魔法科らは逃げれない。   作:天道無心ビームサーべ流
<< 前の話 次の話 >>

27 / 54
絶望と言うものは鮮度がございます。上げてから落とさないとなりません

「一週間って早いものね、あの一科生と二科生の対抗戦が昨日の様に思えるわ」

 

ブランシュの事件は一先ず終わった。

お兄様無双で終わり、とりあえずは終わったのだがテロられた事がバレて情報規制をするのにまたまた時間がかかり休校し、一週間後に再開された。

 

「テロリストに襲われたけど、またこの第一高校に通えてよかった…」

 

男塾の新章開幕みたいな感じで第一高校へと向かう達也と光國を除く一年二科生。

授業は明日からで、今日は全校生徒に事後報告等を済ませて今後の活動等を発表して終わる。

尚、まだ制服はダメである。

 

「久しぶりの学校の校門だ…おっ先!!」

 

「あ、待ちなさい!」

 

レオが一番乗りだと走り出し、エリカは追いかける。

なにやってるんだかと微笑ましく見守るヨシヒコと美月の心は清々しい。

一週間前にやって来たときは、いや、入学して以降は緊張と苛立ちなどが多かったがもう違う。

対抗戦をした事により、自信がついて更には周りの空気も変わっていた。

 

絶え間なくする努力、仲間や友と支えあって競い合う友情、そして見える成果の勝利。

 

これだけではなく、劣悪な環境から最高の環境に変化した事が一番の起因だろう。

如何に才能があれども、努力する時間や環境などが最悪ならば伸びなくなったりする。

 

「レオ、僕達以外にも先に登校している人がいるんだから一番乗りじゃないよ」

 

「エリカちゃん、他にも人がいるんだから走ったら危ない…どうしたの?」

 

校門に同時に入った二人をゆっくりと追いかけて、校門前に来たヨシヒコと美月。

二人はなにか言うわけでもなく、学校側の校門前にある近くの木にいる壬生を見ていた。

 

「あ、手塚くんは?」

 

レオ達に気付いた壬生は近くに来て、光國の事を聞いた。

壬生はブランシュの内通者だった…が、壬生以外にもそこそこの内通者がいた。

そしてその大半が洗脳されており、洗脳される際には第一高校への不満や周りから向けられる見下される視線からの劣等感の隙を付け込まれており、騒ぎを大きくは出来ないのと壬生が内通者だと言う物的証拠がなく、現行犯で取り抑えていないので特にこれといった罪はなかった。

しかし一応の為にと病院で検査なんかをしていく内に、洗脳されていたが誰かが解除するだけでなく精神を落ち着かせる魔法をかけた痕跡があった。

そんな魔法が使えそうなのは、この第一高校でも中条あずさぐらいだが当の中条あずさと壬生は接点らしい接点はない。顔を会わせる機会もない。

では、誰がとなって壬生は考え、ここ最近自分に向けられて使われた魔法や攻撃と言えば、桐原の高周波ブレードか光國がぶっかけてきた水ぐらいで、頭を冷やせとかけられて以降は酷く冷静になっていたので光國だと確信をしていた…

 

「手塚くんは居ないわよ。

と言うか、一緒に登校はしてないし…手塚くん、私達より早いし」

 

「いえ、かなり早目に来たけど一度も見てないわ」

 

じゃあ、遅刻?と考えるエリカ達。

 

「だったら、リーナに電話をして呼び出してみるか」

 

「それはいいわ…アンジェリーナさんにはちょっと…」

 

「え、でも手塚に会いたいんですよね?

あいつ、携帯番号もアドレスもIDも教えてくれなくて…連絡手段はリーナだけですよ?」

 

「そう、なの…アンジェリーナさんだけが…」

 

「…この、馬鹿!!」

 

「え、っちょ!!」

 

リーナだけしか連絡が出来ない事を知ると悲しい顔をする壬生。

余計なことを言ったレオを色々と察したエリカは服を掴んで引っ張り、ヨシヒコと美月と共に講堂を目指す。

 

「…叶わない、恋ね…」

 

「応援は、したくても出来ません…」

 

どうにも出来ない現実だと美月とエリカは思った。

その辺に疎いレオと、アメリカンチェリーよりもチェリーなヨシヒコは思わない。

 

