イビルアイが仮面を外すとき   作:朔乱

23 / 43
蒼の薔薇、新たなる旅立ち(四)

 開かれた扉の向こうには、赤い絨毯が敷かれ、両脇に天上から巨大な旗がいくつも垂れ下がる荘厳な広間になっている。広間の一番奥は数段の階段になっており、その上には見たこともないくらい巨大な水晶で出来た玉座が置かれている。そこには離れていてもその価値の高さがわかる程、華麗な刺繍が施された黒いローブを纏った魔導王が座っている。その右隣には、エ・ランテルで会ったはずの宰相アルベドが立っている。階段の手前には、五人の人影が左に三人に右に二人に分かれて赤い絨毯を挟んで立っており、そこから、広間中を覆い尽くすように、見るからに強大な力を持つと思われる異形の者や亜人達が整然と並んで跪いている。

 

 ラナーは王国の黄金という名に相応しい美しい所作で、魔導王から視線を逸らすことなく赤い絨毯の上を堂々たる足取りで進み、それにレエブン候、有力貴族達、蒼の薔薇が続いた。

 

 やがて、玉座の少し手前まで歩み寄ったラナーはそのままその場に跪き、他の者はその後ろに整列すると、同じように跪いた。

 

「アインズ・ウール・ゴウン魔導王陛下に申し上げます。リ・エスティーゼ王国ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ女王陛下が陛下への拝謁及び属国の申し入れの許可を求めておいででございます」

 

 宰相アルベドの凛とした声がラナーの到来を告げると、それに対して、少しの間を置いて重々しい声がした。

 

「許す」

 

 アインズは王国から来た代表者達を、玉座から見下ろす。その背には見るものを恐怖させずにはいられない黒いオーラが立ち上っていた。

 

「アインズ・ウール・ゴウン魔導王陛下。私、リ・エスティーゼ王国女王ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフに拝謁の栄誉をお与えくださいましてありがとうございます。そして、また、リ・エスティーゼ王国は、アインズ・ウール・ゴウン魔導国の属国となり、魔導王陛下の庇護を受けることを希望しております。何卒、我らが望みをお聞き届けくださいますよう、リ・エスティーゼ王国民に代わりお願い申し上げます」

 

 ラナーは言い淀むことなく、頭を垂れたまま魔導王に奏上した。

 

「よくぞ参られた。ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ女王陛下。私がアインズ・ウール・ゴウン魔導王である。私は貴殿の我が居城への来訪を歓迎する。そして、貴国が希望されるのであれば、双方の合意のもと、出来うる限りの助力を約束したいと考えている。リ・エスティーゼ王国とアインズ・ウール・ゴウン魔導国は、これまで不幸な行き違いもあったが、共に平和を築いていける関係を結びたいと私は願っていた」

 

「寛大なお言葉に感謝致します、魔導王陛下」

 

 魔導王の態度はまさに生まれながらの支配者と言っていいものであり、王国の面々はその威光に圧倒される。そんな中、ラナーだけが物怖じせず魔導王に言葉を返した。階段の左手前に立っていた恐らく魔導王の側近と思われる蛙頭の男性が優雅に一礼をする。

 

「それでは、私、魔導国守護者であるデミウルゴスが、この度のリ・エスティーゼ王国ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ女王陛下より申し出のありました魔導国の属国となる件につきまして、双方の合意に係る文書を読み上げさせて頂きます。この内容に異論がない場合、ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ女王陛下及びアインズ・ウール・ゴウン魔導王陛下の宣誓により、リ・エスティーゼ王国は正式にアインズ・ウール・ゴウン魔導国の属国となり、この合意文書の内容が本日付で発効するものと致します。異論はございますでしょうか?」

 

「異論はない」

 

「異論はございません」

 

 二人の王の言葉を確認し、デミウルゴスは手にした文書を読み上げた。

 

「それでは、アインズ・ウール・ゴウン魔導国及びリ・エスティーゼ王国は次の内容で契約を取り交わすものと致します。一、魔導国はリ・エスティーゼ王国の宗主国となり、魔導国王並びにその麾下にあるものは、リ・エスティーゼ王国王より上位に位置するものとする。二、リ・エスティーゼ王国は死刑が確定した罪人についてはその全てを魔導国に引き渡すものとする。三、――」

 

