イビルアイが仮面を外すとき   作:朔乱

22 / 43
蒼の薔薇、新たなる旅立ち(三)

 鏡の中を通り抜けるような不思議な感覚を覚えた次の瞬間、そこはエ・ランテルの旧都市長の館ではなく、広々とした草原になっていた。その奥にあるなだらかな丘は部分的に崩れており、そこから古めかしい門の一部が見えている。そして、その門から少し離れた場所にそれほど古いものではないログハウスが建っていた。ログハウスの入り口近くには、五人のこの世のものとも思われない美女が整然と並んでおり、リ・エスティーゼ王国からの客人が現れたのを見て、一分の狂いもないお辞儀をした。

 

 あまりにも突然の風景の変化に、流石のラナーも目を見開いている。貴族達は何が起こったのかかなり混乱して周囲を見回していたが、場違いとも言える美しいメイド達の姿とその見事な動きに、徐々にそちらに目が釘付けになっている。

 

 蒼の薔薇はその五人の顔に刮目した。四人はあまり見覚えのない人物だったが、一人は明らかにガガーラン、ティア、イビルアイの三人にとって忘れようにも忘れられない顔だったからだ。

 

「あの野郎、あの時の蟲のメイドじゃねぇか……」

 ガガーランがぼそりと呟く。イビルアイから、あの夜戦ったヤルダバオトのメイド悪魔は蟲のメイドを含めて五人と聞いている。蟲のメイド以外は全員仮面を被っていたという話だったので、顔で判別することはできない。しかし一糸乱れず行動している様子からすると、最悪、あそこに並んでいるのは、全員件のメイド悪魔の可能性もある。

 

 蒼の薔薇は一瞬殺気を放ち、身構えようとした。しかし――、この場はあくまでも王国と魔導国の外交儀礼として設けられているものであり、メイド悪魔達は既に魔導王の支配下に置かれているという話を聞いたことを思い出し、ぎりぎりで思い留まった。

 

「ようこそお越しくださいました。リ・エスティーゼ王国の皆様。ここからは、私達がご案内させて頂きます」

 以前アルファと名乗っていたメイドが、そんな蒼の薔薇の様子には目もくれずに冷静な口調で挨拶をした。

 

「ご丁寧にありがとうございます。こちらこそ、よろしくお願いします」

 ラナーもそれに落ち着いた様子で応える。アルファはそれに恭しく一礼して応えるが、軽く蒼の薔薇の方を向いた。

 

「それから……、そちらの方々が気になさっておいでのようですので予め申し上げておきますが、ご推察の通り、私達は以前魔皇ヤルダバオトに支配されていたメイド悪魔です。しかしながら、先日の聖王国での戦いの折に、慈悲深き魔導王陛下の御力で魔皇の呪縛から解放され、現在は魔導王陛下にお仕えしております。以前の私はアルファと名乗っておりましたが、現在は新たに頂いた名であるユリ・アルファと名乗っております。ですので、今後は私をユリとお呼びください。他の四名も全て新たな名を頂戴しております」

 ユリは淡々とした調子で話し、その内容にラナー以外の王国貴族達はざわついた。

 

「ただ、幾ら当時はヤルダバオトに支配されていたとは言え、私共が王都を襲うのに協力させられたのは事実。ですので、ここでお詫びを申し上げたいと思います」

 ユリはそのまま、静かに頭を下げ、他のメイド達もそれに習う。

 

「頭を上げてください。お話はよくわかりました。私はそのようなことにはあまり詳しくはありませんが、あなた方は主人の命令には逆らえないものなのではありませんか?」

「その通りです。それが支配されるということですから」

「であれば、私達が恨むべきなのはあなた方を支配していた魔皇ヤルダバオトですし、魔皇ヤルダバオトは既に魔導王陛下が倒してくださったのですから、何も問題などありません。ですが、そのように謝罪してくださったことに関しては、私達王国の者としてもそのお気持ちだけ受け取らせて頂きます」

「女王陛下の有り難いお言葉、心から感謝致します」

 

 再び頭を上げた時には、先程までよりもユリの雰囲気は柔らかいものに変わっていた。

 

「それでは、中にご案内させて頂きます。ルプスレギナとシズは私と共に来るように。ソリュシャンとエントマは引き続きこの場所の警備を頼みます」

「畏まりました」

 

 メイド達はユリの言葉で一斉に承服すると、頭を下げた。

 

 しかしメイド悪魔達が頭を下げているにも関わらず、イビルアイは蟲のメイドからと思われる、妙に絡みつく視線を感じていた。あの顔は作り物の仮面のようなものだから、本物の目は恐らく別なところについていて、そこからこちらを見ているのかもしれない。

 

