転スラ~最弱にして最凶の魔王~   作:霖霧露

15 / 42
第十四話 見当違いなユメを見る

「く……うぅ……」

 

 魔法陣のような円形の幾何学模様の中心。そこには所々重度の火傷を負った少女が身を伏せ、痛みのせいで現状把握に回す思考リソースもない。周りを見ることもなく蹲るその少女を、金髪の男が顔を覗き見る。

 

「クロエ、じゃない。か……」

 

 レオン・クロムウェルはその少女の容姿を見て、自分の大切な人ではないことを察した。

 

「クソ!数十年条件の絞り込みをしてこの精度かっ」

 

 異世界からの召喚失敗を嘆き、レオンは怒りを壁にぶつける。そう、この魔法陣はとある魔人の書架から見つけ出した異世界からの召喚をなす知識の再現である。しかし、その精度は見ての通り。そもそも、何処の何時に飛ばされたかも分からない特定の個人を召喚することは不可能と言っても過言ではないほど可能性が低い。だからと言ってレオンが諦められるはずもない。

 

「また条件の絞り込みからか……。この工程は省略できないのか!」

 

 レオンは踵を返し、もう何度も試して現状手がないことを掘り返す。残念ながら、異世界からの召喚という知識は発展する必要性がないこの世界において、全くと言っていいほど研究されていない。その知識自体、召喚能力に特化した者が偶然にも見つけてしまった奇跡のような物であり、その際のことを珍しいケースとして詳細に記されただけに過ぎない。

 

「異世界から君の身勝手で呼びつけておいて、目的の人じゃなかったら「チェンジで」って?まさに悪魔の所業だね、白金の悪魔(プラチナムデビル)?」

 

 唐突に現れたカイに対して、問答無用に光線を放つ。儀式場の壁が穿ってしまおうがお構いなしだ。もちろん、カイがそれに当たるわけもなく、立ち位置が一瞬で変わっている。

 

「お前こそ呼んだ覚えがないぞ、クソ野郎」

 

「僕の名前は八倉海(カイ・ヤグラ)だよ?五文字くらい覚えられないのかな?」

 

 レオンは当たらないことが分かっていても幾筋の光線を放つ。虚しいことに、カイの不気味な笑顔が消えることはない。

 

「何の用事だ、カイ・ヤグラ!消されることが望みなら大人しく的になれ!」

 

「嫌だなぁ、僕を自殺志願者みたいに。それと、もう少しその光を操れるようにした方が良いと思うよ?真っすぐ飛ばしたり、拡散したりじゃ芸がない―――って、全くせっかちだなぁ。用事ね、用事」

 

 言葉の最中も関係なく光を放つが、壁に穴が増えるだけだった。

 

「そこの死にかけの少女、どうするのかなって」

 

「はっ、知ったことか」

 

「君が呼び出しておいて、人違いだったら無関係って?自分のしたことの責任も取らないのかい?これは酷い話だ。君の思い人が聞いたらどう思うだろうねぇ。そんな人でなしになっちゃった人を、家族って呼んでくれるのかなぁ?」

 

「……っ」

 

「おいおい、僕を睨むなよ。僕はちょっと疑問を述べただけだよ?僕に怒りを向けるのはお門違いさ。だって、責任を取らない君が悪いんだからね。もし僕が君の思い人に、君の悪事を全部教えようと考えても、君が悪いことしたせいさ。僕は悪くない」

 

 カイの怒りを煽るような発言にレオンの我慢の限界を迎えようとしたが、その会話を割くような音が混じる。

 

「ゲホッゴホッ」

 

 先ほどから放置されたままだった少女が吐血した。どうにももう長くないように見える。

 

「さて、どうするんだい?このまま放置だと、君は何の罪もない人間を殺したも同然なわけだけど」

 

「チクショウがっ、イフリート!あの少女に憑依しろ!」

 

 突然空中が発火したかと思えば、その炎が集まり人の姿を形作ってからレオンに一礼。その後に少女へと近づいていく。

 

「嫌……。火は、嫌っ……」

 

 少女は焦点定まらぬ目で、しかし火が近づいていることだけ感じたのだろう。その少女から全てを奪った火を。カイはそんな姿を見て、とても愉快気に口の端を吊り上げる。

 

