泣いたうさぎさん。   作:高任斎
<< 前の話 次の話 >>

6 / 14
ちょっとやってみた。



幕間1:箒は心配性。

「……おはよう、シノハラさん」

 

 ああ、おはよう。

 

 私を見て、周囲に視線を投げ、立ち去っていく同級生。

 

「おはようございます、シノハラせんぱい」

 

 おはよう……元気そうだな。

 

 嬉しそうに笑う、下級生。

 

 

 私に関わることは、ある程度のリスクがある。

 それでも、関わろうとしてくれるものがいる。

 私といると、いじめられずにすむ……そんな打算があるのかもしれないが、まあ、悪くはない。

 

『リスクとリターンは表裏一体だからなあ……そういう意味では、0は究極のマイナスで、プラスでもある』

 

 そんなトボけた言葉を思い出す。

 

 冬樹は、転校先で元気にしているだろうか。

 元気にしているだろうな。

 

 あの、どこか掴みどころのない……それでいて、こちらを見守るような。

 

 あいつなら、どこに行ってもマイペースで過ごしている気がする。

 

 

 

 要人保護プログラム。

 その言葉を何度聞いたか。

 

 私もまた、この学校を去る時期が来た。

 

 冬樹がいなくなって、まだ半月も経ってないというのに……皮肉なものだ。

 

 転校先に、冬樹がいないことだけは確かだ。

 もちろん、一夏がいるはずもない。

 

 知り合いのいない学校を、全国の学校を転々とする。

 要人保護プログラムだ。

 

 子供だと思って、馬鹿にするな。

 

 要は、『他人と親しくするな、他人と関わるな』ってことだろう。

 

 

 空を見上げる。

 時折、冬樹がそうしていたように。

 

 すまないな、冬樹。

 私は、友であるお前に言えなかったよ。

 

 すまないな、冬樹。

 私は、お前にリスクを背負わせてしまったかもしれない。

 

 私の弱さが、お前にリスクを背負わせた。

 

 独りは……嫌だった。

 

 でも、要人保護プログラムだ。

 自分から、他人に関わると……迷惑がかかるんだ。

 相手もそうだし、護衛の人の手間を増やすという意味でも。

 

 すまないな、冬樹。

 私は。

 お前の優しさに、甘えたんだ。

 

 向こうから近づいてきたから仕方ないと、自分に言い訳をして。

 

 要人保護プログラムを言い訳にして、他人と関わることを拒んだ。

 それも、私の弱さだ。

 姉さんを恨んだのも、私の弱さだ。

 姉さんが全て悪いわけじゃない。

 まあ、責任がないとは言えないだろうが。

 

 強さを目指す前に、私は自分の弱さを認めなければいけなかったんだな。

 

 なあ、冬樹。

 すまない、ではなくて、ありがとうと言わせてくれ。

 そんな機会が、いつか来るだろうと信じている。

 

 

 

 

 職員室で、教師に挨拶をした。

 以前は苛立ちを感じたよそよそしさが、今は許せる。

 

 ふっ、と。

 何気なく、冬樹のことを聞いてみた。

 

「……っ! え、ええ……元気にしてるんじゃないかしら?」

 

 ……。

 ……。

 ……。

 

 それで、隠しているつもりか?

 何があった?

 何を知っている?

 

 教師を問い詰めた。

 殺気までぶつけた。

 

 

 

 行方……不明、だと?

 いや、違う。

 なんだ?

 施設とはなんだ?

 なんのことだ?

 あいつは。

 冬樹は、親の仕事の都合で……引っ越したはずだろう?

 

 

 

 

 

 ……私のせいだ。

 私に関わったから。

 私が関わったから。

 姉さんの妹である私に関わったから。

 

 冬樹に、姉さんへと接触するための価値を見出したバカが出た。

 

 

 視界が、歪む。

 冷や汗が止まらない。

 

 冬樹。

 冬樹。

 冬樹。

 わが友!

 

 行方不明になってから約半月か。

 姉さんに何か、連絡はなかっただろうか。

 

 いや、あの姉さんにとって、冬樹に何の価値がある?

 姉さんは、冬樹が私の友だということも知らないだろう。

 姉さんなら、『ふーん、それで?』と切り捨てるのが目に見えている。

 

 姉さん。

 やめてくれ、姉さん。

 連絡。

 連絡手段がない。

 何が家族だ。

 何が要人保護プログラムだ。

 ふざけるなと、叫びたい。

 

 

 

 着信。

 わけもなく飛びついた。

 

『やっほー、箒ちゃん!束さんは今、箒ちゃんのお友達のふーちゃんと、飛行機作ってるんだぁ!あれ、箒ちゃん?もしもし?もしもし、聞いてる?』

 

 聞くに耐えない罵詈雑言を浴びせかけた記憶がある。

 恥ずかしい。

 そして、反省している。

 

『冬樹』が説明してくれた。

 

 姉さんが、冬樹を保護してくれたらしい。

 あの日、学校を出てすぐ攫われた冬樹を、姉さんがちゃんと保護してくれたらしい。

 保護している人が人だから、連絡もできなかったんだと。

 今の生活を楽しんでいるから心配しないでくれと。

 

 

 

 ああ。

 姉さんに、心の底から感謝した。

 何度も、何度も。

 

『……た、束さんは箒ちゃんのお姉ちゃんなんだぞ』

 

 心なしか、姉さんの声が震えていた気がしたが、気のせいだろうか。

 

 それにしても、冬樹を誘拐しようとしたのは、どこのどいつですか?

 

『た、束さんは天才だから、そういうの、あんまり気にしなかった……ごめんね』

 

 いえ、姉さん。

 そんな、下衆な連中はどうでもいいんです。

 友である冬樹を救ってくれて、ありがとうございます、姉さん。

 

『あ、あはは……い、忙しいからまたね』

 

 

 忙しいからとは言ったが、照れていたのだろうか。

 まさか、あの姉さんが?

 

 ああ、でも思い返していると……この数年、私は姉さんに真正面から関わってこなかったのかも。

 

 ……うん。

 これも、ひとつのきっかけかも知れない。

 

 今度、直接会うことがあったら。

 笑顔で、『姉さん』と、呼びかけてみよう。

 

 

 




箒と電話して涙ぐむ束を、優しい目で見守るおじーちゃん。(妹と会話するだけで涙ぐむなんて……尊い)

あと、誘拐云々は、おじーちゃんのアドリブです。

次からまた本編。







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。