(あれは、あの時私が殺しかけた蟲のメイドで間違いないのだろう。あの様子だと、やはり私を恨んでいるのか? まぁ……思い返せば、私もあの時頭に血が上っていて、かなり酷いことも言ったような気がする。いくら魔皇に支配され戦いの場で鉾を交えただけとはいえ、こちらに対する心証が良くないのは当然かもしれない)

 

 あの夜の蟲のメイドとの死闘を思い返す。彼女が瀕死の状態でかろうじてヤルダバオトに救われたことも。そして、偶然モモン様が……いや、アインズ様があの場に現れて助けてくれなかったら、自分は恐らくヤルダバオトの手にかかって死んでいたに違いない。

 

(お前のような血の臭いを漂わせるモンスターを側において喜ぶものがいるとは思えない、だったか……)

 

 その言葉は、そのまま自分自身にも言える言葉であったことに改めて気が付き、イビルアイは若干バツの悪い思いを感じる。他の誰かにそのようなことが出来るとは思えないが、アインズ様なら、罪に塗れた自分を受け入れてくれたように、あのメイド悪魔ですら優しく受け入れてくれたのだろう。

 

 他の面々はユリ達の先導でログハウスの中に向かおうとしていたが、イビルアイはその場に残っている蟲のメイドの前で足を留めた。

 

「どうした? イビルアイ」

 それを不審に思ったのか、ガガーランが振り向いて怪訝そうな顔をしているが、イビルアイはそれには構わず、蟲のメイドに向き直った。

 

「その……。大丈夫だったのか? あの夜のことだが……」

 イビルアイは、気まずそうに切り出した。蟲のメイドは何も言わずに頭を下げたままだ。しかし、イビルアイは蟲のメイドの視線が若干の悪意を伴って自分に向かっているのを感じる。

 

「――すまなかった。私はお前に、あの時とても失礼なことを言ったと思う。許して欲しいと言えるような立場じゃないが、一応、一言詫びさせてくれ」

 イビルアイは、そのまま深く頭を下げた。

 

「……!?」

 流石にそのようなことをイビルアイに言われるとは思っていなかったのだろう。蟲のメイドは驚いて頭を上げたようだ。

 

「それじゃ……。私が言いたかったのは、それだけだから」

 イビルアイは踵を返して一行の後を追おうとした。その時、軽く肩を掴まれるのを感じ、イビルアイは思わず振り返った。

 

「……ちょっと待ちなさいよぉ。勝手なことばかり言わないでくれるぅ?」

 蟲のメイドは若干怒ったような口調でイビルアイを睨んだ。

 

 ラナー達の姿は既になかったが、蒼の薔薇の面々は何か起こっているのに気がついたのか、立ち止まってこちらを見ている。

 

「そんなことを言われても……。他に私はどう言えばいいのかわからないのだが……」

「そりゃ、あの時は私だってあんなこと言われてぇ、すごく傷ついたしぃ、腹も立ったしぃ、許さないって思ったよぉ?」

「それはそうだろう。だから、私も、許してもらえるとは思っていない」

 

「――だけどね、アインズ様がぁ、私にぃ、お前の代わりに頭を下げてくださったのぉ! わかるぅ!? その意味がぁ!」

「え……?」

 

 イビルアイには、蟲のメイドが何を言わんとしているのかよくわからなかった。しかし、蟲のメイドの口調には怒りだけではなく、多少自慢げな雰囲気を感じ、イビルアイは蟲のメイドが少なくともアインズを敬愛しているのだろうということを理解した。

 

「だからぁ! 今回だけ特別! アインズ様の御為にお前を許す。でも、次は……絶対に、絶対にぃ、許さないぃ!」

 そういうと、蟲のメイドはぷいっと横を向いた。

 

「あ、ありがとう……」

「お礼なんて言われる筋合いじゃないぃ。あと、私の名前はエントマ! エントマ・ヴァシリッサ・ゼータ! 覚えといて!」

「わ、わかった。エントマだな? すまない。良かったら、今度ゆっくり話をさせてくれ」

「お前と話す話なんてないぃ! ほら、早く行きなさいよぉ。他の人を待たせちゃってるでしょお!?」

 

 エントマのその言葉で、この場で他の面々を待たせることが不味いことに気がついたイビルアイは、慌てて蒼の薔薇のいる場所に急ぐ。

 

「イビルアイ、何をやっているの!?」

「すまない、どうしても、その、話したいことがあったものだから……」

 

 ログハウスの入り口ではシズと呼ばれたメイド悪魔が蒼の薔薇を待っていてくれていた。

 

「こちらに。他の方々をお待たせするのは、あまり良くない」

 

 シズの案内で蒼の薔薇はログハウスに入ると、再び奥にある巨大な鏡を通り抜けた。

 

 

----

 

 

 アインズは人払いをした寝室に籠もり、最後の練習に余念がなかった。

 

