イビルアイが仮面を外すとき   作:朔乱

8 / 58
需要があるかはわかりませんが、後日談その1です。気が向いたので書いてみました。後悔はしていない!


幕間
アルベド VS アインズ(前編)


 それは、ある意味、ほんのちょっとした不幸な偶然が重なった結果だった……。

 

 アインズとイビルアイが秘密の『デート』をした翌日、アルベドとモモンに扮したパンドラズ・アクターは、いつものようにエ・ランテルの魔導王の執務室で執務を執り行っていた。最も、国の方針に関する重要な案件についてはナザリックでアインズが決裁する必要があるため、二人が取り扱っているのは、あくまでもそれ以外の雑務にあたる部分に関してのみである。

 

 建国以来、魔導王が午前中はこの場所で執務をしていたという慣例上、アインズが休養中も、毎日この時間帯は二人が執務を執り行い、宰相アルベドや任期付都市長モモンに謁見を求める者などの対応も済ませることになっていた。

 

 そして、その日の執務時間の終了直前に入っていた謁見予定が、モモンの旧知の仲であり魔導国冒険者組合長アインザックだったのもほんの偶然だった。

 

 アインザックの用件は、冒険者組合の現状報告及び組合で発生している問題の相談であり、その事自体は特に滞りなく片付き、アルベドとモモンの提案に納得したアインザックはいつものように丁重に部屋を辞そうとした。……のだが、その帰りしなに彼は何の悪意もなく、ナザリックを破壊しかねない巨大な爆弾を落としていったのだ。

 

「そういえば、モモンくーー殿、昨日は随分お楽しみだったとか? 街では結構な噂になっておりましたよ。さすがに英雄モモン殿の人気は半端ないですな」

「組合長、一体何の話をしていらっしゃるのでしょう? 私にはなんのことやらわかりかねますが……」

 

 若干ニヤニヤ笑いをしながら、モモンをからかうような口調で話しかけたアインザックに、モモンことパンドラズ・アクターは、全く心当たりがないとばかりの冷静な口調で応える。

 

「別に隠すことなどないでしょう! モモン殿と私の仲ではないですか。しかし、モモン殿の趣味がまさかロリ……ごほん。いや、うら若い女性だったとは。以前、その……大人向けの店にお誘いした際に、モモン殿の反応がイマイチだったのも頷けますな」

「組合長、あまり根も葉もない噂を広めるのはやめてください。あと、あの娼館でのことはいい加減忘れていただけませんか?」

 

 モモンの呆れたような言葉も無視し、アインザックはふむふむと勝手に一人で納得すると、自分は理解のある大人の男だから何も心配しなくてもいいといった顔をしていたが、やがて、モモンの隣に座って二人の様子を眺めつつ、若干冷たい視線を自分に投げかけているアルベドに気がついたらしく、少々慣れ慣れしかった態度と口調を改めた。

 

「ああ、宰相様、御前で大変失礼を致しました……。それではアインザック、これにて退出させていただきます。モモン殿、それではまた!」

 

 アインザックは慌てて話を切り上げ、アルベドに向かって恭しくお辞儀をすると、そそくさと部屋を出ていった。

 

 バタン、と彼がドアを閉める音が妙に大きく部屋に響く。

 

 そんなアインザックを聖母のような優しい微笑みで見送ったアルベドの顔は、執務室の扉が閉じた瞬間、まさに鬼というべき形相に变化していた。部屋の空気は急激に冷え込んだように感じられる。扉の側に控えているメイドがかなり怯えているように見えるのは気のせいではないだろう。

 

「……パンドラズ・アクター。今のは一体どういうことかしら?」

 

 静かにそう告げるアルベドの声は、逆にその怒りの深さを思わせるもので、普通の神経のものだったらその場に倒れるか、慌てて逃げ出してもおかしくはなかった。

 

「はて? 何のことでしょうか? 守護者統括殿」

 

 不思議そうに首を傾げるパンドラズ・アクターを見て、アルベドはギリリとものすごい音を立てて歯ぎしりをする。

 

「貴方、昨日の午後はアインズ様のお供をしてエ・ランテルを散策するという話しだったわね?」

「ええ、そのとおりです。それが何か?」

 