「お前達、遅いぞ!」

 

そして噂の手塚が講堂前にいた。

 

「って、手塚!?」

 

「なにが手塚だ…割と遅いぞ」

 

「遅いって、まだまだ時間あるし…て言うか、今の今まで何処にいたんだ!?」

 

壬生が探したが、居ないと言っていたのに目の前にいる何時もの姿の光國。

逃げたのかと思ったが、違うようでマスク越しでも嫌な顔をしているのが分かる。

 

「学校側がギリッギリに、それもオレとリーナが登校した際に言うてきてな…ちょっと前に出て、勝利おめでとうとかそう言うのをしーひんとあかんくなってん」

 

「え、嘘!?」

 

「達也、エリカ達が来たぞ、連れてってくれ」

 

「ああ…」

 

「ちょっと待って…校門前で壬生先輩がいたから、手塚くん迎えに行ってきて!!」

 

講堂から出てくる達也に連れていかれるエリカ達。

しかし、最後にとエリカが壬生の事を伝えると了解と迎えに行く。

 

「壬生先輩…なに泣いているんですか?」

 

校門前に向かうと、涙を流している壬生がいた。

光國は何故泣いているのかがわからないので聞いてみると、光國に気付いた壬生は涙を拭いた。

 

「泣いて、いないわ…」

 

「目を腫らしていますよ…弱い自分に泣いていたんですか?」

 

洗脳されていた事とか、ここまで一人ではなにも出来なかったとかに悔しい思いをしていると勘違いをする光國

 

「違…う…」

 

「えと…えっと…」

 

どうすれば良いのか分からない光國。

あたふたしているもののなにか無いかと頭を回転させ

 

「飴ちゃん舐めるか?」

 

「…」

 

とりあえず、飴を取り出す。

壬生は無言で受け取り、舐めるのだが俯いたままで無言だった。

 

「壬生先輩、言葉に出来ないなら文字でお願いします。

言う、勇気が無くて書く勇気も出ないなら、画像かなにかで」

 

「なに、泣かしているのよ!!」

 

なんとか対話をしようと、色々としているとリーナが投げ縄の要領でリードを投げて光國の首輪にはめ、首を引っ張った。

 

「ミブ、大丈夫!?

光國、時折と言うか結構酷い事を言うから…でも、本当は良い人で貴女の事を」

 

「ま、待て、何故オレが泣かせた前提なんだ?」

 

壬生を泣かしたと思っているので、勘違いを正す光國。

間違いだと分かれば謝り、どうして泣いているのかを聞いて答えないので光國と同じ方法で解答を求める。

 

「っ……手塚くんは悪くないわ…」

 

摩利の言葉を勘違いしたりした一年の頃はかなり辛かった。

二科生だから見下される。剣道は剣術より下にみられる。努力する場や環境が最悪で甘い言葉に乗ってしまい、洗脳されるぐらいに追い詰められていた。

二年生になって以降は洗脳されていて、余り覚えていないが光國が洗脳を解除して以降の記憶はハッキリとしている。

 

本来の道筋だとお兄様は洗脳をされている状態の壬生に世の中は不平等だと渇を入れたりするぐらいだ。

 

だが、光國は違っていた。

なにはともあれ光國は壬生を無視したり、見捨てなかった。

一科生の態度などに不満を持つ二科生を集めて、真の敵とも言える学校を教えてくれた。

不平等で正当とは言えない、だがそれでも評価を得て考え方を変えさせる場を作った。

貴重な出場枠を、エリカでも戦えたのに三回戦に出るように進めてくれた。

桐原に勝つために魔法以外の技術を必死になって教えてくれた。

洗脳をされていて道を踏み外しかけたのを助けてくれるのだけでなく、別の道を教えてくれた。導いてくれた。

自身を犠牲にしてまで、勝利を手に入れて二科生を、自分に勝利をくれた。

登校した際に向けられた視線がとても心地よかった。

優越感に浸ってしまっているかもしれないが、それでも光國には感謝しきれない気持ち、いや、それを通り越していた。

ヒロインの絶望的な状況を適当な事を言って励まし、最終的には言葉よりも暴力で解決する系の主人公(王道的な主人公 笑)と同じつり橋効果なのかは分からない。

 

