【完結】死に芸精霊のデート・ア・ライブ   作:ふぁもにか

47 / 52

 どうも、ふぁもにかです。この17話は、本作『霜月コンクエスト』における特にヤバいシーンの3つ目となります。特に後半部分が要注意ですね。尤も、この17話まで閲覧してくれた読者の皆さんにはもはや、この手の警告は不要かもしれませんけどね。



17話 夢追咎人の猛攻

 

「最悪なのです。ボクの幻影が勝手なことをしたせいで、士道さんだけじゃなくて、この場の全員を殺さないといけなくなったじゃないですか……!」

 

 天宮市の離れの森にあるラタトスクの施設の一角、屋内プールにて。夢唯の事情を詳らかに話した、幻影の夢唯ことシャドウは、〈夢追咎人(レミエル)〉の【胡蝶之夢(バタフライ)】の瞬間移動能力で姿を現した本物の夢唯により首を刎ね飛ばされて殺された。そして、当の夢唯は、士道と元精霊たち(折紙・四糸乃・琴里・七罪・耶倶矢・夕弦・美九・十香・志穂)への殺意をみなぎらせながら、右手に持つ日本刀を士道たちに突きつけた。

 

 

「……なるほど」

「折紙?」

「どうしてシャドウが私たちに夢唯のことを話したのかについて合点がいった。シャドウの願いは、私たちに夢唯を殺してもらうこと。けれど、士道の性格を夢唯の記憶を通じて知っているシャドウには、私たちに正面から夢唯殺害を依頼したところで私たちが断る未来が容易に想像できていた。だから、シャドウは私たちにこれ見よがしに夢唯の過去を暴露した。〈夢追咎人(レミエル)〉の記憶改竄が通じない相手に、堂々と夢唯の秘密を共有する姿を見せつけることで、秘密を知る人を殺したがっている夢唯の殺害対象を増やした。すべては、私たちに夢唯を殺してもらうため。夢唯が私たちを本気で殺しにかかる状況を作り、私たちに夢唯を殺す以外の選択肢を与えないため」

「やってくれるじゃない……!」

 

 もはや夢唯との戦闘を回避できそうにない。十香たち元精霊が、士道に封印されている状態でも使用できる限定霊装と天使を顕現させる中。折紙はシャドウの思惑を皆に共有する。結果、士道たちにありったけの殺意をぶつけてくる夢唯がこの場に存在する状況そのものが、シャドウの思惑通りであるということを知った琴里はギリリと歯噛みした。

 

 

「夢唯! 俺の話を聞いてくれ! 俺は夢唯と戦いたくなんて――」

「士道さんの気持ちなんて知ったことじゃないのです。人の口に戸は立てられない以上、ここであなたたちを見逃せばボクの秘密はどんどん公然の元にさらされてしまうです。そんなこと、許してなるものか。お姉ちゃんをやり直す以上、強大な世界を敵に回してお姉ちゃんに世界征服してもらう以上、ほんのわずかなイレギュラーも認めてはいけないのですよ!」

「夢唯ッ!」

「黙るです! ボクの秘密を知る者は等しく皆殺し、これに例外はないのです!」

 

 望み薄とはわかっていつつも、それでも士道はどうにか夢唯との戦闘を避けるべく声を張り上げるが、夢唯は士道の要請を突っぱねる。士道の話なんぞ聞く耳持たずのスタンスな夢唯は、ギラギラとした殺意に満ち満ちた視線で士道たちを射抜く姿勢をやめる気配がない。

 

 

「くッ……!」

 

 士道は逡巡の末、覚悟を決めた。夢唯を止めるため、夢唯に殺されないために、十香の天使:〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を両手に構えた。

 

 

「〈垓瞳死神(アズラエル)〉――【入力(インプット)】」

 

 ここで志穂は、夢唯の視界に入らないよう士道たちの陰に隠れて、こっそり己の、人間の生と死を司る天使こと〈垓瞳死神(アズラエル)〉の技を発動した。刹那、漆黒のマントの造形をした志穂の天使に付与された無数の人間の目の一部に、この場の全員の名が刻まれる。士道・折紙・四糸乃・琴里・七罪・耶倶矢・夕弦・美九・十香・志穂・夢唯の名が刻まれる。

 

