笑顔の魔法を叶えたい   作:近眼
<< 前の話 次の話 >>

78 / 86


ご覧いただきありがとうございます。

長い天童さん編を超えて、やっと本編に合流しました。正直アニメ二期中にオリジナル話で言いたいことはだいたいやりきったので、残りは本編まっしぐらだと思います。
多分。
おそらく。
きっと。
とにかく今回からスノハレ編なのです。


といつわけで、どうぞご覧ください。




カメラは衝動買いするもの

 

 

 

 

 

 

僕らは今、大きなホールにいる。

 

 

何でかって?

 

 

「それでは!!最終予選に進む最後のグループを紹介しましょう!!!」

 

 

そう。ラブライブ最終予選前のインタビュー的なあれだ。当然A-RISEもいらっしゃる。僕と創一郎は舞台袖。そりゃね。僕らはマネージャーだからね。

 

 

っていうかわざわざこんな広いところ使わなくてもいいと思うんだけどね。テレビの中継もしてるみたいだし、注目度高いんだね。

 

 

あとレポーターさん相変わらずテンション振り切ってるね。天童さんよりやかましい。やかましいとか言っちゃいけないわ。

 

 

「音ノ木坂学院スクールアイドル!μ'sです!!」

 

 

紹介されるとともに歓声。そしてシャッター音。こういうの直に見ると相当人気出てるのがわかるね。にこちゃんすごい。いやみんながすごいのか。でもにこちゃんもすごい。

 

 

とはいえ、他のスクールアイドルの人気もすごい。残りのグループも紹介されるたびに大歓声かつシャッターの嵐。観客の皆様は全員どのグループでも歓声あげてんじゃないのこれ。

 

 

「この4組の中からラブライブに出場できる1組が決まります!!」

 

 

テンション高いレポーターさんが宣言すると、歓声も収まった。大歓声を封じ込めるテンションしゅごい。

 

 

「ではまず最初に、1組ずつ意気込みを言ってもらいましょう!まずはμ'sから!」

(何故最初なんだ)

(所属学校の五十音順じゃないの)

 

 

創一郎が小声で文句言ってるけど、最初だとなんかまずいのかな。

 

 

まあ正直穂乃果ちゃんが変なこと言わないか心配ではあるけど。でも多分あの子順番関係なく変なこと言うんだよね。

 

 

「はっ、はいっ!わ、私たちはラブライブで優勝することを目標にずっと頑張ってきました!」

 

 

ちょっと緊張してるけど、変なことは言ってないね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ですので!私たちは絶対優勝します!!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

…変なこと言ったね。

 

 

そんな気はしてた。

 

 

創一郎は隣で眉間抑えてた。

 

 

前回優勝者がお隣にいるのによく言うよ。

 

 

「あ、あれ?」

「す、すすすすす凄い!いきなり出ました優勝宣言です!!」

 

 

一瞬レポーターの人もびっくりしてたじゃんね。会場もなんかざわざわし始めたし。ギャンブルしなきゃ。ある意味穂乃果ちゃんに喋らせた時点でギャンブル感はある。耳は賭けないけど。

 

 

A-RISEの方々はにやにやしてるけど、他のグループの人も面食らってるし。勢いで言うもんじゃないよ穂乃果ちゃん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何堂々と優勝宣言してんのよ!!」

「い、いやぁ…勢いで…」

「勢いで言うもんじゃないよ」

 

 

翌日の放課後、部室でミーティングしようとしたらにこちゃんが穂乃果ちゃんにお怒りだった。まあそうなるよね。

 

 

「でも、実際目指してるんだし問題ないでしょ」

「さすが戦ったら負けない系お嬢様、勝利宣言に慣れてらっしゃる」

「なによ!」

「でも確かに、A-RISEも言っていましたね。『この最終予選は本大会に匹敵するレベルの高さだと思っています』と」

「そっか…認められてるんだ、私たち」

「実際そうだろうな。関西や東海も規模はデカいが、正直東京には及ばない。京都の和系スクールアイドル『鏡花水月』、愛知の強豪『ハイペリオン』あたりの一強感が否めないしな」

「引くほど詳しい」

「それ以外でも北海道のスクールアイドル『ユカラ』や宮崎の『ローゼンフリューゲ』も見逃せません!!」

「こっちも詳しい」

 

 

