帝国貴族はイージーな転生先と思ったか?   作:古ぼけた蝶番
<< 前の話 次の話 >>

6 / 39
第六話 船酔いに備えて酔い止めは準備しておこう

 沈黙が一帯を支配していた。私の見える視界は辺り一面真っ白な雪に覆われた大地のみだ。仮に動くものがあるとすればせいぜいが1世紀半も前に初期入植者が持ち込みそのまま野生化した山兎位の物だろう。

 

 私は、静かにスコープの解析度を調整する。帝国軍の主力ブラスターライフルであるモーゼル437を基に亡命軍が作ったゲーベル17は大量生産前提のモーゼルシリーズをコストと引き換えに再設計したものだ。当然性能はこちらが上だ。

 

 殊、宇宙戦艦等の大型兵器はともかく、個人携帯装備に限れば実は亡命軍の装備の質は悪くない。

 

 大量生産が必要かつ艦艇等より重要な装備があるために帝国も同盟も個人装備にかけられる予算が限られている。一方兵力に限りがあり地上戦の機会も少なくない亡命軍はこの手の装備に比較的贅沢な予算をかける事が出来た(艦艇の新規開発は諦めて鹵獲品と同盟製を使っている)。むしろ一部の装備には同盟地上軍に輸出する逆転現象が起こったものすらある。

 

 ゲーベル17もまた基になった帝国軍の、それの4割増しの値段だがそれ以上の性能を有する逸品だ。 

 

 私は対赤外線コーティングの為された雪原戦用迷彩服に身を包みうつ伏せの状態で目標を狙う。大昔ならもっと難しい計算がいるのだろうがデジタルスコープは、風量や温度、湿度、重力計算を自動でしてくれる。人間が行わなければならない計算は遥かに少ない。

 

まぁ、それでも滅茶面倒なんだけど。

 

 私は、西暦時代の狙撃手が聞けば跳び膝蹴りされそうな事を考えながら再び目標に神経を集中させる。

 

 スコープの中の目標がぼやけたそれからクリアになるのに合わせ私は深く呼吸する。……教官曰く呼吸も狙撃の精度に影響するとか。

 

「……!」

 

引き金を引くと共に青白い熱線が目標を貫いた。

 

 私は立ち上がり首もとの防寒用マスクから口元を見せると呟いた。

 

「あー、こりゃ駄目だね」

 

 約250メートル離れた人形の的、その横腹に弾痕が刻まれていた。つまり、致命傷ではない。減点対象と言うことだ。

 

 

 

 ヴォルムス北大陸北部降雪地帯、私達帝国亡命政府軍幼年学校4年生はこの地で修学旅行(と言う名の課外講習)を受けていた。

 

 因みにに去年は東大陸の砂漠地帯だった。サバイバル術の実習とコルネリアス1世の攻撃で廃墟になった旧星都(というか東大陸自体この攻撃で砂漠化したわけだが)の見学という糞内容だったが。

 

 修学旅行すら娯楽性皆無とか笑えますよ。勤勉過ぎるわ。

 

「流石若様です!総合得点715点、尊敬致します!」

 

 狙撃試験を終えた私のもとに駆け寄る従士さん。この点数は学年の上位3割に辛うじて入る点数だ。

 

 え、ベアトは?おう、総合点数904点、学年19位だそうだよ?

 

 一見嫌みのようにも思えるベアトの態度、しかし知っての通り真性だ。どういうフィルターかかっているんだろうね?

 

「思いのほか良い点じゃないか?」

 

 ライフルを肩に乗せたアレクセイが関心した表情でこちらに来る。

 

「昨日教官にみっちりしごかれたからな」

 

 私は昨日一人カプチェランカ帰りの教官の特別講習を受けた身だ。帝国と違い亡命軍では貴族の面子を守る事は点数評価を甘くするのではなく恥をかかないレベルまで指導する事を意味していた。

 

「で?お前さんは?」

「974点」

「おう、知ってた。どうせ1位だろう?」

「いや、私とした事が、負けたよ」

 

 肩を竦めて自虐する旧友。

 

「負けた?となると1位は……」

 

次の瞬間教官の叫び声が響く。

 

「ヴィルヘルム・ホラント4年生、総合点数986点!」

 

 その点数に周囲の生徒が驚愕と畏怖の表情でその偉業の達成者を見やる。

 

 防寒帽とマスクを脱いだ同僚はお世辞にも気の優しそうな雰囲気ではなかった。

 

 短く切り揃えた金髪に碧眼は典型的なゲルマン系の造形、鋭い眼光ときつい口元のせいで端正な顔立ちだが近寄りがたい。その体は普段から自主的に鍛え上げているのだろう、同僚に比べても逞しい。

 

