Fate/Apocrypha ―赤の軌跡―   作:穏乃
<< 前の話

21 / 21
遅くなりました、最終回です。


21話 Apocrypha

「ご無事ですか、マスター!」

 天草四郎はゆっくりと目を開く。自ら放った宝具とルーラーの宝具がぶつかりあった衝撃で少しの間気を失っていたようだ。

「大聖杯は……っ!?」

 赤のキャスターを振り払い直ぐに大聖杯の方に視線を向ける。そこには爆発を受けて損傷した大聖杯の姿があった。その八割方が損傷していながらも、大聖杯は未だに機能しておりその輝きを失うことはなかった。

「これなら……」

 シロウは立ち上がれば、大聖杯をここまで損傷させた本人であるルーラーの方へ足を運んだ。しかしそこには既にルーラーはおらず、依代となっていた少女と岸波白野、そして赤のライダーであるアキレウスだけが残っていた。そのアキレウスも黒のセイバーとの戦いでかなり消耗しており、いつも持っていた槍はなく、そのボロボロの姿から不死の宝具は失っているように見えた。何より、ここまで消耗していながらサーヴァントに治癒を施さないところを見ると、ますたーである彼女も魔力が尽きたと見える。

「貴方には恨みはありませんが……」

「……」

 この光景に呆然とする岸波と打って変わって、アキレウスはしっかりとした憎しみを込めながらシロウを睨みつけた。

「はくのん!ライダー!」

 しかしそこに現れたのはボロボロになりながらも自らの宝具である幻馬に跨る黒のライダー、アストルフォとその後ろに跨る彼のマスターのカウレスだった。

「ここは任せて、僕が――」

 だがそれは叶わなかった。突如展開された魔法陣から鎖が放たれ、それはアストルフォを縛りつける。

「ライダー!」

 その衝撃で転げ落ちたカウレスが叫ぶ。そしてその魔法陣を展開した張本人である赤のアサシン、セミラミスが姿を見せた。セミラミスは黒のアサシンに受けた傷で苦しむように息を荒げながら自らのマスターであるシロウに大声を叫び飛ばす。

「何をもたついているマスター!我に令呪を寄越せ!」

 言葉の意味を理解したシロウが令呪が刻まれた腕を掲げる。

「令呪を以って命じる、黒のライダーを限界まで縛り上げろ!」

 霊基を損傷し、力が弱まっていたその鎖であり赤のアサシンの宝具である驕慢王の美酒(シクラ・ウシュム)の力が強まっていく。

「この程度の鎖……!」

 抵抗するようにアストルフォが体を動かすも、令呪の力で強まったそれから抜けることは叶わなかった。

「令呪を以って命じる、ライダー――」

 なんとか振り払わせようとカウレスも令呪を掲げるが、それはアキレウスの行動によって止められた。アキレウスは気を失ったルーラーの依代であった少女と岸波をカウレスの元へと運ぶ。

「悪い、二人を頼む」

「バカ、ライダー!どんなに負傷していても魔力供給出来ていない君が行ったら駄目だ!」

「ああ、だからライダー。盾を貸したんだ、剣を借りるぜ」

 そう言って身動きの取れないアストルフォの腰から剣を抜き取る。なんとなくだが、赤のセイバーの魔力を感じた。

「……宝具を失い、魔力供給も滞っている。そんな貴方はサーヴァントであれど人間とさほど変わらない。ただの一撃でも喰らえば消滅に繋がる」

 赤のアーチャーと黒のセイバーとの連戦で宝具を多用し、もう岸波白野は魔力切れだった。令呪による回復もあるにはあるが、大聖杯の破壊のことを考えればここで令呪を使うことは出来なかった。つまり、今アキレウスには何も残されていないのだ。