 

しかし壬生に恋心が生まれていた事は確かだった。

 

 

最も親しい男と言うには怪しいかもしれないが、腐れ縁な関係の桐原はと言うと

 

あの男は日頃からなにかとちょっかいをかけてきて迷惑で、更にはカッとなって自身に魔法を向けた出来れば今後関わりたくないし、後輩を関わらせたくない

 

と言う評価である。

改心していたり反省していたりするので、徐々に桐原の好感度が上がるが恋心にはならない。

もう壬生は光國に恋心を抱いてしまったのだから…そしてそれと同時に

 

「私が、悪い、だけなの」

 

「!?」

 

「これって、光國の!?」

 

光國の隣には常にリーナがいる、彼氏彼女の関係かは分からないが、常にいる。

それだけでなく同棲をしている、キスをしろと言われれば堂々とするし、入りこむ隙なんてものは何処にも無い。

 

はじめての本当の恋は、なにも始まらない。

 

なにも始めてはいけない、彼にはもう彼女がいるのだから。

 

だから、諦めないといけない………そんなのは無理だ、そんなのは嫌だ!…けど、なにも出来ない

 

壬生は恋心を自覚したと同時に、絶望をしてしまった。

希望を与えられ、それを奪われる瞬間こそ人間は一番美しい顔をする、それをするのがファンサァァアビスゥゥゥゥウ!!

何処ぞの青髭は恐怖と言うものには鮮度があり、死ぬのが分かっていれば恐怖の瑞々しさが無くなっていくと言っていた。

世に言う、上げてから落とすスタイルで、常人ならば絶対に味あうことはない深い深い絶望をした壬生の身体にヒビが入った。

そしてリーナは知っている。

 

「魔力不足…ああ、もう、仕方ない!!」

 

光國がかつて長期間魔力を食べずに、居た時にこの状態になったのを。

そしてそれをどうにかするには、キスしかなかったと…人命救助の為だと恥じらいを捨ててリーナは壬生にキスをするのだが

 

「嘘、なんで」

 

壬生は元には戻らなかった。

リーナも想子を奪われることはなかった。

 

「ちょっと、場所を変えるぞ!!」

 

リーナは想子が無くなったと勘違いをしたが、違う。

光國の身体にヒビが入ったのは光國に宿っているキマイラが原因で、壬生にはキマイラが宿っていない。

 

「くそ……」

 

『ドライバー・オーン!!』

 

「キマイラ!」

 

人気の無い所に二人を連れてやって来た光國は自身に宿るキマイラと会話をするべくビーストドライバーを起動させるとベルトが開いた。

 

「ハーッハッハッハ!!

これはまた、面白いことになっているではないか!!いや、久々の御馳走の時間か!

小娘の魔力も悪くないが、たまにはデリシャスな飯が食いたいものよ」

 

「笑い事じゃない!!」

 

「では、さっさと対処すれば良いだろう、対処に遅れば死ぬぞ…」

 

「っ…」

 

「キマイラ、これがなにか分かるの!?」

 

仮面ライダービーストに変身する指輪を手にするがなにかに躊躇う光國。

この状況の壬生を二人は理解しているとリーナはキマイラに説明を求める。

 

「怒りや憎しみは人を化け物に変える、貴様も見ていただろう」

 

「森崎のこと?」

 

「そうだ、それと同時に絶望も人を変える。

怒りや憎しみは人を前に進めることが出来るが、絶望だけは違う。

絶望だけは人を前に進めることが出来ない、人の心を大きく傷をつける。」

 

「た、確かにそうだけど…どうしてミブがこうなるの?」

 

今の壬生は、身体にヒビが入っている。

身体のヒビは徐々に徐々に広がっていき、壬生は苦しみだす。

 

「最後まで聞けぃ!

人の心に傷が生まれた際、絶望をした際に新たな人格が生まれる!

