イビルアイが仮面を外すとき   作:朔乱

9 / 43
アルベド VS アインズ(後編)

 およそ四時間ほどで山のようにあったはずの書類も尽きてしまった。アインズは、これほど仕事が終わらなければいいと思ったことはかつてなかった。もちろん、リアルにいた時でさえ。

 

 その間、ずっと側に控えて書類仕事の手伝いをしてくれていたアルベドは、今は決裁の内容に合わせて書類を分類し明日の仕事に備えているようだ。見た目的にはいつもと全く変わりのない光景だが、今日はこの後にレイドボス級のイベントが待ち構えているのだ。

 

(何が全てお任せくださいだ! パンドラズ・アクターめ!)

 

 心の中でパンドラズ・アクターに八つ当たりをするが、最終的に責任を取らなければいけないのは、いくら嵌められたとはいえ作戦に同意した上司であるアインズだ。後は、覚悟を決めてやるしかないだろう。

 

「それでは……、一段落ついたようだし、そちらのソファーで話をしようか。アルベド」

 アインズが声をかけると、アルベドは嬉しそうな顔で頷く。

 

(こうやって見ていると、別に普通に話せばいいだけな気もするんだが……。なんだろう。俺の直感が、これは危険だと叫んでいる……)

 

 しかしいつまでも時間を引き伸ばすことは出来ない。アインズは重い腰を上げ、部屋の中央にあるソファーに移動する。アルベドもそれに追従するように移動してくるが、そのままソファーには座らずに立っている。

 

「アルベド、向かいに座るがいい」

「ありがとうございます。では失礼致します」

 

 優雅にふわりと腰の周りの羽を一瞬嬉しそうに広げて、アルベドはアインズの向かい側に腰をかけた。

 

 さて、どう話したものかとアインズが考え込んでいると、アルベドが首を傾げるようにこちらを見ていたが、やがてひどく可愛らしい雰囲気で口を開いた。

 

「アインズ様、できれば人払いをお願いしたいのですが……ダメでしょうか?」

 

 一瞬、アインズはそのあまりにも魅力的な声と仕草に目眩のようなものを感じた気がした。しかし、アルベドの提案はアインズとしてはあまり譲りたくない一線だった。

 

 確かに、これから話す話を他のものにはなるべく聞かれたくない、という気持ちはアインズにもある。だが、例のアルベドご乱心の事件を思い出すと、一人きりでアルベドと対峙するのも怖かった。恐らく八肢刀の暗殺蟲ではいてもいなくてもアルベド相手には関係ないかもしれない。しかし、それでもアインズは部屋の中に味方がいて欲しかった。何よりもそれで多少の牽制になれば、十分用は足りるのだから。

 

「アルベド、お前が何を考えているのかはわからないが、これからする話は大した内容でもないわけだし、別に構わないのではないか?」

 アインズはアルベドの妙な雰囲気には気が付かなかったふりをして、ささやかな抵抗を試みた。

 

「そんなことはありません! アルベドもアインズ様とたまには二人きりで過ごしてみたいのですわ。別にエ・ランテルを一緒に散策したいとまでは申しませんから!」

 

(くそ! これ、どう考えても完全にバレてるじゃないか!?)

 心の中で思いっきり、パンドラズ・アクターの頭を殴りつける。

 

「……昨日だって、私は一人で彷徨いていたわけではない。パンドラズ・アクターも一緒だったし、他にも多くの下僕が周りにいた。ならば、それと同じだろう?」

 

「それでも……ですわ。エ・ランテルと比べて、ナザリック内部の防御は完璧です。それに万が一の時には、この私が命に代えてアインズ様をお守り致しますから……!」

 

 いや、一番コワイのはお前だ、とはさすがのアインズも言うことは出来なかった。

 

 もはや完全に退路を絶たれた気分になったアインズは、渋々下僕達に退室するよう命令をし、アルベドと二人きりで向かい合った。二人の間を隔てるのは、ソファーの間にあるローテーブルのみ。アルベド相手ではこんなものは何の防御にもならないだろうとアインズは絶望する。

 

「それで、アルベド、……昨日の話を聞きたいのだったか?」

 

「はい、非常にアインズ様が楽しまれたという噂を耳に致しましたので。なんでも、可愛らしい女の子を連れていらしたそうですね?」

 

 にこやかに微笑んでいるアルベドだが、その笑顔の後ろに薄ら寒いものを感じる……。しかし、ここは、なるべく正直にさり気なく話をすれば別に問題などないはずだ。俺には何も後ろ暗いことなど何もないのだから……。いや、後ろ暗いことをしようとしてもどのみちナニもないし……。