 ウィルヘルム・ホラントは西大陸の地方都市ナイメーヘン出身の平民階級である、事くらいしか私は知らない。ただ、向上心の強い努力家で、この星の住民にしては珍しく貴族相手にもへりくだらない性格の人物だと言うことはこれまでの経験で分かる。実際私達場合も他の同僚は爵位を気にして良くて敬語、一番見てられなかった時は膝まで付いて話しかけてくるのだ(しかも周囲の同僚どころか教官すらそれを気にしないというね)。

 

 そんな中、淡々と軍人らしく直立不動で、呼び捨てで呼ばれれば印象にも残る。ちなみに元来小市民な気質の抜けない私には非常に好感が持てた。隣にいたベアトが激怒しかけて宥めなければならなくなったが。

 

「さすがだね、ホラント君。素晴らしい射撃センスだ。私も頑張ったんだけど、敵わなかったよ」

 

 アレクセイはにこやかに微笑んで駆け寄ると握手を求めるように手を差し出す。それは心から相手の成績を称賛しているようであった。

 

「……大したことではない。基本を何度も忠実に復習すれば誰にでも出来る事だ。わざわざ誉めてもらう事なんかじゃない」

 

 アレクセイの差し出す手を一瞥すると興味無さげに淡々とその場を去る。

 

「おい、貴様……!」

「余りに無礼じゃないのか……!」

 

 周囲の生徒がホラントを呪い殺さんとばかりに睨み付ける。

 

 だが、ホラントは足を止め、それを一瞬見ると、すぐ興味を無くしたように歩き始めた。

 

「なっ!貴様……!」

「よせ、止めるんだ」

 

 数人の生徒が殴りかかろうとしたところでアレクセイが静止を命じる。

 

「し、しかし……!」

「いいから。止めてくれないかい?」

「はっ……ははっ!」

 

 姿勢を正し頭を下げ了解する生徒。アレクセイはそれを見て慣れたような苦笑いを浮かべる。本人としては対等の同僚と見ていても大半の生徒にとって彼は尊い大帝陛下の血筋として見ている事をまざまざと見せつけていた、等と隣でホラントの背中を今にも襲いかからんとばかりに凝視するベアトを見ながら考える。こういう時は取り敢えず仕事をやるに限る。

 

「ベアト、メンテ宜しく」

「了解致しました」

 

 狙撃試験に使っていたブラスターライフルを適当に投げつける。直ぐ様キャッチして敬礼するベアトをおいてアレクセイに近寄る。

 

「あ、悪いけど殿下とお話があるからどっか行ってくれる?」

 

 私が済まなそうに聞くと狼狽しつつも先程の同僚達が礼をして退散する。

 

「ははは、振られたか?」

「残念ながら、ね」

 

私の冗談に肩を竦めながら答えるアレクセイ。

 

「艦隊運用学と航路選定概論の試験も負けてたな」

 

 この前の中間試験の結果について指摘する。これまで全ての課題で首席だった旧友が今年の半ばから部分的に次席に成績で負けていた。

 

「素晴らしい才能だよ。私だって首席になるために努力はしているつもりだ。その上で越されたんだ。どれ程の苦労をしたのか……称賛の言葉しかないよ」

 

 その言葉には負けた事への蟠りは感じられない。負けたのなら勝てるよう努力する、旧友はそういう人物だ。

 

「向こうは恐らく嫌っているようだがね?」

「そのようだね。本当に残念だよ。将来共に賊軍と戦うだろう戦友に嫌われるのは少し悲しいよ」

 

 こいつ、本当優しいな。大帝陛下の顔で言われると違和感しか無いけど。

 

「戦友ねぇ。そう言ってもあいつ、多分卒業したらハイネセン行くつもりだぜ絶対」

 

皮肉気に語ってやる。

 

「同じ事さ。同盟軍にも同胞は沢山いる。それに亡命者でなくとも賊軍と戦う者はすべからく戦友だ。第一それだとヴォルターを戦友と呼べなくなる」

「おーい、私一度としてハイネセンにいくなんて言ってないぞー?」

「え、君の父上が手紙で書いてたよ?」

「はっは!ワロス」

 

外堀から埋めに行くパターンかな?