 アルベドのあからさまな脅迫にもどこ吹く風といった顔で全く動じる様子もないパンドラズ・アクターの様子が、アルベドの膨れ上がる怒りの炎に更に一層油を注ぐ。

 

「貴方ね……。昨日アインズ様に何があったのか、正直に言いなさい!」

 

 アルベドは目の前の机を思いっきり叩きつけ、本来なら割れるような代物ではない重厚な黒壇の机に大きなヒビが入る。

 

「統括殿、アインズ様の机にそのような傷をつけるのは、少々はしたないのでは……?」

「なんですって!? 憎まれ口もいい加減になさい!!」

 

 やれやれ、といった風に肩を竦めるパンドラズ・アクターだったが、それで収まるようなアルベドではない。

 

「ですから……別にそのようにお怒りになるようなことなど、何もありませんでしたよ。何しろ、私が不可視化してずっとアインズ様のお側についておりましたから、余計な羽虫が近寄れる余地などあるわけないでしょう?」

 

「パンドラズ・アクター、私が聞いているのはそんなことじゃないわ! だいたい、先程のアインザックの話で、とてもそんな風には思えるわけないでしょう!? 少なくとも噂になるくらいには近づいた女、しかも少女? がいたのよね? 誰なの、不敬にもアインズ様に近づこうとした愚かな女は……!」

 

 アルベドの形相は既に鬼を通り越して、その本来の姿すら垣間見えるくらいの凄まじいものになっている。

 

 正直、アルベドとタイマンで力勝負になった場合、パンドラズ・アクターがアルベドから逃げ切ることは出来なくはないだろうが、少なくともシモベ同士がそのような喧嘩をしたことがモモンガの耳に入れば、慈悲深き彼の君が心を痛めることは間違いない。であれば、やはり直接衝突は避けなければならないだろうとパンドラズ・アクターは考える。

 

(これは少々まずいことになりましたね。なんとか父上の御為にも統括殿を宥めませんと……)

 

 全く、アインザックも余計なことをしてくれたものだ。パンドラズ・アクターは内心で独りごちながら、アルベドに向き直った。

 

「統括殿、少し落ち着いてください。モモンは市民に大変人気がございますから、それで面白半分に噂に尾ひれがついただけでしょう。昨日、アインズ様が散策されている時に、偶然、例の蒼の薔薇のイビルアイと出会ったんですよ。なにしろ彼女は大分前からモモンを追いかけ回していましたからね。私がモモンをやっている時であればよかったのですが、昨日は珍しくアインズ様がモモンをされておりましたから……」

 

「イビルアイですって……?」

 アルベドから、さらにギリィという大きな音が聞こえる。

 

「ただ、いくら羽虫とはいえ追い払うのはモモンとしての名声に傷がつきかねませんし、なにより、アインズ様は非常に慈悲深い御方。そんなわけで、アインズ様はイビルアイを上手く宥められて、その後少しばかり戯れで彼女に時間を割かれた、というだけの話ですよ。別に守護者統括殿がお気になさるようなことなどございません。それに、あのような下賤の者など、所詮我らが麗しの統括殿の敵ではないでしょう?」

 

 パンドラズ・アクターの言葉で多少は落ち着きを取り戻したようではあったが、それでもまだ納得の行かない様子でアルベドは言いつのる。

 

「そ、それは……、もちろん、あんな小娘に負けるつもりなんてないけれど……。でも、だからといって、アインズ様と一緒に散策なんて……不敬にも程があるわ!」

 

 私だってそんなことしたことないのにぃ、というアルベドの心の声が聞こえたような気がしたが、パンドラズ・アクターは気が付かなかったことにする。

 

「それと、アインズ様はイビルアイから面白い情報を入手されたようですよ。なんでも、イビルアイは現地産の吸血鬼の一種で、結構レア種らしいのです。統括殿は、確か現地産の吸血鬼の実験体を欲しがっておいででしたよね? アインズ様の見事な手腕で、既にイビルアイに忠誠を誓わせておられます。ですから、今すぐというわけではなくとも、今後、イビルアイがナザリックの忠実なシモベの一人になるのは間違いありません。統括殿としても、非常にご都合のよろしい結果なのではありませんか?」