 

 自分の考えにほんの少しだけもの悲しい気分になるが、アインズは当初の予定通り、なるべく無難に話をすることにした。

 

「可愛らしい女の子というが……、アルベド、お前も知っているだろう。つい最近、蒼の薔薇がエ・ランテルに来ていたことを。昨日、エ・ランテルの街中で偶然そのイビルアイと出会ったのでな。少しばかり散策がてら話を聞いただけのことだ。別に、お前が興味を持つほどの面白い話でもなんでもないだろう?」

 アインズは苦笑した。

 

「……、本当にそれだけなのでしょうか?」

 

「もちろんだとも。ああ、ただ、そのついでに、イビルアイの思いがけない素顔が知れたのは収穫だった。奴は、吸血姫という私でも聞き覚えのない吸血鬼のレア種らしい。現地産でコミュニケーション能力のある知能の高いアンデッドというのもレアだと思う。少なくとも、そのような個体は我々が出会った現地産のアンデッドの中では、今のところ六腕配下にいたというエルダーリッチくらいではないか? まあ、あれは、王国の事件の際に死んでしまったわけだが。だとすると、イビルアイはナザリックにとってなかなか得難い戦力になりうる存在だろう。少なくとも私はそう思っている」

 

 アインズはここぞとばかりにイビルアイの売り文句を並べ立てた。鈴木悟の営業スキルの見せ所だ。この内容なら、いくらアルベドでも文句のつけようはないはずだろう。

 

「それは、確かに興味深いお話だと私も思います。現地産の吸血鬼は私としても実験体として欲しかったことでもありますし。そのようなことであれば、アインズ様さえ宜しければ、イビルアイを捕獲して実験に利用したいと思うのですが構わないでしょうか?」

 

 アルベドから、何かネットリしたような視線を感じるような気がする。それに、これを許可すると非常に物騒なことをアルベドがしそうな気がするのは気のせい……じゃないだろう。

 

「いや、それは却下だ。イビルアイは私に既に忠誠を誓っているし、いずれナザリックに迎え入れようと考えている。だから、そのような扱いをすることは許可できない」

 

「私としては、アインズ様がそのように既にご決定されたということでしたら、特に異存はございませんが……、それは本当に、イビルアイがレアな現地産の吸血鬼だから、という理由だけなのでしょうか?」

 

 その言葉で、ほんの一瞬、昨日のイビルアイを抱きしめた時の柔らかい感触を思い出してアインズは再び何とも言えない暖かい気持ちになり顔が少し火照った気がする。

 

 しかし、アインズの建前としての理由は先程話した内容の通りであるのは間違いないし、アインズの本心としても、その理由でほとんど正しいはずだ。少なくとも嘘を言っているつもりはない。アルベドが何を知りたがっているのか今いち理解できないアインズは、アルベドの突っ込みに首を傾げた。

 

「……私としてはそのつもりだが、他に何か問題でもあったか?」

 

「いえ、実は先程少し気になることがエ・ランテル中の噂になっていると耳にしたものですから……。なんでも、モモン様、いえ、アインズ様と蒼の薔薇のイビルアイが『恋仲』になっていると……」

 

 アルベドは少し俯き、肩を震わせているように見える。

 

「…………は?」

 

 アインズは『恋仲』などという一生自分に適用されることがないと考えていた単語を聞いて、驚愕のあまり間抜けな声をつい出してしまった。しかし、これでは余りにも支配者として不適切な態度だと思い直し、軽く咳払いをして誤魔化すことにした。

 

「んん……、アルベド。すまないが、もう一度言ってくれるか?」

 

「ですから、アインズ様とイビルアイは恋人同士だという噂でエ・ランテルが持ち切りなのだそうです。……このアルベド、ずっとアインズ様をお慕い申し上げて参りましたのに……。この噂は本当なのでしょうか?」

 

 アルベドは俯けていた顔を上げ、その美しい瞳から、はらはらと真珠のような涙を溢れさせてこちらをじっと見つめている。その様子を見るだけで、アインズは自分の犯したことの罪深さを思い知り、無い心臓が締め付けられるような気分を味わう。そんなつもりはなかったが、アルベドからすれば自分の昨日の行動は裏切り行為といってもいいものだったのかもしれない……。

 

「アルベドよ、それは誤解だ。少なくとも、私はイビルアイとはそのような関係になったつもりはない。それはイビルアイとて同じだろう」

 

「……それは、本当でしょうか?」

 

