依頼:私を、変えて欲しい   作:クラウンギア

20 / 20
2つ目の願い

「か、川崎、これはぐわっ」

 

少し苦しいレベルまで抱き締められると、声を出すのも憚られるような密着率となってしまって、俺はもがもがともがるしかなかった。

世界で一番優しんじゃないかと思えるような声音が、耳に届く。

 

「ごめんね、比企谷。私も押したり押せなかったり、照れたり、頑張ったり、って振り回しちゃったよね。でも今はもう逃がさないから。ゆっくりでも、分かってもらうまで、ちゃんと話すから。」

 

声を出せない俺は、なるべく川崎を揺らさないように頷く。

 

「でも、き、キスまでした女の子に対して、だろうな、はひどいと思うよ?私だって傷付くんだからね?・・って言っても、今はしょうがないか。まずは聞いてよ。」

 

自分の言葉が川崎を傷付けたという事に対して想いを馳せるが、いまいち自分な中で歯車が噛み合わない。川崎が震えていることに気付いた俺は、震えるくらいのことであれば、すべきではないと考え、自分が震える理由になっているなら、その位置からすぐにでも離れるべきだと感じ、結果、川崎を傷付けたということになる。

自分がぼっち故に足りていないことは自覚しているつもりだった。だから間違えていないと、傷つけるべきではないと、そう思ったのに。。

 

「ほら、まだ夜も更けているわけじゃないし、明日も休みだし、ていうか旅行先だし、まぁ落ち着こうよ。って、これ自分にも言ってるんだけどさ。」

 

はは、と自嘲するように笑う川崎を、俺は好ましく思う。先ほど温度の下がった川崎を見るのも話すのも、俺にとっては苦痛だったからだろう。

 

「ね?」

 

そう言いながら、抱き締めた力を緩めると、川崎は俺の顔を覗き込むように顔を寄せてきた。あまりに近い距離でもちろんのこときょどりはしたものの、温度も伴った声の安心からか、その目を見ながら応えることができた。

 

「・・わかった。すまん、そんなつもりはなかったんだが、な。ゆっくり話せれば、と俺も思う。」

 

「ん、いいよ。ありがとね。」

 

さて、と川崎は再び俺を胸に抱く。

たくさんぶっちゃけちゃうけど、と前置いて、川崎が語り始める。

 

「まずは、震えてた部分かな。」

 

と言うと、このー、と、息ができないほど強く締められた。く、くるしい。

でもそれも数瞬のことで、再び慈しんだ力加減となる。

 

「当たり前でしょ?私だって、男と旅行だってドライブだって、一緒の部屋に泊まるのだって、初めてのことなんだよ?しかも、その、ああ。・・・一旦、答えとかはいらないんだけど、、、す、好きだな、と想えている人とさ。・・・ここまではOK?」

 

・・・全然OKじゃない、と思いながら、これまでのことを振り返る。一点を除いて、それは俺の希望的観測を承認するものである、と判断できた。川崎とのことを振り返れば、甘いSSも真っ青なことがいくつもあった。ただそれを得意の想像で躱し続けてきただけのことだ。真っ直ぐ捉えれば、それが好意からくるものだった、ということは頷ける。

 

「・・・んん、まぁ、なんだ、一旦、な。」

 

「よろしい。良い子だね。」

 

そういって川崎は俺の頭を撫で始める。やめてなにこれ、超恥ずかしい!撫でることは続けながら、川崎は話を続ける。

 

「比企谷がどう思っているかは、まぁ、今は聞かないとしても、私としては何とか振り向いて欲しくて、でも怖くて、でも期待したくて、でも自信無くて、みたいな繰り返しなんだよ。・・きっとさ、そんなはっきりしない私の行動とか言葉?とかが、比企谷を気持ちを振り回しちゃったんだと思う。私が震えてたとしたら、それは自信が無いから、それだけだよ。

 でも震えるくらい、比企谷に応えて欲しかった、ってことでもあるんだよ?応えて欲しいけど、自信無くて、頑張ってるつもりだけど、正解かは分からなくて。そんな気持ちが、出ちゃってただけなんだよ。

 こんなこと言うとずるいかもしれないけど、今までの反応から、けっこう期待してたところもあって、だからこそ、より怖くなっちゃったんだよね。」

 

川崎の説明は、これ以上ないくらい俺にも分かることだった。だって、俺らはぼっちだから。いつだって期待してて、でもいつだって怖くて、期待が高まれば高まるほど、その恐怖は増えていく。高校時代に乗り越えたと思えたことは、川崎とこのような近い関係になって、かつ、より現実的な反応となって、顕出してしまったのだ。

