魔法科らは逃げれない。   作:天道無心ビームサーべ流
<< 前の話 次の話 >>

5 / 62
他人の家の芝は青く見えるが、本当に青かった

「…ここは!?」 

 

意識を落としたリーナは、目を覚ます。

自分が知っているが住んではいない九島の別荘の部屋の一室で寝ている事に気付くと直ぐに体を起こす。

 

「…これちゃうな…」

 

「光國!!…よかった、生きてたのね…」 

 

もしかしたら夢だったのかもと思っていると、すぐ近くのソファーでなにかをしている光國を見て、ほっと一息つくリーナ。

あれは夢じゃないと思い出すのだが、ファーストキスを捧げた事まで思い出して、顔を真っ赤にさせるが

 

 

「ッチ」

 

 

光國はリーナに聞こえるレベルで舌打ちをしたので現実に引き戻される。

 

「なによ…」 

 

舌打ちをした事に苛立つリーナ。

自分のファーストキスを捧げたと言うのに、その態度と言うのは気にくわない。

 

「私、はじめてだったのよ?」 

 

ベッドから降りて光國に近づいたリーナ。 

 

「そないなもん知るか。

つーか、それを気にしとるんやったらするな」

 

「するなって、貴方が指輪を捨てるからじゃない!」

 

「…あのままやったら死ねたんやけどな」

 

「っ!ぐぉ!?」 

 

「オレは現実と空想は分けとるで?」 

 

死にたい発言を聞いた途端、リーナはキレて振りかぶる…まではよかった。

王道的な展開でいけばビンタをくらって「バカ、死にたいなんて軽々しく言わないで!私は、光國に生きてほしいの!」と言う感じの良い展開になるだろう。

 

 

「お前、ホンマに何様のつもりやねん」

 

 

しかし、この馬鹿は違う。

王道を躊躇いなく潰すイレギュラーである。

リーナのビンタを避けてお腹に拳を叩き込んだ。

 

「そら確かに死んだら終わりや、けどな、お前はオレの身になった事あんのか?

お前は生まれた時から魔法師の才能があって物心ついた頃には魔法使えて、それの訓練何度かしとるんやろ?魔法と深く関わってるやろ?」

 

「光國、ごめ」

 

「謝る謝らんの問題ちゃう。

オレ、ホンマに数ヵ月前まで魔法師のまの字も知らず、その勉強すらしてへんねんぞ?

夕飯を賭けた釣りの最中に事故って魔法師になって、海に落ちて風邪引きかけてきたの知っとる?

テニスのプロに君ならプロなれる言われて、ここまで来て色々な所から名刺を貰ったんやで?」

 

謝るリーナを許さず、追撃をする光國。 

 

「お前とオレやったら住む世界が全然ちゃうねんで」 

 

普通なら格上が格下に言う台詞。

しかし、どっちかと言うか格下である光國が格上であるリーナに言った。 

 

「今日まで必死になってやった努力全部無駄になって…死にたいと思ったらアカンのか?

確かに死んだら終わりやけど、オレの場合は苦しみから解放されて終わりや、本人が望んで選んだ死は一種の救いや…いっぺん、オレと同じ生き方をして同じ位置に立ってから言ってこい、ボンボンにはボンボンの苦しみがあるのは分かるけど、それと同時に貧乏人には貧乏人の苦しみがあるんやぞ、ど阿呆が…」

 

 

言いたいことを言い終えるとソファーに座る光國。

握り拳はプルプルと震えており、怒りではなく悔しさの握り拳だとリーナは気付きなにも言わなかった。

 

「…」 

 

「…」

 

「…ねぇ、光國」 

 

「なんや?」

 

暫しの間、沈黙状態が続いたがリーナが沈黙を破った。 

 

「テニスって楽しいの?」

 

「楽しいで…けど、あんのクソババア、はじめて間もない奴にグランドスラム達成した基準で接してきやがるからな…」 

 

「クソババア?」 

 

「オレにテニスをやれと言ってきた婆さんや。

使ってるラケットはその婆さんの形見で、とある爺さんが作った業物で中々にぶっ壊れへん…なにせ、こちとら貧しい家系、練習用と試合用にラケットを複数使い分けられへん。」

 

「よくそんなので、ここまでこれたわね」

 

なんとか話題を作ったが、少し呆れてしまう。

古い靴と貰い物のラケットだけで、ここまで進んできた。

光國には才能があるとしか言えないが、言わない。今、その辺を触れるのは逆鱗に触れるのと同じだから。 

 

「テニス、やってみるか?」

 

「え?」 

 

「ここで座ってボーッとしてるよりも、体を動かした方が気が楽になるだろう」

 

再び気まずい空気が流れるが、今度は光國が空気を壊す。

先程から誰も来ないこの場に居るのもあれなのと、本当にやることが無いのでリーナはOKを出す。

 

「安心しろ、接待テニスは得意だ」

 

「ちょ、手加減をしないでよね!」

 

外に出て気分を変えようと立ち上がる二人…だが 

 

「残念だが、テニスコートはこの別荘には無い」

 

