IS~筋肉青年の学園奮闘録~   作:いんの

40 / 80
3位決定戦は、面倒なので描きませんでした(正直者)

3位は2組・・・って事でも良いですよね!


第31話 勝利の果て(前編)

 全スタンドが湧き上がる中、セシリアは未だに「信じられない」と言った具合に、牙月を握る右手を見詰める。

 SEが切れた事でセーフティがかかり、動きを止める自分以外の3機。そんな中、セシリアとブルー・ティアーズだけが、「喜び」よりも少しの「混乱」を内包させながら、周囲を見渡していた。

 

 やがて10秒程時間が経ち、動けるようになった3機の内、甲龍が駆け寄る様に飛翔して来る。そして嬉しそうに笑いながら右手で拳を作り、それをセシリアの眼前に突き出した。

 

《言ったでしょ?「必ず勝たせる」って。》

 

 そう得意げに言う割には、一目で判る程鈴音の息は荒々しかった。如何に極限状態の中であの青龍刀を投擲したか、鈴音の息使いが全てを物語っていた。

 そんな彼女を見たセシリアは、漸く自分たちが「優勝」したと言う事実に到達する。

 

「・・・ええ、勿論信じておりましたわ。・・・・・・ありがとう、鈴。」

 

 セシリアは満面の笑みを浮かべ、同じ様に右拳を突き出す。

 右拳と右拳が「コツン」と軽く衝突した直後、観客スタンドは更なる歓声を上げた。

 

 

 しかし、歓喜に浸るセシリアの心には、僅かながら「翳り」が見え隠れしていた。

 全力で飛び、本気で狙い、最善を尽くした上での勝利だと言うのに、何故かセシリアは「勝った」気がしなかったのだ。

 

 

 

 谷本は、ただ俯く事しか出来なかった。

 大会が始まって以来、初めて経験する「敗北」。その事実は「後悔」となって、彼女の心を締め上げる。

 

 そんな彼女に、グシオンがゆっくりと近づいて来る。

 

《・・・兎も角、ピットに戻るぞ。先ずは身体を休めろ。》

 

「・・・」

 

 不思議な程淡々とした昭弘に、谷本はトボトボと続くしか無かった。

 

 

 ピットに戻り、ラファールから降りた谷本。

 彼女は暫くボーッとした後、先程まで自身が纏っていた「深緑色の甲冑」を優しく撫でる。数ある量産機の内の一つでしかないそれを、彼女は慈しむ様に見詰めていた。

 

《・・・お前は悪くない。オレもお前も、持てる全てを出し切った。》

 

 未だグシオンを纏ったままの昭弘は、電子音の混じった声でそんな言葉を発する。

 

「・・・・・・はい。」

 

 小さく、されどハッキリと返答する谷本。

 気が付けば、ラファールに添えていた優しい平手は硬い握り拳へと変わっており、それに同調するかの様に、彼女は奥歯を食い縛りながら「涙」を垂らし始める。

 

ーーーあんなに頑張ったのに、こんなに好きなのに、どうして・・・。

 

「・・・ゴメン・・・ッ!本当に・・・ゴメン・・・・・・!」

 

 涙ながらの謝罪は、一体誰に対してのものなのか。

 昭弘(パートナー)か、相川(ライバル)たちか、愛機(ラファール)か、それともそれら全てに対してか。

 

 留まる事を知らない、彼女の涙。

 昭弘はその光景を、何も言わずに見る事しか出来なかった。

 何故なら、彼もマスクの中で泣いているからだ。己の声が漏れぬ様、外部への音量をシャットアウトしながら。

 

 過去の己と重ねるまでに、強くライバル視していたセシリア。彼女に負けた事への悔しさは、やがて「今の自分の否定」へと矛先が向きそうになる。

 そんな「負の感情」を押し流す様に、昭弘は大声で泣き喚き続けた。

 

 「今の昭弘」が、谷本にとやかく言える筈が無かった。

 

 彼等2人は、この大会で敗北していった戦士たちの心情を、今初めて理解する事が出来た。

 

 

 その様子を、箒は遠目から見ていた。昭弘に駆け寄るべきか悩みながら。

 

「・・・今は、ただ泣かせてやれ。」

 

 ラウラからの静かなる忠告を、箒は黙って聞き入れるしかなかった。

 どれ程昭弘を想っていようと、今の2人に首を突っ込むのは、余りにも野暮が過ぎる。

 

 そうして、一体どれ程時間が経っただろう。

 箒とラウラにとっては極めて長く感じるそんな時間も、昭弘と谷本にとってはあっと言う間であったのかもしれない。

 

 

 

 ある程度落ち着いた頃合いを見計らって、箒とラウラが昭弘たちの下に赴く。

 既にグシオンの全エネルギーが尽き掛けていた昭弘は、泣き顔を見られたくないからか、隅っこでコソコソとグシオンを解除する。

 

 「凄まじい戦いだった」「最後は惜しかった」等々、在り来たりな感想を出し合う中、箒が本題を切り出そうとする。

 

「昭弘、あのだな・・・。」

 

「分かってる。表彰式が終わったら、一夏の様子を見に行こう。」

 

 箒の台詞を先読みしていた昭弘であった。

 駄目元で、一応ラウラも誘ってみるが・・・。

 

「遠慮しておく。奴と顔を合わせたくないと言うのもあるが・・・少々やる事もあるしな。」

 

