烏森の魔女ゲーム〈第3ゲーム〉   作:海神アクアマリン
次の話 >>

1 / 7
第1話

2006年に起きた「烏森大量殺人事件」は魔女のゲームとして2度繰り返された。そして今回3度目が行われる。ゲームマスターを変えた第3ゲームは今までと違う。これまでとは違う物語をたどるだろう。

「きしゃははは!よく逃げませんでしたね!薫さん!」
「ここで逃げるようじゃ。クロノエルに勝てるわけがない。だから、絶対に莉亜を倒してみせる。」
「第2ゲームの途中で姿を消した芽琉と、第2ゲームで屈辱を与えてくれた薫さんとバアルには、私と同じくらいの屈辱を味わわせてやる!」
この場で対戦相手が揃った。僕達の側は、僕とバアルとイポスとアイムの4人だ。魔女側は黒月の魔女見習いの莉亜1人だ。
「新しく薫さんと契約したお二人も私の復讐に付き合ってもらうわ!」

2006年9月7日10時南野邸到着。
「うふふ。4年ぶりにここに来たけど、お屋敷は変わりないですね。」
「そりゃそうだ。四年でそんなにも変わったらヤベェだろ。」
みんなで談笑しながらお屋敷に向かった。途中で使用人の神威君、美紅利ちゃん、弥勒ちゃん、業君に会った。そして、お屋敷に到着するとお祖父様と長男一家と隼人さんと清美さんと剛座さんが出迎えてくれた。
僕達はそのまま食堂に向かい昼食を食べた。その後、大人は客間で体調を崩して自室に戻ったお祖父様以外で話し合うらしいから、子供達は若い使用人4人と一緒に花畑に遊びに行き、風が強くなってきたところで中に戻った。
「そろそろ夕食の時間だね。」
「お夕食楽しみだね。」
南野家のお食事はいつも豪華だった。でも、今日は特に豪華だった。4年ぶりにやってきた優妃をもてなすならこれくらいは当然だろう。

「きしし、ここまではいつも通りだよ。そして、今時が進み魔女の手紙が読まれた。お祖父様は自室で休んでいるから話を聞けない。この手紙について話し合いが始まるよ。きしし。」

「お父様。私達は席を外してゲストハウスに行きますね。」
「おう。今日はいとこ同士で楽しみな。」
そうして、食堂から子供は出て行った。
「優妃お姉さん。莉亜と芽琉はちょっと薔薇庭園に行ってくるね。ちょっと薔薇を見たいんだ。」
「風も雨も強いから気を付けて行ってらっしゃい。」
「はい。気をつけて行ってきます。」
こうして莉亜と芽琉以外はゲストハウスに向かった。莉亜と芽琉は薔薇庭園に行った。
「莉亜。薔薇庭園に来てどうしたの?」
「どうして薔薇庭園に来たか。少しは理由に気づいてるんじゃないの?」
「駒の私も魔女であるから不満なの?黒月の魔女見習いさん。」
「黒月と白金と屈辱の魔女見習いの私があなたに不満?何を言ってるの?不満だからここに呼んだのではなく、屈辱を与えるために呼んだんだよ。今すぐここで叩き潰してあげる!」
「あなたが祝福されることはあり得ない。私が全力で倒す!」

2人が魔力ぶつけた時に爆発した。爆煙の中から莉亜が芽琉に至近距離で迫った。
「これでもくらえ!」
そう言って莉亜は魔力の爆弾を投げつけた。芽琉はその爆発により少し吹っ飛ばされた。
「その程度だ私が負けるわけがないでしょ!次はこっちからだ。我に祝福を、我に祝福の炎を与え給え。」
その瞬間、金色の炎が莉亜に向かっていった。
「偉大なる神々よ。我に守護の結界を与え給え。」
莉亜も魔法を使用して結界で炎を防ぎきった。と思ったら炎の中から芽琉が剣を持って突っ込んできた。
「神の結界なら魔神の剣で切ってやる!」
「出来るものならやってみろぉ!」
莉亜と芽琉は互いに力をぶつけ合った。この攻防はしばらく続いた。すると、莉亜の結界にヒビが入り割れた。芽琉の剣は莉亜の目の前で静止した。
「莉亜、残念だったね。やっぱり祝福されたのは私だったわね。この戦いの後処理は私がするわ。認められないなら第1の生贄になる?それとも第2の生贄?」
「好きにしなさい。第1の生贄はもう決まってるから後は大丈夫。」
「それなら第2の生贄に決定ね。good night!」
そう言って芽琉は銃を作り出して莉亜の頭を貫いた。
「アマイモン、出てきなさい。」
「破滅の七姉妹、四女のアマイモン。ここに。」
「アマイモン、遺体の処理と現場の修復を任せたわ。私は戦闘開始と同時に張った防音結界を解くわ。」
「かしこまりました。」

「これは一体?」
「なぜゲームマスターが先に死んだの?」
「薫様。これは何かの作戦に違いありません。気をつけてください。」
「バアルの言う通り。何かを仕掛けてくるに決まってる。注意をし続けないと。」
莉亜は突然大笑いを始めた。狂ったようなその笑い声にイポスとアイムは少し驚いた。
「きしゃーはっはっ!さすがにやり過ぎたわね。今回は私のゲームだから駒の芽琉に細工をして現在の祝福の魔女にしたのよ。その結果がこれ。私には分が悪いくらいに強かったわ。」
よく分からないがいつのまにか芽琉は姿を消して魔女になっていた。莉亜はそれが原因で怒っていたのにゲーム盤上で負けて見せた。意味がわからない展開だ。
「きしし、私が負けて死んだのが意味がわからないでしょ。その上魔法戦が行われた。もう思考がめちゃくちゃだろうけど、これは真実よ。魔法戦は実際に行われた。さぁ、これをどう否定してみせる?」

莉亜の攻撃が始まった。波乱になる可能性のある第3ゲーム。3つ目の悪夢の始まりだ。







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。