 志穂の〈垓瞳死神(アズラエル)〉は生と死を司る天使だ。志穂が〈垓瞳死神(アズラエル)〉の目に刻まれた名前を【閉眼(クローズ)】すればいつでも士道たちを殺すことができる。しかしそれは言い換えると、志穂が【閉眼(クローズ)】しさえしなければ、夢唯との戦闘で、何があっても士道たちが死なないということを意味していた。

 

 志穂が士道たちを殺しにかかるわけがない以上、生と死を司る天使〈垓瞳死神(アズラエル)〉がこの場の全員の名前を【入力(インプット)】で刻んだ時点で、この戦闘では誰も死なないことが確定している。志穂から提供される、絶対的な生存保証に基づいた上でこれから始まる夢唯と士道たちの戦いは、ある意味で茶番も同義だった。

 

 

「士道先輩! 準備完了ッス!」

「ありがとう、志穂。みんな、夢唯を迎え撃つぞ!」

 

 夢唯に悟られないように、志穂から生存保証の付与完了の旨を伝えられた士道は、皆に夢唯の攻撃の迎撃態勢を指示する。元精霊たちも士道の指示に一様にうなずき、各々の天使を構え、夢唯の動向を注視する。

 

 

「いきますよぉ♪ 〈破軍歌姫(ガブリエル)〉――【行進曲(マーチ)】!」

 

 ここで志穂に続き、士道たちに次なる支援が行使される。美九の音楽だ。美九は、〈破軍歌姫(ガブリエル)〉を、光の鍵盤を顕現させて、たおやかな指で音楽を奏でていく。その勇ましい音楽は士道たちに、いつもの自分以上の圧倒的なパワーを与えてくれた。志穂の生存保証に美九のバフ。いかに相手が封印されていない精霊であっても、後れを取ることはないはずだ。

 

 

「まずは小手調べです。【亜苦夢(ヴィジョン)】」

 

 だが、士道たちの推測をあっさりとひっくり返す一手を夢唯は発動した。夢唯の夢幻を司る天使:〈夢追咎人(レミエル)〉から繰り出される【亜苦夢(ヴィジョン)】だ。刹那、士道たち全員の脳内にとある光景を押しつけられる。それは、先ほどのシャドウの最期と同様に、士道が為す術もないままに夢唯の日本刀で首を刎ね飛ばされ、物言わぬ屍と化す光景だ。

 

 

「士道、さん……!?」

「そんな、ウソでしょ……」

 

 四糸乃が、七罪が、士道の無残な死の光景の虚像に明らかに動揺を見せる。他の面々も言葉にこそ出さなかったが、士道の死の光景を突きつけられて、動揺を見せていた。しかし、当の本人である士道の動揺は薄かった。以前、自身が残酷に殺される光景を夢唯に無理やり見せられた経験があったからだ。

 

 

「みんな、俺は平気だ! 〈垓瞳死神(アズラエル)〉が見守ってくれているんだ、俺は絶対に死なない!」

「「「ッ!」」」

 

 ゆえに、士道は即座に平静を取り戻し、動揺冷めやらぬ仲間たちに叫ぶ。その士道の声で、元精霊たちはハッと我に返った。

 

 

「シドー、すまない。私はどうかしていたようだ」

 

 士道の叫びによっていち早く我を取り戻した十香は再び己の天使を構える。十香に続くように、折紙・琴里・耶倶矢・夕弦・美九・志穂も動揺状態から立ち直り、先ほどまで【亜苦夢(ヴィジョン)】に目に見えて狼狽していた四糸乃や七罪も少し遅れながらも戦意を取り戻す。

 

 

「精神攻撃をさも当然のように跳ねのけたですか、厄介の極みなのです。ではお次はこうです。【迷晰夢(ミスディレクション)】」

 

 夢唯は【迷晰夢(ミスディレクション)】を行使し、自身の前方に刃渡り200メートル級の巨大な刀を召喚し、ふよふよ浮かぶ巨大な刀の反りを士道たちへと蹴り飛ばす。巨大な刀はぐんぐん速度を挙げて士道たちの体を一刀両断するべく迫ってくる。

 

 

「させるものか!」

 