 

「……あら、そうだったの? ふーん、あのイビルアイがね……。ちょっと意外だったわ。確かにそれは悪くない情報ね。さすがはアインズ様……」

 

「ですから、別に問題ないと申し上げましたでしょう?」

 

 それから、パンドラズ・アクターは声を低くしてアルベドに通告した。

 

「……それに、私と貴女は同志の筈。その私の言を疑われるのはあまり嬉しくはありませんね」

 

 そのパンドラズ・アクターの言葉に一瞬はっとした様子になったアルベドは、興奮した様子を抑えるといつもより少し酷薄な微笑をする。

 

「……。そうね。悪かったわ。私達は協力関係にあるのだから、疑うなど愚かな行為だったわね。謝罪させていただくわ。パンドラズ・アクター」

 

「おわかりいただけたのならよかったですよ。私とて、貴女とことを構えたくなどありませんから」

 

「そうね。それは私もよ。ただ、次はできれば私にも一言報告をくれると助かるわ。お互い誤解の元になることは避けないといけないから」

 

「確かにもっと早くご報告はすべきでした。これは私の手落ちでしょう。以後は気をつけます」

 パンドラズ・アクターは、軽くアルベドに向かってお辞儀をする。

 

「わかってくれたのなら構わないわ。ああ、でも、やっぱりちょっと憎たらしいわね、イビルアイ……」

 イビルアイに対する怒りはまだ冷め切らぬ様子のアルベドは、それでも尚美しく、女神然としたところは変わらない。

 

(全く父上にご迷惑をかけるようなことさえしなければ、統括殿も非の打ち所のない女性でしょうに。ほんとに美人というものは得ですね)

 落ち着きを取り戻したかのようにみえるアルベドの様子を眺めながら、パンドラズ・アクターは思案する。

 

(どうやら一旦収まったようには見えますが、念のため、後で父上に一言連絡を入れておいた方が良いでしょう。いくらなんでも守護者統括殿も父上の好感度が下がるような真似はしないと思いたいですが、以前にも暴走している守護者統括殿のことですし……。万一の場合の対策も考えておかないと不味いかもしれません)

 

 パンドラズ・アクターはアルベドに気が付かれないようにそっとため息をついた。

 

 

---

 

 

 今日の分の執務の内容についてアインズに報告をするべく、アルベドはパンドラズ・アクターが出ていった後も、執務室に残り各種の報告書を仕上げていた。

 

 アルベドの走らせるペンの音がサラサラと小気味よく流れ、凄まじい勢いで書類を作成していくその姿は、まさに魔導国が誇る敏腕宰相の名に相応しいものである。しかも、これを見せる相手が自分の愛する主人であることを考えるとそれだけで、アルベドの気持ちは高揚して、より一層優れた報告書にしなければと気合が入る。

 

 魔導国は全体として上昇基調にあり、国民達もかなり現在の治世を受け入れつつある。未だ反抗的な者たちが全くいないわけではないが、多少はそういう者たちを残しておき、反体制勢力を監視しやすくしておくのも大事なことだ。

 

(王国も刈入れ時が近づきつつあるようだし、デミウルゴスの聖王国が片付いたら、そろそろ刈り入れに向かう頃合いね。八本指からの報告では、あの思い出すだけでも不快な馬鹿が上手いこと火種を撒き散らかしてくれているようだし、ラナー王女がせっかく整えてくれた下準備も最大限有効活用した方がいいでしょう。あの女はなかなか期待に応える力が十分あるようだから、王国の件が上手く片付いたらもう少し便宜を図ってあげることも検討してもいいかもしれないわね)

 

 そう、例えば、あの犬の件とか……。

 

 アルベドは、ラナーの意図には全く気がつきもせず無邪気にラナーに纏わりついては笑うクライムの姿を思い浮かべ怪しい笑みを浮かべる。

 

(ああ、私もアインズ様をあの女が考えているような感じに出来たらどんなにいいかしら……)

 

 アルベドは、かなり不敬で良からぬことをアインズにする自分をつい妄想する。思わず、口から涎を垂らし、肉食獣的な本能を丸出しにしそうになって慌てて考えを振り払う。

 