東京が激戦区だというのは間違いないんだろう。予備予選だけで何組落ちてるのか不明なレベルだもの。それよりドルオタたちが引くほど詳しい。どこから情報仕入れてんだろうね。

 

 

「それじゃ、これから最終予選で歌う曲を決めましょう」

 

 

そういえば今日の本題それだったね。忘れそうだったわ。

 

 

流石に最終予選は無難に終えるわけにもいかない。しっかり考えて、強い意志で勝ちに行く。そのための選曲ミーティングだ。

 

 

「歌える曲は一曲だから、慎重に決めたいところね」

「勝つために…!」

「今までで人気があった曲はどうだろうね」

「『Wonderful Rush』か『夏色えがお』か『僕らのLIVE』あたりか?まあ安牌だろうが、夏色えがおは季節感が違うだろ」

「何でよ!!」

「にこちゃん、これは流石に致し方ない」

 

 

既に人気が出ている曲ってのは強いと思うんだけどね。流石にクリスマスに夏の曲やる気にはならないね。衣装も水着だしね。風邪ひいちゃう。

 

 

「私は新曲がいいと思うわ」

「おお、新曲!」

「面白そうにゃ!」

「予選は新曲のみとされていましたから、その方が有利かもしれません」

「新しさっていうのも一つの印象だしね、事と次第によってはかなり有利になるかもしれないよ」

 

 

新曲というのも確かにアリだ。当然練習とか大変だけど、このタイミングで未発表作品を繰り出せるというのはそれだけで大きなアドバンテージに見える。実際どうかは置いといて、「そう見える」ってだけで人の票は動くものだ。

 

 

「でも、そんな理由で歌う曲を決めるのは…」

「新曲が有利っていうのも、本当かどうかわからないじゃない」

「それにこの前やったみたいに、無理に新しくしようとするのも…」

「…あんまり得策とは思えねぇな」

「創一郎じゃないんだからそんなに悲惨なことにはならないでしょ」

「………」

「ごめんて」

 

 

実際、新曲を披露するのはリスクもある。だからここで反対意見が出るのも仕方ない。創一郎をいじったら落ちこんじゃったけど。すっごい落ちこんじゃったけど。そんなに落ち込む?

 

 

「どっちにしても、何を選んでも確実に勝てるとはならないか」

「じゃあどうすんのよ?」

「どうしよう。未知の可能性に賭けるか、心の安心を取るか。僕としてはチャレンジ精神を大事にしてほしいけど、それで負けちゃったら申し訳ない」

「茜が選んだら絶対勝てるわよ!!」

「信頼が重い」

 

 

そんな僕を全面的に信用しないの。嬉しくなっちゃう。

 

 

「例えばやけど」

 

 

そうしてみんなが首を捻っている時だった。

 

 

 

 

 

「このメンバーでラブソングを歌ってみたらどうやろうか」

 

 

 

 

 

…。

 

 

 

 

 

「「「「「「「「「ラブソング?!」」」」」」」」」

「うわびっくりした」

 

 

 

 

 

超びっくりした。みんな無反応かと思ったら大声出すんだもん。創一郎まで叫んでるもん。鼓膜しんじゃう。

 

 

「なるほど!アイドルにおいて恋の歌すなわちラブソングは必要不可欠、定番曲には必ず入ってくる歌の一つ!なのにそれが今までμ'sには存在していなかった!!」

「なるほど?」

 

 

早口すぎて半分くらい聞けなかった。

 

 

「とりあえずにこちゃんラブなら僕に任せぶぎゃる」

「何言ってんのよ!」

「悪いことは言ってないはず」

 

 

にこちゃんラブならたくさん書けるよって教えてあげようとしたのににこちゃんに止められた。止められたというか殴られた。痛いよ。

 

 

「でもどうして今までラブソングって無かったんだろう?」

「それは…」

 

 

穂乃果ちゃんの疑問に答えるのはことりちゃんの視線。その先には海未ちゃん。僕らの作詞者。多分恋愛経験ゼロ。多分ね。あと恥ずかしがり屋。愛を囁くなんてとんでもない。

 

 

そりゃラブソングなんて書けないね。

 

 