 が、巨大な刀による一薙ぎは、十香により防がれた。十香は〈鏖殺公(サンダルフォン)〉の刀身で巨大な刀を受け止める。十香は刀の衝撃に一時吹っ飛ばされそうになるも、足に渾身の力を注いで衝撃に耐えて、「おおおおおおおおおおおおッ!」と裂帛の気合いとともに〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を振り抜き、巨大な刀を弾き飛ばした。弾かれた刀はぐるんぐるんと盛大に回転し、屋内プールの一角に深々と突き刺さる。

 

 

「十香、助かったよ」

「うむ。これくらい私にかかれば――」

「だーりん、みなさん! 上ですぅ!」

「ッ!?」

 

 士道が皆を代表して十香に感謝し、十香が士道に応対していると、美九の緊迫した声が届く。士道たちが弾かれたかのように上へと視線を移すと、その先に無数の槍が存在した。軽く千以上の膨大な数の槍が士道たちを貫かんと、重力を無視した圧倒的な速度で地上へと降り注ごうとしていた。

 

 

「いくよ、夕弦!」

「呼応。私たちにお任せあれ」

 

 何もしなければ数秒後には全員槍の雨の餌食となってしまう状況下。耶倶矢と夕弦は一緒に〈颶風騎士(ラファエル)〉を発動させ、上空に上昇気流を発生させる。夢唯の【迷晰夢(ミスディレクション)】で召喚された無数の槍はしばし風に抵抗していたが、やがて〈颶風騎士(ラファエル)〉の強烈な風に押し負ける。結果、無数の槍は風に吹き飛ばされ、これまた屋内プールのあちらこちらに次々と転がっていく。

 

 

「これもダメなら……」

 

 士道は上空からの攻撃にいち早く気づいてくれた美九と、実際に士道たちを守ってくれた耶倶矢と夕弦に感謝しようとして、しかし先ほどの上空からの不意打ちに気づけなかった点を反省し、油断せず夢唯を見据える。夢唯はブツブツと何事かを呟きながら自身の傍らに奇怪な構造をした機関銃のような兵器を召喚していた。

 

 

「全員まとめて死にさらすのです!」

「させない!」

 

 夢唯が機関銃に蹴りを入れると、機関銃は勝手にフルオートで幾多の銃弾を発射し始める。だが高速で空間を駆け抜ける銃弾が士道たちの体を貫くことはなかった。七罪が〈贋造魔女(ハニエル)〉を行使したことで、銃弾が光を放ったかと思うと、次の瞬間にはたんぽぽの綿毛へと変化したからだ。

 

 

「刀も槍も銃もダメ、じゃあこれなら……」

 

 夢唯は自身の攻撃が上手く嵌らずすべて防がれてしまう状況に苛立ちを募らせつつも、あくまで冷静に次なる武器を【迷晰夢(ミスディレクション)】で生成する。夢唯の背後に、全高10メートル級のトンデモサイズの戦車を生成する。戦車は夢唯にガツッと蹴られたことをきっかけに、砲身に暴力的な輝きを放つ光を結集させ、紫電のレーザービームを放出した。

 

 

「よしのん!」

『いっくよー!』

 

 夢唯の士道たちへの殺意の高さの象徴ともいえる、圧倒的なエネルギーを抱え持つレーザービームに対し。四糸乃が〈氷結傀儡(ザドキエル)〉と化した兎のパペットことよしのんに呼びかけて、士道たちの前方に氷の防壁を構築する。

 

 レーザービームは厚い氷の壁を少しずつ穿ち、四糸乃は〈氷結傀儡(ザドキエル)〉の氷の厚みを増やしていく。両者のせめぎ合いはしばし続き、四糸乃の氷の壁は盛大な破砕音とともに崩壊した。が、同時にレーザービームの威力が消え、紫電の光は周囲の光に溶け込んで消失し。レーザービームを放った巨大な戦車自体も相当な無茶をしていたのか、粉々に爆散した。どうやら四糸乃の氷壁と夢唯のレーザービームの勝負は、引き分けに終わったようだ。

 

 

「……さすがは夢幻を司る天使:〈夢追咎人(レミエル)〉。何でもありね、メチャクチャだわ」

「あぁ。でも、夢唯の攻撃を俺たちはちゃんと凌げている。精霊の霊力は有限だ。この調子なら、夢唯の霊力を枯渇させられる。夢唯を止められる」

「……ええ、そうね。油断せずに行くわよ」

 