 玉座の間での想定問答集は何度も見直して、かなり良い出来になっていると思うし、十時間程ひたすら練習し続けた立ち居振る舞いも、自分としてはそこそこのレベルにはなっているとは思う。しかし――。

 

(一応、属国の儀式は帝国の時にもやってるし、今回、殆ど変更は無いんだから大丈夫だ。……焦るな、俺! ただ、ジルクニフと違って、あの王女……じゃなくて、もう女王か……、この間王都で会った時、妙に威圧感があったんだよなぁ。そもそもデミウルゴスとアルベドが、自分達と同レベルの頭脳の持ち主とか評価してる奴になんて、できれば会いたくなんかない。正直に言えばこのまま逃げ出したい。俺が演技で支配者してるってバレたらどうしよう……)

 

 下僕達の前で、ラナー女王に化けの皮を剥がされる自分を想像して、既に無い胃が痛む。いくら練習したとしても、アドリブで難しい質問をされたら、恐らく自分では答えられないに違いない。いっそパンドラズ・アクターに代役を頼んだほうがいい結果になりそうだと思うが、少なくともナザリックの下僕は誤魔化せないだろうし、流石にそれは支配者としてあまりにもみっともない行為だ。

 

(そう言えば、蒼の薔薇も来るって話だったか……?)

 

 イビルアイがその場にいると思うと、本来感じる筈もない胸の動悸を覚え、変な風に気持ちが焦るのを感じる。

 

 何故、今回蒼の薔薇が来ることになったのかの経緯はアインズは知らないが、普通冒険者はこういう政治的な場には来ないものなのではないだろうか。帝国の時は当然そのようなことはなかったから、今回もそうだろうと思っていたのだ。しかし、属国関係の調整を全てアルベドとデミウルゴスに丸投げしたのはアインズ自身だし、恐らくそれを報告する書類にも判を押したのだろう。正直、書類の内容を詳しく覚えているわけではないので、よくわからないのだが。

 

 考え込んでいるうちに、先日イビルアイを王都で助けた時に、次に会った時はゆっくり話をしようと約束したことをアインズは思い出す。しかし、今日のような外交目的で行われる儀礼の日では、そのような時間的な余裕も精神的な余裕もあまり無い。

 

(全く時間が無い訳じゃないけどな。どのみち、俺は食べられないから晩餐は早々に席を外す予定だし。イビルアイもアンデッドなんだから、飲食の席はそれほど得意じゃないだろう。いっそ、その間にイビルアイを呼んで少しくらい話をするのもいいかもしれない。……でも、こういうことをはどうやって伝えたらいいんだ? 流石に配下でもないのに直接〈伝言〉をするのは不味いだろうし。誰かに伝えて貰うとか?)

 

 この件で頼み事をするなら、やはりパンドラズ・アクターしかいないだろう。奴なら一番自然に近づけるだろうし、余計なことも言わずに引き受けてくれるに違いない。そう考えたアインズはパンドラズ・アクターに〈伝言〉をしようとして、ふと、嫌なことを思い出して手を止めた。

 

 自分がイビルアイを部屋に呼んだと知れたら、またアルベドが暴れるかもしれない。王都からナザリックに帰還した後で起こった騒動を思い出して、アインズは思わず身震いをする。デミウルゴスとコキュートスが咄嗟にアルベドを抑えてくれなかったら、一体どうなっていたことか。

 

 アインズは出ないため息をついた。やはり、今回は余計なことはしない方がいいだろう。少なくとも、王国が魔導国の属国になるのなら、イビルアイとまた会う機会は来るだろうし、その時に時間を取れば済むことだ。

 

 そして出ないため息をつくと、少しでも気持ちを落ち着けるべく再び台詞の練習に戻る。せめて出来ることだけはやっておかなければ。それが支配者としてのアインズの責任なのだから。

 

 その時、寝室の扉をノックする音がした。

 

「アインズ様、そろそろお支度の時間なのですが、いかがいたしましょうか?」

 本日のアインズ当番であるフォスの声が聞こえる。

 

「あぁ、わかった。では、頼むとしよう」

 

 アインズは重い腰を上げて、座り込んでいたベッドから立ち上がった。

 

 

----

 

 

 ログハウスに置かれていた鏡を抜けた所に広がっていたのは、まさに神々が住まう所と言われても納得するくらいの荘厳な美しさに包まれた場所だった。まさに白亜の宮殿というべき建造物には繊細な彫刻が施されており、所々に置かれている贅を凝らした装飾品、廊下を照らす照明に至るまで、ここにあるもの全てが王国の国宝以上の価値があるのは間違いない。

 

 先にこの場に案内され、蒼の薔薇が来るのを待っていたラナー達も、流石にこの美しい光景に完全に心を奪われている様子で、蒼の薔薇が少しばかり遅れたことを気にしている者はいなかった。

