奴隷蛮行――そのメイド、特殊につき。   作:紙谷米英

2 / 18
奴隷蛮行【1-2】

 正午のイギリスはヘリフォード市街。英国らしからぬ、うららかな春の陽光の下を、日用品の買い出しへ赴く女性がまばらに歩む。大半はいわゆる主婦層であるが、彼女らと距離を取って日陰者に徹する存在があった。『それら』はみすぼらしい身なりもいれば、それなりのお仕着せを与えられた個体も確認される。世間一般が認知するところの、メイド装束も珍しくない。二一世紀にもなって時代錯誤も甚だしい、一種の忌むべき慣習が、イギリス連邦に残存していた。彼女らは単なる使用人ではない。施設を清掃し、雇用主の面倒を見、時として彼らの下卑た欲望を満たす為に操を穢される新芽たち。それこそが、現代イギリス連邦の暗部が一端――奴隷である。

 現代における奴隷は、その大半が奴隷を商品とする民間企業によって売買されている。奴隷企業は商品となる奴隷を、複数のルートから調達する。極貧家庭の親が口減らしに娘を売り飛ばす例は多く、また、生活苦から自身を企業に身請けさせるケースもある。地下で奴隷企業と繋がっている悪辣な孤児院や協会の存在も確認されており、奴隷関連の汚職や生臭坊主が新聞の一面を飾る事も珍しくない。こうした犯罪の温床と化した業界は、SNS上で誰が言い出したか、「女王のスラム街」などと蔑称されていた。

 如何なる形であれ、身を売られた奴隷は、それまでの経歴や個人情報を社会的に抹消される。履歴によっては、一般の斡旋企業を介して調理人や清掃員として派遣される事例もある。が、大概は全ての自由を剥奪された上で、型落ちした家電製品の如く買い叩かれて使い潰される。司法の監視をくぐり抜けて海を越えた奴隷は、今日も何処かの炭鉱で肺を患い、夜半に腹のせり出した館主の陵辱に瞳を曇らせる。欲望のある場所には、必ず奴隷が存在していた。

 ここ、ヘリフォードも例に漏れず、快い日差しを受ける奴隷らは暗い面持ちを隠せない。商業施設の窓を磨く少年が、磨き粉で荒れた手の痛みに顔を歪める。一ペニーの駄賃もなしに家を出された少女は、ぼろ切れ同然のお仕着せを補修する端切れさえも買えない。灰色の街に、灰色の労働力が行き場なく漂っていた。

 そんな奴隷の中に、一際異彩を放つ存在があった。横断歩道で歩行者信号の切り替わりを待つ集団に混じる彼女は、あらゆる面で他の奴隷、ひいては女性と異なっていた。信号を無視して車道へ駆け出す人々なぞ何処吹く風、律儀に青信号の点灯を待機した彼女は、毅然とした足取りで革ブーツの踵を響かせ、二階建ての大手商業施設〈マークス&スペンサー〉の自動ドアをくぐる。必需品を記したメモを手にする少女は、実用性を重視したブラウンのメイド服に身を包み、くすんだブロンドの頭上に飾り気ないホワイトブリム(メイド用のカチューシャ)のレースが揺れる。身の丈は高からず、背中でよじれなく交差するシルクのエプロンと、それに劣らず無垢な肌が眩しい。着衣の上からでも窺える、すっきりした身体のラインは老舗の工芸品と見紛うばかりだ。美醜に五月蝿い自称英国紳士が、雁首(がんくび)を揃えて情欲を催す美貌が、さも当然と備わっている。何処か眠たげな碧眼は何の考えに耽っているのか、見る者を妖しげな印象で惑わせる。少々のあどけなさが残る化粧っ気ない面持ちも、果たしてそれが本性かも定かでない。

 欲求不満を隠せない主婦、勤労意欲の片鱗もない移民の店員、不景気な面持ちの奴隷で満ちた店内一階を、そのメイドはのどかな微笑みで悠々歩み、店に備え付けの樹脂籠を脇に抱えた。指先につまんだメモに従い、機械的に目当ての商品を籠へと収めていく。頻繁にこの店を利用しているらしく、経路の選択にも迷いがない。ショッピングカートも使わず、商品の溢れる籠を苦ともしない辺り、些か人間離れした気味悪ささえあった。線が細いくせして自信に満ち、それを裏打ちする実力が、瞳の奥底に覗き見える。気が抜けている様で、他に抜きん出て垢抜けた狡猾な演技派。はばかりなく言ってしまえば、同性から倦厭されるきらいがあった。極めて打算的な印象を、他者に抱かせるこの娘。その名を、ブリジットという。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。