 しかし、それはあくまでも既にお互い合意した内容を確認する儀礼にすぎない。滞りなく全てを読み終えたデミウルゴスはラナーに宣誓を促した。

 

「私、ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフは、リ・エスティーゼ王国を代表し、その文書の内容全てに同意し、合意内容を遵守すると共に、アインズ・ウール・ゴウン魔導国に恭順することを誓います」

 

「私、アインズ・ウール・ゴウンは、魔導国を代表し、その文書の内容全てに同意し、合意内容を遵守すると共に、リ・エスティーゼ王国を庇護することを誓う」

 

 アインズは、ラナーの宣誓を受け、同じく誓いの言葉を述べた。

 

「では、双方の宣誓により、只今よりリ・エスティーゼ王国は正式に魔導国の属国となり、魔導国は宗主国としてリ・エスティーゼ王国を保護することを宣言させて頂きます」

 

 アインズは頷き、軽く片手を振ると、階段前に立っていた守護者達も一斉にその場に跪いた。

 

「ラナー女王、面を上げて欲しい」

 

 ラナーは頭を上げると、アインズのその揺らめく灯火を射抜くかのような瞳で見つめた。アインズは思わず目を逸したくなったが、その欲求に必死に耐えると、なるべく威厳ある態度を崩さないようにラナー女王に話しかけた。

 

「これでリ・エスティーゼ王国はアインズ・ウール・ゴウン魔導国の属国となったわけだが、私は力を持って王国を支配しようとは思っていない。両国で協力し、より良き道を探っていけたらと考えている。ラナー女王の聡明さはかねてより聞き及んでいるところであり、魔導国としてもラナー女王の智慧を得られるなら、この度の合意はまさに僥倖といえるだろう」

 

 ラナーはそのアインズの様子に、一瞬くすりと笑ったように見えたが、直ぐに真摯な態度でアインズに言葉を返した。

 

「叡明で名高い魔導王陛下にそのようなお言葉を賜り、光栄の極みと申せましょう。今後リ・エスティーゼ王国は魔導国のお慈悲の元で国の再建に取り組む所存でございます。どうか、これからも宜しくお願いいたします」

 

 アインズとラナーが交わした友好的な言葉で、玉座の間に漂っていた緊張感も若干ほぐれたようだ。

 

「それでは、以上で属国承認の儀を終了致します」

 

 宰相アルベドの言葉で、再び、その場にいた者たちは頭を下げる。

 

「アルベド、この後はリ・エスティーゼ王国の方々を歓迎する晩餐であったな?」

「はい、陛下」

「王国からの長旅でさぞかし疲れられたことだろう。今夜は、是非このナザリックでゆっくり休んでいかれるように」

 

「ありがとうございます。魔導王陛下のお心遣いに感謝致します」

 ラナーは再び恭しく頭を下げた。

 

 

----

 

 

 玉座の間から退出した王国の人々は、ともかく属国化の儀式が無事に終了したことでいくらか安堵した表情になり、再び、ユリの案内で王国の貴賓室よりも更に豪華な応接室と思われる部屋に案内された。部屋の中には、大きめのローテーブルが二つとそれに向かい合うソファーがそれぞれ置かれてある。

 

「晩餐の準備が整いましたらお迎えに参りますので、それまではこちらでしばらくお寛ぎください」

「わかりました」

 

 ラナーは平然と勧められたソファーに腰をかけるが、他の面々は若干落ち着かない様子で、部屋の内部を見回している。少なくともこの場にいるのは冒険者である蒼の薔薇を除けば王国の中枢にいる者ばかりであり、贅沢には慣れている筈だったが、あまりにもレベルの違う豪華さを見せつけられると、やはり緊張してしまうのだろう。やがて、諦めたような面持ちでラナーの隣にレエブン候が腰を下ろすと、それを合図にしたように他の貴族達はその反対側のソファーに座る。蒼の薔薇は、ラナー達とは違うソファー席に座った。

 

 メイドが紅茶と菓子を供して、部屋から退出していくと、ようやくその場には王国の者達だけになる。

 

「しかし、ある程度予測はしておりましたが、魔導国の力がまさかここまでとは……。国としての格があまりにも違いすぎる。先の戦争の恨みなどといって下手に対抗などしなくて正解でしたな」