「火が恐いかい?どうして怖いんだい?」

 

 顔こそいつものカイのモノだが、しかし声音は恐ろしく優しい。火の塊があるというのに、レオンが背筋を凍るような幻覚を覚えるほど、チグハグで不釣り合いで、不気味だった。

 

「火が、火が全部……燃やしちゃう……」

 

「そうかい、君は火に奪われたんだね。好きだった人を、好きだった場所を、好きだった時間を、何もかも全て。でも、それなら恐れて避けるよりも、もっと良い方法があるよ」

 

「良い、方法……?」

 

「全てを奪ったその火を、憎むんだ。憎んで飲み干せば、火はなくなる。全て奪った火から、今度は全てを奪ってやるんだ。やられたならやり返さなきゃ、不公平だろう?」

 

「火を、奪う……」

 

 そこに異変が生じた。先程まで少しでも離れようとしていた少女が、今度は手を伸ばす。するとイフリートがまるで吸われるかのように、その体積と魔素量を減らしていく。吸われた魔素が少女のモノになっていることを、火傷が治っていく様子が表していた。

 

「これは!?貴様、カイっ!」

 

 異変を止めさせるべくレオンはカイにレイピアを向けるが時すでに遅く、イフリートの姿は消え失せ、少女の外傷は完治した。カイはそれを一部始終仔細に観察しているが、口はへの字になっていた。

 

「うぐ……えぐ……。父さん、母さん……」

 

 火は消えた。しかし、体の痛みが消えただけで心の痛みは消えない。少女の家族は返ってこない。火に対する憎しみより、その悲しみが少女の中で上回った。

 

「ああ、まぁ。思った通りはいかないか。まぁ、マイナス()の企てがうまくいかないのはいつものことだけどね。ちょっと幻想(ユメ)を見すぎたかな」

 

「カイっ、貴様はいったい何をした!」

 

 期待外れと肩を竦めるカイの胸倉を、レオンを掴み上げる。

 

「僕は何もしてないさ。ちょっとマイナス(面白い方)に誘導してみようかと思ったんだけど、無理だったね。いやぁ、素養はあると思ったんだけどなぁ」

 

 ()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()なら、もしかしたら過負荷(マイナス)に目覚めるかもしれないとカイは思った。が、そう思い通りにいかないのが過負荷(マイナス)である。

 

「貴様、初めからそれが目的で―――っ!」

 

 瓦礫が崩れるような大きな音がレオンの立つ儀式場まで響いた。レオンが空けた穴が原因ではない。それを原因にするには響いてきた方向も違うし、距離も離れている。

 

「レオン様、時の勇者が現れました!」

 

 儀式場にて駆け込んできた銀の鎧を着込んだ騎士が焦りを携えたまま報告する。カイの存在に気付かないほどの焦りには事態の深刻さが窺える。

 

「ちっ、またあの勇者か。仕方ない、この場を放棄する。全員に通達、撤退だ!誰一人欠けるな!」

 

 おそらく思念伝達で手下たちに指示するレオン。目の前の騎士も頷き、否は唱えない。

 

「おいおい、まさか勇者から尻尾巻いて逃げるのかい?魔王として恥ずかしくないの?」

 

「「魔王」なんぞ貴様らが背負わせただけの名前だろうが。それに、あの勇者は危険すぎる」

 

 レオンはカイの挑発には乗らず冷静に頭を回す。あの勇者には何度も召喚の儀式場・研究拠点を潰された。手下も何度かやられかけるほどの実力者であり、()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()()

 

「この子はどうするの?」

 

「貴様が面倒見ろ」

 

「え、それはちょっ―――今ものすごく鼻で笑ってから消えたね」

 

 カイの困り顔が見られたことで少し溜飲が下がったのか、彼は鼻で笑ってから消えた。消えたと言ってもカイが見逃すほど高速に移動しただけだが。

 

「全く、魔王たちってのは身勝手だねぇ。君もそう思わないかい?」

 

「……」

 

 まだ涙の軌跡は乾いていないが、それでも泣き止んで現状を整理しようとしていた少女に問いかける。その少女は多すぎる情報を整理できず疑問符を浮かべるばかりだ。

 

