GAMERA-ガメラ-/シンフォギアの守護者~EXTRA~:番外編&コラボ外伝集   作:フォレス・ノースウッド

44 / 58
※注意
適合者の皆さんと翼を絶望のどん底に突き落としたシンフォギアXV第二話『天空が堕ちる日』を含めたXVIFエピソード集となっております。

劇中完全にみんなのトラウマと化したパヴァリア残党の一人ミラアルクを朱音が圧倒してますが、自身を弱いと堂々と表する彼女らに、幾多の修羅場を戦い抜いてきた我らがガメラがおくれを取るワケなど――ないワケだ!(コラ

これで少しでも適合者の皆さんへのバックファイアの癒しになれば(合いの手


XV&XD:IF特別編集
戦姫シンフォギアXV EPSODE2 IF:確かに救えた命


シンフォギアXV/EP2IF:確かに救えた命

 

 パヴァリア光明結社の残党の一人、ミラアルクが起こした―――三年前のツヴァイウイングライブの惨劇を想起させる………殺戮の舞台と化した、翼とマリアの二重奏による横浜のライブ会場。

 奏含め、多くの人を救えず生き残ってしまったかつての激情(トラウマ)に駆られての荒々しい攻めにより、一時はミラアルクを追い詰め、トドメの突きの一閃を繰り出そうとした翼だったが。

 

「何ッ!?」

「やってくれたぜ風鳴翼ッ! 弱くて不完全なウチらじゃ敵わないゼ!」

 

 冷静さを欠いていたのもあり、瓦礫の白煙が晴れるまで、ミラアルクが逃げ遅れた観客の女の子を人質に取っていたことに気づけず、紙一重で彼女を突き殺すところだった。

 

「弱い……だと?」

「だからこんなことしたって―――」

 

 ミラアルクが、紅色の鋭利な爪が生えた右腕を振りかざし。

 

(やめろ――)

 

「恥ずかしくないんだゼッ!」

 

 翼の眼前で――。

 

(やめろォォォォーーー!)

 

 人質にした少女の肉体を串刺しにした―――。

 

 

 

 

 

 ――――筈だった。

 

「何――だゼ?」

 

 今度はミラアルクが驚愕する。

 翼を絶望に追い込む為、少女を贄にしようとした爪は………〝物体(ナニカ)〟に阻まれていた。

 

「盾?」

 

 物体の正体は、掌に納まるほどの、円形で、甲羅の文様が刻まれた――盾(シールド)。

 それに呆気に取られていた、刹那。

 

「ガァァァ!」

 

 今度は超高速で迫った〝火球〟が、少女の首を捕らえていたミラアルクの左手を吹き飛ばし。

 

〝~~~♪〟

 

 日本語でも、英語でも、バビロニア語でも、まして統一原語ですらない〝言語〟による、凛と澄み渡る歌声が響いたとともに―――ミラアルクの腹部へ、速くも重いミドルキックが直撃し、突き飛ばされ、荒れ果てた会場の大地にのたうち回った。

 

『間に合ったな……』

 

 同じく、呆気に取られていた翼とマリアと緒川の耳に、電子的なエフェクトがかかった聞き慣れた〝声〟が聞こえ。

 

「あ、朱音……」

 

 少女を間一髪助け出して抱え上げ、歌い続けながらもミラアルクの左腕を彼女の口からそっと優しく外し。

 

『大丈夫?』

 

 歌唱に使われる肉声の代わりに、胸の集音器(マイク)たる〝勾玉〟から少女を呼び掛けたその者こそ、異端のシンフォギア――ガメラの担い手にして、かつて地球の守護神――ガメラであったシンフォギア装者………草凪朱音その人だった。

 装者の中で、現状唯一XDにならずとも単独飛行が可能な朱音は、おっとり刀で駆けつけ、ギリギリのところで自身のアームドギアの盾――シェルシールドでミラアルクの攻撃を防ぎ、すかさず奴の腕を《プラズマ火球》で吹き飛ばすと同時に蹴り込み、人質にされた少女を救出したのだ。

 

「う、うん」

 

 少女は死の恐怖で顔中が涙でぬれ切っていたが、ギアの鎧越しでも伝わる朱音の温もりと………そして聞く者を勇気づける麗しくも力強い〝歌声〟に安心し始めた様子で、こっくりと笑みを浮かべ初めて頷いた。

 

『緒川さん、この子含めた生き残っている観客の避難誘導をお願いします!』

「分かりました」

 

 朱音は少女を緒川に託し、彼は彼女を抱えたまま忍術でその場から煙を炊き出して姿を消した。

 

『〝呆けるな〟に〝うろたえるな〟っていつも言ってる癖に、その呆け面は何? 翼にマリア?』

「あ、ああ……すまない」

「ごめんなさいね………この体たらくで」

 

 やっと我に返った翼とマリアは、戦闘の再開へ瞬時に対応できるよう歌い続ける朱音に詫び入れる。

 

『謝るのは後、今の子みたいな逃げ遅れもいるかもしれない、BAT GIRLは私が相手をするから、二人は救助を』

「分かったわ」

「心得た……頼んだぞ!」

 

 朱音は、かの光の巨人の如く、頷いて応じた。

 そして、二人が救助活動を始め出し、程なく。

 

「でぇりゃ!」

 