成長していると自負していた自分を呪う。

 

「私が震えてたのは、私の弱さからだよ。これもOK?」

 

川崎の胸元にいるにも関わらず、俺はそのことも忘れて、必死に川崎との会話に心を注げていた。

川崎に伝えるように、明確に頷く。言葉は伴わなかった。

 

「よろしい。ありがと。」

 

そういって川崎は俺の髪の毛を梳くような撫で方へと変える。

俺はそのことを理解しつつも、自分の思考を振り返っていく。川崎が震えていた理由が、今教えてくれたそれならば、俺はどうするべきなのか。いや違う。俺はどうしたいんだろうか。

 

「震えてた部分はこれでお終い。・・あとは、かなり恥ずかしいけど、私の狙いを言うね。」

 

そう言って川崎は一度言葉を切る。何かを覚悟するような時間なのだと判断した。

 

「この旅行自体、親が色々やってくれちゃった点があるよね。それはそのまま嘘なしで親がやったことだよ。でも、親がそうするんだろうな、ってのは予想してたし、予想できたけど、止めるつもりもなかったんだ。」

 

川崎が一息つく。

 

そのまま、二人して何か綺麗なものを眺めているような、静かな時間がすぎる。

きっと1分もなかっただが、心が通じているような感覚があった。

 

「うん。改めて言うよ。

 私、比企谷が好きなんだ。高校で助けてもらった時から、ずっと。

 ずっと、比企谷のこと、遠くから眺めてた。雪ノ下や由比ヶ浜のことを羨ましいと思うことも何度もあったよ。でも自分が弱いから、出来ないことばかりだから、遠慮してた。でも、高校3年から一人の時間が増えて、比企谷のこと考える時間が一気に増えた。

 ちょっとあれかもだけど、大学だって、比企谷が行くって知ってたから選んだんだ。私が変わって、比企谷と一緒にいれたらいいな、と願って。」

 

川崎の想いを聞いて、俺は考えることができなくなってしまう。

しかし、しっかりと言葉を受け取らなければならないと、そのことだけに集中した。

 

「大学が一緒なのは良いけど、実際は被った講義で挨拶交わすことくらいしか出来なくて、ずっと歯痒かったよ。」

 

その言葉を聞いて、俺は一点だけ気になる点を聞くことを決める。

少しだけ顔を上げて、川崎の口元に視線を合わせて、言葉にする。

 

「・・なぁ、だとすると、お前の依頼って何なんだ?」

 

そう、【私を、変えて欲しい】という依頼にはどんな意味が隠れているのだろうか、その点だけ俺の中ではっきりしていないのだ。その依頼自体が飾り物であるならば、そう教えて欲しいし、俺にもやれることがあるなら、それを教えて欲しかった。

 

「そうね、それが先でもいいか。大学1年の間ずっとやきもきしていて、2年になってすぐ、友達、ほら、同じ学科の友達がいるって言ったでしょ?海老名みたいな。その友達がさ、私に真面目に質問してきたんだよね。

 『比企谷くんは、その内誰かの隣に居るようになっちゃうよ、それでいいの?』って。

 そう言われて、絶対に嫌だって思ったんだ。私以外が隣にいるところ想像するなんて嫌だったし、いつか比企谷にご飯作ってあげる人ができるなら、私がいい、私であってほしい、て本気で想えたんだ。

 それで、私は変わらなきゃいけないと思った。そして、もう比企谷を放っておくことも出来なくて、なら、相談しちゃえって。ひっくるめて、私を見てもらおうって。そう思って、依頼という形を取ったんだ。打算的にも、都合が良かったしね。いきなり私に、今後ちょくちょく遊んで、とか言われて、OK出した?何か疑ってたでしょ?」

 

「あーー、まぁそうだな。依頼と比べて警戒はしていただろうな。お前めっちゃ可愛くなってたし、美人局を疑ったかもしれん。」

 

「ん・・・。可愛いってのは嬉しいけど、美人局はないんじゃない?」

 

そう言って川崎は俺の頭を小突く。俺もすぐに、すまんとだけ返した。

 

「まったく、ふふ。まぁ可愛いって部分だけ受け取るよ。・・・で、話を私の狙いに戻すと、この旅行をきっかけに、一気に比企谷を手に入れてやろう、って思ってた。もしくはそれがうまくいかなくても、最低限、特別な存在になってやろうって思ってた。

 何言ってるんだ、って思うかもしれないけど、この際だから言うよ。

 私は、比企谷に手を出されても、断るつもりはなかったから。で、今もその気持ちが変わってないよ。ごめんね、これは女の勝手かもしれない、けど、使える武器は何使ってでも、って感じかな。」

