幻想郷のサンタさん   作:亜嵐隅石

3 / 5
3/5

 ああメーデーメーデー。こちら早苗、想定外のアクシデントに遭遇した。繰り返す。想定外のアクシデントに遭遇した。大至急、救援部隊を寄越されたし。

 

 なんてことだ。最大の難関だと思われた、霊夢さん宅への侵入をあっさりと潜り抜けて、完全に安心し切っていたというのに。まさか、ここにきて新たな難関が立ち塞がっていたとは。こんな展開は流石に読めなかった、この早苗の目をもってしても!!

 ええ、なんと言いますかその、霊夢さん……まだ起きてるっぽい。寝室の襖から明かりが零れてるし、そっと聞き耳を立てれば、室内から微かに物音がするし。どう考えてもこれ、明らかに起きていらっしゃいますよね。

 えっ嘘。いま夜中の一時過ぎですよ。もう少しで草木も眠ろうかという時間帯ですよ。それなのにこんな時間まで起きてるって。何やってんの、この人は。

 

 くそ。取り敢えず、この場は即時的な戦略的撤退をするしかあるまい。

 ここで霊夢さんに遭遇するのはとても不味い。どう考えても任務遂行に支障が出るし。その上、私は霊夢さんから不法侵入者扱いを受けて、何かしらの制裁を食らう可能性だってあるのだから。

 無論、ターゲットを目前に捉えての撤退ほど悔しいものはない。本音を言えば、この場に踏み止まりたいところだ。しかし、デメリットしかない選択肢を無理に強行するのはあまりにも愚策。ボムの数がフルの状態で抱え落ちするぐらいの愚行と言えよう。

 

 大丈夫。この撤退はあくまでも一時的なもの。霊夢さんが眠りについたら任務再開である。

 そう考えた私は脂汗を垂れ流しながら、忍び足でそっと寝室から遠ざかった。板張りの廊下をゆっくりと慎重に。地雷原を歩くかの如く。ここで物音をひとつでも立てたら、その時点で霊夢さんに気付かれて即刻アウトである。正にギリギリの撤退戦だ。

 

 ああ、でもなんだろう、この感覚。非常に危機的な状況にも拘らず、胸が凄くドキドキして……なんかちょっと楽しい。気分はまるでスネークのようである。ダンボールがあったら隠れてみたい――どうも東風谷早苗です。

 あれれ。もしかして、私って意外とスリルジャンキーの素質があったり。ああ……だから、地獄の女神様と対峙した時も「この変なTシャツヤロー!」とか言って、わざと相手を怒らせて自分を追い込むような真似をしたのかも。更なる極上のスリルを求めて。

 そうか、私はスリルジャンキーだったのか。なんだか自分の新たな一面を発見しちゃったなあ。うふふっ。危険なことが大好きだなんて、早苗ったらいけない子。

 

「――誰かそこにいるの!?」

 

 あっヤベえ。自分の世界にトリップするあまり、霊夢さんへの警戒をうっかり怠ってしまった。

 どうしよう気付かれた。これは非常に不味い。非常に不味いけど……この状況にちょっとだけワクワクしてる自分はやはり、度し難いスリルジャンキーなのだと思いました!――いやいやいやいや。何を冷静に自己分析してるの。いまはそんなことをしてる場合じゃないでしょうが。この状況をなんとかしなければ!

 よーし、オーケーオーケー。落ち着いていこう。まだ慌てるような時間じゃない。幸いなことに霊夢さんは寝室の中、つまりはこちらの姿を視認したわけではない。それならば、まだ救いがあるというものだ。どうにかこうにか霊夢さんを誤魔化せるかも知れない。

 

「にゃ……にゃんにゃーーーん」

「いや、だから誰よアンタ? あっ……もしかして、サンタさん!?」

 

 馬鹿な。通りすがりの邪仙を装った、私の高度な誤魔化しが通じないとは!

 流石は霊夢さん。流石は博麗の巫女。出来ておるのう。

 

 てか、うわーヤバい。寝室の中から足音が。こっちに来る。こっちに来るってばよ!

 どうしよう。取り敢えず、ここは一旦、どこかに身を潜めて。いやいや。そんなことしてる時間はない。それならばせめて、このプレゼントの箱だけでもどこかに隠して……って、プレゼントがない! えっ嘘!? まさか、どこかに落とした!? さっきまで手に持ってた筈なのに!

 

 あたふたとする私を余所に時間は無常にも過ぎ去っていき。

 やがて――寝室の襖が無情にも高らかな音を立てて開いた。

 

「サンタさん! ようこそ博麗神……じゃ……へ?」

「あ、あはっ。あははははっ。……どうもこんばんはです、霊夢さん」

「――早苗っ!? えっ何? どうして早苗がここに?」

 

 終わった……何もかも。折角と用意したプレゼントも失って完全に任務失敗だ。

 私は最早、渇いた笑い声を上げることしか出来ない。

 霊夢さんの不思議そうな、怪訝そうな眼差しがいまはとても痛く感じた。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。