 レエブン候が皮肉げな口調で言うと、出された紅茶を一口飲み、思わずその味と香りに感嘆の声を漏らす。

 

「ふふ。全くですね。王国でも、魔導王陛下を神と讃える声がかなり増えているようですが、この光景を見たら、恐らくもっと増えるのでしょう。神々の住まいというのはこういう場所なのかもしれません」

 

 ラナーは深い微笑みを浮かべ、紅茶を飲むと出された菓子を一つ頬張った。他の貴族達は、まだ気分が落ち着かないのか若干不安そうな面持ちで、なかなか出されたものに手を出そうとはしなかった。

 

「魔導国から頂いたお菓子はどれも美味しかったですが、出来たてだからなのでしょうか、味も香りも全然違いますね。紅茶も淹れてくださった方の腕の違いなのでしょうか、本当に素晴らしいです。……皆さんもどうですか? 宗主国直々のおもてなしなのですから、頂かないのは逆に失礼になると思いますよ」

 

 貴族達は顔を見合わせるが、やがて思い切って少しずつ菓子や茶に手を伸ばし始める。そして、初めて口にするその味に仰天したのか、驚きの声が上がる。その中で、ずっと黙り込んでいたウロヴァーナ辺境伯が徐に口を開いた。

 

「陛下。確かに、魔導王陛下は神に等しい御力をお持ちなのでしょう。しかし、王国で魔導王陛下を神と崇めている連中は、かなり勢いを増しているようですが、このまま放っておいてよろしいのですかな?」

「別に問題などないでしょう。どのみち、我々は既に魔導王陛下の庇護下にあるのですし。むしろ、魔導王陛下に反逆されるよりも余程マシだと思いませんか?」

「……仰る通りですな。差し出がましいことを申し上げました」

「いえ、ウロヴァーナ辺境伯、そのようなことはありません。これまでは王国は各派閥ごとで争いあっていましたが、その結果として、あのような大規模な反乱を引き起こすことにもなってしまいました。私は、もう二度と国民同士で争い合うような事態にならないようにしたいのです。今後は、王も貴族も平民も等しく協力して行かなければならないと私は思っています。ですから、そのようにご意見を積極的に頂けるのは、国を預かる者として有り難いことですし、逆にそのような方にこそ、政務の要職に就いて頂きたいと思っているのです。ウロヴァーナ辺境伯、私は非力ではありますが、どうか御力をお貸しください」

 

 ラナーのその言葉で、ウロヴァーナ辺境伯のみならず、その場にいた貴族達の雰囲気は明らかに変わった。

 

「ラナー女王陛下。こう申し上げては失礼ですが、正直、儂は平時ならともかくこのような混迷の時期にある王国を初の女王である陛下にお預けするのはどうかと思っておりました。しかしその考えが間違っていることがよくわかりました。儂は陛下に全面的に協力することを誓いましょう」

 

 同席していた貴族達からも、それに同意する声が次々と上がる。その様子をレエブン候は皮肉げな笑いを浮かべて見ていた。

 

 

----

 

 

 やがて、ユリが再び応接室に現れ、晩餐会の会場へと案内された。ユリは会場の扉を開くと脇に控えて、一行を中に通した。

 

 会場は着席形式になっており、既に他の出席者と思われる者たちはほぼ揃っているようだった。よく見ると、既に属国になっているバハルス帝国からも皇帝ジルクニフ以下数人も出席しているようで、皇帝は見たこともない亜人と親しげに話をしていた。

 

 艶やかなメイド達が、客人達に好みの飲み物を注いで歩いており、会場の隅の方では楽団が心地よい音楽を奏でている。

 

「リ・エスティーゼ王国、ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ女王陛下の御入場でございます」

 

 入場者を紹介する声が響き、それを受けて会場からは談笑する声が止む。ラナーはレエブン候にエスコートされて部屋の中央に設えてあるテーブルの中央に座している魔導王の真向かいの席に向かう。魔導王の左右には、宰相アルベドの他に、先程魔導王の玉座付近にいた者達が着席しており、魔導王の背後にはエ・ランテルの館で案内を務めてくれた白髪の執事が控えていた。ラナーの姿を見ると、魔導王はゆっくりと立ち上がり歓迎するように手を広げた。

 

「ようこそ、ラナー・ティエール・シャルドロン・ライル・ヴァイセルフ女王」

 