「嘘をいってどうするんだ? そもそも、昨日出会って話をするまで、私はイビルアイがアンデッドであることを知らなかったし、イビルアイだってそうだ。それなのに、急にそんな話になるはずなどありえないだろう? 一体何処でそのような噂になったのかは知らないが、それは全てただの誤解だ。さぁ、これで涙を拭くといい。アルベド、お前には涙は似合わないと思う」

 

 そう言って、アイテムボックスからハンカチを一枚取り出すと、身体を乗り出して、アインズはアルベドの涙を拭こうとした。

 

 と、その時、アインズの目の前が急に逆転したような感覚を覚える。そうだ、この感覚には覚えがある。以前アルベドに押し倒された時の……。

 

 そこまで考えて、アインズは我に返った。ちょっと、やばいんじゃこれ……。

 

 目の前には、完全に肉食獣と化した残念な美女の顔があり、自分はソファーに組み敷かれていることに気がつく。

 

「ちょ、ちょっと待て! アルベド! 一体何をする!?」

 

「……アインズ様にそのような噂をたてられるくらいでしたら、私が先に既成事実を作りたく思います!」

 

 ダメだ。これは。完全に目がイッてる。しかも、今日はあの時とは違い、八肢刀の暗殺蟲もマーレもいない。自分一人ではアルベドから逃げるのはほぼ不可能だろう。

 

 念のため、ほんの僅かな期待を込めて天井を見上げるが、当然そこには誰もいない。やはり人払いするべきではなかった。アインズは盛大に後悔する。だが、もう遅い。

 

「アルベド! 話せばわかる! わかるから、少し落ち着け!!」

 

 必死になって抵抗を試みるが、魔法詠唱者であるアインズの力など、所詮戦士のアルベドからすれば赤子のようなものである。

 

「大丈夫ですわ、アインズ様。天井の八肢刀の暗殺蟲を数えて……、いえ、今日はおりませんでしたわね。ゆっくり明かりの数でも数えていてくだされば、それで全て終わりますから!」

 

「大丈夫じゃない! いいから、私から降りろ! アルベド!」

 

「今日の為にアインズ様のローブを脱がす練習もちゃんと行って参りましたので、前回よりもスムーズにことを進められる自信があります。アインズ様がイビルアイに与えられた御慈悲程度で構いません。私にもどうかお与えくださいませ」

 

「いや、だから! イビルアイとは何もないと言っているだろう!?」

 

 しかし、この PVN に於いてアインズには勝ち目はほぼない。勝つとしたら、そもそもこのような状況にならないようにするか、偶然誰かが助けにやってくることに賭けるしかないだろう。だが人払いをしてしまった以上、助けがくる可能性は限りなく低い。アインズは己の迂闊さに歯噛みをする。

 

 そうこうしている間に、アルベドは上手いこと自分のローブをはだけさせ、完全にマウント状態になっている。練習したかいがあったのか、自分の手際の良さにアルベドが幾分得意そうな顔をしているように感じる。

 

(もう、このまま、俺はアルベドに喰われるしかないのか……)

 

 さすがのアインズも抵抗するのを半分諦めかけたその時、部屋の扉が大きな音を立てて開き、パンドラズ・アクターと、シャルティア、アウラが駆け込んできた。

 

「アインズ様! ご無事でしたか!?」

「おい! この大口ゴリラ! アインズ様に何やってやがるんだ?ゴラァ!」

「ちょっと、シャルティア、そんなこと言ってる暇に、アルベドを取り押さえるのを手伝って!」

 

「!!? あんた達、一体どうして……!? あとちょっとだったのにぃ!!」

 

 悔しそうに叫ぶアルベドを、シャルティアとアウラが上手に連携して取り押さえ、パンドラズ・アクターが恐らく宝物殿から持ち出したのだろう、見覚えのない拘束アイテムを使ってアルベドを拘束する。

 

「間一髪でしたね。シャルティア殿、アウラ殿、御協力ありがとうございました」

 

 珍しく真面目にお辞儀をするパンドラズ・アクターに、アウラとシャルティアも満更ではない様子で応えている。

 

「そんな、いいって。そもそもアインズ様をお守りするのが私達守護者の仕事だしー」

「全くでありんす。それなのに、まさかアインズ様を襲ったのが同じ守護者の、しかも統括だなんて、ほんと信じられない話でありんすね」

 

「いや……。本当に助かった。ありがとう、お前たち。全く情けないところを見せてしまったな……」

 アインズは心からそう思い、三人に礼をいう。

 

(た、助かった……。ほんと、もうダメだと思った……)

 