「な、何ですかその目は!!」

「だって海未ちゃん、恋愛経験ないんやろ?」

「あったらびっくりだよね」

「何で決めつけるんですかっ!」

「じゃああるの?!」

「あるの?!」

「何でそんな食いついてくるんですか…?!」

「あるの?!」

「あるにゃ?!」

「あるの?!」

「あんのか?!」

「何であなたたちまで?!」

 

 

すごくリアクション激しい。そりゃね、気になるよね。でも創一郎まで過剰反応しなくてもいいんじゃないの。アイドルは恋愛禁止とかいうアレに則ってるのかな。

 

 

「どうなの?!」

「答えて海未ちゃん!」

「海未ちゃん、どっち?!」

「そ、それは…」

 

 

問い詰めすぎてむしろ答えにくい感じになっちゃってるよ。

 

 

「…ありません…」

「なんだぁ〜…」

「もう、変に溜めないでよ…ドキドキするよー」

「そりゃあんだけ詰め寄られたら答えにくいでしょ」

 

 

お可哀想に。

 

 

「にしても、今から新曲は無理ね」

「そうかな?君らなんだかんだいって1ヶ月あれば何とでもなるじゃん」

「そうよ。諦めるのはまだ早いんじゃない?」

「そうやね。曲作りで大切なんはイメージや想像力やろうし」

「桜も恋愛経験なくてもラブソング作るもんね」

「桜さん恋愛経験ないの?!」

「耳が」

 

 

新曲賛成派に絵里ちゃんと希ちゃんがいるのは心強い。影響力強いからね彼女ら。あと穂乃果ちゃんは音量下げようね。今日だけで耳にダメージくらい過ぎ問題。

 

 

「まあ、今までも経験してきたことだけを詩にしてきたわけではないですが…」

「でも、ラブソングって要するに恋愛でしょ?」

「どうやってイメージを膨らませればいいんだろう?」

「そりゃ僕とにこちゃんをふごっ」

「アイドルは恋愛禁止なのよ!!!」

「投擲も禁止にしてほしい」

 

 

まあ確かに身近に良いイメージが転がっていないジャンルでもあるね。僕とにこちゃんという見本があるとはいえ。でもそれを言おうとしたらにこちゃんにお菓子の箱投げつけられた。痛いよ。結構箱硬いやつじゃんねこれ。

 

 

「うーん、身近な経験があればいいんだけどね。創一郎なんか無いの?」

「無い」

「ノータイムで答えたね」

 

 

むしろ食い気味に答えたね。まあ無いよね。

 

 

「まあ仕方ないね。それなら自分たちで作ってみよう」

「作る?」

「うん。ちょうど一眼とビデオカメラを新調したとこだし、撮影会だ撮影会」

「お前カメラ持ってたのに何でまた買ってんだ」

「いや昨日のフラッシュの嵐見てたら買いたくなっちゃって」

「買いたくなっちゃってで買う代物じゃねぇだろ」

「お金持ちにゃ…」

「お金持ちだよ?」

 

 

自分で稼いでるからね。

 

 

それより、まずは場所を移動していい感じのシチュエーションを作ろう。台本を天童さんに作ってもらったら神作品ができそうではあるけど、そんなしょうもないこと頼めないからね。お金取られそうだしね。絶対取ってくるしね。

 

 

「でも、作るっていい考えやね。それじゃ移動や!」

「行動力の化身」

 

 

希ちゃんがノリノリで賛同してくれた。行動早いね。なんか今日ノリノリだね希ちゃん。わかる。みんなをいじれそうだからだよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず廊下。

 

 

「あ、あの…受け取ってください!」

「…」

「…にこちゃんそんな睨まないで。僕カメラマンだから。花陽ちゃんがラブレター的なものを渡す相手の頭の中にいるホムンクルスだから」

「睨んでない!」

「あふん」

「カメラマン変わった方がいいんじゃないかしら…?」

「いやいやこんな面白げふんげふん大切な映像を他の人に任せられない」

「そうやでえりち。面白げふんげふん大切な映像を撮るんやから、プロに任せたいやん?」

「あなたたち…」

 

 

花陽ちゃんに告白シチュエーションをやらせている。カメラマンは僕。つまり花陽ちゃんは僕に向かってラブレター的な即興包装プレゼントを差し出しているわけだ。即興とはいえ僕が作った小道具だからガチだよ。デザインするだけなら誰にも負けないよ。

 

 