「っ!?」

 

 

「か、閣下…な、なんで」

 

ドアを開けると九島烈がいた。 

 

「どうして、ここに」

 

つい最近、沖縄で大きな事件が起きた。

起こしたのは大亜細亜連合、今の中国とかが合併して出来た国でお兄様が解決をしたは良いものの、海外からの攻撃と言うことで色々と警戒体制に入っている。

魔法師は国外に出るだけでも一苦労、ましてはこの世界で上から数えて直ぐに位置する実力者である魔法師の九島烈が目の前に居るのは驚きを隠せないリーナ。 

 

「なに、大きな事件が起きたんだ。

親族を心配しに来ない者は何処にもいないさ…まぁ、今ここに居ると知っているかと聞けば別だが」 

 

口ではそう言っているがリーナを全くと言って見ない九島烈。

視線は光國に向いており、光國は九島烈の言葉を聞くと直ぐに土下座をした。 

 

「リーナは関係ありません…なので、そろそろ家に帰してください」 

 

「いやいや、家に帰すなんて…何時何処で魔法師を襲う輩がいるかわからないのだよ」

 

「…」

 

光國の下げた頭に足を乗せる九島烈。

表情を一切変えず、反抗することなく無言を貫く。 

 

「全く、困った子だ。

自殺をしようとするとは、相談をしてくれれば九島専属のカウンセラーを紹介したと言うのに」

 

「っ…」

 

「なんでそれを…」

 

自殺の事を口にすると少しだけ表情を変えた光國。

リーナがどうして知っているかと聞くと、光國を監視していた男性が現れ、全てを理解する。

この男性が電話をかけた際に、かけた相手は九島烈だと、九島烈は光國がこれ以上なにかをする前に止めるべくやって来た。

 

「とりあえず、君は医者に行くべきだ。

既に病むべきところまで病んでいる、なに治療費は此方が持つから安心したまえ。

それと世界一、おめでとう。豊かな人生経験は魔法師を大きく成長させる…この世で最もかかる物に金を惜しんではいけない」

 

光國のと言うか仮面ライダービーストのシステムを理解していなかった九島烈は光國がまだ色々と語っていないと確信しており、今回の様に遠くにいけない様に動きを封じに来た。

お抱えの医者に連れていき、適当な診断書を書かせて入院、軟禁に近い生活を送らせる、下手すりゃお兄様以上にキツい生活を送る可能性がある。

 

「なに、今よりいい生活にはなるさ」 

 

「…はい…」 

 

光國を相手に一切の油断も隙も見せることは許されない。

九島烈はそう判断しており、一歩ずつ一歩ずつ追い詰めて逃げ場を封じていく。

 

 

 

「…ダメ…」

 

 

 

逃げ場を封じていく最中、リーナは首を振って呟いた。

今ここで光國を九島烈に渡してしまえば最後、光國の人生は真っ暗だ。

人工魔法師として、様々な研究と実験が行われる。仮に他の人を光國と同じ感じの人工魔法師にするのを成功すれば最後、光國がどうなるかは不明だ。

 

 

 

「いっちゃ、ダメ…」

 

 

 

だが、確実に酷い目にあうのは分かる。

 

 

 

「リーナは帰してください…無関係です」

 

「ふむ…」 

 

人工魔法師だと言う事を知っているリーナ。

仮にこのまま喋るなよと釘を刺して放置すればどうなるかを考える。

遠縁とはいえ、あくまでもリーナはUSNAの人間。このまま成長したら自動的にUSNAの魔法師になる。

もしうっかりと人工魔法師の事やそれに近い理論を開発してしまえば、色々と被害が大きい。

 

「…その前に解放の意味を教えてくれないだろうか?」 

 

「…」

 

一先ずは疑似餌を投げてみる。

電話越しで光國達のやり取りを聞いた際に気になっていた、真の意味での解放。

これがなにかを聞かなければ、手痛い反逆をくらう事になるかもしれないと聞く。

遠回しに答えればリーナを解放すると言っているが、解放する気は一切無い。

 

 

「真の意味での解放は…」

 

 

質問に答えるべく指輪を装着する光國。装着した指輪がベルトを出現させる指輪だったので、戦うつもりかと考えるが自身に打ち勝ったとしても他の十師族達や国が黙ってはいないのを光國は知っているので別の事をすると思い見守ると 

 

「我の力を真に解放することだ」 

 

ベルトから別の声がした。

 

「その声、彼の中にいるキマイラかね?」

 

「気安く呼ぶでない、老いぼれが。」 

 

「真の意味での解放とはどういうことだ?」

 

「そのままの意味、我の力を真の意味で解放することだ。

我の力を扱う事が出来る者が身を流され、絶望で死ぬのは気にくわん」

 

「まだ、なにか隠し持っているのかね?」

 

「残念だが、隠し持ってはいない」

 

情報をスラスラと喋るキマイラ。

カマをかけなくとも、教えてくれるので疑いを持つのだがベルトからなにかが落ちる音が聞こえたので、光國を立たせるとベルトを出す指輪と同じ指輪が足元にあった。

 