「しかし降伏すれば命だけは見逃す、と言っても逃げないのでしょうね」

「ああ、ここで逃げるのは今まで戦ってきたもの。そして共に戦ってきた仲間たちへの侮辱だ」

 アキレウスから放たれる殺意を感じ取ったシロウは小さくため息をつく。

「この戦いの勝者が全てを得る、か。なるほど、聖杯戦争に相応しい幕引きだ」

 シロウはその左手に持つ刀を構える。

「我が真名は、天草四郎時貞」

「アキレウス」

 アキレウスも、シロウの言葉に答えるように名乗りあげる。

「はぁぁぁああああ!!」

「うぉぉぉおおおお!!」

 二人が同時に踏み込んだ。アキレウスの持つ剣とシロウの持つ刀が何度も交じり合う。度重なる金属音が響き渡る。

「隻腕だと思って甘く見るな!」

 右腕を失いながらもシロウはアキレウスの攻撃にしっかりと刀を振るう。

「この程度の修羅場、飽きるほどくぐり抜けている!!」

 シロウの言葉と共に彼の手から放たれた黒鍵がアキレウス目掛けて降り注ぐ。

「殺った――」

「ぐっ……!」

 俊足の足を失った彼なら今の攻撃は躱せないと読んでいたのか、大きく後退しながらその黒鍵を避けるアキレウスの姿にシロウは驚きの様子を隠せずにいた。

「何故……?」

 そう呟きながらシロウは直ぐさまアキレウスを追撃するように斬りかかる。しかしそれを既に予測していたアキレウスは躱しながらシロウを蹴り飛ばす。シロウは蹴り飛ばされた勢いを両足で踏ん張りながら殺し、アキレウスの方に再び視線を向けた。するとまるで流星のようにアキレウスはシロウ向かって真っ直ぐに斬りかかってきた。

「ぐ、貴様……」

 シロウは勢いよく刀を振るってアキレウスを吹き飛ばせば刀を地面に突き刺し、黒鍵をいくつか投げ飛ばす。それをアキレウスは吹き飛ばされながら剣で弾いていく。

「なんと、これほど消耗しておきながら互角!?」

「魔術回路の回転が群を抜いている、これで本当に魔力も宝具も失っているのか?」

 二人の戦う光景を見ていた赤のキャスターと赤のアサシンが声を漏らす。それは彼のマスターである岸波も同じだった。というよりは一番彼女が不思議で仕方なかった。魔力供給を失ったサーヴァントがここまで動けるわけがない。仮に動けたとしても数秒で、しかも消滅へと繋がる。にも関わらずアキレウスは先程から魔力を枯渇させること無く剣を振るい続けている。

「なんで……?」

「……そうか、お前そこにいたのか」

 岸波の隣でカウレスが言葉を漏らす。

「誰……?」

「彼女は祈ったんだ。誰かに自分の欠片を受け取って欲しいと。あいつは死んでいなかった、ずっと……ずっと一緒に戦っていてくれたんだ」

 アキレウスがシロウと刃を交えるたびに、それが目に見えてわかるようになってきた。かつて聖杯大戦の途中で彼は雷を浴びた。しかしそれは神性を帯びておらず彼にとっては無害以外の何でもなかった。しかしその時に彼は受け取ったのだ。彼女の、黒のバーサーカーであるフランケンシュタインの欠片を。

「やっちまえ、バーサーカーぁああ!!!」

 放たれる黒鍵をいくつも弾き飛ばし、幾度も刃を交え、アキレウスとシロウの殺意は限界にまで膨れ上がっていた。

「アストルフォにフランケンシュタイン、既に敗北したはずのサーヴァントが最後の敵とは。これが因果か!」

 正確にはアストルフォは敗北したわけではない。しかしあの状況では既に敗北したことに近いだろう。縛られたまま首をはねられてしまえばそこで終わりだ。それでもアキレウスに力を貸し与えているサーヴァントには違いなかった。

「怒りか、アキレウス!仲間を殺されたことへの怒りか!?」

「ああそうだ、おれはてめえを許さねぇ」

 その言葉を聞けばシロウは今までに見せなかった形相でアキレウスを睨みつけた。

「俺が捨てた感情で立ち向かうだと。巫山戯るな!!」

 シロウの振るう剣の勢いが増していく。

「お前にだけは」

 負けられない。負けてはいけないんだ。

 シロウが大きく振りかぶり、アキレウスに刀を振り下ろした。しかしわかっていたことが一つだけあった。天草四郎時貞は聖人で、アキレウスは英雄だ。いくら天草四郎時貞が修羅場をくぐり抜けてきていようが、数多の戦場を駆け抜けたアキレウスに実戦経験で勝てるはずもなくその一撃は難なく弾き飛ばされてしまった。刀を失ったシロウの肩口に、アキレウスの持つ剣が深々と突き刺さる。