 

「・・お前、自分で何言っているのかわかってるのか?」

 

「分かってるよ。比企谷こそ、私が何言っているかわかってるの?」

 

「くっ。あのなぁ・・・。」

 

「はいはい。分かってるよ、実際あんたは付き合ってもないのにそうはしないと思ってるから。私の覚悟、って話。」

 

川崎はそう言って気持ち良さそうに微笑んだ。あれもこれも行ったらすっきりしたかも、などと口にしながら、これでもかというくらいに俺の頭を撫で繰り回している。

 

「どう?これでとりあえず、ベッドから出る気はなくなった?私のお願い、聞いてくれるよね?」

 

「いや、むしろどういう気持ちで隣に居たらいいかわからなくなったぞ。」

 

「だよね。ふふ、知ってる。けど、お願いを齟齬にするほどの理由にはならないでしょ?気持ちってだけで。」

 

「いやまぁ、そう言われると何も返せないが・・・。」

 

たじたじ、という言葉はこういう時に使うんだな、っと客観的に考えてみる。

主観に戻して、確かにたじたじにされているじゃねえかと、想い直した。

 

「よろしい。・・じゃぁ、2つ目の願い、言っていい?今しかできないかも、しれないから。」

 

川崎の言葉は後ろにいくにつれて弱々しいモノとなっていた。

 

「いや、返事を・・。」

 

「待って!返事とか、そういうのはこの旅行が終わってからにしてほしい、お願い。この旅行であったこと、あとから理由にしたりしないから。今だけは、この状況を味わせて欲しい、です。・・・お願いだから。」

 

そう口にしながら、川崎に抱かれている力がほんの少し強くなる。

 

「俺がその言葉に甘えてここに居るのも、どうかと思うんだがな。」

 

「またそうやって・・。いいの。本当に私のお願いだから。ね?」

 

川崎はそう言いながら、俺の顔を覗き込む。

真剣な眼差しに、俺は仕方なしと要求を受け入れた。

 

「・・2つ目ってなんだ。」

 

「・・今から、比企谷の腕枕で寝かせてほしい。」

 

俺の臨界点はとっくに超えていて、ただ今は願いを叶えようとする心だけがあった。

 

「・・わかった。ただ俺、経験ないぞ?」

 

「私の想像だと・・・こうして、ほら腕、私の頭の下に持っていって?・・うん、で肘曲げて、そう、私の肩掴んで?」

 

「こ、これ、腕枕ってより、肩とか胸じゃねえか?」

 

指示通りに動いたことにより、川崎の顔が俺の腕、というより胸に寄り添うような形で収まっている。肩を抱くことによってすり寄った川崎の身体が、俺の身体にくっついている。

 

「これでいいの。・・はぁ、ごめん。私いまドキドキしている。・・幸せ。」

 

「・・さいですか。」

 

俺はもう興奮を通り越して、川崎の重みだけを感じながら、天井を眺めている。寝ること自体はとうに諦めている。

 

川崎は甘えるようにぐりぐりと頭を擦り付けてくる。

俺は何一つ拒まず、肩を抱き続けている。

 

「ねぇ。」

 

「なんだ?」

 

「一つだけ、、今日だけって部分も踏まえて、私に優しく応えて欲しい。」

 

「・・なんだ?」

 

川崎が生唾を飲み込む動きが、肌を通して伝わってくる。

 

「返事って、期待していいのかな・・・?」

 

そう聞かれて、俺は俺自身に一つ問う。

・・答えは決まっていた。

 

「期待、していいと思うぞ。」

 

「っ!・・・そっか。」

 

その会話以降、二人の間に言葉はなかった。

 

 

 

 




あと数話でこの短い物語も終わるかと思います。
以下は興味のある方に読んで頂ければと思います。

----

書いていて気付いた部分があったので、読んで頂いているみなさんと共有させてください。

個人的に、書いていて一番楽しかったり、ノッている瞬間って、やはり川崎沙希が話している部分を書いているときなんです。原作では、残念ながら川崎沙希の言葉ってかなり限られていて、だからこそ逆に、色んなシーンでの想像が掻き立てられる部分があるな、と。
だからこそ、この拙作を書いている理由も、川崎沙希にたくさん話してほしいからだと言えます。足りない想像力を一番働かせているのも、その部分になります。
なので、そこに注目して頂いて私の楽しみが少しでも届けば良いなと、小さく願います。

お読みいただきありがとうございます。
引き続き、よろしくお願い致します。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に 評価する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。