 戦線に復帰したミラアルクからの先制攻撃が押し寄せ、朱音は足裏のスラスターのホバリング移動で横合いに躱す。

 一撃目を回避されたミラアルクは、空中から朱音を見下ろし。

 

「お前もやってくれたゼ! 草凪朱音! 今度はお前がウチの弄り役だゼッ!」

 

 と、言い放つと同時に蝙蝠状の翼をしならせ、斜線を描いて急降下し、機動性ではシンフォギアでトップを飾る天羽々斬と翼ともやり合ったその飛行速度で、地上に佇む朱音に強襲を仕掛ける。

 対して朱音は歌い続けつつも、凶暴なケダモノそのものと言える………ミラアルクの空中からの猛攻を、最小限の動きを維持したまま、まるで踊る様な体捌きでひたすら避け続けていた。

 傍目からは、朱音が追い込まれている様に見え。

 

「そんな呑気に踊っていられるのもッ!」

 

 ミラアルクは一層スピードを上げ、赤く染まって肥大化し怪物化した腕を掲げ。

 

「今の内――」

 

〝――だゼ〟と言い切るとともに、一層上げたスピードでその拳を叩き込もうとしたが。

 

「うがっ!」

 

 ミラアルクの口から、鮮やかな深紅の血が……盛大に吐き出された。奴の拳が当たる前に、満を持して朱音は相手をも上回るスピードで飛翔し突貫。

 ミラアルクの鳩尾へ瞬速のアッパーを叩き込み、その上でヒットした瞬間に手甲の指間部から伸びた赤熱する三つの爪――《ドライフォトンクロー》で突き刺し、相手の体内に火炎の地獄を味あわせた。

 間髪入れず、爪を引き抜くと同時に、両腕から《エルボークロー》を伸長させると同時にこれもプラズマ振動で熱し。

 

《ヴァリアブルセイバー》

 

 下段から振り上げたプラズマの炎刃でミラアルクの翼を焼き切り、悲鳴を上げる暇すら与えずダメ押しに筋肉質で引き締まりながらも魅惑的曲線な美脚からのフロントキックで、奴の下顎を大きく蹴り上げて、上空へと盛大に打ち上げると――。

 

(これ以上アルカノイズを投下させないッ!)

 

〝~~~♪〟

 

―――フォニックゲインの出力が、声量が増しながらも音程(ねいろ)が巧みに制御された歌唱に比例して急上昇、右腕のアーマーが変形して手を覆い、《フォトンアームキャノン》となって、さらに砲身が伸びて砲塔の後ろに折り畳まれていた五つのリフレクターが、砲口を囲む形で花びら状に展開し、打ち上げられたミラアルクとアルカノイズらがいる上空へ向け。

 高速回転し始めた砲口とリフレクターから、橙色のマイクロウェーブの稲妻が集束し。

 

(穿て――)

 

 朱音の前世の敵の中で、まさしく最も強敵であった宇宙怪獣郡の女王が使っていた《マイクロ波シェル》を再現した、装者としての彼女(ガメラ)の必殺技の一つ。

 

「フォトン~~スパイラル~~シュゥゥゥゥ―――トッ!♪」

 

 《フォトンスパイラルシュート》――伴奏に合わせてその名を歌い叫び、右腕の砲身から、強烈な閃光迸る橙色のマイクロ波の奔流が解き放たれ、災いたちが跋扈する上空を薙ぎ払った。

 夜天が光り輝くほどの大爆発が、宙に引き起こされる。

 朱音は、次なる敵からの攻撃を危惧し、アームキャノン形態から解除しつつも、掌のプラズマ噴出口から、穂先が魔を祓う仏教の法具の一つである五鈷杵状なロッド――《ブランドスピアーロッド》を形成して構えるも………爆発が霧散し、元の夜天に戻った空からは、雲と星以外は、何も残っていなかった。

 朱音はロッドの構えを解き、すっかり破壊し尽くされたライブ会場へ降り立ち、そこへ翼とマリアが駆け寄ってきた。

 

「朱音!」

「やったの?」

「いや……アルカノイズは一掃したが、あのイカレたBAT GIRLには逃げられたみたいだ………その遠くない内に、またやり合うことになる」

 

 実際に撤退した様子は見えなかったが………朱音は直感でミラアルクはマイクロウェーブの光線が直撃する直前に、テレポートジェムかそれに類する瞬間移動法で退却を選んだと確信していた。

 

「くそっ!」

 

 翼は悔しさでやるせない想いを、口から吐き捨てるが。

 

「でも……朱音」

「What's up?(どうした?)」

「ありがとう………あの少女を助けてくれたことも含めて」

「私からも礼を言わなきゃね……翼の直ぐ近くに、同じ戦場(いくさば)の渦中にいたのに、パヴァリアの残党に遅れを取ってしまったから………ありがとう」

「じゃあお言葉に甘えて、どういたしまして」

 

 マリアとともに朱音へ、感謝の言葉を述べ、朱音も快く応じた。

 今回の惨劇による犠牲者の数も、決して少なくはなく、またいずれパヴァリアの残党たる錬金術師たちとアルカノイズどもとの戦いが待っている。

 

 

 

 それでも確かに、錬金術師たちの主義も思想も倫理すら見られない凶行から―――救うことができた命もまた、多く残っていることも、確たる事実であった。

 




※XV編に入ったガメフォギア本編もこうなるとは限りません)。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。