今度は、緑谷出久から手が上がる。

 

「あの、僕も質問いいですか?」

「ええ。なんでしょう」

「三つ全部が同時に出題されることはないんですか? 実際のヒーローたちはそんな状況も多いと思うんですけれど」

「確かに緑谷くんの言うとおり、現実では今の基本三項が同時に起こることもままあります。ですが、仮免試験でそこまで求められることは稀ですね」

「そうなんですか」

「現代ヒーローの在り方も試験には影響しています。医者が内科や外科と分けられるようにヒーローとして事務所を構えた際には、『撃退』を主として活動するか、『救助』を主として活動するか、自身の得意に特化して方針を定めるのが一般的です。オールマイトやエンデヴァーのような全てのヒーロー活動を包括的に行うことのほうが例外なのですよ」

「言われてみれば……」

「勿論絶対に包括的なシチュエーションが出題されないということは言い切れません。事実、もうかなり前にはなりますが仮免試験において『撃退』『避難』『救助』全てを行うシチュエーションが用意されたこともあります。特に顕著だったのはオールマイトのデビュー翌年です。その年は例年とはかなり逸脱した試験が設定されました。あの大災害があった翌年は、多くのヒーローが必要だと言われながらも仮免、本試験共にかなり高難度の試験が実施されたのです」

「……! それって、つまり」

「現実の情勢を鑑みて試験の難易度は変動する、ということです。そして、今年はおそらく難化すると予想されます。本来ならば、試験内容が数ヶ月前に変更になるということは、まずあり得ません。ですが、本年は例外が多くありすぎましたし、なによりその理由は皆さんなら身に染みてお分かりになるでしょう」

 

 私がそういうと、生徒同士は眼を合わせていた。

 雄英への襲撃、ステイン事件、I・アイランド襲撃事件、再度の雄英侵攻。

 マスコミは連日、ヒーローが飽和していると言われて久しくありながらも、昨今の(ヴィラン)の活動が活発になったのはヒーローたちが弱体化し抑止力として機能していないのではないかと騒ぎ立てている。

 その情勢を反映して、おそらく試験の難度は例年よりも厳しいものになると予想が立つのであった。

 視線を感じイレイザーヘッドをみやると彼の視線からは、そこまで言わなくていいというニュアンスが読み取れた。生徒ら自身が、事件の中心にいたため試験難化の要因になってしまっているかもしれないという誤解を与えるなという意味なのだろう。

 彼らでなくとも、大きな事件が起これば試験はそれを反映するように設定されるはずである。つまるところ、関わっていた者が雄英の生徒でなくとも試験は如何様にも変化していたはずだ。

 だが、ニュースを始めとしたマスコミは雄英の対応に問題があるという風潮が強く、彼らは雄英生であることでどこかしら自分のことのように受け取ってしまっている可能性があった。

 私としては、そのような意図は全くなかったが、確かに余計なプレッシャーを与えてしまったのかもしれないのだった。

 

「……全くもって難しい」

「先生?」

「なんでもありません。緑谷くんの質問はもう大丈夫ですか?」

「あ、はい。ありがとうございます」

 

 緑谷出久は考え込みながらも、そこに悲愴はない。

 それは、他の生徒達も同じであった。

 イレイザーヘッドが頭を掻きながら生徒達の前に戻ってきた。

 

「ふー……まァ、お前も教師としてのレベルも上がってきたってことにしておいてやろう」

「そうですか」

 

 どうやら、私の教師としての試験でもあったらしい。

 イレイザーヘッドの反応から見るに、満足な出来というわけではないが一切の不合格というわけでもないようだった。

 

「今、狩人から説明があった通り試験はシチュエーションが用意され、それを解決していくパターンが多い。俺の時もそうだったが仮免では応用的、複合的に能力を審査されることになるはずだ。個性把握テストのような個々人のポテンシャルだけを審査するというものでは当然ないということだけは覚えておけ」

 

 イレイザーヘッドが私がした説明に補足的に情報を付け加えていく。

 クラスごとの受験になるため他クラスと一緒の会場ではやらないということ、他校は通常二年で受けるため一年生である彼らよりも個性の扱いに長けているものがライバルになる、といった具合に試験要項を読んでいるだけではわかり得ない情報を並べていった。

 

「とりあえずこんなとこだろ。そんでこれからやる訓練についてだが」

 

