イビルアイが仮面を外すとき   作:朔乱

15 / 43
5: 王都炎上

 ザナックの自室では、ザナックとレエブン候が、先程入った暴動の報告の対応に追われていた。

 

「なんで、よりにもよって今日こんなことが起こるんだ!?」

 

 ザナックは怒りに震え、執務机を叩く。ソファーに腰をかけていたレエブン候は、これまでに入手できた情報が書かれた報告書をせわしなく捲っている。

 

「どうやら、馬鹿の一派がやらかしたのが原因ということで間違いないでしょうな。鬱屈した思いを溜め込んでいた民が、とうとう我慢の限界に達したということかと思われます。魔導国の宰相が王国を訪問するその日に起こった、というのが若干恣意的なものを感じなくはないですが、何分証拠が今のところ見当たりません」

 

「ともかく、魔導国には今更来ないでくれと連絡しても無駄だろう。そろそろ王都入りする予定の時間だ。こうなったら、やむをえん。王都の門から王城までの道を最低限の兵に警備させ、アルベド様には何とか無事に王城入りしてもらおう。恐らく、前回の訪問時と同様に魔導国ではそれなりの警備をつけているはずだから、いくらなんでも手を出す者はいなかろう。……それと、レエブン候は嫌かもしれんが、場合によっては、鎮圧に魔導国の力を借りることも考えないといけないかもしれない。最悪の場合だが……」

 

 頭を抱え唸るように言うザナックに、レエブン候は安心させるように声をかける。

 

「ご安心ください。ザナック殿下。私もそのように考えておりました。ただ、すぐに協力を要請するというのは悪手かと。あまりにも、王国が対応能力にかけると思われた場合、いずれ魔導国に恭順することになったとしても向こうから軽く見られることでしょう。自国の紛争に介入されるのは避けたいところですな」

「ああ、全くその通りだな。……予定では、俺が王城前でアルベド様の出迎えをする手筈だったが、この状況下ではそれは避けたい。ラナーに代行させるのはどう思う?」

 

「その方が宜しいでしょう。やはり、ザナック殿下とラナー殿下では命の重みが違います。それに、出迎え役としてはラナー殿下でも別に相手を軽く見たとは思われないことでしょう」

「よし、では、ラナーにそう伝えよう。時間もあまりない。警備兵の手配は、レエブン候に任せる。俺はその間にラナーに話をしよう」

 

「畏まりました。では、失礼致します」

 

 レエブン候は読んでいた書類の束を纏めると、ザナックの執務机の上に置き、そのまま一礼して部屋から出ていった。

 

(これは、もはや王国もこれまでということか。最悪の場合とは言ったが、残された手段など皆無に等しい。せめて国民に人気があったガゼフ・ストロノーフが生きていれば国民の説得も容易だったのかもしれないが……)

 

 ザナックは、ガゼフ・ストロノーフの名前を思い出した途端、ほぼ同時期に行方不明になった第一王子バルブロのことが頭をよぎる。

 

(二年前は、邪魔な厄介者が消えてくれて素直に嬉しいとしか思わなかったが……。こうなってくると、あの時死んでしまえただけでも、バルブロ(あいつ)は幸せだったのかもしれない。少なくとも、国を破滅させた王子などという不名誉な呼ばれ方はしないだろうからな)

 

 しかし既に全ては動き始めてしまっている。王代理として、対処していく責任があるのは今は自分だけなのだ。

 

 ザナックは覚悟を決め、ラナーを呼ぶようメイドに言付けた。

 

 

----

 

 

 ブレイン・アングラウスは、いつものように孤児院の一つで子ども達に稽古をつけていた。

 

 今ちょうど打ち合っている子どもは八歳くらいだったが、動きはまだまだぎこちないものの、時々鋭い剣さばきを見せてブレインをうならせる。

 

(こいつ、なかなか筋がいいじゃねぇか。もしかしたら、俺よりも才能があるかもしれない。鍛えればガゼフに近いところまでいけるかも……)