 夢唯が次々繰り出す〈夢追咎人(レミエル)〉の多様な攻撃手段を前に、琴里は夢唯の脅威を改めて肌で感じ、ポツリと弱音にも似た呟きを漏らす。だが、琴里の心境をくみ取った士道が力強い口調で希望を琴里に示すと、琴里は気持ちを持ち直し、毅然とした態度で士道に言葉を返した。

 

 

「はぁぁぁ。ホントイライラするですよ。どうせあなたたちの死は決まっているというのに、無駄に全力で抵抗しやがって、ボクがお姉ちゃんとして生きる時間を削りやがって……嫌がらせにも程があるのですよ」

「夢唯! 俺たちにお前と戦う意思はない! 攻撃をやめてくれ!」

「うるさいのです。あなたたちはここで殺す、もう決めたことなのです。精神攻撃もダメ、武器任せの物理攻撃もダメとなると……搦め手でしょうか?」

 

 夢唯は髪をかきむしりながら、士道の要請をすぐさま拒否しつつ、【迷晰夢(ミスディレクション)】を行使する。が、今までのように屋内プール内に新たな武器が登場することはなかった。代わりに現れたのは、士道たちの幻影だった。士道・折紙・四糸乃・琴里・七罪・耶倶矢・夕弦・十香・美九・志穂。10人と全く同じ造形をしたシャドウが、何人も何十人も何千人も夢唯の前に召喚されていく。

 

 

「なぁ!?」

「さぁ行くのです、奴らを殺すのです!」

 

 士道たちが驚愕に目を見開く中、夢唯はシャドウたちに士道たちの殺害を命じる。シャドウは夢唯の命令を疑うことなくコクリとうなずき、無手のまま士道たちの元へと駆けていく。

 

 

「この、無駄だっての……!」

「夕弦! 我らも続くぞ!」

「応答。耶倶矢に合わせます」

 

 七罪が〈贋造魔女(ハニエル)〉でシャドウを次々と飴玉に変身させるも、耶倶矢と夕弦が〈颶風騎士(ラファエル)〉の風で吹き飛ばすも、士道たちのシャドウの一斉行軍は勢いを増すばかりだ。当然だ。夢唯はシャドウを増産し続ける一方、士道たちは自分たちと全く同じ姿形をした者を殺せず、無害なものに変身させるか遠くへ追っ払うことしかできていないのだから。

 

 無論、〈垓瞳死神(アズラエル)〉の瞳に士道たちの名前を【入力(インプット)】している以上、士道たちが死なないことには変わりない。だが、この絶対的な生存保証には1つだけ穴がある。もしも志穂が夢唯の攻撃により気絶してしまうと、志穂が顕現している天使〈垓瞳死神(アズラエル)〉もまた消えて、生存保証が消失してしまうのだ。ゆえに、シャドウ軍団の数が増え続ける状況は、志穂が襲われて気絶してしまいやすくなることとイコールであり、士道たちの生存保証を脅かす脅威に他ならなかった。

 

 

「こ、これとってもマズい状況じゃないですかぁ!?」

「非常に危うい状況と言える。一番マズいのは、シャドウたちの接近を許してしまい、誰が本物で誰がシャドウかがわからなくなってしまうこと。誤って本物が本物を攻撃してしまえば最後、私たちの迎撃態勢は崩壊し、全員もれなく夢唯に殺されてしまう」

 

 美九が迫りくるシャドウたちの大群に冷や汗を流し、折紙もまた眼前の絶望的な状況に内心で戦慄しつつも表向きは平坦な口調で現状における最大のリスクを皆に共有する。しかし、現状にさほど危機感を抱いていない者がいた。志穂だ。

 

 

「だいじょーぶ、私に策があるッス! 〈垓瞳死神(アズラエル)〉――【宣告(センテンス)】!」

 

 志穂は肩に羽織ったマント型の〈垓瞳死神(アズラエル)〉を掴みながら技を行使すると、志穂を含めた士道たちの頭の上に、まるで血で象られたようなおどろおどろしいフォントの数字が表示される。士道たちの頭上にふわりと浮かぶ数字は、桁数こそ10桁で統一されていたが、1,892,161,856、1,908,777,258などと、人によりバラバラの値を示しており、頭上の数字は1秒ごとに1ずつ数を減らしていく。

 