「ま、時の勇者が来るまでは面倒見てあげようか。僕はいつだって弱い者の味方なんだ。マイナス(弱き)を助け、プラス(強き)を挫くってね」

 

 断続的に破壊音が響く中、椅子が二つ当然現れる。カイはその片方に座り、もう片方を少女に勧めた。少女は勧められるままに椅子に座る。

 

「僕は八倉(やぐら)(かい)。君と同じ、地球の日本出身だ。より厳密に言うと、愛媛県出身だから少し違うかな?まぁ、どうでもいいか。君は?」

 

「わ、私は井沢(いざわ)静江(しずえ)です。えと、東京出身です」

 

 少女・静江はにっこりと微笑むカイを警戒しながらも身に付いている礼儀的な自己紹介を返した。

 

「色々と訊きたいことがあるだろうけど。そうだな、僕からじゃないと教えられないモノからいこう。まず君は後の日本では東京大空襲と呼ばれる空襲中、幸か不幸か異世界に召喚された」

 

「い、せかい?」

 

「そう、君が居た日本とは、地球とは世界が違う場所に来てしまったんだ。この世界は魔物とか魔人とか魔王とか、人間にとってこわぁい存在が居るんだ。ちなみに、君を呼んだのも魔王、さっきの金髪ね。レオン・クロムウェルって言う魔王だ。あ、ちなみに僕も魔王ね。最弱だし人間だけど」

 

「???」

 

 全く分かっていないという風に首を傾ける静江。しかしカイはそれを意に介さず言葉を続ける。

 

「それと、さっきのことについてね。あの魔王が君の傷を癒すために精霊、まぁ良いことする幽霊だね。それを君に憑依させようとした。火の幽霊だから火傷も治るわけだ。だけど君は憑依じゃなくて、同化してしまった。君がこの世界に渡る際に得たスキルのせいだね。二つのモノを融合・分解するスキル、『変質者』で……。ん?ちょっと待て?イフリートと融合したばかりってなんか自由が利かないって話じゃなかったっけ?」

 

 カイは「融合」というワードを取っ掛かりに違和感を覚えるが、差異を感じる原作知識は200年以上前の記憶であり信憑性が低い。細かく思い出そうとするが、そんな都合の良いことはできず唸るしかない。そんな唸るカイを見て静江はさらに疑問符を増やす。

 

 カイが悩み、それを静江が大人しく見ているシュールな空間に突如轟音が響く。音の方を見れば、壁をぶち抜かれ、そこに立つ女性が居た。通路があると言うのに壁を壊して進んでいた辺り、この儀式場を目指していたのかもしれない。決して道に迷って面倒だから壁も気にせず直進していたわけではないだろう。

 

「やぁ!時の勇者ちゃんじゃないか!元気にしてたぁ?君の活躍は僕も耳にしてるよ」

 

「貴方は、カイ・ヤグラ!?ルベリオスで封印されたはず!」

 

「ん?それって80年くらい前の話じゃないっけ?あ、それはブルムンドか。いや、ブルムンドは火葬だったような……。その後封印されたっけ?燃えながら脱出したのはいつだったけかなぁ。とりあえず三回封印されたのは覚えてるんだけど。あれ?二回だっけ?まぁいいや。とりあえずこう返しておこう。「残念だったな、幻想(トリック)だよ」、なんてね」

 

 驚愕する時の勇者の言葉に、カイは首を捻ったり考える人のポーズをしたりした後に気味の悪い笑顔で返した。

 

 明確なことはルベリオスが一番最近の封印で、やることが特に思いつかなくなったカイがしばらく封印されたままで過ごし、そろそろ静江が召喚される頃かと封印された現実を逃避(から脱出)したのである。

 

「あれほど厳重な封印を突破するとは……。いや、貴方が意味不明なことは昔からでしたか。冒険者の心を折ったり、盗賊を壊滅させたり。今度は女の子を攫って何を企んでいるのですか!」

 

 時の勇者はカイの傍に居る静江を目に納め、事実を曲解してカイに剣を向ける。

 