 

 しかし、その時、遠くの方から異様な騒ぎ声と何かが打ち壊される音が聞こえ、やがて、孤児院の中にも煙が立ちこめてくる。

 

「なんだ!? 一体何が起こっている!?」

 

 木刀での打ち合いを止め、中庭から空を見上げる。妙に空が煙り熱気がこもってきている。以前所属していた盗賊団で村を焼き討ちした時の様子に似ている気がする。これはかなりまずい状況だ、とブレインは直感的に思う。

 

 孤児院に勤めている女性がブレインの元に走り寄ってきた。

 

「アングラウス様、大変です。どうやら、外で暴動が起こっている様子。暴徒がこの辺りにある建物に火を着けて回っているようなのです。早く子ども達を避難させなければ……!」

 

 気がつくと、女性達は孤児院にいる子ども達を集めて外に誘導しようとしているらしい。まだ幼い子どもが泣く声もする。

 

「よし、お前達も急げ! このままここにいれば焼け死ぬだけだ。荷物を纏める暇はない。とりあえず、王城を目指すぞ。少なくとも、ここよりは安全だろう!」

 

 ブレインは、自分の近くにいる子ども達を急き立て、女性達にも指示を飛ばす。幾分恐慌状態だった女性たちも子ども達もその声で少し落ち着きを取り戻したらしく、皆、それぞれに必死の顔をして、孤児院から走り出ていく。

 

「赤ん坊は先に連れ出してるっす! そっちの子ども達は頼むっすよ!」

 キビキビした女性の声が何処かから響く。ブレインはその言葉に少しだけ安堵した。

 

「じゃあ、残りは全員自分で動けるな。いいか、お前ら、自分の身は自分で守るんだ! 危険だと思ったら隠れてやり過ごせ! 王城の門にたどり着いたらラナー王女を頼るんだ! いいな!?」

「はい!!」

 

「よし、いい返事だ! 皆、死ぬなよ!?」

 

(一体どうしてこんなことになったんだ……。確かに、いつ内乱になってもおかしくないとは思っていたが、少し急すぎないか?)

 

 ほんの一瞬、ブレインは頭を悩ませるが、今はそんなことをしている場合ではないと気持ちを切り替える。ともかく、少しでも多くの子ども達を救うのが先だ。

 

(あの虐殺の時は、結局、俺は何も出来なかった。だが……)

 

 先程まで打ち合っていた子どもが近くにうずくまって震えている。その子を抱き上げて肩に乗せると、ブレインは今や炎が回り始めた孤児院を脱出した。

 

 

----

 

 

 とりあえず、思いつく限りの対策を講じたザナックは、自室の執務机に座り、果実水を啜っていた。部屋の窓から外を眺めると、遠くの方に黒い煙が大きく立ち上っているのが見える。雨だというのに、この様子だと火の手はかなり広がっているのだろう。このまま手をこまねいていれば、最悪ヤルダバオトの事件よりも多くの被害が王都に出ることは間違いない。

 

(流石に、そろそろ王都に戒厳令を出し事件の鎮圧に動きたいところだが、その為には貴族共を招集して合意を取らねばならん。しかし、そんなことをしているうちに王都が壊滅してしまうかもしれないな。帝国のように、王の一存で決められる国であればよかったのが……)

 

 ザナックは、重いため息を付き、もう一口果実水を飲む。

 

(レエブン候が戻り次第、貴族達に招集をかけるよう言わねばならんな)

 

 その時、ザナックの部屋の扉を叩く音が聞こえ、メイドが入室の許可を取りにザナックの元へやってくる。

 

「今は非常事態だ。急ぎの用件のものはいちいち入室の許可は必要はない。すぐに中に通せ」

 

 メイドはそれを聞いて急いで扉の所に戻っていき、それと入れ替わりに、慌てた様子の騎士が一人部屋に駆け込んでくる。

 