 一通り話終えると不敵な笑みを浮かべてイレイザーヘッドは生徒たちを見回した。

 

「『撃退』『避難』『救助』、全てを包括したシチュエーションを想定して行う」

 

 それを聞いて生徒たちは驚き半分、しかしもう半分は想定の範囲内だという反応をしていた。

 

「なんとなく相澤先生なら、仮免試験に特化した方が合理的だっていいそうッスけどねー」

 

 上鳴電気が何気なく言うと、一つイレイザーは息を吐いた。

 

「仮免試験だけが目的なら、確かに上鳴の言うとおりだが仮免は通過点に過ぎない。あくまでも目標はプロヒーローになり、プロとして活躍することであって、仮免試験でしか通用しないような訓練は後々無駄になる。だからと言って仮免の対策を練らず疎かにすることは当然ながら愚行。だから先を見据えてこういう形をとることにしたわけだ」

 

 だが、訓練や試験と言えども(ヴィラン)の撃退、一般市民の避難誘導、要救助者の保護を同時に行うというのは、想定しうるヒーロー活動の中でも難度はかなり高い部類に属する。場合によっては、仮免試験までに工程を消化しきれず全てが中途半端になってしまう恐れも孕んでいるというのは否定ができないのであった。

 

「ま、プルスウルトラの精神だ。かなりキツいが乗り越えていこう」

 

 イレイザーヘッドは軽く言い放ったが、少なくとも十数通りのパターンが存在するのだから基本を押さえるだけでも相当に時間を要することになるはずだ。

 生徒達は根気と集中を切らさずにどこまで状況対応ができるかを試されることになる。

 

「とりあえず、狩人。『撃退』『避難』『救助』を同時にこなさなければならない状況を挙げてみろ」

「わかりました」

 

 どうやらイレイザーヘッドはまたしても私に()()()()()、生徒に説明しろと言外に言っているようだった。

 まだイレイザーヘッド流の教師指導は終わっていないらしい。

 

「まず、周辺環境の想定から始めましょう。皆さんもどのような状況が想定できるかを考えながら聞いてください」

 

 とはいえ、私は私のやり方しか知らない。

 いくらこれが教師としての職務と言えどもイレイザーヘッドの機嫌を取るためにやる必要もない。

 私の思う、私のやり方の最大効率で彼らに伝えるだけであると思いつつも、無縁ゆえに埃をかぶり忘却の彼方にあった仮免試験を受けた際の記憶を必死に呼び起こしていた。

 

「真っ先に思い当たったと思いますが、第一は都市部や市街地で個性犯罪が起こった場合です。(ヴィラン)の襲撃があり、建物等が崩落したと想定しましょう」

 

 ステイン事件の際の脳無の襲撃がまさにそれであると言える。

 トップヒーローを目指す場合には、絶対に避けて通ることができないシチュエーションでもある。

 

「この状況下では、(ヴィラン)を迅速に排除ないし被害地から遠ざけなければ救助に向かうことが難しく、しかしその場で大規模に戦闘を始めてしまえば要救助者や一般市民を更に巻き込んでしまう可能性があります。何より戦闘が長引けば救助が間に合わなくなってしまうことが考えられるのです」

 

 都市部の(ヴィラン)災害は、二次被害を生む可能性が極めて高い。

 人口と建造物が密集しており、その場で(ヴィラン)も捕まるまいと抵抗する。その戦闘の余波における建物の崩壊に伴って被害が波及していきやすいことは、想像に難くないだろう。

 

「また、敵以外にも人口密集地では二次災害を引き起こす要因があります。何かわかりますか?」

 

 生徒たちに質問を投げ掛けると、麗日お茶子と目があった。

 

「ええと、なんやろ……そや、パニックになった一般人の行動とかですか?」

「ええ、その通りです。集団でパニックに陥った場合、先導する者がいない場合、一般人は無秩序に周囲の状況を鑑みずに逃げ出そうとするため、大きな事故に繋がることが多くあります。それを引き起こさないようにするのもヒーローの務めのひとつというわけですね」

「やたっ!」

「ですが、それだけでは半分です。もう半分、一般人が引き起こす二次災害があります」

 

 再び、生徒たちを見回しながら問いかける。

 

「それは、一般人による善意の救助活動ないし撃退活動の手助けです。これによる二次的な災害は調べてみればわかりますが、驚くほど多い」

 