「…これでイメージが膨らむんですか?」

「そうや。こういう時咄嗟に出てくる言葉って結構重要よ」

「考えてひねり出した言葉よりも心情をストレートに表すからね」

「だからって告白紛いなことをさせるのは流石に気が引けねぇか…?」

「愉しいじゃん?」

「そのビデオカメラ握りつぶすぞ」

「ああん120万円がぁ」

「高っ!!!」

 

 

120万くらいで驚いちゃいけないよ。高いやつはそんくらいするよ。

 

 

「とりあえず次真姫ちゃんね」

「な、何で私が?!」

「いやツンデレ属性は欠かせないなって」

「誰がツンデレよ!!」

「真姫ちゃん」

 

 

茶番してても進まないので真姫ちゃんのターン。非常に需要の高いツンデレ属性は外せない。誰の需要かとかは気にしない。

 

 

「ツンデレなら私もできるわよ!!」

「自分で言っちゃうのにこちゃん。だいたいにこちゃんは最後だよ。僕はメインディッシュは最後までとっておく派なの」

「ふん!!」

「ふぐっ」

 

 

にこちゃんが激しい自己主張をしてきたけど、にこちゃんは最後までとっておくんだよ。だから殴らないで痛い。

 

 

一旦中庭に移動して告白シチュエーション撮影を続行。中庭っていいじゃんね、この自然がある感じ。風に揺れる草木と恥じらう乙女。いい絵が描けそう。

 

 

というわけで、よーいアクション。

 

 

「はいこれ。…いいから受け取りなさいよ!べ、別にあなただけにあげたんじゃないんだから、勘違いしないでよね!」

「…こりゃすごい。素でここまでど真ん中ストレートのツンデレが出るとは」

「パーフェクトです!完璧です!!」

「漫画で見たことあるにゃー!!」

「これがツンデレか…なるほど…」

「…創ちゃん今ちょっとにやけてたにゃ」

「にやけてねぇよ」

 

 

即興で台本も無いのに、360°どこから見てもテンプレなツンデレバレンタインが完成しちゃった。これ何かで使おう。

 

 

「ふん!何調子に乗ってるの?!」

「なっ、別に調子に乗ってなんか無いわよ!」

「にこちゃんジェラシーが噴出してる」

「してない!!」

「ぶへっ」

「じゃあ次にこっちやってみる?」

「ふふーん!まったくしょうがないわね!!」

「にこちゃんは最後にしたかったのに…」

「でもこのままだとにこっちのジェラシーが爆発しちゃうよ?」

「確かに」

 

 

既に爆発してるけどね。これを残りの6人分やってたら僕死んじゃうね。死んでしまうとはなさけない。

 

 

というわけで、今度はアルパカ小屋。アルパカさんは今お昼寝中だから大丈夫。にこちゃんの悪運パワーで起きるかもしれないけど。起きないよね?

 

 

そして、にこちゃんは後ろを向いて準備オッケー。うーん、演技とはいえ改めてにこちゃんに青春ガチ告白が来るとなるとドキドキしちゃう。いやそもそも演技じゃないかもしれない。少なくとも気持ち自体は演技じゃない。最高。僕ここで死んでもいい。やっぱやだ死にたくない。

 

 

ではよーいアクション。

 

 

「どうしたかって…分からないの?」

 

 

…わあ既に鼻血出そう。

 

 

外野からの視線は冷たいけど気にしません。そんな場合ではない。今ちょっと寿命を削るくらいの価値がある瞬間なの。

 

 

「ダメっ…恥ずかしいから見ないで…」

 

 

いえ見ます。超見ます。今この瞬間のにこちゃんを見ないでどうするの。録画するまである。いや今録画してるわ。ぐっじょぶ僕。

 

 

「もぅ…しょうがないわね、ちょっとだけよ…?」

 

 

髪を解いてこっちを向くにこちゃん。うーんこれはやばい。ツインテにこちゃんも可愛いけど、髪下ろしにこちゃんも可愛い。何気に髪長いしね。サラサラ黒ロング。カメラマンじゃなかったらノックアウトされてた。

 

 

「髪、結んでない方が好きだって言ってたでしょ?…だから、あげる。にこにーから、スペシャルハッピーなラブにこ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…きゅう」