「どうした? 何があった?」

「ザナック殿下、ラナー殿下が……」

「ラナーなら、アルベド様の出迎えに出ていたはずだが?」

 

「いえ、出迎えに出られたラナー殿下に、暴徒と思われる一団が襲いかかり、そのまま行方不明になられました!」

「な、なんだと……ラナーが!? いや、ちょっと待て。アルベド様はどうだったんだ? その場におられたのではないか?」

 

「アルベド様は、御自身の護衛がすぐに動かれたので、ご無事でいらっしゃいます。しかし、暴徒の目的は最初からラナー殿下だったようで、殿下のお側にいた者もすぐにお助けしようとしたのですが、多勢に無勢で……。誠に申し訳ございません」

 騎士はザナックに深々と頭を下げる。

 

(何だ? 一体何が起こっている? どうしてこう何もかもが一気に動き出しているんだ? 背後で誰かが動いているのか? まさか……八本指か!?)

 ザナックは唇を噛みしめる。

 

「頭を上げろ! そんな暇があったら、ラナーの行方を探すのが先だ! 近衛の二個小隊を出して……いや、蒼の薔薇に頼んだほうが早いか? 誰かを蒼の薔薇が使っている宿屋に向かわせて王宮に呼べ。あと、アルベド様は応接室にお通ししておけ。今挨拶に行く。それからレエブン候は何処にいる? 見かけたら俺が呼んでいると伝えてくれ」

 

「はっ。畏まりました!」

 慌ただしく騎士は礼をすると部屋から飛び出していく。

 

(裏で八本指が動いているとなると厄介だな。このところおとなしかったから、組織自体の建て直しに必死で、悪事を働く余裕など無いのかと思っていたのだが。……やはり泳がせておいたのは失敗だったか?)

 考え込んでいるザナックの部屋の扉を叩く音がする。

 

(レエブン候が戻ってきたか? いい加減俺一人じゃ厳しくなってきたから助かるな)

 

 ザナックはメイドに部屋に入れるように合図をする。しかし、入ってきたのはレエブン候ではなく、今にも倒れそうな様子で青ざめて震えているメイドだった。

 

「どうした? 何かあったのか?」

 

 メイドはザナックの前でお辞儀をしたまま、すぐには頭を上げなかった。口も開くことが出来ない様子であることを不審に思い、ザナックは尋ねた。その言葉でメイドはようやく頭を上げ、震える声でザナックに告げた。

 

「……ザナック殿下、ご報告申し上げます。ランポッサ三世陛下が……先程、崩御されました……」

 

 ザナックはその知らせに驚愕のあまり、音をたてて立ち上がり、その勢いで知らせに来たメイドが怯えて口を噤む。

 

「なん……だと……、父上が……? 黙っていたのではわからん! 状況を説明しろ!」

 

(最悪だ……。何故このタイミングで……。一体どうしてこんなことになったんだ……)

 

「一昨日くらいから、陛下はほぼ一日中お目覚めになることなくお休みになっていらしたのです。今朝も、いつものようにラナー殿下が御見舞にいらして、紅茶を共にされようとなさっていたのですが、いくら話しかけられても反応が無かったと。紅茶もそのまま手付かずで戻っていらっしゃいました。その後、侍医が陛下のご病状を確認しようと致しましたら、既に亡くなられていらしたのです……。」

 

 メイドは恐怖に震えながらも、必死にそこまでザナックに告げた。

 

「わかった。ともかく、部屋に行こう。それと、レエブン候が戻り次第、陛下の部屋まで来るようにと伝えておいてくれ」

 

 自分の部屋付きのメイドに命じると、ザナックは自分に知らせに来たメイドを伴って王の部屋へと向かった。ここまで悪いことが重なると、もう何もかもが自分の裏をかいて悪い方向にしか動かない気がして、全てを投げ出してしまいたくなりそうだったが、ザナックは必死で持ちこたえる。歩みを止めたらそこでゲームオーバーなのだ。ほんの僅かな可能性に賭け、やるべきことをやるしかない。

