ソードアート・オンライン ~悪魔の剣と光の剣士~   作:立花祐也
<< 前の話 次の話 >>

172 / 179
大晦日・年越し特別編

2025年12/31日

ALO

シルフ領:主街区【スイルベーン】

 

年末にも関わらずやることが無い俺とハヅキは入ることが許可されていたシルフ領の街にあるカフェでやること(クエスト)を探していた。

 

「もぐもぐ……るぁふぃ(ラギ)、これ……どう?」

 

「食べながら見せてくるなって……それでこれは?」

 

カフェで販売されていた割と美味しいハンバーグを食べながらクエストを見つけたハヅキに注意をしながら見せてくれたウィンドウを覗いた。

 

「超強力モンスターの討伐……?」

 

「うん……面白そうでしょ?」

 

「数日前にそこそこ強力なモンスターを数人で倒したばっかなんだけど……報酬は?」

 

数日前、クリスマスの日にクライン(実際はキリト)に誘われて高難易度と呼ばれるクエストに参加して実力者4人でも苦労するモンスターを倒した。

あれからそこまで日にちが経過していないためあまり乗り気にはなれないけど………

 

「《細刀:アラミタマ》……って、細剣か?」

 

「うん、そう見たい……それでこれなんだけど」

 

ハヅキはクエストの報酬の詳細を見せてくれた。

よく見たら細刀とやらは伝説級武器(レジェンダリーウェポン)だ。

あまり高難易度に反応しなさそうなハヅキが何故今回だけ反応したのか理解した。

 

まさか、年末に発生したクエストが《伝説級武器》を報酬にしているとは……

 

 

「わかった、そこに行こう」

 

「うん!」

 

俺とハヅキはクエスト発生場所の新生アインクラッド第5層にある洞窟の奥へと向かった。

 

新生アインクラッド第5層

 

「これが報酬に見あったボスモンスターか……」

 

「ラギ!避けて!」

 

想像してた以上に強いボスモンスターが現れたのは洞窟の最奥、途中に現れたモンスターはほぼ全てハヅキに蹴散らされていたため強さは不明だったが、ボスモンスターがここまで強いとは……

 

「ハヅキ、残り1ゲージまで減らせば俺の《スキルコネクト》を使える、それまでは普通のソードスキルで押し切るぞ」

 

「うん……!!」

 

俺はボスの攻撃を片手に持った《霊刀:イザナミ》で防いでそのままはじき飛ばした。

 

その隙にハヅキが細剣のソードスキルを放ち、そのまま俺も体制を直して片手剣ソードスキルを放った。

 

(このままだと俺らが押し切られる……残り半分を決めるにはこれしかない…)

 

ハヅキがボスの動きを止めてくれた瞬間を狙って俺は片手に力を込めてソードスキルを放つ。

 

(自分の思いを、力を込める……!!)

 

片手剣OSS:ユナイテッド・クロウ

 

「はあぁぁぁ!」

 

今までは練習でしか使ってなかった俺のオリジナルソードスキルをボスモンスターに隙を与えずに叩き込む。

残り1ゲージまで減ったボスの体力にハヅキがさらに細剣のソードスキルを叩き込み、イエローゲージまで減らした。

 

「ラギ!!お願い!」

 

「あぁ……!!」

 

俺は背中に背負っていた片手剣を抜いて左手に持ち、そのまま右手に力を込めてソードスキル、《ホリゾンタル・スクエア》を放ち、そのまま左手で《バーチカル・スクエア》を放ってさらに右手で《ユナイテッド・クロウ》を叩き込んだ。

 

ボスは体力が尽きて消滅、そのままクエストクリアのBGMが流れ、俺のウィンドウ(ハヅキと共通にしてるためハヅキのウィンドウでもある)にクエストクリア報酬の1つ、細刀:アラミタマの入手を確認した。

 

「重い……」

 

「ケットシーには辛い重さだなこれ……俺も辛いぞこれ」

 

「ま、まぁ、これから何とか持てるようにするよ」

 

その後、細刀の強さを確認した後、年越しは現実世界でということで現実世界、ダイシーカフェでいつものメンバーと合流して年越しを過した。

 

 

現実世界:ダイシーカフェ

 

「今年もみんなお疲れ様、来年もよろしく!」

 

「キリトがそんなことを言うと違和感あるわねぇ……」

 

「まぁ、年末ですし、お兄ちゃんが誘ってくれたから出来るんですから、たまにはいいんじゃないですかね?」

 

キャリバー獲得の時も似たようなことがあった気がするけど、今回の年越しのこの集まりは和人が計画し、ユイと明日菜にそれを伝えてダイシーカフェを貸切にしてもらい、集めたらしい。

そのため、和人が1年の締めの挨拶をした途端に里香が和人にちょっかいを出すような一言を言った。

 

「来年は平和で過ごせるといいな……」

 

ボス攻略が疲れたのか、途中で飲んでた飲み物のせいなのか分からないけど俺に寄りかかって寝ている葉月の隣で小さく呟いた。

 

「春揮、もうすぐ年越しだから葉月を起こしてくれ」

 

「了解」

 

寝てる葉月の頭を少し優しく撫でて葉月を起こした。

 

「それじゃ、改めて………あけましておめでとう!!」

 

こうして俺らは新しい年を迎えた。




ハッピーニューイヤー!

今年1年もよろしくお願いします(来年の抱負はこの一つ前の投稿見てね)

P.S.
時間ギリギリに書いたのでところどころ適当になってる可能性があります、そのため、途中で書き直しに来ます



【追記:2019/01/01 03:05】

片手剣OSS:《ユナイテッド・クロウ》
ラギの片手直剣オリジナルソードスキル
想い(イメージ)の強さを具現化した7連撃の剣技

細刀:アラミタマ(伝説級武器)
大晦日限定高難易度クエスト報酬
伝説級武器の名に恥じないステータスを持つ

感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。