(さすがに、これは不敬すぎる考えというものよ。別に、私はあの御方を汚すようなことをしたいわけじゃないのだから)

 ほんの少しだけペンを止め、アルベドは手元にある羊皮紙の上に並んだ字を眺める。

 

(……本当になかなか上手くいかないものね。せめてもう少し愚かな方であれば簡単に落とす自信はあったのに。いえ、でもそこがアインズ様の魅力なのよ。まさに不落要塞とでもいうべき、端倪すべからざる御方なのだから……。まさにこのサキュバスである私の全『性力』を傾けて落とすに相応しい……)

 

 アルベドは、彼女の心を魅了してやまない美貌の君のことを考えて、うっとりした表情になる。

 

(シャルティアなどに正妃の座を譲り渡すわけには絶対にいかないわ。そのためには、なんとしても私が先にアインズ様の御心を手中にしなければ!)

 それが叶うのなら、どんな手段を使うことも辞さない。アルベドは固く心に誓う。

 

 しかし――

 

 アルベドは、先程の一件が妙に引っかかっていた。

 

 一応、パンドラズ・アクターが挙げた理由も筋が通ってはいたし、現地産吸血鬼だというイビルアイを利用すればアインズを攻略する手がかりを入手できるかもしれない。これはかなりの吉報だとは思う。それに異形種のレア種ということであれば、常日頃ナザリックの強化に力を入れている主人が、ナザリックに取り込もうと考えるのはごく当たり前のことで、そこに異を唱えるつもりはアルベドにはなかった。

 

(ハムスケの例もあることだし、智謀の君であられるアインズ様がナザリックに必要とご判断されたうえ、アインズ様に既に忠誠を誓っているというなら、私ごときシモベが口をはさむことではないのだけれど……。どうにも、引っかかるのよね。あのパンドラズ・アクターの態度といい。やっぱり、何か隠しているんじゃないかしら?)

 

 それは、まさに恋する大口ゴリラ、いや、乙女の直感といってもいいものだったに違いない。

 

「……悪い芽は小さいうちに摘めともいうことだし。いくらアインズ様にその気がおありではなくても、イビルアイにあるのは事実。……不敬かもしれないけれど、こればかりは黙って見過ごすわけにもいかないわよね……」

 

 アルベドは、再び猛烈宰相の顔になると、書類の山を作成する作業に戻る。そして、纏め終わった報告書を手早く眺めて内容を確認すると、満足げに微笑んで書類の束をまとめる。

 

 それから、普段と何も変わらない優美な姿で立ち上がると、控えていたメイドにナザリックに帰還する旨を告げた。

 

 

----

 

 

 ナザリック九階層の自室で、執務机を前にしたアインズは頭を抱えていた。

 

(どう考えても、いずれイビルアイをナザリックに迎え入れるのであれば、早めにイビルアイの件をアルベド達に話さない訳にはいかないよなぁ……)

 

 『報連相は早めに』ということはアインズ自身も身にしみていることでもあるし、シモベたちにもこれまでアインズ自身が重ね重ねいってきたことでもある。だから、支配者であるアインズがそれを疎かにするわけにはいかない。しかしながら、この件に関してアインズが脳内で話し方をあれこれシミュレートしても、最終的にはアルベドと修羅場になる結果にしかならないのだ。

 

(シャルティアはな……、なんだかんだいっても、受け入れてくれるとは思うんだよ。なんといっても同じ種族だし、ペロロンチーノさんの性的嗜好からいって、イビルアイはシャルティア的にも結構好みのタイプな気がするし。それがいいのかどうかはよくわからないが……)

 

 だが、アルベドは一筋縄ではいかないだろう。守護者統括としての立場的にも、恐らく自分がやらかした設定的にも。

 

(どうしたらいい? いや、別にアルベドだって命令すれば受け入れるんだろうけど、なるべくそれはしたくないし……)

 

 事前にデミウルゴス辺りに相談しておけばよかったと今になって後悔するが、何分、彼は今聖王国でのイベントのクライマックスの準備で多忙な筈であり、かなり個人的な部類に入るこのような案件で、デミウルゴスを煩わすのはさすがに躊躇われる。