「終わりだ」

「まだだ……」

 終われない、60年費やしてきたんだ。こんなところで終われるわけがないんだ。

「令呪を以って、我がサーヴァントに命ずる」

 シロウはアキレウスを離さないように襟元を掴む。

「何を――」

「アサシン、宝具驕慢王の美酒(シクラ・ウシュム)を以って赤のライダーを討て。俺ごとだ!!」

「なっ!?」

 それは捨て身というよりは心中に近かった。負けたくないという想いが、彼にそうさせたのだろうか。シロウは血反吐を吐きながら叫ぶ。

「やめろ……」

 令呪の力に抵抗するように赤のアサシンは体を制御しようと試みる。しかしその令呪の力に逆らうことも出来ず、鎖は真っ直ぐ二人へと飛ぶ。

「私に、殺させないでくれ――」

「天草四郎ぉぉぉおおおお!!」

 アキレウスの叫びと共に、その周囲の全てを破壊するような雷撃が奔る。その雷撃はセミラミスの宝具すらも一瞬で消し炭へと変える。

磔刑の雷樹(ブラステッド・ツリー)ッ!?」

 カウレスはそのまるで樹のような雷撃に言葉を零す。

「アキレウス、貴様ぁぁああああ!!!」

 その言葉も虚しく、雷撃の放つ巨大な爆発に二人は消えていった。

 

 

 

 

「……」

 視界が安定しない。

「私、は」

 声を振り絞れば、自らの手を誰かが握ってくれたのがわかった。それと同時に冷たいものが頬に当たる。

「よかった、シロウ……」

 赤のアサシン、セミラミスは涙を零しながらシロウの握る手の力を強めた。

「私は、負けたんですね」

「……そうだ」

 シロウが体を傾ければ、そこにあったのは岸波白野とアキレウスの姿だった。

「戻るのですか、岸波白野。SERAPHに……」

 シロウの言葉に岸波は無言で頷く。

「ようやく私は本当に私のやらないといけないことを思い出した」

 セイバーによってこの世界へと送られた。それはセイバーが私のことを案じてのことだ。もうSERAPHに安全な場所なんてなかった。だからセイバーはSERAPHではない、この世界へと私を送ったのだ。

「向こうからこっちに送られたってことは逆も可能のはず。でも方法が……」

 大聖杯は万能の願望器だ。言うならば魔力の塊、過程を省略して結果を生み出すもの。しかしその過程を知らなければ結果は生まれない。岸波はSERAPHからどうやってこの世界にやってきたのかを知らない。

「……よく考えてください」

 焦りから不安そうな表情を見せていた岸波に向かってシロウは言葉を投げかけた。

「この世界とSERAPHを繋げるものが一つだけある」

「繋げるもの……?」

「天草四郎、まさか……英霊の座か?」

 アキレウスが言葉を漏らす。

「サーヴァントはあらゆる平行世界に訪れます。であるなら平行世界は恐らく英霊の座と繋がっています」

「そこを道として使えば、SERAPHに……?」

「確証はありませんけどね」

 シロウは小さくため息をつく。

「セミラミス、行きましょう。敗北はしたが今更人類の救済を彼らに止める術はない」

 赤のアサシンは小さく頷きながらシロウと共に霊体化し、その場から消え去った。

「……ありがとう」

 大聖杯は既に起動している。別の願いを唱えても、シロウが最初に願った祈りが消滅するわけではない。

「だから私は最後の最後まで残しておいたんだよ」

 そう言って岸波はアキレウスに令呪を見せた。

「……知ってたよ」

 何故天草四郎との戦いで魔力供給もなく、宝具も全て失ったままで戦わせたのか。令呪を使えばアキレウスの治癒など簡単に行えた。それでも使わなかったのは、この二画がなければ聖杯を破壊できないからだ。