「お招きくださいまして感謝致します。アインズ・ウール・ゴウン魔導王陛下」

 ラナーは魔導王に向かって優雅にお辞儀をした。

 

「申し訳ないが、私は飲食が出来ないので、少ししたら退席させていただくが、今宵の晩餐は魔導国がリ・エスティーゼ王国を歓迎する意を込めて催すもの。堅苦しいことは抜きにして、是非我が魔導国の料理を堪能していってもらいたい」

「ありがとうございます」

 

 再びお辞儀をするラナー女王に着席するよう促すと、魔導王も席に座る。近くに控えている執事が合図をし、メイドがラナーの前の椅子を引き、ラナーはそれに着席する。その後、レエブン候とラナーに付き従ってきた貴族達、蒼の薔薇がそれぞれ席に案内されて着席し、メイドがラナー達のグラスにも飲み物を注いで下がっていく。

 

「では主賓もいらしたことだし、乾杯といこうか。セバス、皆に飲み物は行き渡っているだろうか?」

「問題ございません」

 執事は魔導王のグラスにワインを注ぐと、テーブルの状況を確認した。執事の応えを聞き、魔導王は軽く頷いた。

 

「それでは、リ・エスティーゼ王国とアインズ・ウール・ゴウン魔導国の輝かしい未来と今後の友好を祝して杯を挙げることとしたい。乾杯」

 

 魔導王の言葉で、その場にいる全員がグラスを掲げると、中身を飲み干す。魔導王はグラスを掲げるのみで、そのままグラスを執事に渡した。

 

 やがて、メイド達が料理を供し始めたのを見計らい、魔導王は軽く退席の挨拶をすると、執事を供に会場を後にした。

 

 

----

 

 

 晩餐会の席に座ったイビルアイは非常に緊張していた。長いこと生きてはいても、このような公的な晩餐の場に参加するなどほぼ経験がなかったし、いくら蒼の薔薇は非公式な参加とはいえ、それでも王国の代表としてこの場にいるのは間違いない。

 

 そのうえ……、あれほど会いたくて仕方がなかったアインズが非常に近い所にいるのだ。イビルアイは、なるべく視線を向けないように努力してみたが、どうしても、自然とアインズに目がいってしまい、彼の一挙手一投足をつい観察してしまう。アインズの堂々たる振る舞いはまさに王として相応しいもので、恋する乙女としてはうっとりと見惚れてしまう。纏っているローブも、近くで見るとより繊細な刺繍が施されている見事なもので、やはり自分との格の違いを思い知らされざるを得なかった。

 

 実は、イビルアイはこのところの暇潰しに作ったアインズ抱きまくらの他に、アインズを模した小さな縫いぐるみのような物を密かに作っていた。もちろん、それは裁縫には全く不慣れなイビルアイが作ったものだから、あまり形も良くないし、イビルアイの欲目で見ても、アインズに似ても似つかないものではあった。中に詰め込んだ綿には、以前のデートの時に使った香水を少しだけ染み込ませてある。なんとなくだが、アインズはあの香りを気に入ってくれたような気がしたのだ。

 

 イビルアイが持っている物で、アインズにプレゼント出来そうな物なんて、正直何もない。彼が持っている物は、自分が持っている最高の物よりも、どれも上質で高価そうな物ばかりだ。

 

 ――だけど、自分が一生懸命作った物なら、もしかしたら彼も喜んで受け取ってくれるかもしれない。

 

 イビルアイは、ずっと貰った指輪の礼をしたいと思っていた。王都の事件の時もこの指輪のおかげで、炎に対する防御はあまり気にしないで済んだし、何よりこれがあるだけで、イビルアイはずっと彼がすぐ側で支えてくれているように感じられ、救われたことが何度もあった。

 

(こんなもの渡したら、アインズ様は笑うだろうか? それとも……喜んでくださるのだろうか……)

 

 イビルアイが裁縫をしているところを見ていた、蒼の薔薇のメンバーはかなり微妙な顔をしていた。

 

 眼の前に置かれている普通の人間なら美味しいだろう数々の料理を睨みつけながら、どうしようかとイビルアイが考え込んでいると、アインズが軽く挨拶をして退出していくのが見え、イビルアイは焦る。

 

(ど、どうしよう、このままじゃこれを渡すどころか、まともに話をすることも出来ないで終わってしまう……。せっかく御居城に招かれたというのに……)

 

 イビルアイはこの状況をどうにかしなければ、ということだけで頭がいっぱいになった。周囲の人々は、出された料理の味に感嘆して、誰もイビルアイのことなんて気にしていないように感じる。

 

(せ、せめて、少しくらいお話するチャンスはないだろうか?)

