ソードアート・オンライン ~悪魔の剣と光の剣士~   作:立花祐也
<< 前の話 次の話 >>

146 / 179
第142話 歴代の戦士【決着】

俺らの方に振り向いたラギの目はALOで見た以上に紅く光っていた。

そしてALOでラギが持っていた武器とは違う武器を装備していた。

 

「いいぞお前ら!一斉に来い!」

 

ラギは俺らの方にか声をかけた。

その時だった、俺らの後ろから風、火、水の魔法攻撃が一斉に飛んできた。

 

「お兄ちゃん(キリト)お待たせー!」

 

『パパ!ママ!みなさんを連れてきました!』

 

魔法が飛んできた方を見るとリーファとユイ、そしてALOで世話になったプレイヤー達が飛んできた。

 

「よーし!VRじゃ無敵だぜぇ!」

 

「「「ラギのためにも本気で行く!」」」

 

「面白そうだな!」

 

「遊びじゃないぞ!」

 

クラインとスリーピングナイツのメンバーの一人、そしてラギのことを呼んでいた3人が連続で攻撃してボスに一気にダメージを与え、リーファやサクヤ達が魔法で攻撃をした。

 

それだけではなくシノンのいる所からさっきハヅキを助けたピンクの服を着た女の子とグレネードっぽい銃を持った女の子、そしてB.o.Bで絡まれた記憶のあるダインとかいう男のチームメンバーが一斉に銃を撃った。

 

「ALO、GGO組はそのまま攻撃を続けろ!……お前ら!これを受け取れ!」

 

ラギは戦ってくれてるみんなに指示を出した後、俺らに何かのアイテムのようなものを投げてきた。

 

それが俺の手に触れたその時だった。

俺、アスナ、エギル、リズ、シリカ、ハヅキの装備がSAOになった。

それだけでなくシノンの装備がGGOのものに変わった。

 

「このSAOサーバーに残ってたお前らのデータをロードしたんだ、シノンのはおまけだ」

 

「……よし、みんなやろう!」

 

俺の指示でALOとGGOメンバーの動きも代わりシノンは高いところから1度下に降りてきてボスに攻撃をした。

 

ボスの攻撃がシノンにあたる前に俺とアスナがソードスキルを放ってボスの動きを止めた。

 

その間にクライン、リーファ、そしてユージーンが攻撃をしたがすぐにクラインとユージーンはボスに吹き飛ばされた。

 

その後一度クラインと合流してさっきラギのことを呼んでいた3人が保護魔法で俺とアスナとクラインを敵の攻撃から防いでくれた。

 

防がれたのを見たボスはGGO組を空に打ち上げてそのままレーザーのようなもので攻撃をした。

 

そのままボスは再び回復をしようとしたがラギがそれを投剣で防ぎボスの回復を防いだ。

 

その隙を見て俺とアスナ、そしてハヅキがボスに一気に攻撃を与えようとボスに接近。

ボスの木の根のような攻撃をシノンやリーファが破壊してくれたが一つだけ破壊しきれず残った。

それを俺とハヅキが防ぎその後にボスの剣を俺が防いだ。

 

「スイッチ!!」

 

俺の声と同時にアスナが空中からボスにソードスキルを放とうとした。

その時だった、アスナの右側……レイピアを持つ手から紫の光……絶剣の姿が薄く見えた。

 

「はあァァァァ!《マザーズ・ロザリオ》!!」

 

ボスにALOで絶剣に受け取ったOSS、マザーズ・ロザリオをアスナは放った。

 

「ハヅキ!これを受け取れ!」

 

「わかった……って重…」

 

ラギはハヅキに2本の剣を投げてそのままボスに向けてソードスキルを放った。

 

「せやァァァァ!」

 

ソードスキル:ナイトメアレイン

 

「行け!ハヅキ!」

 

「うん………!!」

 

OSS:スキルイクスプロード

 

ラギが攻撃した後、ハヅキが見たことの無いソードスキルをALOでラギが持っていた武器で放った。

 

「「「キリト(くん)!!」」」

 

ラギとハヅキ、そしてアスナが俺を呼んだ。

ラギがボスの攻撃を防いでくれている間に俺はボスに向けてソードスキルを放った。

 

ソードスキル:スターバースト・ストリーム

 

「うおぉぉぉぉ!!」

 

久しぶりに放つソードスキルの感覚を感じながら俺はボスに連撃を与えた。

 

「はあァァァァ!」

 

そして俺が放った最後の一撃でボスの体力は尽きてそのまま消滅した。

 

「やった……のか……?」

 

ALOとGGOのプレイヤーが歓声を上げる中、空から聞き覚えのある声が聞こえた。

 

『おめでとう、キリト君、だが君にはまだやらなければいけないことがある』

 

「あぁ、わかってるよ、茅場晶彦……!!」

 

こうして俺らの意識は現実に戻った。


感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。