 志穂は士道たちに、頭上の数値がゼロになった時に死亡する技を行使した。だが当の士道たちに動揺はなかった。志穂の行動の真意を即刻理解したからだ。

 

 夢唯が作った士道たちの偽物ことシャドウは、そもそも幻影だ。幻影は人間ではなく、それゆえ志穂の〈垓瞳死神(アズラエル)〉による生死管理能力の対象外。すなわち、頭の上に赤い数字が浮かんでいる人が本物で、それ以外はシャドウだということを意味している。志穂は自分たちに【宣告(センテンス)】することで、本物と偽物を容易に判別する手段を提供してくれたのだ。

 

 

「これで簡単に見分けつくッスね?」

「あぁ。助かるよ、志穂」

「えっへへ。もっと褒めてくれても良いんスよ?」

「……あのぅ、〈夢追咎人(レミエル)〉を舐めてるですか?」

 

 士道から褒められた志穂が赤みがかった頬で笑みを浮かべる中、夢唯は志穂を睥睨し、【迷晰夢(ミスディレクション)】を追加行使する。直後、シャドウたちの頭にも、士道たちと同様に10桁の赤い数字が浮かび上がり、1秒ごとにカウントダウンを始めていく。

 

 

「そんなッ!?」

「無為な抵抗、ご苦労様なのです」

 

 志穂が悲鳴染みた声を上げ、夢唯が志穂の思惑を挫けたことにわずかに口角を吊り上げる。しかし実は、志穂の今の言動は演技だった。志穂はこっそりと〈垓瞳死神(アズラエル)〉の技の1つ、【同期(シンクロナス)】を発動させた。それは、本物の士道たちの頭上に浮かぶ寿命の数字を同じ数字に統一するという技だ。

 

 しかし、それだけではない。この【同期(シンクロナス)】という技には特殊効果がある。対象の死期を同期させることにより、同期した面々は互いの位置を、状況を、目で見ずとも共有できるという効果だ。志穂は夢唯を除く自分たちの寿命をそろえ、対象を無理やり運命共同体にすることで、頭上に浮かぶ赤い数字の有無以外で、本物とシャドウとを見分ける術を志穂は皆に提供した。要するに、【宣告(センテンス)】は夢唯を釣るエサでしかなく、志穂の本命は【同期(シンクロナス)】の方だったのだ。

 

 

「くそッ……」

 

 士道もまた、志穂の演技に付き合い苦悶の表情を浮かべながら、無表情で迫りくる士道たちのシャドウに対し〈氷結傀儡(ザドキエル)〉を行使し、シャドウの足元に氷の柱を生み出して、シャドウたちを転ばせる。偽物とはいえ、自分たちと全く同じ見目をしたシャドウ相手に、〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を振るって斬り殺すなんて、士道にはできなかった。

 

 志穂の〈垓瞳死神(アズラエル)〉のおかげで、本物とシャドウとを間違える心配はなくなった。しかし、士道たちがシャドウを殺せないがために、状況は刻一刻と悪化していた。夢唯は士道たちのシャドウの召喚をやめないために、屋内プールは段々とシャドウで埋め尽くされていき、士道たちは徐々にシャドウの大群の猛攻をさばききれなくなってしまう。

 

 

「このままじゃあ……」

『いやぁ、笑っちゃうくらい大ピンチだねー』

「……やるしかない、か」

 

 最悪の未来を想像したのだろう。四糸乃の顔が蒼白に染まり、よしのんの声色もどこか固い。もはや、自分たちと全く同じ見た目だからといって、シャドウ殺害をためらっていられる状況ではなかった。士道は覚悟を決めると、眼前の七罪のシャドウの体に〈鏖殺公(サンダルフォン)〉の柄をぶつけてぶっ飛ばし、追撃とばかりに七罪のシャドウに〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を振り下ろ――。

 

 

「や、やだ! 死にたくない!」

 

 その時、尻もちをついている七罪のシャドウが頭を抱えて叫んだ。士道は、七罪のシャドウに振るおうとしていた〈鏖殺公(サンダルフォン)〉に渾身の力を込めて切っ先をズラし、結果として〈鏖殺公(サンダルフォン)〉は七罪のシャドウの隣の床を深く抉った。

 

 

「いや、いや! 私は死にたくない。士道、私の代わりに死んでよ!」

「あ……」

 