 

 そう思った瞬間、イビルアイは自分でも何をしようと思っているのかわからないまま、席を立つ。

 

「どうかされましたか?」

「その……トイレに……」

 

 突然のイビルアイの動きに、何かあったのか気になったのだろう。近くにいたメイドに丁重に尋ねられるが、無意識のうちにおかしなことを答えていた。アンデッドである自分がトイレになど行くわけがない。隣に座っているティナが気がついたのか、不審そうに自分を見ているのがわかる。しかし、メイドはイビルアイの返答で納得したらしかった。

 

「では、ご案内させて頂きます。こちらへどうぞ」

「いや、場所だけ教えてもらえるか? 酔ったみたいだから、少し一人で頭を冷やしたいんだ」

 どうして、こう嘘がすらすら出てくるのか自分でも不思議だったが、メイドは丁寧にトイレのある場所を教えてくれた。

 

「ありがとう。助かった」

 イビルアイはメイドに礼をいうと、こっそりと晩餐会の会場を抜け出した。

 

 

----

 

 

 自室に戻ったアインズは、今日の分のノルマを無事に終えられたことにほっとしながら、セバスとフォスに手伝わせて少し楽なローブに着替えて、ヌルヌルくんを住処のケースに戻すと、再び寝室に篭っていた。もちろん、適当な理由をつけて二人は既に下がらせてある。明日になれば、デミウルゴスとアルベドの駄目出しがあるかもしれないが、今日はもう面倒なことは何も考えずにのんびりしたかった。

 

(あの女王にどんな予定外のことを言われるかと思ってずっと緊張してたが、台本通りの問答だけで済んで本当に助かった。まぁ、若干気になることがなかったわけではないが、これなら多分あの二人も及第点をくれるだろう……)

 

 今頃、晩餐会はアルベドとデミウルゴスが適当に仕切ってやってくれている筈だ。猛反対はされたが、飲食できない者がいると食事会は雰囲気が悪くなる、と必死で説得した甲斐はあった。正直、あのような場で最後までボロを出さずに、支配者ロールをする自信は自分にはない。

 

 それに、実際現実(リアル)でも、たまにあった会社の飲み会で酒が飲めないからと顰蹙を買っている人がいた。鈴木悟としては苦手なものを無理強いするのは良くないのではないかと思ったが、周囲の反応的にはそれが当たり前の感覚らしかった。しかしこの身体では、飲食をする振りすら出来ないんだから仕方がない。同じアンデッドでも、吸血鬼は一応飲食可能なんだから、そういう意味ではなんとなく少しずるいような気もする。

 

(イビルアイも少しは楽しめているんだろうか? 結局、話をする暇なんてなかったが……)

 

 せっかく同じナザリックにいるというのに、気軽に話しかけることも出来ないなんて、本当に支配者なんて面倒くさいことばかりだ。しかし、今更大切な自分の子どものような存在である NPC 達を見捨てるようなことも出来ない。せめて支配者とかそういう立場じゃなくて対等な立場……、それこそ本当の家族みたいになれたらいいのだろうが……。

 

 アインズは出ないため息をついた。

 

(やはり、皆は、そういうことは受け入れてくれないんだろうなぁ。――そういえば、ジルクニフが亜人と仲良くなっていたようなのが意外だった。ああいうのを受け入れるタイプだとは思ってなかったんだが。しかし、ああやって徐々に慣れていけば、亜人だけじゃなくて異形種とも上手くやってくれるかもしれない。例えば、そう、俺とももうちょっと親しい友人になるとか……)

 

 ほんの少しだけ明るい未来が見えたような気がしてアインズはほくそ笑むと、ベッドの上で心ゆくまでゴロゴロ転がる。しばらくのんびりしていると、突然、誰かから〈伝言〉が入り、アインズは渋々ベッドの上に座り込んだ。

 

 




アンチメシア様、Sheeena 様、誤字報告ありがとうございました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。