「えっちょっと茜どうしたの?!」

「なんか鼻血出して倒れたぞあいつ。大丈夫か」

「メンタルが耐えきれなかったんやね…」

「どんだけ好きなんだ」

「ま、まあ…あれはあれで青春…かもしれない…わよ?」

「そうなんでしょうか…?」

 

 

カメラマンだけどノックアウトされた。

 

 

ちょっとにこちゃんの尊さに耐えきれなかった。無理だわ。そんなちょっとセクシーアダルトなにこちゃん出されたら僕死んじゃう。現に半分くらい死んでる。涅槃寂静。天上解脱。さらば穢土。僕にこちゃんの守護霊になる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

何とか復活して残りのメンバーも撮ったけど、みんなのイメージは膨らまなかったらしい。僕の死に得じゃん。すごく得した。毎日あの映像見よう。映像なら鼻血出ないし。多分。

 

 

「何も決まらなかったねー…」

「難しいものですね…」

「僕ら参考にならなくてごめんね」

「茜とにこはちょっと特殊だから仕方ないわよ」

「ちょっと…?」

「ちょっとかなぁ…?」

「自分たちで疑問持たないで」

 

 

僕とにこちゃんはハイパー特殊ケースだよ。

 

 

「やっぱり無理しない方がいいんじゃない?次は最終予選よ」

「そうですね。最終予選は今までの集大成…今までのことを精一杯やりきる、それが一番大事な気がします」

「私もそれがいいと思う」

「うん…」

「今の段階で取っ掛かりもないのにチャレンジすることじゃねぇとは思う。俺も既存曲派だな」

 

 

真姫ちゃんの発言に海未ちゃん、ことりちゃん、花陽ちゃん、創一郎が賛同した。まあ実際、ここで無駄に時間使っちゃうのは得策じゃない気はするね。

 

 

 

 

 

だけど。

 

 

 

 

 

「でも、もう少し頑張ってみたい気もするわね」

「おや珍しい。安全策の既存曲は反対派?」

「反対ってわけじゃないけど…でもラブソングはやっぱり強いと思うし、それぐらいないと勝てないと思うの」

「そうかなぁ…」

「そりゃそういう面もあるだろうが…」

「難しいところですね」

 

 

珍しく絵里ちゃんが、どちらかというと不安定な方を推してきた。そう、珍しく。基本的にはいつも無茶な手は避けるように動く子なのに。μ'sが9人揃う前もそうだったし。いやハロウィンの時は知らないけど。

 

 

…なんか怪しいぞ。

 

 

「それに、希の言うことはよく当たるから」

「実際当たるからホラーだよね」

「ホラーではないでしょ」

 

 

スピリチュアルパワーに洗脳されてんのかな。

 

 

「じゃあ、もうちょっと考えてみようか」

「私は別に構いませんが…」

「それじゃあ今度の日曜、みんなで集まってアイデア出し合ってみない?資料になりそうなもの、私も探しておくから」

「じゃあ僕秘蔵の映像作品もっさり持ってくね」

「もっさり…?」

「それはいいけど、映像作品なんてどこで見るのよ?茜の家?」

「別にいいけど、油絵の匂いでいっぱいだよ」

「じゃあ私の家!」

「そんな軽々しく決めていいのかよ」

「聞いておく!」

「それでいいのかって聞いてんだよ」

「まあいいじゃない。暫定で穂乃果の家に集合ってことにして、ダメだったらまた考えましょう。希もそれでいいわよね?」

「…え?そ、そうやね」

 

 

資料持って行っていいらしいので、個人的に集めてた芸術点の高い作品をいくらか持ってこう。あと天童さんの作品。僕の家のテレビは大きいけど、家ごとアトリエになってるからすごく匂うよ。油絵がいちばんキツいけど、水彩絵の具もアクリル絵の具もクレヨンもあるし、墨もあるし銅版画用の銅版とか防腐剤とかその他もろもろあるから人によっては辛いよ。

 

 

まあそれはそれとして。

 

 

今の僕は、反応が遅れた希ちゃんを見逃さないよ。

 

 

絵里ちゃん自身も希ちゃんに言及してたしね、これは希ちゃん関係で何かあるな?

