ISB<インフィニット・ストラトス・ブレイヴ>   作:シヨン
<< 前の話 次の話 >>

22 / 29
天っ才の才能を持った男性IS操縦者の城凪翔夜は!兄である城凪花月こと永知の彼女?
スカーレットを救うため、俺と貴音、そして花月でレギュラーも知らない間で救うために向かうのであった。


そてさてどうなる後編!


・後編・花月とスカーレット

サヴァル「......お、来たな?」

よう翔夜だ。悪いな投稿が遅れて....作者さんもいっぱい創ってるからどこでどうすれば良いのか分からないみたいだ....ていうかなんでこんな話してるんだ?

さて、話は戻して俺はサヴァルに洗脳された花月の彼女?スカーレットを助けるためにサヴァルに挑む。

サヴァル「スカーレットは助からないよ?殺したらもう無理だからねぇ?」

貴音「さぁ?それはどうかしら...こっちも作戦があるの....」

翔夜「さぁーて.....俺もぶっ殺すか。」

 

花月「いくぞ....」

 

シン!ドラゴン!

 

~♪

 

花月「変身.....」

 

ブツゥーーン!

 

潰れる!流れる!溢れでる!

 

シン!シン!シン!シン!ドラゴンチャージ!

 

オォォォォォォォゥウ!!!!!!ラァァァァァァァァァァ!!!!!!!!

 

サヴァル「な!?」

 

終夜「こい!バハムート!」

 

今回はソリッドメテオバハムートを使う、これにはちょっとした理由が.....

 

貴音「きなさい、アルカシン!」

 

サヴァル「っふ!どうでもいいわよ!あなたたちに救えるわけないじゃん!」

 

スカーレット「.......」

 

サヴァル「さぁ!やれ!レッドギア!」

 

スカーレット「嫌よ....」

 

サヴァル「なんだとぉ!?」

 

翔夜「兄貴、様子がおかしくないか?」

 

花月「スカーレット?」

 

スカーレット「私や.....花月を!苦しめないで!」

 

 

バキィーーーーーーン!

 

 

サヴァル「うぎゃぁーーーーー!?」

 

貴音「やったわね。」

 

花月「貴音!?お前何したんだ?」

 

貴音「私はヴァンパイアの王よ?チョーカーの機能停止なんか楽勝よ?」

 

翔夜「(なぁpうp主、本来はこうじゃないんだよな?)」

 

作者(うん.....本来は花月くんの勢いでチョーカーを外すんだけど....貴音さんが勝手過ぎて)

 

説明しよう!翔夜は裏で作者と話せる能力を持ってるのだ!まぁ.....本来はやんないんだけどね。

 

スカーレット「永知!!!」

 

花月「うぉ!?」

 

スカーレット「バカバカバカバカバカバカバカバカバカバカ!心配したんだから!」

 

サヴァル「許さないぞ!許さないぞ!お前ら!」

 

アイツの霊力なのか複数のISが現れる。

 

貴音「あらあら.....面白いわね?」

 

花月「ちょうどいい。ぶっ殺す!」

 

翔夜「俺もぉだぁーーーーーー!!!」

 

サヴァル「ぎゃぁーーーー!?」

 

俺は一気にサヴァルのところに接近し!

 

翔夜「なんであんなことしたんだぁ!」

 

サヴァル「私はねぇ!元々アイツが許されないんだよ!私の物を全て失って!おかげで世界制服が出来なかったんだぁ!ここにいる人間はなぁ.......IS、IS!うるさいんだよぉ!ISが普及したせいで!兄貴は!だからテロを始めたんだよぉ!」

 

翔夜「何がだよ.....」

 

サヴァル「!?」

 

翔夜「この自分勝手がぁーーーーーー!」

 

サヴァル「うわぁーーーー!?......なんだ?この力!」

 

翔夜「女の子だって!頑張って生きてるんだよ!それを踏みにじるお前は!ぶっ殺す!」

 

ピキピキピキピキ!

 

翔夜「解放しろ!ソリッドメテオバハムートの真の姿!」

 

ミリミリミリ!

 

花月「あ!翔夜!おまえ!」

 

貴音「やっぱり.....やると思ったわ。」

 

翔夜「ソリッド・デスティニー・バハムート!」

 

 

パキリィーーーーーーーン!

 

 

スカーレット「眩しい!」

 

花月「あれは.....」

 

機体説明

ソリッド・デスティニー・バハムート

ソリッド・メテオ・バハムートの真の姿。

メテオ・バハムートが鎧を解放し様々な武装を持ったバハムートの第二形態

武器は主にアロンダイトを強化したメテオダイト、やソリッドエッジ等。

デスティニーのバックパックを改良しブースターの出力を解放するためにGN粒子を含んでいる。さらにパルマキオフィーナの強化版、バハムート・パルマキオフィーナを装備している。

 

サヴァル「なんなんだよぉ!私に勝てるのかぁ!」

 

翔夜「お前を倒す........」

 

 

シューン!

 

 

サヴァル「速いぃ?!」

 

 

ジャキン!ジャキン!ジャキン!ジャキン!ジャキン!

 

 

この時花月とスカーレットはこんなことを思っていた。

 

花月・スカーレット「(ダメだ、翔夜を怒らしちゃダメだ。)」

 

デスティニーの速さにサヴァルはついていけない。

 

サヴァル「そ....そんな。」

 

翔夜「今度はこれでも喰らえや!」

 

サヴァル「ぎゃぁーーーーーーー!?」

 

バハムート・パルマキオフィーナがサヴァルのお腹を掴み投げる。

 

サヴァル「そ....そんな.....」

 

翔夜「俺を怒らせたなぁ?(^^)......ぶっ殺す(`・ω・´)」

 

サヴァル「ヒィ!」

 

翔夜「じゃあな?偽物のサヴァルさんよぉ!」

 

花月「!?」

 

スカーレット「どういうこと?」

 

貴音「.....」

 

俺はデスティニー・キャノンを持ち。

 

翔夜「お前もソイツを乗っ取ってるんだろ?」

 

そして接近する。

 

翔夜「はぁ~ーーーーーーー!」

 

マシン「うわぁーーーーー!?」

 

翔夜「じゃあな?」

 

 

バキューーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン

 

 

マシン「うわぁぎゃぁーーーーーーーーーーー!?」

 

 

ドカァーーーーーーン!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スカーレット「もう!心配したんだから!」

 

花月「悪かったって!離れろって!」

 

今回は華夜と同様の物だった。あのナノマシンは生命を持っている.....となると.....

 

アテナ「やはり......そうですか......」

 

翔夜「あぁ...あのナノマシンは生命がある。」

 

アテナ「これからどうする?」

 

 

 

 

 

翔夜「千冬さんと作戦を考えます。もっと他の代表候補生が必要だ。」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 




これで兄弟絆編は終了......





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。