 このヒーロー社会だからこその弊害を知ることも必要不可欠であると私は考える。

 どうしようもなく自身だけではコントロールができない事態があるということを理解できるはずだ。

 

「訓練を積んでいない所謂素人が純然たる善意でヒーローを手助け、ないし自身で目の前の状況を解決しようとした結果に引き起こされる事故は、善意であるが故に無くすことがとても難しいのです。例えば被災者を助けようとしたために二次被災者になってしまうことや、一般人が(ヴィラン)へ向けて応戦した結果の攻撃をヒーローに対して当ててしまうといったことが事実として起こっています」

 

 私がそういうと、緑谷出久と爆豪勝己は各々苦虫を潰したような顔をしたのだった。彼らなりに、心当たりと思うことがあるのだろう。

 勿論、現場に居合わせた一般人が事件解決に劇的な効果をもたらした事例がないわけではない。

 数年前の鳴羽田でおきたスカイエッグタワー倒壊事件の際には、オールマイトをはじめとし、ベストジーニストや当時来日していたキャプテン・セレブリティが表立ち事件解決の立役者として扱われている。だが個性の無断使用もあり非公式の扱いになっているが、そこに居合わせたとある大学生の助力による貢献が大きかったと、当時現場に関わった者たちは口を揃えて言う。

 その大学生が関与したのは時間にすればほんの数分でしかないが、そのたった数分の助力がキャプテン・セレブリティを持ちこたえさせ、ベストジーニストを立て直させ、オールマイトを間に合わせた。

 そして五万人を巻き込んだ大規模(ヴィラン)災害にも関わらず、死者ゼロと言う奇跡を生んだのだった。

 しかし、それは特異なケースであることは言うまでもなく、一般事例として捉えるわけにはいかない。

 

「災害現場の一般人は基本的に興奮状態にあるため、多くの方が平時であれば可能な合理的な行動をとることができないことが多い。故に、ヒーローは撃退を主な活動にしていても(ヴィラン)だけを見ているわけにはいきません。都市部であれば建造物が崩落し、戸惑う人々が招く混乱の中で、誰よりも広い視野をもつことが要求されるのです」

 

 その後も、郊外における立ち回りや山岳や森林、沿岸部、水上水中における追跡を含めた状況判断、追撃を行うべき場合、反対に退くべき状況を私なりに伝えていった。

 戦闘はともかく、ヒーローとして活動をしてこなかった私にとって彼らに伝えられることは、オールマイトをはじめとした様々なヒーローの活躍を思い起こしつつ、その虚像を組み上げることだけだった。

 ヒーローの現場を知らないわけではない。だが、実際に携わっていない者の言葉にどれだけの意味があるのだろうか。

 

「……以上が、基本三項を同時にこなす必要がある基礎的状況です。しかしです。ここまで長々と説明してきましたが、これらは現着するまでのブリーフィングで予測しておくべき状況想定、もしくは突発的に事件現場に居合わせた際に即座に想定し判断すべき基本にすぎません。実際の現場に立ち会えば、刻々と変化する状況の中で、自身の予測を軽々と凌駕する事態が次々と立ちはだかってくるでしょう。これは以前の職場体験で感じた方もいると思います」

 

 彼らが今後ヒーローとして歩んでいくならば、まったくの予想通りに対処できることなど生涯で数えるほどしか起こらないであろう。

 不測を常に想定するという矛盾がヒーローにとって一番最初に立ちはだかる試練であり、受け入れて初めてプロへの一歩目である現場に立つ資格が得られるのである。

 

「そのため、訓練の段階で可能な限り状況を想定し即断で次善の策を立てられるようにしなければなりません。これは才能ではなく、後天的に得られる経験則からの技能の一種ですが、だからこそ誰しもが身につけなければなりません。動揺から生まれる一瞬の躊躇やたった一つの判断ミスが自身の命、そして救うはずの他者の命をも危機に晒してしまうのです」

 

 今の言葉は、自戒を込めてだ。

 これまで私が誰かを直接的に守るということはなかった。救うということに関しては、論ずる価値すらない。

 だが、今ここにいる私は、誰かを守るために戦う必要があるのだと、この数か月で嫌というほどわからされたのでもあった。

 私には誰一人『救う』ことはできない。それでも『守る』という責務からは、逃げてはならない立場になってしまっていた。

 