 

 

まあ、真姫ちゃんもなんか勘付いてたし、また今度意見聞いてみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「…おかしい」

「誰の頭の話だ?」

「頭の話じゃないわよ!っていうか何で誰かの頭がおかしい前提なの?!」

「絵里ちゃんのことじゃないかな?」

「絵里はまだ頭おかしくない方だろ」

「だから頭じゃない!態度の方よ!だって変じゃない?!絵里があそこまで率先してラブソングに拘るなんて!」

 

 

帰り道、同級生達を送っている時に真姫が口を開いた。急に「おかしい」とか言い出したから頭の話かと思った。

 

 

「それだけラブライブに出たいんじゃないかな?」

「だったら逆に止めるべきよ!どう考えたって今までの曲をやった方が完成度は高いんだし」

「それはお前らの頑張り次第だと思うが…まあ、一般的にはそうだろうな」

「じゃあ、希ちゃんの言葉を信じてるとか?」

「あんなに拘るところ、今まで見たことある?」

「…確かに無いかもな」

 

 

言われてみれば、今回の絵里はやたら希の発案に拘っているように思える。普段から希を信頼している様子ではあるが、ここまで希の意見を特別視したことはなかっただろう。

 

 

何か理由がありそうだな。

 

 

「じゃあ何で…」

「それはわからないけど…」

「はっ!!もしかして…『悪かったわねぇ、今まで騙して』とか!!」

「無ぇよ」

「あの3人に絵里ちゃんが加わったら絶対勝てないにゃー!!」

「無ぇよ」

「そうよ、何想像してるの。あるわけないでしょ」

 

 

絵里がA-RISEに入るわけないだろ。学校違うじゃねぇか。スクールアイドルのシステム上無理だ。「各高校のアイドルグールプ」だからな。

 

 

「しかし、だとしたら何だ?何の理由もなくペースを乱すタイプじゃねぇはずだが」

「そうね…わからないけど、理由がある気がする」

「そうそう何事にも理由があるのさ少年少女!!っと一撃、二撃、三連撃を華麗に避けていくぅう!!!」

「…また出てきたんですか天童さん」

「避けたはいいけど拳を掠めた髪がちょっと切れてません?何?髪の柔らかさを超えるスピードの拳なの?」

「何しに来たんすか」

「あっはいノーコメントなんですねわかります。わかルマン」

 

 

相変わらず突然後ろから声をかけてきた天童さんに、振り向きついでに裏拳、続いて左と右の蓮撃を見舞ったが全部避けられた。この人の身体能力どうなってんだ。

 

 

「別に大した用があるわけじゃねえよ。ちょっとした助言さ」

「怪しいです」

「何で俺こんなに信用低いの??」

「絵里ちゃんのこと、何か知ってるんですか?」

「ふふーん当然よ。この俺様を誰と心得る花陽ちゃんよ!天上天下唯我独尊大胆不敵な天童さんだぜ?」

「で、助言ってなんすか」

「伯方の塩もびっくりの塩対応…」

 

 

くだらないこと言ってないで早く要件を教えろ。

 

 

「何、大したことじゃない。()()()()()()()()()()()()()ってだけの話さ。…特に3年生はな。にこちゃんは茜がいるから放っておくにしても、絵里ちゃんと希ちゃんはそうもいかないかもしれないだろ?」

「「「「…」」」」

「あれっ思ったよりしんみりしちゃった」

 

 

そうか。

 

 

あまり意識していなかったが、よくよく考えてみればもう卒業まで半年も無いんだよな。

 

 

何か、それまでにやりたいことがあるのかもしれない。…何かはわからないが。ラブソングが歌いたかったのか?希と絵里で揃って?わからん。

 

 

「まあ、君らも心に留めておきな。()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()

「…」

「そんなにしんみりしなくてもいいじゃんよー。あんまりボーッとしてるとお兄さんスカートめくっちゃぞ食らえ真姫ちゃああああだだだだだだ!!!」

「何してんだコラ」

「人の頭はボールみたいに掴むもんじゃありませんー!!!」

 

 

…調子に乗った天童さんが変なことしようとしやがったから粛清しておいた。

 

 

まあ、絵里のことは日曜に聞くか。…聞けるタイミングがあったら。

 

 






最後まで読んでいただきありがとうございます。

お金持ちの波浜君。そしてにこちゃんの告白(もどき)にノックアウトされる波浜君。本気で告白されたらどうするんでしょうか。
のぞえりコンビの違和感には滞嶺君も波浜君もバッチリ気がついたようです。さあ、彼らはどうするのか!!


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。