 

「さて、皆様お揃いのようですので、これから玉座の間にご案内致します。属国承認の儀は、そちらで行われることになっております」

 

 ユリのその言葉に、ラナーは無言で頷く。

 

 今日のラナーは、即位後に誂えた余り華美ではないドレスではなく、普段であれば袖を通すこともなさそうな、王国では一級品といっていい女王に相応しいドレスを身に纏っていた。しかしこの城の中では、それがごく当たり前の普段着くらいにしか見えない。蒼の薔薇の冒険者としての正装である装備は、王国のみならず世界でも希少品といっていいレベルのものが多いが、この場所では全く価値などないことを嫌でも思い知らされてしまう。

 

 イビルアイは、自分が踏み入れた場所の神々しい雰囲気に完全に飲まれてしまっていた。

 

(私は……、こんな立派な居城に住んでいる御方に、あんなことを言ってしまったんだな……)

 

 どう考えても貧相な自分の姿に、おかしな笑いが漏れそうになる。ツアーの台詞じゃないけど、身分違いという言葉にこれほど説得力があるものが存在するなんて思ってもみなかった。

 

(アインズ様は、ツアーが言う通り多分ぷれいやーで、この場所はリーダーから教わった『ぎるどの拠点』とかいうものなのだろう。八欲王が所持していた拠点もかなりのものだったと聞いてはいるが、私はここまでのものを直接見たことは、これまで一度もなかった……)

 

 イビルアイは、無意識のうちにそっと左手の指輪を撫でた。その仕草はもう完全に癖になってしまっていたが、それでも、指先に感じられるその指輪の存在は、いつもイビルアイの心を勇気づけてくれていた。

 

(いや、大丈夫だ。彼は見た目とかそういうものを気にするような方じゃない。こんな自分だって、そう、さっき会ったエントマだって、そのまま受け入れることができるんだから。それに、まさか私の代わりにエントマに謝ってくれていたなんて、思ってもみなかった……)

 

 二人のその時の様子を想像すると、微笑ましい気分になると同時に、ほんの少し嫉妬に近い感情が自分の中に生まれたのを感じ、イビルアイは慌てて軽く頭を振って、その感情を払い落とす。

 

 エ・ランテルの館にいる人達も、王都で会った配下の人達も、彼の周囲にいる人達は、皆、彼をとても慕っているように見えた。確かに彼の見た目はとても恐ろしいし、途方もなく強大な力を持つアンデッドであることも、大勢の人を虐殺したことも事実だ。だけど彼と直接話をすると、何故かだんだんそれが気にならなくなってくる。それは、きっと彼の優しい人柄のせいなんだろう。自分が理由もわからないまま、自然と彼に惹かれてしまっているように。

 

(――でも、ちょっと待て。だとすると、実はライバルがたくさんいるんじゃないのか……?)

 

 彼がアンデッドだから、好きになるのも自分くらいだと内心自負していたイビルアイは、思わぬ可能性に初めて気がつき愕然とした。

 

 

----

 

 

 幅の広い階段を下り、広間を通り抜けると、天井には白い輝きを放つ四色のクリスタルが嵌め込まれ、全て異なる形状をした多数の悪魔像が壁龕に収められているドーム型の大広間に辿り着く。一行はそこに置いてある像になぜか見られているような気分を味わいながら、更にその先にある巨大な扉の前に案内された。その扉には天使と悪魔の精緻なレリーフが彫り込まれており、そのリアルさに一瞬これから裁きを受けるかのような気分になるが、それでもその見事な彫刻には目を奪われる。

 

 ここまで一行を案内してくれたユリ、ルプスレギナ、シズは扉の脇に並んだ。

 

「この先が玉座の間でございます。既に魔導王陛下は中でお待ちになられておられます。私達の案内はここまでとなります」

 ユリがそう言うと、三人はラナー達に向かって一礼した。

 

「わかりました。案内ありがとうございました」

 

 ラナーは三人に会釈をすると、後ろにいる貴族達を振り返った。

 

「さあ、皆様、行きますよ。決して失礼のないように気をつけてくださいね」

「畏まりました」

 流石のレエブン候も青ざめていたが、気丈にも不敵な笑みをラナーに返す。その後ろにいる有力貴族達は、今にも腰が抜けそうな様子だったが、辛うじて頷いた。

「私達も準備は出来てるわよ」

 ラキュースが蒼の薔薇を代表して頷く。

 

 全員の気構えができたことを確認すると、ラナーは柔らかく微笑み、ゆっくりと扉の前に進み出た。重厚なその扉は非常に重そうに見えるのだが、誰も手を触れてもいないのに自然と開いていった。

 

 




佐藤東沙様、Sheeena 様、アンチメシア様、薫竜様、誤字報告ありがとうございました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。