 アインズは酷く乱れた自分のローブを直しながら、アルベド対策を真面目に考えなければいけないと決意する。二度ある事は三度あるとか言うんだったか。とにかく、アルベドがこれで諦めるとはとても思えない。それにこれ以上下僕にこんな姿を見られるのは、支配者としても男としても余りにみっともなさすぎる。

 

「そんな、アインズ様にお礼を言われるようなことじゃありんせんから。そもそもこの大口ゴリラが全て悪いに決まってますぇ」

「全くですよ。理由はともかく、アインズ様にこのようなことをするなんて。……ほんと信じらんない」

 

 アウラとシャルティアが口を揃えてアルベドを睨みつけた。パンドラズ・アクターは黙ったまま、それを二人の脇に立って見ているようだ。

 

「……、アインズ様、申し訳ありませんでした……」

 

 同僚二人の冷たい視線に多少思うところがあったのだろう。アルベドがおとなしく俯いて謝罪した。

 

「……アルベド。確かに今回は私にも至らぬ点はあっただろう。だが、こういうことはお互いの同意のもとにやるべきだと私は思うのだ。違うか?」

 

「仰る通りだと思います……」

 

「わかってくれたのなら、それでいい。もう二度とこんなことはするなよ? あとイビルアイにも余計な手出しはしないように。いいな?」

 

「…………はい……」

 

 かなり不承不承ではあったが、とりあえずアルベドは了承はした。であれば、今日のところはここまでにしておくべきだろう。しかしこれだけは言わなければと、アインズはげんなりして付け加える。

 

「ああ、アルベド、謹慎三日間な。アウラとシャルティア、悪いがアルベドを部屋まで連れて行ってやってくれ」

 

「ええ、そんなぁ……!!」

 

「畏まりました!」

「わかりんした!」

 

 アルベドが上げる悲鳴をよそに、アウラとシャルティアは元気よく返事する。

 

「ところで、アインズ様、イビルアイがどうかしたんですか?」

 先程のアインズのセリフが少し引っかかったのだろう。アウラが怪訝そうにこちらを見ている。

 

「あぁ、そのうち守護者全員が集まった時に説明するつもりだったのだが、今ここにいるお前たちには先に話しておいてもいいだろう。私は、蒼の薔薇のイビルアイを今すぐではないが、ナザリックに迎え入れようと思っているのだ」

 

「イビルアイというと……、エントマに手を出した不埒者でありんすよねぇ? アインズ様、本当に宜しいんですか?」

「それに、イビルアイって人間ですよね。別に、アインズ様がお決めになられたことなら構わないですけど、そいつ、ナザリックに入れて大丈夫なんでしょうか? 以前セバスが連れてきた人間の女もあまり馴染めてないらしいですよ」

 

「確かにその話は私も聞き及んでいる。しかしイビルアイは人間ではなく吸血鬼だ。だからナザリックに所属することに関して特に問題はないだろう。それと、彼女は既に私に忠誠を誓っているから、今後変な手出しは控えるようにして欲しい。エントマについては、後で私から説明をするつもりだ」

 

 イビルアイが吸血鬼と聞いて、シャルティアの目が妙に熱をもった感じに輝いた……気がする。

 

「アインズ様、わらわから、一つお伺いしてもよろしいでありんすか?」

「あぁ、なんだ?」

 

「アインズ様は、イビルアイの素顔はご覧になられたんでしょうか? イビルアイって仮面を外すと、どんな感じなんでありんしょう?」

「ああ、見せてもらったとも。そうだな……。なかなか綺麗な赤目でそれなりに可愛らしい少女といっていいだろう」

 

「そうでありんすかぁ……それはなかなか悪くないでありんすねぇ……」

 

 シャルティアが変な方向に妄想して頬を赤らめているように感じるのは、多分俺の見間違いだろう。まぁ、なんだかんだいっても、シャルティアはイビルアイと上手くやってくれそうな気がする。

 

 アウラは、それなら、と素直に納得してくれたようだ。本当に良い子だよ、アウラは……。

 

 そんな二人をギリリと歯ぎしりをしながら見ていたアルベドは、今度は妙にどす黒い瞳を自分に向けてきた気がするが、アインズはそっとアルベドから視線を外した。

 

「それでは、二人ともアルベドを頼んだぞ」

「はい、お任せください!」

 

 アウラとシャルティアは若干意地悪い表情になって、拘束されたアルベドを引き摺って部屋の外に出ていった。

 

「ほら、行くよ。シャルティアそっち持って」

「全くいい格好でありんすこと。いかにも大口ゴリラって感じ」

 

「あんたにだけは言われたくないぃ! きいぃ……!!」

 