ある程度の魔力を持っているものがそうなった場合、その人格は我と同じファントムになる!!」

 

「っ、な!?」

 

光國は喋ろうとはしなかった為に知らなかったファントムの誕生方法(この世界仕様)

心に傷が出来た為に人格が崩壊したり、人格が変わったりするのをリーナは知っている。

憎しみや憎悪などの負の感情により化け物になったのをリーナはつい最近知った。

人としてポンコツな部分はあるが、高い実力と魔工師の人達より豊富な知識を備えて尚且つそれに近いのを何度か見ているため否定は出来なかった

 

「そしてそのもう一つの人格は、本来の人格を食い殺して表に出る。

その際に肉体がありえない変化を起こして、我の様な姿になる。」

 

「ど、どうすればいいの!?」

 

「その方法は光國が知っている、そして今この場ですることが可能だ。さぁ、我に魔力を捧げよ、光國!!」

 

「…」

 

光國は指輪を取り出す。

それは魔法の指輪で、リーナですらどんな効果を持っているか知らず、その指輪の魔法を九島の人間に知られれば最後、九島が十師族どころか世界にいる魔法師で最も恐れられる最悪な魔法を手に入れる事になる。

 

「これは…魔法師を魔法師として殺すことが出来る、魔法だ…」

 

「殺すって…そんな?」

 

「いや、壬生先輩は生き残る…ただ、二度と魔法師として生きれない…二度と魔法が使えなくなる」

 

折角、自信がついたのにここまで来たのに魔法師として殺してしまう。

それもそれで絶望するんじゃないかと思ったりしている。

 

「…壬生先輩は、なにに絶望をしているんですか?」

 

光國は口を動かしつつ、壬生の手を取る。

絶望をしている理由が、光國もリーナにもわからなかった。

 

「貴様といい小娘といい、馬鹿か…強き雄に惹かれるのは、雌の本能だろうが!!それは例え1000年、2000年の時を越えても同じよ!」

 

しかし、キマイラは分かっていた。

 

「…いやいやいや…え、え…」

 

オレなの?となる光國。

 

「まぁ、光國は魅力的だから仕方ないわね…」

 

ウンウンと頷くリーナ。

 

「あれ…あ、もしかして私が原因?」

 

そして絶望の原因を理解したリーナ。

叶わぬ恋に絶望をしているだと

 

「光國よ、貴様も強き(おとこ)として魔法師として殺すならば、責任を取れ。

貴様は百獣の王たる獅子である我の力を使うなら、女の一人や二人養い妾として取らねばならんぞ」

 

「シャラップ!なにくそな事を言っているんだ!」

 

「戯けが、そもそもの話で現代の一夫一妻のシステム自体が間違っている。

家を大きくするだ安定などと言い子供に望まぬ結婚をさせるならば、一夫多妻の制度を認めんか!!愛と家の二つの結婚をせぬか!!」

 

「お前、今すごい屑な事を言っているぞ!!」

 

「それにだ…人を超越せし神ですら浮気をするのだぞ!!

ゼウスをはじめとする様々な神々が、美しき人間から実の娘、はては同性に手を出すのだぞ!これはもう、そう言った社会ではないのが悪い!!」

 

「ゼウスは浮気だろう!」

 

「だが、アルジュナの妻は合法の多夫一妻のランサーの姫だ!!」

 

「ランサーじゃなくても、リアル姫や!」

 

状況を理解できていない第三者が聞けば、最悪なやり取りをするキマイラと光國。

そうこうしている内に壬生の身体のヒビは全身に広がっていく。

 

「我が知らぬとは思うな。

貴様、徳川の埋蔵金を元に貯金をして博打である程度貯まった際に新宿の一等地に」

 

「おい、ちょやめろ…ああ、もう……リーナ、ごめんなさい…」

 

壬生はもう手遅れだった。

魔法師として殺すことは出来ないと判断した光國は指輪を壬生の左手の薬指にはめて、壬生を抱き抱えて

 

「!?」

 

キスをした。

 

「!?」

 

甘い一時、本当に一瞬だった。

しかし壬生にとっては、沙耶香にとっては最高の一時で

 

「…え、へへへ…」

 

絶望を乗り越えるには最高だった。

壬生の身体に広がっていたヒビは消えていき、壬生は満面の笑みを浮かべて光國にしがみつく。壬生は絶望を乗り越えることが出来た。

 

「手塚くん、そろそろ時間です…」

 

そして講堂へと迎えに来た市原にキスシーンから見られていた。




次回、お兄様が…







感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。