 

「若様、メンテナンス完了致しました」

 

敬礼と直立不動の姿勢で報告するベアト。早ぇよホセ。

 

「ありがとさんよ。さて、この課外学習もだるいが……ラスボスが控えているんだよなあ」

 

 この課外学習の一月後、亡命軍幼年学校4年生の最後の講義が控えていた。即ち、宇宙航海実習……実は何気に生まれて初めての宇宙行きであった。

 

 

 

 

宇宙暦778年2月1日ヴォルムス北大陸星都アルフォートに西150キロの沿岸地帯、北ワデン海に面したそこにこの惑星最大の宇宙基地がある。

 

 アルフォート宇宙港は軍民共用の最重要施設の一つだ。

 

 年間利用客は3000万人、星系航路としてはシャンプールの他エルファシル、ヴァラーハ、グレナダ等11有人星系との直通便があるほか日に1便だがハイネセンへの特急便も開通している。国境に近い辺境星系の宇宙港としては破格の規模だ。

 

 民間用敷地の北側、にその3倍の規模の軍用地が鎮座している。

 

 亡命宇宙軍の主力部隊の駐留するそこは鹵獲した帝国軍主力艦艇を中心に1200隻が置かれ、ひっきりなしに出入港していた。警備のために周囲には地上軍1個師団が展開、対空ミサイル・レールガン・ビーム砲搭からなる陣地のほか攻撃ヘリ、大気圏内戦闘機の待機する航空基地が併設される。

 

 装甲車に前後を護衛されたバスに乗り込み私を含む幼年学校4年生は軍用地に入場する。

 

「列を乱すな!粛々と隊列を維持してついてくるように!」

 

 教官が注意をするため一見整然と進むが実際のところ私を含め殆んどの者がそのスケールに圧倒されていた。

 

 港内に係留される巡航艦の列、300メートルに及ぶそれが何十隻と並ぶ姿は凄まじい威圧感を与える。戦闘においてはたかだか1隻の巡航艦なぞとるに足らない存在だろう。だがそれは艦隊戦における話で地上に這いつくばる人間にとっては正に城と呼ぶに相応しい。

 

 というか怖い。これ艦がバランス崩したり事故で爆発したら終わるな。デカイものはそれだけでヤバイ、はっきりわかんだね。

 

 帝国軍標準型戦艦を改装した練習艦『イェリング』が私達の乗り込んだ艦であった。

 

「各員シートベルト締めろ。いいか、発進後、チェックポイントにつき次第護衛と共に超光速航行に移る。ワープ酔いに気を付けろ。無理に我慢せずそこの従兵に洗面器をもらう事、分かったな?」

 

 全天周囲モニターの研修用室で席に座りシートベルトをつける生徒に注意する教官。言うには大体学年で最低一人はリバースする方がおられるらしい。うえぇ、汚ねぇ花火だぜ。

 

「つーか、怖いんだけど」

 

 冷静に考えろ。宇宙だぞ?外でたら普通に死ぬよ?原作で普通に宇宙航海しているけどよく考えてるとよくノイローゼにならないな?何でほかの生徒共はわくわくしているんだよ?そんなにエクストリームスポーツ好きなの?

 

「ん?」

 

次の瞬間、隣に座っていたベアトが私の手を握った。

 

「若様、とても緊張しておいでです。御無理せず、何か不安があればこのベアトにご相談してください」

 

 私の顔、そんなに不安そうだった?心底心配そうに従士が尋ねる。

 

「………ベアト」

 

 従士の顔を見て、私に触れる手に視線を移し、再びベアトの顔を見やる。

 

「凄く情けないんだけど不安だから今だけこのまま手握ってもらっていい?」

 

 ベアトには本当に情けない姿を見せる事になるが恥を忍んで頼み込む。

 

「……はい、ベアトでよければ何なりと」

 

 一瞬きょとんとした表情を見せる、がすぐにこの幼なじみは慈愛に満ちた声で答えてくれた。ははは、本当に情けねぇ。

 

『これより本艦は出港する。各員衝撃に備え!』

 

 艦橋からのアナウンス。同時に小さい揺れと共に浮遊感が発生する。

 

「うおっ……凄いな」

 

 全天周囲モニターから見える景色は急速に今乗っている船が上昇している事を示していた。地表の都市は急速に小さくなり船は雲海を貫き高度を上げる。空は青色から瞬く間に薄暗くなっていった。

 

そして、私はそれを見た。

 

 暗黒の世界……そこに輝くは千億の星。宝石を散りばめたような美しい世界。

 

「我が征くは……星の大海」

 

 誰の台詞だったか?あるいは題名だったか?原作の言葉が脳裏によぎった。……成る程、ラインハルトが宇宙に出たいと言うわけだ。これは余りに……美し過ぎる。

 

 護衛であろう2隻の巡航艦が距離を取りながら並走する。再びのアナウンス。

 

『これより本艦は短距離超光速航行に入る。総員用意』

 

「ベアト」

「……何でございましょう?」

「案外、良いものなんだな。宇宙は」

「……お気に召して何よりでございます」

 

心から喜ばしそうに彼女は答えた。

 

『ワープ……開始!』

 

 揺れる船内で私は思う。少なくとも宇宙航海自体は悪くないな、と。

 

 

 

 あ、やっぱり今の発言無しで。凄く気持ち悪い。……うえええ。 

 

 おい、もし転生する機会があれば覚えておけ。宇宙船に乗るときは酔い止め常備は必須な?

 

 

 

 

 

 

 

 

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。