 

 しかしながら、せめて王が自分を正式な後継者に指名してから逝ってくれればどんなによかっただろう。ザナックはそう思わずにはいられなかった。

 

 

----

 

 

 ランポッサ三世の部屋で侍医からザナックが経過の説明を受けている時に、青ざめながらも冷静な雰囲気を保ったレエブン候が現れた。

 

「ああ、来たか、レエブン候。今、俺も来たばかりだ」

「殿下、この度は、お悔やみ申し上げます……」

 レエブン候はザナックに軽く頭を下げる。

 

「いや、そのようなことはどうでもいい。今はこの未曾有の事態にどう収拾をつけるかの方が大事だ。陛下を悼むのはその後だろう」

「はっ、まさに殿下の仰る通りですな」

 

「詳細は、今侍医から説明を受けた。侍医の見立てでは、二年前程から陛下が罹っておられた持病が徐々に悪化していて、ここ最近は特に目覚めること自体が少なくなっていたという。まあ、要するに、病の悪化による自然死だろう、ということだ」

「なるほど……。侍医がそのように言うのであればその通りなのでしょう」

 

 そう言って、レエブン候は傍らに控えている侍医をちらりと眺める。侍医は多少顔を俯けてはいるものの、落ち着いた様子で立っている。

 

「しかしながら、殿下、今この状況下で陛下が亡くなられたということが知られるのはかなり不味いかと思われます」

「俺もそう思う。だから、この話を知っている者は全て、既に別室に軟禁してある。それで申し訳ないが、先生にもこの件を当分漏らさないでいただきたいのだ」

 

「畏まりました。では、私もしばらくは王城に留め置かれるということですかな?」

「その通りだ。すまないが、別室で待機していて欲しい。そう長くはかからないはずだ」

 

 侍医は黙って頭を下げる。ザナックは部屋の中にいる騎士の一人に合図をし、騎士は侍医を別室に連れ去った。

 

「さてと。これで当座は問題はないな? レエブン候」

「はい。しかし……、本当にどうしてこうなったのでしょうな。私には偶然とはどうしても思えないのですが」

「はは、奇遇だな、俺もだよ。誰かが王国を潰しに来ているとしか思えん」

 

 ザナックとレエブン候は顔を見合わせて、乾いた笑い声をたてた。

 

「ともかく、早急に対策を考えねばならん。ラナーもいない今、頼りになるのはレエブン候だけだ。どうか俺に力を貸してくれ。ああ、それと……こんな時に言うのもなんだが、候に頼みたいことがある。少しだけ、話を聞いてもらえるか?」

 

 レエブン候は黙って頷いた。

 

 

----

 

 

 ヴァランシア宮殿の中でも、特に賓客をもてなすために設えられた応接室は、装飾的な壁紙が貼られ、王国の著名な画家が描いた絵や、工芸家の制作した美術品が美しく飾られており、ナザリックとは比較にならないものの、それなりに王家としての品格を伺わせるものになっている。

 

 レエブン候を伴ったザナックが、その部屋の中に通されると、そのような部屋の美しさなどは紛い物に見えてしまうほどの麗しい美女が女神然とした姿でソファに腰をかけているのが見えた。その後ろには、魔導国から連れてきたお付きのメイドらしい美女が一人控えている。

 

 ザナックは、硬い表情をしながらも、その女性の前に進み出て跪き、レエブン候もそれに習う。

 

「アルベド様、今回はわざわざ我が父ランポッサ三世の見舞いにいらしてくださったにも関わらず、このような事態に巻き込んでしまい、誠に申し訳ございません」

 

「ザナック様、どうかそのようなことはおやめくださいませ。このようなことが起こると一体誰に予想できましょうか? さあ、王子殿下ともあろう御方が、いつまでもそのようなことをなさるものではありません。どうか、そちらにお座りになってください。それと、レエブン候、貴方もですよ」

 

「では、お言葉に甘えさせていただきます」

 