 七罪のシャドウがゆらりと立ち上がり、血走った眼で士道を睨みつけて、士道の首を絞めるために手を伸ばしてくる。七罪のシャドウが士道を殺すべく手を伸ばしてくる。何もしなければ七罪のシャドウの攻撃を喰らってしまう。それはわかっている。けれど、士道は動けなかった。目の前の七罪のシャドウに、反撃できなかった。士道の耳には、『死にたくない』という七罪のシャドウの悲鳴がずっと反響していた。

 

 

「士道!」

「え、腕が……?」

 

 七罪のシャドウが伸ばした手は、士道に届くことはなかった。七罪のシャドウの手が、光線に貫かれ、はじけ飛んでいたからだ。七罪のシャドウは困惑に眉を歪めて、続けて幾重もの光線が七罪のシャドウの体を貫き、七罪のシャドウは為す術もなく絶命し、血も遺体も瞬く間に消え去った。士道は光線が放たれた元へと視線を移す。そこには〈絶滅天使(メタトロン)〉の複数の羽を七罪のシャドウへと向けている折紙の姿があった。

 

 

「折紙……!」

「士道。殺らないと私達が殺られる」

「わかってる! わかってるけど……!」

「……わかった。士道の分も、私が殺す」

 

 折紙は士道にシャドウを殺すよう促すも、士道の葛藤を見ると、士道に手を汚させないよう士道の前に立ち、〈絶滅天使(メタトロン)〉の光線で次々とシャドウを殺し始める。傍目から見れば、折紙は淡々と士道たちのシャドウを殺しているように見える。だが士道は気づいた。シャドウを容赦なく殺していく折紙の瞳が、細かに震えていることに。

 

 

「夢唯! こんなやり方、卑怯だぞ!」

「そう言われましても、敵の嫌がることをするのが殺し合いの基本なのですよ。やっとあなたたちに効果的な殺し方にたどり着けました。良かったのです。これで大人しくみんな仲良く死んでくれますね?」

 

 十香もまた、折紙と同様に覚悟を決めて、シャドウたちの悲鳴をなるべく聞かないように極力シャットアウトしながら、シャドウたちを〈鏖殺公(サンダルフォン)〉で斬り殺していく。その最中で十香が吼えるようにして夢唯の戦い方を非難するも、夢唯は凶悪な笑みを浮かべるのみで、まるで動じない。

 

 

「切り裂け、〈灼爛殲鬼(カマエル)〉!」

「い、痛くしないで、琴里さん……」

「ッ! こいつらは偽物、こいつらは偽物!」

 

 琴里も悲壮の覚悟を瞳に込めて、戦斧型の〈灼爛殲鬼(カマエル)〉を振るい、士道たちのシャドウを焼き殺していく。だが、シャドウの四糸乃を筆頭とした、シャドウたちの悲鳴が、命乞いの声が、うめき声が、断末魔が、琴里の心を蝕んでいく。心の侵食に比例して、琴里の〈灼爛殲鬼(カマエル)〉の制御が段々と覚束なくなっていく。

 

 シャドウを殺す覚悟の決まっている折紙たちがシャドウを殺す数よりも、夢唯が新たなシャドウを生み出すスピードの方がはるかに速い。このままではジリ貧だ。このままでは夢唯の霊力を枯渇させるどころか、士道たちの方が先に霊力を使い果たし、夢唯がひたすら招来するシャドウ集団に押し潰されてしまう。どうにか夢唯の暴走を止めて、夢唯との戦闘を休戦させて、夢唯ときちんと話をできる状況に持ち込まないといけない。

 

 けれど、一体どうしたら夢唯が士道の話を聞いてくれるだろうか? 士道はこれまで何度か夢唯との対話を望み、働きかけようとしたが、夢唯はまるで聞く耳持たずだった。夢唯に攻撃をやめてもらうには、夢唯と対話をするには、それこそ先ほど夢唯のシャドウが話していた通り、霜月砂名を天国からよみがえらせて、夢唯と話をさせるくらいしかないのでは――。

 

 

(……砂名さんを、天国からよみがえらせる?)

