ソードアート・オンライン ~悪魔の剣と光の剣士~   作:立花祐也
<< 前の話 次の話 >>

140 / 179
第136話 交差する思い【VS空】

オーディナル・スケールでのバトルが始まって数分。

俺は空の圧倒的なスピードに押し負けて一方的な試合になっていた。

 

「それがSAOをクリアに導いたプレイヤーの力か……!!」

 

「まだまだこんなもんじゃねぇよ……お前こそ、それがオーディナル・スケール3位の実力か?」

 

このまま押し負ける訳には行かない、何としても葉月の記憶を返してもらう……だからこそ押されてる子の状況を打破しなければ……

 

と、考えていると空は人間の出せるスピードと身体能力を遥かに超えて俺に接近してきた。

空が体制を低くしていたため空の装備の首の所にどこかで見た機械が着いているのを確認し、接近してきた空の攻撃をギリギリで防いだ。

 

(あれは確か………)

 

考える暇もなく空がさらに攻撃をしてきた。

剣を振るまでの速度も俺より早く俺の攻撃を避ける時の動きの速さも確実に俺より上だ。

 

「光の剣士……お前達のような人間だけがSAOの中でスポットを浴びていた、ボクみたいなやつには誰も見向きもしない、死んで行ったプレイヤーなんて誰も気にしない……お前らのせいで………っ!」

 

空は俺に剣を振り攻撃を当てようとしてきた。

その動きは速く、そして何かを感じるような重みのある剣だった。

その剣の攻撃で俺の持っていた剣は手から離れ、遠くに落ちてしまった。

 

 

空が言いたいことは俺だってわかる、だとしても……

 

 

「それで千秋に、葉月に手を出していいわけじゃねぇだろ!」

 

武器を失った俺は空の攻撃を避けつつ空との話を続けた。

 

「千秋?あの人はボクの口車に乗せられてまんまと騙された可哀想な人だったっけ?『葉月ちゃんを潰せばお兄ちゃんは君の物だ』なんて言葉に騙され───

 

「ふざけんじゃねぇ……お前……!!」

 

千秋はSAOの頃の葉月と同様、騙されて自分の身近のものを殺そうとした。

2度も同じような手口を使うやつと対峙するとは思ってなかった。

 

「ふざけるな?何がですかねぇ?()()()()()()()()じゃないか」

 

空は俺が1番許せないやつだ、もちろん()()()()()()()()()()()()()だから許せない。

あいつの首についているあの機械は………

 

「機械に頼ってんじゃねぇよ!」

 

俺は空の攻撃を避けて首元にある機械に手を伸ばしてその機械を首から引き剥がした。

多分空の首についてたあの機械は重村教授が作り出したであろう自分の強さを高める機械……

 

「くそ……良くもやってくれたな……!!」

 

「……自分の弱さを誰かに押し付けて強いように見せるようなやつに俺は負けねぇ!」

 

俺は落ちている剣を拾ってそのまま空の隙を作り一撃を入れた。

そしてそのまま空はその場に倒れ込んだ。

 

 

「さぁ、早く葉月の記憶を返せ!」

 

「………もう無駄だよ、春揮さん、もう、始まったんだから」

 

空がそう言うと会場内から歓声と悲鳴、そして何科が暴れているような音がした。

 

「まさかお前……!!」

 

俺は空のオーグマーを耳から取りそのまま持ってきていたバッグに入れてそのまま会場の中へ入った。




理不尽な野郎だ、空

圧倒的な語彙力不足
圧倒的なバトル描写不足

次回、こんな感じのままエイジと黒の剣士のバトル!

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。