「私が向こうに飛んだ後に破壊するって命じてもその通りになるかな?」

「令呪の命令は絶対だ、なるだろ」

「そっか」

 安心したように胸を撫で下ろせば、ルーラーの依代だった女性を抱えるカウレスと黒のライダーの方に視線を向ける。

「カウレス、聖杯を破壊する前にここから離れて」

「……どうしても行くのか?」

 岸波としては聖杯が破壊されてしまえば黒のライダーは消滅する。なので早く脱出してほしいところだったが、カウレスは躊躇うように言葉を漏らす。

「ごめん、私には成さねばならないことがあるの」

「……わかった」

 そう告げてカウレスはルーラーの依代あった女性を抱えながら背を向ける。

「……はくのん」

 二人のやり取りを見ていた黒のライダーが岸波に駆け寄る。

「僕たちにはきっと(えにし)が結ばれた。だから向こうで何かあったらすぐに呼んでね?」

「うん、そうするよ」

 彼は知らないのだろう、既に彼が私達に力を貸してくれていたことに。そう思うと岸波は少し笑ってしまう。

「さて、マスター。最後の令呪を使ってくれ」

 岸波はアキレウスに向き直る。

「その前に、約束を守ってくれてありがとう」

「約束?」

 そういえばそんなこともしたな、とアキレウスは笑い捨てる。戦いに必死で、その事を忘れていたのだろう。

「色々あったな、短い間だったが」

「本当に。まさかユグドミレニアと手を組むことになるなんてね」

 この聖杯大戦では人の汚い部分が沢山見えてしまった。それでも、人は信じられるものだと聖女である彼女は示してくれた。自分の世迷い言を信じて、戦ってくれた。

「だから、私は前を向いて戻ることが出来る」

 そして貴方に出会ってなければ私は、前を向くことすら出来なかったのだろう。ギリシャの大英雄アキレウス、彼のマスターであれたことを誇りに思う。

「岸波白野が令呪を以って命じる」

 令呪の魔力が空気を震わせる。

「ライダー、宝具宙駆ける星の穂先(ディアトレコーン・アステール・ロンケーイ)を以って大聖杯を破壊して」

 そう吐き捨てれば岸波はアキレウスに背を向けて破損した大聖杯の方へと足を運ぶ。

「重ねて令呪を持って命じる」

 大聖杯が岸波の願いを叶える瞬間に、その言葉がアキレウスに届く。

「聖杯を、破壊して」

 

 

 

 

 

 

 

 

 一つのイレギュラーが世界の結末を変えた。それは人にとって認知できない、大したことの無い、他愛も無い出来事だった。しかし、数多の願いを受けて胸に秘め彼女はただ歩き続けた。時間という概念を忘れてしまいそうになるくらいに、彼女は歩き続ける。

 戻る場所が既に失われたのは確認済みだ。彼女の英雄は役目を果たした。なら彼女は前に向かって進み続けるだけだ。

「ごめんなさい、私少しだけいかないと」

 ずっと待ち続けていてくれた彼に私はそう告げた。

 彼女がこれほどの結果を出したのだ、私も約束を果たすために彼女を追いかけよう。

 進み続け、疲れて立ち止まる彼女に声をかけてあげよう。

「もう大丈夫ですよ」

 顔をあげる彼女に私はこう告げた。

「貴女の紡いだ物語は、夢なんかでは終わらせはしない」

 




おはようございます、こんにちは、こんばんは。
遂に赤の軌跡完結でございます。

不定期更新&グダグダな文章でお付き合い頂いた方、もしいらっしゃったのでしたら本当にありがとうございます。
岸波白野を主人公にした理由なんですが、エクストラ世界と繋がりを持たせ最終的には続編をなんて考えておりました。ただこのままエクストラ(というかエクステラ)世界の続編なんて作ったら多分収拾つかなくなっちゃうと思うので止めておきます。
ただその設定を使ったFGOのストーリーを模索している途中ではあります。そちらの方はいずれ形にするかもしれないので期待せずにいてもらえたらなと思います。
あと黒のセイバーさんことスウァフルラーメさんですが、すまないさんことジークフリートの代わりとして出演させた理由ですね。まず一番の理由としてアキレウスがルーラー側につくと戦力バランスが崩れてしまいます。なので天草陣営に誰かつけたかったんですが、ジークフリートだと裏切るという行為が想像つかなかったため、代わりのものをオリジナルサーヴァントとして出しました。アルトリア顔でセイバーオルタみたいなイメージを勝手に持っていました。にしてもアキレウスの踵を焼き尽くしちゃうって今考えると無茶苦茶な話でしたね。

型月作品を初めて書かせて頂いたので設定等でグダグダな部分が多かったと思いますがまた次回の作品等でお会いできればなと思います。





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。