 まぁ、これでしばらくはアルベドも大人しくしてくれることだろう。

 

 アインズは当座の最大の危機を乗り切れたことを、信じてもいない神に感謝した。

 

 

----

 

 

 しばらく廊下から三人の賑々しい話し声が聞こえていたが、やがてそれも遠ざかり、静かになった部屋に残されたのは、アインズとパンドラズ・アクターだけだった。

 

 しばらくしても何も言わず動こうともしないパンドラズ・アクターに、流石に不審に思ったアインズが声をかけた。

 

「パンドラズ・アクター? 一体どうしたんだ?」

 

「…………父上、誠に申し訳ございませんでした!!」

 

 パンドラズ・アクターはその場で倒れ込むようにして、アインズの前に跪いた。

 

「私の不手際が原因で、父上を危険に晒してしまったとは、全くもって面目次第もございません! 罰は如何様なものでも甘んじて受けさせていただきます!」

 

「パンドラズ・アクター……」

 

 パンドラズ・アクターの悲痛な声に、アインズも思わず絶句する。

 

 確かに、今日の一件はパンドラズ・アクターの失態もあっただろう。しかし、やはり最終的に責任を取るべきなのはアインズであることには変わりはないし、パンドラズ・アクターだって彼なりにアインズのことを考えてくれた結果でもあったはずだ。それに、アインズ自身かなり危機意識が薄かったせいでもある。主に守護者統括に対して。

 

 そう考えれば、責められるべきはパンドラズ・アクターではなく、やはりアインズ自身だろうし、なんといっても、パンドラズ・アクターの機転のお陰でなんとか無事に危難を回避出来たのだ。であれば、むしろ褒められるべきだろう。

 

「パンドラズ・アクター、面を上げよ」

 

 しかし、パンドラズ・アクターは床にへばりつくように伏したまま、頭を上げようとはしなかった。

 

「パンドラズ・アクター、聞こえなかったのか? 私が顔を上げるよう命じたのだぞ?」

 

 パンドラズ・アクターはようやく頭を上げたが、無表情なその顔は、なぜだか涙でぐしゃぐしゃになっているようにアインズには見えた。

 

「パンドラズ・アクター。私はお前を責めるつもりはない。今日の一件は、私自身の迂闊さが招いたことだ。むしろ、お前のお陰で最悪の事態は回避できたといってもいい。だから、私はお前にとても感謝しているし、罰を与えるつもりなどはない。わかったか?」

 

「父上、しかし……」

 

「いいか、パンドラズ・アクター」

 

 アインズは腰をかがめると、パンドラズ・アクターの顔をその骨の両手でそっと包んだ。

 

「確かに、私だってお前に今回の件で言いたいことが無いわけではない。だが、お前が私のためにやってくれたことで、私自身、ほんの少しだけだが、以前とは違う何かを掴めたような気もする。もっとも、お前からすればまだまだ足りているわけではないかもしれないが……、それもお前の功績だろう?」

 

 それを聞いたパンドラズ・アクターは何故かひどく震えているように感じる。しかし、いつもは自分の黒歴史を刺激されて、どちらかといえば邪険にしているパンドラズ・アクターにも、昨日イビルアイに感じたような、不思議な愛おしさを感じているのに気がつく。

 

「だから、お前は今回の件で落ち込む必要はない。いいな?」

 

 そういって、アインズはパンドラズ・アクターの頭を優しく撫でた。

 

 とたんに何かのスイッチが入ったのか、急にいつものペースにパンドラズ・アクターが戻り、アインズは少し騙された気分になる。自分が心配したのは一体なんだったのか?

 

「ありがとうございます!! 父上!! このパンドラズ・アクター、父上に更にお役に立ち、御身に我が身の全てを捧げることをここに誓います!!」

 

「あ、ああ、ほどほどに……な?」

 

 しかし、先程のようにしょんぼりしたパンドラズ・アクターを見るくらいなら、このくらい元気なほうがまだマシに思える。そんな風に思う自分にも少し驚くが、アインズは今のパンドラズ・アクターが以前よりも苦手ではなくなっているように思える。

 

(俺も少しは成長しているのだろうか? アンデッドだけど……)

 

 アインズは、床に伏したままのパンドラズ・アクターの手を引いて立たせると、なんとなくそうしたくなって軽くその背中を叩いた。それに一瞬パンドラズ・アクターは驚いた様子だったが、すぐに嬉しそうな笑顔になって、アインズにいつものように仰々しい仕草でお辞儀をした。

 

 

 




Sheeena 様、薫竜様、誤字報告ありがとうございました。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。