魔法少女まどか?ナノカ   作:唐揚ちきん

17 / 201
第十五話 絶望に触れてみて

何しに来たんだかわけが分からないが、僕ら『三人+一匹』のご一行は病院から家に帰ることになった。

 

「本当に時間、無駄にしちゃったねー。美樹さん」

 

僕は嫌味たらしく、美樹に言ってやる。

 

「悪かったわよ!後でジュースでもおごるから。まどかもそれで……って、どうしたの?」

 

鹿目さんはさきほどから病院の壁の方ををじっと見つめていた。

最初は、美樹のなめた態度に、菩薩(ぼさつ)のような彼女もとうとう切れたのかと思ったが、それにしてはどうにも様子がおかしい。

 

「本当にどうかしたの?鹿目さん」

 

「あそこ……何か……」

 

鹿目さんが指を指した場所を見ると、病院の柱に『黒い湯気のような物を(まと)った何か』が突き刺さっていた。そして、僕はすぐにそれが何か理解した。

グリーフシードだった。

そんな馬鹿な……。あれは魔法少女のなれの果てなんだから、あんなところに刺さる理由なんてあるはずが……。

 

『グリーフシードだ!孵化しかかってる!』

 

鹿目さんの肩にぶら下がっていた支那モンがいつもよりも大きな声を出した。

まさか……こいつか!こいつがあそこにグリーフシードを埋めたのか!?

 

確かさっき、美樹がお見舞いに行っている間に、鹿目さんが飲み物でも買ってくると言って席を外していた。僕もその時にトイレに行っていた。

その短い時間の間、支那モンを認識できる人間はその場には誰一人いなかった。つまり、支那モンは間違いなくその間『自由』だったということだ。

 

これはあくまで僕個人の想像に過ぎない。しかし、いくら何でもタイミングが良すぎる。

『鹿目さん』が『支那モン』を連れている状況での『孵化しかけのグリーフシード』。そしてその病院には、彼女の親友の大切な人であろう上条君が入院している。

笑ってしまうほど、できすぎた状況。僕は『何者かの悪意』を感じられずにはいられない。

 

『マズいよ、早く逃げないと!もうすぐ結界が出来上がる!』

 

支那モンの(あせ)ったように聞こえる声が、僕の耳には酷く白々しく響いた。

だが、ぼうっとしている時間は、僕にはない。

うろたえてる鹿目さんに僕の携帯を渡した。

 

「鹿目さん、巴さんと暁美さんの電話番号が入ってるから電話して。多分二人とも一緒にいると思うけど」

 

「う、うん」

 

「美樹さんは、いざとなったら鹿目さんを連れて逃げて」

 

「に、逃げるって・・・。政夫、アンタ何かする気なの?」

 

「まあね」

 

できればやりたくないのだが、迷ってる暇はなさそうだ。

ここには父さんが働いている。僕のたった一人の大事な肉親が。

だったら、どうにかしなければいけない。

 

「支那モン、ちょっと来て」

 

返事も待たずに、鹿目さんの肩にぶら下がっていた支那モンを引っつかむと、そのままグリーフシードが刺さっている柱に近づいた。

グリーフシードまでの高さは大体目測で僕の頭上3センチというところだろう。グリーフシードの形状は巴さんが見せてくれた奴とほぼ変わらない。ならば、柱に埋まっているのは先の尖った部分が1,2センチほどのはずだ。

これならば、可能だな。

 

僕は支那モンを足元に置くと、グリーフシードを両手で握り締める。

 

「うッづぁ・・・!」

 

触れた瞬間、指先を通して得体(えたい)の知れない何かが僕の中に流れ込んでくるのを感じた。

倦怠(けんたい)感、不快感、恐怖感、絶望感。

そのすべてがない交ぜになって僕の身体の内部を駆け巡る。

脳みそにぬるま湯を流し込まれているような気持ちの悪い頭痛。

胃を爪を立てられながら握り締められているような吐き気。

 

今の僕の心情を端的に表すのなら『死にたい』という一言に集約されるだろう。

何もかも投げ捨てたい。思考も感情も全部まとめて捨ててしまいたい。

 

「ぐッあ゛ぁ゛・・・!」

 

『危険だ!政夫!それは絶望の塊そのものだ!触れ続ければ命に関わる!』

 

支那モンの心にもないありがたい言葉を無視して、僕は片足を壁にかけて力の限り引っ張る。

 

「あ゛ぎぃあ゛ぁ゛・・・」

 

鹿目さんや美樹がこちらに何か言ってるようだが、耳鳴りが酷くて聞き取ることはできなかった。

グリーフシードを引っ張り続けている手には感覚がなくなっていた。

頭は重く感じられ、思考がうまくできない。

視界も急に霞み始め、自分が何をしているかも分からなくなってくる。

 

それでも、引っ張る。引っ張る。引っ張り続ける。

多分、実際は一分も経っていないだろうが、僕には永久のように感じられた。

 

そして、急に僕の視点が動き、気づいた時には僕は倒れていた。

失敗したのかと思った。

 

だが、僕の感覚のない手の中にはグリーフシードがしっかりと握られていた。

 

「……し……、支那モン!背中を開いて……!」

 

『……まさかただの人間の君が』

 

「早く……ッ!」

 

『はいはい。わかったよ』

 

支那モンの背中の模様の部分ががぱっと開いた。僕はそこに寝そべったまま、グリーフシードをを放り込んだ。

とりあえず、どうにかすることができた。まあ、何の力もない僕には上出来といったところだろう。

体に少しずつ感覚が戻ってきた。頭痛も吐き気も回復してきている。

 

「政夫くん。大丈夫なの?」

 

「アンタ無茶しすぎでしょ!」

 

僕の方に鹿目さんと美樹が心配そうに駆け寄ってきた。

なんとか上体を起こして、片手を上げて無事ということアピールした。

 

「……鹿目さん。魔法少女にならなくたって、できることぐらいいくらでもあるよ」

 

「えッ?」

 

「ちょっと政夫。いきなり何言い出してんの?」

 

「うーん、ただ思ったことを率直に述べただけだよ。あ、でも僕みたいに危険なことはやっちゃ駄目だよ」

 

美樹の方は、僕の言ったことが理解できなかったらしく、ちんぷんかんぷんな顔をしていたが、鹿目さんの方は思うところがあるのか考え込むような表情になった。

 




シャルロッテ誕生回避して、マミさんの寿命を延ばしました。

戦えない代わりに主人公には苦労してもらいます。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。