「久しぶりの再会だって言うのに、TMレボリューションごっこした(嵐の子を真似た)後のような濡れ衣は止めてよ。何でもかんでも僕のせいにすれば良いと思って。そうやって悪と決めつけた冤罪はいくつあるんだろうね?」

 

「貴方はこれを差し引いたとしても、多くの冒険者を引退に追い込んだ罪があります!」

 

「酷い言い様だね。僕は懇切丁寧に、冒険者なんて割に合わない仕事だと諭して善行を積んでいるだけなのに。言うに事欠いて罪かい?君は彼らにあのまま冒険者を続けろって言うのかい?死と隣り合わせの仕事を強要するのかい?そっちの方が罪だろう?世が世なら自殺教唆じゃないかな」

 

「黙りなさい!」

 

 時の勇者が剣をカイへと振るったその時だった。

 

「待って!!」

 

 時の勇者とカイの間に静江が立ち塞がる。時の勇者はどうにか寸でのところで剣を止められた。

 

「何をしているんですか?この人は魔王、世界の悪者なのですよ?」

 

「この人は、私を助けてくれたんです」

 

「彼が、ですか?」

 

 時の勇者は静江の真剣な表情から嘘はついていないことを理解するが、だとしても信じられないと唖然としている。カイという魔王は確かに不殺不壊で有名だがその悪名も轟いている。人の心を壊す魔王、悪夢の魔王であるとはよく聞く話だ。

 

「カイさんが、レオンって言う魔王に私を助けるように言ったんです。だから、私はカイさんに助けられたんです」

 

「くくっ、あははははははっ!」

 

 静江の続く言葉に堰を切って笑いだしたのはカイだった。その表情は、愉快というより不快そうに眉間を歪め、目を見開いている。

 

「いったい何を言い出すかと思えば。僕が君を助けた?なんてプラスな思考なんだ君は!ああ君に期待した僕が馬鹿だったお仲間が増やせると思った僕はまさにマイナス(愚者)だった!よくもあの状態で助けられたなんて考えられるもんだ。君はいつだって前向きに生きているのかい?僕と違って人生虹色なのかい?いつでも終わりは結局ハッピーエンドなのかい?」

 

 突然笑顔のまま怒り狂ったように饒舌になる。時の勇者は以前との雰囲気の違いに呆然とし、静江はいったい何がカイの怒りに触れたのか分からず唖然としている。

 

「期待外れも良いところだ。興が冷めちゃったよ……」

 

 カイの目はいつもの細目になり、がっくりと肩を下ろす。そして大きなため息を吐きながら通路の方へと歩いて行く。

 

「待ちなさい!この子は!?」

 

「身寄りのない子供一人置いて行くなんてことはまさかしないよね、勇者様?その子の教育は任せるよ。多分才能とかあるから鍛えれば一人で冒険者やれるくらいにはなるんじゃないかな」

 

 声の拍子はまだ気落ちから回復できていないような気だるげで、そう述べて幻想のように消え去った。

 

「あの魔王は!!」

 

 時の勇者のカイとの遭遇は今回で二度目程度であるが、一度目のインパクトが恐ろしく強く頭に刻まれている。人を虚仮にしたかのような台詞回しに終始マイペース。人の迷惑省みないあの人格は時の勇者を沸騰させるには充分だった。

 

「あ、あの……」

 

「あ、ごめんね?貴女は身寄りがないのね?」

 

「はい。えっと、イセカイ?に呼ばれたばかりなので……」

 

「!……そう、分かりました。しばらくは私と一緒に旅をしましょう。『先生』みたいにうまく教えられるかは分からないけど、私が教えられることは全て教えます」

 

 時の勇者は全てを察して、静江の面倒を見ることにした。

 

「それなら!カイさんについて教えてほしいのですが!」

 

「あの魔王はダメです。少なくとも精神修行をしてからでないと汚染されてしまいます。ああ、そうなる前に来れて良かった。あの魔王はとっても、とっっても危険な魔王なんですよ?」

 

 親身な時の勇者の忠告に、静江は首を傾げるだけだった。




 想い人がいつから召喚できると、仲間をいつから増やせると、見当違いの幻想を見ている事でしょうか。まぁ、カイの方は何か影響を与えてしまったかもしれませんが。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。