【完結】鈴木さんに惚れました   作:あんころもっちもち
<< 前の話 次の話 >>

6 / 51
誤字脱字報告の機能、とても便利ですね!
報告して下さった方々、本当にありがとうございます。


06.鈴木さんの宝箱

あれからの私の生活は、今までのものとガラッと変わった。

 

仕事で鈴木さんと時間が合えば、ユグドラシルの話をして、帰宅してからも毎日・・・とまではいかないけれど、2.3日に1度は一緒にパーティーを組んで『ユグドラシル』を楽しんだ。

 

好きじゃない仕事も鈴木さんとお話出来るかもと思うだけで、いつも以上に楽しみになった。

もう、挨拶だけで満足出来ていた あの頃には戻れそうにない。

 

 

それに・・・誰かと一緒にゲームをするのがこんなにも楽しいものだなんて知らなかった。

 

私のレベルに合わせて狩りに付き合ってくれる鈴木さんは本当に優しい。

 

ゲームをプレイしながらも、私はキュンキュンしっぱなしだった。相手は骸骨なのに鈴木さんだと思うだけで五割増しで輝いて見える不思議である。

 

 

相手をイライラさせる事に定評のあるキョドり方をする私だが、意外と鈴木さんとの会話が止まったりすることは一回もなかった。

 

それは、鈴木さんは私がモジモジしながら話すのをじっと待っていてくれるというのもある・・・マジで優しすぎる、本当にヤバい、惚れないわけがない。

 

あと、鈴木さんの話してくれる"ギルド"の話がおもしろい上に、尽きることない程 多くの話のネタを持っていたというのも大きい。

 

 

ギルド『アインズ・ウール・ゴウン』

 

異業種のみでメンバー構成された このギルドは「DQNギルド」として有名だった。

悪のロールプレイに拘ったギルドだったそうで、調べてみれば、情報が出るわ出るわ。

 

ワールドアイテムとかいうなんか凄いのをたくさん所持している、だとか

拠点へ攻めてきた1500人の討伐隊を撃退した、だとか・・・

他にも、プレイヤーキルをたくさんしてた、鉱山を占拠しゲーム内に とある金属が出回らなくした、とまぁ、話題多い伝説のギルドだったらしい。

 

あの鈴木さんが、そんなDQNギルド所属なのも驚きだったけど、さらにギルド長だっていうんだから もう本当にビックリした。

 

でも、そのギャップが良い!!!

 

表では、可愛い笑顔をうかべる優男なのに、裏では骸骨でちょいワル系だったなんて!

私のツボをぐいぐい押してくる。もう痛いぐらいに好きになってしまっていた。

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーー

 

「ふふふっ アインズ・ウール・ゴウンの、話を、き、聞いていると、なんだかっ厨二心を、くすぐられますね」

 

「そうですか?」

 

次々と襲いかかってくるサーベルウルフを危なげなく処理しながら、今日も二人、話に花を咲かせていた。

 

 

「はい、あ、悪に拘るところ、とか・・・ナザリック地下大墳墓や拠点NPCの凝ってるところとか。あの、も、モモンガさんも、NPCは作ったの、ですか?」

 

「ええ、作りましたよ」

 

「み!見たいです!!」

 

「え、あ、でも、まぁ当時はカッコいいと思っていたのですが、今となっては、こう、恥かしいといいますか・・・」

 

「も、モモンガさんの、作ったNPCですから、カッコいいに、決まっていますよ」

 

「いや、ホントに・・・」

 

「それに、あの、モモンガさんの く、黒歴史を覗いてみたい、というか」

 

「わぁ、それ面白がってますよね!タチ悪いですよ〜」

 

「うふふっ」

 

「でも、いつかミケさんをナザリック地下大墳墓にご招待したいと思っていますよ」

 

「え!あ、いいんですか?・・・わ、わたしは、人間種ですし」

 

 

本音をいえば、めちゃくちゃ行きたい。

 

モモンガさんから話に聞く度に、私の中で、アインズ・ウール・ゴウンや、ナザリック地下墳墓への憧れは、強くなっていた。

 

モモンガさんにとって、アインズ・ウール・ゴウンは宝箱のようだった。

 

だって、話をしてくれる時のモモンガさんは、まるで子どもが自分の宝物を、目をキラキラさせながら自慢しているかのようだったから。

 

好きな人の宝箱の中に触れてみたいと思うのは、当然の感情だよね??私この想いが重過ぎるなんてことないよね?

あぁ、不安になってきた・・・今更ながら、がっつき過ぎのような気がする。気おつけなければ!

 

 

「そうですねぇ〜うちのギルドはみんなカルマ値がマイナスに振り切れてるメンバーばかりですし、ミケさんみたいな人間種が立ち入ったら・・・」

 

「た、立ち入ったら・・・?」

 

「ズタズタのギッタンギタンにされて、恐怖公の部屋に放り込まれるかもしれませんね」

 

「きょ恐怖公?」

 

「ゴキブリの王様ですよ、ものすごくリアルなので女性には不人気でしたね」

 

「わ、私もゴキブリは、に、苦手です。さすが、ナザリック、怖いですね・・・」

 

「なので、やられてしまわないようLv100になったらご招待しましょう」

 

「ぅえ!?あと、に、2ヶ月で、残り70あげるのは、ちょっと、厳しいです・・・あ!でも、頑張って、レベ上げすれば、なんとか・・・」

 

「ハハッ、冗談ですって。そんなに焦らなくても大丈夫ですよ」

 

「あ、う、からかった、んですか?」

 

「さっきの仕返しです」

 

「うぅ、ぜ、絶対、いつか連れていって、くださいよ?」

 

「ええ」

 

「あ!こ、攻撃されるのも、嫌です」

 

「ハハ、大丈夫ですよ」

 

「きょ、恐怖公は・・・遠目から、なら、見てみたいかも、です」

 

「リアルなゴキブリですが、ちっちゃい王冠かぶってて可愛いですよ」

 

「そ、それは、凄く気になりま、すね!!」

 

 

 

鈴木さんと『ユグドラシル』を初めて約1ヶ月。私は幸せな気持ちでいっぱいだった。

例え、この恋心を伝える事が出来なくても、この関係がずっと続けばそれで満足だった。

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。