 ザナックとレイブン侯はアルベドのその言葉でようやく立ち上がり、アルベドの向かいのソファーに腰をかけた。 

 

「アルベド様、大変申し訳ないのですが、何分、王都がこのような状況で、本来予定していた式典の類も王都の視察も実施が非常に困難になってしまいました。非礼は重々承知しておりますが、何分、予想外の非常事態ということでご容赦いただきたいのです。いずれ状況が落ち着きましたら、改めて今回の埋め合わせをさせていただけたらと思うのですが、いかがでしょうか?」

 

「いえ、それには及びません。私どものことはお気にかけられずとも構いませんわ。このような時にお伺いしてしまったこと、こちらとしても申し訳なく思っております。事態収束を優先されるのは、国政を預かるものとして当然のこと。国王陛下が重い病に臥していらっしゃる時に、さぞや対応にも苦慮されていらっしゃることでしょう。魔導国としても、非常に慚愧に堪えません。もしよろしければ、魔導国からも何らかのお力添えをすることも可能ではありますが、いかがでしょうか?」

 

 アルベドからの提案は非常に納得のいくものであり、本音を言えば、ザナックもレエブン候もそれに飛びつきたいのは山々ではあった。しかしここで魔導国に介入されてしまえば、王国の魔導国への借りは大きくなりすぎてしまう。それだけは避けたいと、二人は一瞬目を合わせ、ザナックが代表して答えた。

 

「アルベド様、有り難いお申し出を頂いたこと深く感謝いたします。しかしながら、これは王国の内部問題であり、魔導国の御手を煩わせるようなものではございません。アルベド様にはしばらく王都にご滞在いただくことにはなってしまうかとは思いますが、我々自身で不始末の片をつける所存でございます。せっかくのご厚意を無碍にしてしまうご無礼をどうかお許し下さい」

 

「そうですか。それはごもっともなことかと思います。こちらこそ、差し出がましいことを申し上げまして、大変失礼いたしました。しかし、魔導国はいつでも王国のために手をお貸しする準備はできておりますので、そのことだけでも覚えていてくださると非常に嬉しく思います」

 

「魔導国からそのように暖かいお心遣いを頂いたこと、我々も非常に心強く思う次第です。しかしながら、そのようなことがないように、重々努力したいと考えておりますので……」

 

 ザナックとレエブン候を興味深げに眺めていたアルベドだったが、その言葉を聞き、優しい微笑みを浮かべて頷いた。

 

「わかりました。では、王国が一日でも早く事態を収められることを心からお祈りしておりますわ」

「ありがとうございます。それでは、アルベド様にご滞在いただく部屋を用意させていただきましたので、そちらにご案内させてください」

 

 ザナックは、王城の中でも特に見目の良さで選りすぐったメイドを、数人部屋に招き入れると、アルベドを貴賓室へと案内させた。

 

「……。レエブン候、我々はいつまで持ちこたえられるんだろうな? 正直、自力で解決しなければとは思いつつも、魔導国の手を取りたい気持ちを抑えるのが大変だったぞ」

「ザナック殿下、私もですよ。しかし出来るところまでやってみるしかないでしょう。今回の相手は、ヤルダバオトでも魔導王でもない。あくまでも普通の人間です。であれば、打開策もきっとあるはずかと」

 

「ああ……、そうだったな。相手は人間なのだから、なんとか出来ていいはずだ。あまりの異常事態にそれを忘れるところだったよ」

 

 部屋の中に、二人の苦々しげな笑い声が静かに響いた。

 

「ではレエブン候、走り回らせて済まないが、貴族達の招集を頼む。それと、蒼の薔薇にラナーの発見と救出を依頼してくれ」

「畏まりました。至急そのように取り計らいます」

 

 レエブン候はお辞儀をすると、急ぎ足で部屋を出ていった。

 

 




アンチメシア様、佐藤東沙様、黒えありる様、藤丸ぐだ男様、誤字報告ありがとうございました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。