 

 刹那。士道の脳裏にとあるアイディアが思い浮かんだ。士道は、この絶望的な状況を打開する奇跡的な一手を閃いた。

 

 

「十香、四糸乃、耶倶矢、夕弦、美九! 俺に考えがある、夢唯の気を引いてくれ!」

「「「ッ!」」」

 

 士道の唐突な指示から士道が何か絶望的な現状を切り開く策を閃いたものと察した十香たちは、士道から仔細を聞き出さず、士道を心から信じ、各々己の最善を尽くすべく動き始める。

 

 

「わぁああああああああッ!」

 

 美九が指向性を持たせた大音量ボイスで騒ぎ立て、四糸乃が士道と夢唯との間に巨大な氷壁を築き上げ、耶倶矢と夕弦が強烈なかまいたちを顕現してシャドウの大群を吹き飛ばし、十香が〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を携えてシャドウの大群の間隙を縫って夢唯へと近づき、渾身の力を込めて振り下ろす。夢唯は迫りくる〈鏖殺公(サンダルフォン)〉に怯えることなく、トンっと後方に飛んで軽く回避してみせる。

 

 

「何をする気かは知ったことじゃないですが、あなたたちがボクに殺される未来は確定です。覆せはしないのです」

「そんな最悪な未来は、私たちが否定する! お前を倒して、生き残ってみせる!」

「夢を見るのは自由ですが、哀れですね」

 

 十香が夢唯の注意を己に向けるために〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を振り抜き、夢唯は【迷晰夢(ミスディレクション)】で己の手に日本刀を呼び出し、〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を受け止める。志穂の〈垓瞳死神(アズラエル)〉により十香も夢唯も死なないことが確定している中、十香と夢唯は互いが信を置く得物で丁々発止と切り結んでいく。

 

 

「それで? 私たちを残して何をするつもり?」

「みんなには全力で演技をしてほしいんだ。さっき志穂が夢唯に出し抜かれた演技をしたみたいに。それで、俺は――」

 

 十香たちが時間稼ぎをしている間、士道の元に折紙・琴里・七罪・志穂が集まり、琴里が士道に尋ねると、士道は手短に己の脳裏に思い浮かべた、今の窮地を脱するためのアイディアを琴里たちに伝える。

 

 

「――良い案だと思う。私は士道の案に乗る」

「で、でも。もしもバレたら取り返しがつかなくなるよね……?」

「確かに失敗すれば間違いなくバッドエンドになるわね。けれどどの道、私たちの状況は厳しい。士道の案に賭けた方が良さそうね」

「私も賛成ッス、こういう土壇場に強い士道先輩の策を信じるッス!」

「あぁもうわかったわよ! 私も乗るわ!」

 

 士道の話を聞き終えて、いち早く士道のアイディアに賛意を示したのは折紙だった。一方、七罪はおずおずと懸念を示すも、琴里と志穂の意見により己が少数派だと思い知らされた七罪は、己の心に巣食う不安を吹き飛ばすように大声をあげて、己の意見を撤回した。

 

 

「ありがとう、みんな」

 

 夢唯の猛攻によりいつ己の命が潰えてもおかしくない中。士道を信じてくれる仲間たちを前に、士道は一言感謝を述べた上で。士道のアイディアに基づく作戦を開始した。

 

 

 ◇◇◇

 

 

「いい加減、私の視界から消え去るです!」

「ぐあッ!?」

 

 夢唯はひたすら自身と至近距離を保って〈鏖殺公(サンダルフォン)〉を振るってくる十香を遠ざけるべく、【迷晰夢(ミスディレクション)】で十香の目の前に巨大な杭を召喚する。ゼロ距離状態で召喚された杭を十香は回避することができず、それゆえ杭は十香の腹部に勢いよくぶつかり、十香はうめき声とともに思いっきり吹っ飛ばされてしまう。

 

 

「いくらなんでもしつこすぎるのですよ、あなたたちは。今度こそ、これでおしまいに――」

 

 夢唯は十香たちを皆殺しにするべく【迷晰夢(ミスディレクション)】を行使しようとして。瞬間、四糸乃が士道たちを夢唯の視界から隠すべく展開していた氷壁が、折紙の〈絶滅天使(メタトロン)〉による光線で粉々に破壊された。氷の欠片があたかもダイヤモンドダストのようにはらはらと舞い落ちる中。

 

 ダイヤモンドダストの中心地に、1人の人物が立っていた。それは、黒髪を肩口にかかる程度に切りそろえた、長身痩躯のスレンダーな女性だった。

 

 

 

「ぉ。ねぇ、ちゃん……?」

 