 

「これは、腹を括って話すしかないだろうな。別にイビルアイと何かあったわけじゃないのは本当のことだ。逆に下手に隠せばあの頭脳明晰なアルベドのことだから、余計なことまで勘ぐるに違いない。何気なく、そう、何気なくだ」

 

 しかし、かなり前にハムスケをペットにするといった時も、アルベドは凄い剣幕で反応していたことをアインズは忘れてはいなかった。

 

(いくら巨大だとはいえ、たかがハムスターくらいでアルベドがどうしてあんなに怒ったのか俺には全く理解できないんだが……。所詮ただのペットじゃないか? だけど、今回のは年齢はいくら二百歳といえども見た目は女の子だからなぁ。アルベドはハムスケの時よりももっと怒るような気がする。……一体どんな感じに説明すれば、アルベドは納得してくれるんだろう?)

 

 相手は自分の部下だというのに、まるで親会社の社長相手にミスの弁解をしてくるように上司に命令された気分になってくる。

 

(いや、これはそもそもミスとかじゃないし。いわゆる有能社員の引き抜き案件と同じはずだ。実際、イビルアイの能力はこの世界としては格段に有能な部類だろう。それをとにかく主張してイビルアイの有用性を説明するしかない。アルベドだってナザリックに利があると納得すれば、問題ないはずだ)

 

 うんうん、とアインズは一人で頷く。アルベドが聞いたら、違う、問題はそこじゃない、と突っ込まれそうだが、アインズにはそれは未だ理解の範疇外のことだった。

 

 誠意を持って説明すれば、大抵のクレーマーは納得してくれる、そう鈴木悟が勤めていた会社の先輩も言っていた。

 

(別に、アルベドはクレーマーなわけじゃなくて、単に俺が設定を書き換えてしまったせいで少し……その、残念になってしまっているだけなんだから、きっと大丈夫に違いない。よし、この方針で行くぞ!)

 

 アインズが一人、PVN をする悲壮な覚悟を決めた時、部屋をノックする音が聞こえた。

 

 今日のアインズ当番のメイドであるデクリメントが応対し「アルベド様が、入室の許可を求めていらっしゃいます」と言ってきたので、軽く手を振って許可を出す。

 

 その時、唐突にアインズの頭の中に聞き慣れた若干喧しい〈伝言〉の声が響いた。

 

『父上、パンドラズ・アクターです! 実はアルベドに昨日の件がバレました。一応私の方でも対策は考えますが、くれぐれも統括殿にはご注意くださいますようお願いします!』

 

 それだけ言ってパンドラズ・アクターからの一方的な〈伝言〉が切れる。

 

(ちょっと待って!? せめて、どういう状況になってるのかだけでも説明してから切れよ!)

 

 と思うが既に遅い。アルベドには入室許可を出してしまったのだ。今更もう一度、アインズの方からパンドラズ・アクターに〈伝言〉する時間などない。当のアルベドはとっくに部屋の中に入ってきてしまっているはずなのだから。

 

 目を上げると、非常に妖艶な笑みを湛えたアルベドが、既に執務机のすぐ側であるいつもの場所に立っていた。

 

「アインズ様、本日のエ・ランテルでの執務に関する報告書をお持ち致しました」

 

 そのセリフはいつもと全く同じものであったが、アルベドの背後に絶望のオーラと似たような何かが漂っているのが感じられる。アインズは思わず、出ない唾を飲み込んだ。

 

「それと、昨日はいろいろ楽しまれたそうですね。宜しければアルベドにも詳しいお話をお聞かせいただけないでしょうか?」

「あ、ああ、その件については、先に書類仕事を片付けてからだな……。それで構わないだろう?」

「もちろんでございます。ゆっくりお聞かせいただければ、アルベドも嬉しゅうございますわ」

 

 アインズは、とりあえず当座の問題を数時間後の自分に丸投げすることにした。なんとかその間に、アルベドを上手く誤魔化す言い訳を思いつけるよう願いながら、虚ろな目で書類の字面を追うが、当然のことながら内容は全く頭に入ってこなかった……。

 

 




アンコール・スワットル様、薫竜様、kuzuchi様、誤字報告ありがとうございました。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。