「ニオール文明の跡地を探すといい

我の力を真の意味で解放するものが封印されている…」 

 

「ニオール文明…成る程、紀元前4、5世紀に人工魔法師は」

 

「伝えることは伝えた。

信じるも信じぬも貴様次第…我が真に解放されれば貴様など容易いものよ」 

 

キマイラが語るべき事を終えると消えるベルト。

九島烈は指輪を拾い、スーツの男に渡すとスーツの男は何処かに電話をし、ニオール文明の跡地を探す用意をさせる。

 

「さて、メンタルカウンセリングを受けなさい光國くん」 

 

「はい」

 

光國はスーツの男に連れられ、部屋を出ていった。

大して意味のないメンタルカウンセリングを受けさせられ、適当に書類をでっち上げられるだろう。

 

「あの…このまま、光國はどうなるのですか?」

 

残されたリーナは九島烈に光國の今後を聞く。

 

「一先ずは帰国。

その後に彼が魔法師になるべく生活環境を変える。

今いる学校をやめさせて、別の学校に転校、転校先は魔法科高校が近い中学に通わせ魔法師というものを馴れさせる。魔法科高校が近い中学は魔法師の才能を持つ生徒が多く、魔法科高校を志望する生徒が多いからね。」 

 

「……それなら」

 

 

 

 

 

 

 

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

 

 

 

「…」 

 

帰国した光國は家に帰らずホテルの一室に居た。

一度でも家に帰れば色々と我慢をしているものが溢れでてしまうから、今日までにやって来たこと全部が無駄になって悲しむから。

 

「……まぁ、どうにでもならんか…」

 

九島が今の学校をやめる手続き等をしている間、光國は何処の魔法科高校に入るか決めていた。

こうなればとやけくそに近い形でこれから先、事件が起こりまくる第一高校に入ることを決めた。

 

「…にしても、遅いな」

 

色々と手続きが終われば、九島の使いが来るはずなのだが一向に来ない。

流石にホテルに籠りきりはキツく、持っている電子書籍も読破して暗記までしているので暇で暇で仕方ない。 

 

「…!」 

 

外に出て良いかと連絡をしようとすると、ドアがノックされる。

やっと来たかと重い腰を上げ、ドアの前に立ち大きく息を吸う

 

「…誰やろうな…」 

 

人工魔法師なんて存在をポロポロと言ってはいけない、例え九島に仕えている家でもだ。

自分を迎えに来た人は自分が人工魔法師と言うものを知っている九島の血筋で家でもそこそこの地位を持ち、尚且つ九島烈を裏切らない存在だろう。 

 

「魔法師絶対主義とかイカれたの来んといてくれよ…」

 

モブなんとか君を頭に浮かべゆっくりとドアを開ける。

 

 

 

「光國、お待たせ」

 

 

 

そしてゆっくりとドアを閉めた。

 

 

 

「遅いな…」

 

「ちょ、ちょっと!!開けなさい!!」

 

「…なにしに来たん、自分?」

 

もう一度ドアを開けるとそこにはリーナがいたのでもう一度閉めて更に鍵も閉めて、モニター越しで会話をする。

 

「九島の爺さんが、解放した言うてたのになんでおるん?」 

 

「…私が自分で志願したの。

光國自身は魔法演算領域を持っていなくて、常に大量の想子が必要だから定期的に想子を与える役を、魔力タンクになるのを自分で志願したの」

 

「っ!」

 

 

ここにいる理由を知るとドアを開けた光國。

リーナを中に入れて、ソファーに座り両手で顔を覆う。 

 

「なに、やってんねんお前は…あの、クソジジイ…」 

 

解放はしたが自らの意思でついてきた。

無理矢理でなく故意なので、これ程までに便利な口実はない。 

 

「光國、私を心配してくれるのね!

でも…私はついていきたくないなんて言える立場じゃないの…」

 

「せやかて、クドウ!じゃなくてリーナ!

オレにわざわざそこまで義理立てする必要は無いやろ…別に、九島の御抱えでクソジジイを裏切らない奴なんて探せばいるんや…わざわざ自分で自分の首絞める行為をせんでも」

 

 

 

出会ってまだ二週間もたっていないリーナと光國。

ファーストキスこそ済ませているが、本当に互いをよくしらない。そこまでする義理はない。

リーナならば、九島烈に潰されずに済む地位を日本でも築けた筈だろう。なのに何故か自分の意思でここにやって来た

 

「見捨てろって言うの!

死んだ目をしている人を、どうせ手遅れだって見捨てるなんて私には無理よ!

それともなに、光國は私が魔力タンクになるのが嫌なの?」 

 

「正直、嫌やで…リーナの人生をこんなことで潰したら勿体無い」

 

「光國…大丈夫よ」 

 

光國の隣に座るリーナ。腕を掴んで耳元で小さく呟く。

 

 

 

「私が偉くなって光國を…光國を研究するなら、何時かその時が…だから、大丈夫よ…」

 

 








感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。