 夢唯はかすれた声で、呟く。そう、夢唯が延々に生み出し続けていた幻影のシャドウがひしめく戦場に突如として、夢唯の姉こと:霜月砂名が姿を現したのだった。

 

 




五河士道→好感度の高い精霊とキスをすることで、精霊の霊力を吸収し、封印する不思議な力を持った高校2年生。夢唯との戦闘が劣勢に傾く中、閃いたとある策で、窮地の打開へと動き出した。
夜刀神十香→元精霊。識別名はプリンセス。戦闘中は非常に頼もしいが、普段はハングリーモンスターな大食いキャラ。あんまり前衛ポジションのいない士道パーティにおける貴重な戦士であり、此度も夢唯の巨大日本刀を防いだり、夢唯の注意を引きつけるために至近距離で夢唯と斬り結んだりしていた。
四糸乃→元精霊。識別名はハーミット。人見知りなタイプ。諸事情から、兎のパペットに『よしのん』という人格を生み出している。ある時は夢唯の幻影戦車のレーザービームを防ぐため、またある時は士道たちの作戦会議を夢唯に見られない遮蔽とするために、氷の壁を有効活用した。
五河琴里→士道の妹にして元精霊。識別名はイフリート。ツインテールにする際に白いリボンを使っているか黒いリボンを使っているかで性格が豹変する。シャドウを殺す覚悟ができた一部精霊の中で、最も心に傷を負っている筆頭。
八舞耶俱矢→元精霊。識別名はベルセルク。普段は厨二病な言動を心がけるも、動揺した際はあっさり素の口調が露わになる。色々と融通の利く〈颶風騎士(ラファエル)〉の力で、夢唯の猛攻を凌ぐ貢献をできた面子その1。
八舞夕弦→元精霊。識別名はベルセルク。発言する度、最初に二字熟語をくっつけるという、何とも稀有な話し方をする。色々と融通の利く〈颶風騎士(ラファエル)〉の力で、夢唯の猛攻を凌ぐ貢献をできた面子その2。
誘宵美九→元精霊。識別名はディーヴァ。男嫌いで女好きなタイプ。ただし士道(だーりん)は例外。みんなと一緒に戦う時は己はあまり出しゃばらずに、士道たちにバフをかけたり、一歩引いた目線から相手がどんな攻撃をしてくるかを冷静に観察したりと、補助に徹している。
七罪→元精霊。識別名はウィッチ。筋金入りのネガティブ思考で物事を捉える性格をしている。器用な〈贋造魔女(ハニエル)〉を全力活用し、銃弾や士道たちのシャドウを無害な物に変身させる立ち回りをしていた。
鳶一折紙→元精霊。識別名はエンジェル。士道に封印されるまでは両親を殺した精霊に復讐することを原動力に生きてきた。普段、感情をあまり表情には出さない。良くも悪くも、士道たちと全く同じ造形をしたシャドウを殺したくないという感情を、殺さなければ自分達が殺されるだけなのだから殺るしかないという理性で押さえつけることができる。
霜月志穂→士道に封印された残機1の元精霊。識別名はイモータル。メチャクチャ敬意や好意を持っている相手に対しては、年齢に関係なく『先輩』と呼ぶようにしている。生と死を司るピーキーな天使〈垓瞳死神(アズラエル)〉を、士道たちを守るために上手く活用できているようだ。
霜月夢唯(むい)→霜月砂名の妹。千葉の高校に通う1年生。実は砂名に変身した上で記憶を改竄していた精霊:扇動者(アジテーター)だった。さすがに夢幻を司る天使〈夢追咎人(レミエル)〉なだけはあり、1対多だろうと問題なく戦闘を優勢に進められている模様。
霜月砂名(さな)→かつて、記憶を失いただの志穂だった少女に『霜月』の苗字を与えた女性。享年18歳。此度、亡くなっているはずの彼女がなぜか戦場に姿を現したようだが……?

Q.夢唯は〈夢追咎人(レミエル)〉の【迷晰夢(ミスディレクション)】で、その気になれば色んな武器を召喚できるのに、どうして日本刀をメインウエポンに選んで戦っているんですか?
A.日本刀で戦いたくなるお年頃だから。

次回「姉騙り」

▲ページの一番上に飛ぶ
X(Twitter)で読了報告
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。