ゼノブレイド2 the Novelize   作:natsuki

42 / 42
黄金の国イーラ カグツチ外伝(妄想)
黄金の国イーラ カグツチ外伝 第一話


 イーラ。

 

 誰も居ない世界。

 

 誰も居ない国。

 

 そして、わたしだけが残る。

 

 わたしは『わたし』の記憶として、未来のカグツチに記憶を残すためのものとして。

 

 わたしが書いた日記というのは、ずっと、永遠に残され続けている。

 

 

 

 

 ――――これは、わたしの物語。

 

 

 

 

 ◇◇ ◇◇ ◇◇

 

 

 

「はっ!」

 

「カグツチ! ここはサポートに徹しろ!」

 

「しかし、ユーゴ様……」

 

「王の命令は、絶対!」

 

 ガキン! 剣と剣のぶつかる音がこだまする。

 

 言ったのは、ワダツミだった。

 

「敵が――多すぎる!」

 

「天の聖杯……、彼はいったいどのような存在だというのですか……!」

 

 はるか彼方で笑みを浮かべる男。

 

 その笑み一つだけで、恐怖すら感じさせる。

 

 天の聖杯、メツ。

 

 アーケディアの助祭、マルベーニが『世界樹』から持ち帰ってきたコアクリスタルから同調したと言われている――ブレイド。

 

 しかし、わたしたちのようにドライバーである――彼の場合ならば、マルベーニだろう――の意思に逆らい、破壊と殺戮を繰り返している。

 

 それが、わたしにとっては信じられなかった。

 

 それが、わたしにとっては信じがたいものだった。

 

 天の聖杯といっても、コアクリスタルから同調したのならば、ただのブレイドである。

 

 しかし――これほどの力。

 

 いったいどこから供給され続けているのだろうか?

 

「来るよ、カグツチ!」

 

 ユーゴ様が攻撃を躱す。

 

 わたしはそれを見て慌てて炎の攻撃を敵にぶつける。

 

 敵――といっても、生きているのか死んでいるのかすら分からないその『獣』といってもいい存在は、我々スペルビア軍を数で圧倒した。

 

 はじめ彼らはイーラがけしかけてきたのだと思った。イーラは科学力では新興国である我々スペルビアを圧倒している。

 

 しかしながら、この『獣』はイーラにも攻撃を仕掛けているらしい。……ならば、これはいったい何だというのか?

 

 天の聖杯を残した『神』は、我々にいったい何を試練たらしめようとしているのか?

 

「――カグツチ! 危ない!」

 

 そんなことを考えていると、わたしの背後から獣が襲いかかってきた。

 

 炎をチャージしても間に合わない……!

 

「シン、やるよ!」

 

「……やれやれ、ラウラはいつも首を突っ込みたがる」

 

「あら? シンもそういうのは嫌いじゃあないと思っていましたけれどっ!」

 

 しかし、それを防いだのは、三人の人間だった。

 

 いや――エーテルの流れからして、ラウラと呼ばれた少女は人間で、残りはブレイド――だろうか?

 

 それにしてもドライバーとうり二つのブレイドなんて聞いた話がない。

 

 それにもう一人――のブレイドは、冷たい目をしている。

 

「……行くぞ、ラウラ! チェインアタックだっ!!」

 

 そして。

 

 あっという間に獣を圧倒した彼らは、敵を倒していくのだった。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。