「ヒーローを続けていく中で勝てないと解っていても、挑まなければならない戦い――対(ヴィラン)に限らず、あらゆる災害を含む絶望的な状況に直面することも、あるかもしれません。ですが、勝てないと解っていて挑むということは無策で突撃することや失敗を前提にすることと同義ではありません」

 

 現実は勝ち負けや成功失敗の二元論で語れるほど、単純なものではない。

 何かを活かし、何かを犠牲にする。捨てたくないものすらも捨てて、直視をすることすら嫌悪するようなものを拾う。そんな不合理な取捨選択をしなければならない日が必ずやってくる。

 つまるところ『全てを救う』などというのは理想論でしかない。歴史上の誰もなしえていないし、今後もなせるものではない。

 しかしだからこそ、ヒーローは理想という最大値を追い求め続けるのである。

 理想に傾倒し執心する現実主義者という歪さこそが、この現代社会においてヒーローをヒーローたらしめているのだ。

 

「今できることの最善を尽くし、最大の結果をもたらすことがヒーローに求められるものである以上、次の二点が重要視され、同時に満たすことが仮免合格の最低条件です。それが状況対応能力と状況判断能力なのです」

 

 事件に出くわした際に『何ができるか』と『どうすればいいか』を瞬時に導き出すこと、そして最低でも『なにもできない』といった思考停止状態に陥らないことが肝要である点は伝えておくべきことだろう。

 

「当然ですが、闇雲に何かをしていればいいだけというわけでもありません。仮免とはいえヒーローとして現場で扱われる以上、有用な結果をもたらさなければなりません。これは警句ではなく『個性』を扱う者としての責務であり、皆さんが合格のためには『自分はヒーローとして有用な人物になりえる』とアピールすべきポイントなのです」

 

 『個性』が強力であろうと、素晴らしい格闘術を持っていようと、思想が素晴らしかろうと、いくら折れない信念をもっていようと、それを現場で発揮し有意な結果をもたらすことができなければ全くの無意味であると切り捨てられてしまうのがヒーローという職業だ。

 信念無き力だけでは、力なき信念だけでは、意味がないのである。

 仮免試験は、合格基準があるといえど正確な数値で測る試験ではない。それはヒーローとしての活動が正確な数値で測れるものではないことに起因している。

 シチュエーションを限定し数値化をしようと思えばできるのだろう。個性が千差万別といえども、救助に向いている個性や戦闘のための個性にはある程度の一貫性を見出すことができる。

 だが、それでは未知に対して強い脆弱性を孕んでしまうのだ。

 もしも未知の状況を想定しないのならば、それに合わせて数値を測定できるようなシチュエーションを用意すればいいだけである。

 だが、そのように単純な数値化をしないのはヒーローにはどうしても数値では測れないものがあるからなのだろう。

 実力者に与えられるだけならば、わざわざ毎年試験方式を変える必要はない。

 いくら労力がかかろうとも、ヒーロー公安委員会が流動的に試験方式を変更し合格基準や合格人数すらも変更してまでこのような試験を行うのは、既知に対応できることはもはや大前提であり、未知への対応こそがこれからのヒーローに求められる真価であると捉えているためと考えられるのである。

 

「ま、そんなもんだろう」

 

 イレイザーヘッドが壁から背を離し、再び生徒の前に戻ってきた。

 

「狩人が言った通り、定型の試験ではない。だからこれからは各シチュエーションをより具体的に想定し対応力を向上させる訓練に入る」

 

 そして、にやりと口角を上げた。

 

「まず手始めに、二対二十の『撃退』『避難』『救助』を想定した模擬戦を行う。お前たちはもちろんヒーローとして。そして(ヴィラン)は俺と狩人のたった二人だ。シンプルなもんだろう? この訓練で俺から見て基準に満たない者はまたしばらく基礎訓練に戻ってもらうから十二分に気張るようにな」

 

 生徒たちの驚愕の表情とともに、何も聞かされていなかった私もまた呆気にとられたのであった。




【夜空の瞳】

精霊に祝福された軟らかな瞳
かつて学び舎が見えた神秘の名残だが
終に何物も映すことはなかった

その瞳孔の奥には、暗い夜空が果てしなく広がり
絶え間なく、隕石の嵐が吹き荒れている
僅かに瞳を擦りもすれば、それは飛び出してくるだろう

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。