「(やる事?)・・・分かった、谷本はどうする?」

 

 一夏の御見舞いに行くか行かないかと言う簡単な選択なのだが、谷本は悩む素振りを見せる。

 一体「何に」対して悩んでいるのか昭弘たちが疑問に思っていると、谷本は漸く答える。

 

「・・・私、表彰式が終わっても、ピットに残ろうと思います。整備科の先輩方にもお礼をしたいし、それにーーー」

 

「合間を見て、ISの事色々と教えて貰おうと思ってるんです。どんな小さな事でもいいから。」

 

 3人共思わず目を見開く。

 既に1年生の全試合は終了した。だのにもう、谷本は先を見据えて自ら動こうとしているのだ。

 そんな彼女の「IS熱」によってか、3人も彼女と同じ様に胸が熱くなるのを確かに感じた。

 

 

 そうして、3人がピットを去ろとするとーーー

 

「アル兄ィ!」

 

 昭弘が振り返ると、そこには右手を差し出す谷本の姿があった。

 

「・・・」

 

「5日間、本当にありがとう。」

 

 それは所謂「別れの言葉」であった。「ペア解散」と言う名の。まだ入賞者の表彰式が残っているので、少し気が早いかもしれないが。

 そんな彼女に返す言葉を、昭弘はとうに決めていた。

 

「オレもお前が居たから、あんだけ勝てた。」

 

 そう言って昭弘も巨大な右手を差し出し、2人は硬い握手を結んだ。

 

 その「友情の証」は、箒にとって余りにも眩しく、そして懐かしい光景であった。

 もう彼女は、昭弘に対して「友情」を感じる事など、とうに出来なくなっているのだから。

 

 

 

 それは外の空気を吸いに、昭弘と箒がピットから出た直後の出来事であった。

 

「やぁ。」

 

 一度見たら忘れられない、麗しきアッシュブロンドの髪。相も変わらず露出度の高い上半身の服装。

 まるで昭弘がピットから出て来るのを見計らってたかの様に、その髪の持ち主は壁にもたれ掛かっていた。

 

「・・・どうも、ローエンさん。」

 

 先日の事もあってか、ロイに対して僅かに身を引きながら挨拶する昭弘。

 箒は相も変わらず、ロイに対して激しい眼光を飛ばしているが、ロイはそんな視線など何処吹く風だ。

 

「今時のMPSは、一体どこまで進化しているのか、君の戦いを見ていると考えさせられるものがあるな。アタシとしては、試合結果が不服でしょうがない。」

 

 心底腹立たしそうな反応を見せるロイだが、昭弘はあくまで静かに返す。

 

「・・・結果は結果です。オレは、特に疑問を抱いてはいません。」

 

「そうか・・・フッ、アタシよりずっと大人なんだな。それともーーー。」

 

 そう言うと、ロイは冷えきった瞳を箒に向けた。

 

「周りが餓鬼過ぎるから、そんな心持ちになるのかな?」

 

 明らかなる自身への口撃を受けて、箒は眼光を更に強める。それでも、口を堅く閉ざしている分、良く耐えている方であろう。

 

 何も言わない箒を見て、ロイは詰まらなそうに溜め息を吐くと、再度昭弘を見やる。

 

「アルトランドくん。「時」が来たら、アタシたちは君を迎え入れようと思っている。君の“本質”が活きる、「本当の居場所」にね。」

 

ーーー本質?本当の居場所?

 

 当然、昭弘はロイが言っている事にまるで見当が付かない。感じるのは、「自分の事を何でも知っている」かの様な口振りのロイに対する、底知れぬ「気味の悪さ」だった。

 

 表情を歪める昭弘を見て、ロイは物寂しげな顔を見せながら近付こうとするがーーー

 

「近寄るなッ!!」

 

 人気の無い空間で、箒の怒声が響く。大会初日と似た様な光景が、その空間に再現されていた。

 

 すると、何処からか声を拾ったリィアが、ロイの後方からゆらりと現れる。

 

「・・・らしくもないわね、ロイ。トラブルはゴメンよ?」

 

 そう呆れ果てる妹。

 流石に潮時と見たロイは、去り際に一言だけ添えて行った。

 

「・・・いずれ君は知るさ。「此処は自分の居場所じゃない」とね。」

 

 歩を進めながら、ロイは何時までも寂しげな眼差しを昭弘に向け続けた。

 対してリィアは、踵を返す一時だけ昭弘に「警戒」の籠った視線を送った。

 

 

 昭弘たちからある程度離れると、スコールはトネードを制する様に口を開く。

 

「アンタには悪いけど、アルトランドくんが負けて正直ホッとしてるわ。優勝する事で、変にMPSが注目されたりしたら、後々面倒だし。」

 

 その通りであり、トネードもその辺りはちゃんと理解している。

 

「・・・それでもだ。やはり、彼が表彰台の中心に立てないと言うのは、残念でならない。」

 

 またらしくもなく悄気るトネードを見て、スコールも僅かに肩を落とす。

 

「・・・お互い無様ね。勝手に期待して、勝手に裏切られて。」

 

「・・・・・・そうだな。」

 

 そんなやり取りを繰り返しながら、2人はIS学園を後にする。

 幸先の悪さを、素肌で感じ取りながら。

 

 

 2人が去った後、箒は先程までの剣幕を一気に崩し、不安気に昭弘を見上げる。強がりながらも、やはりロイの放った言葉が気懸りな様だ。

 

「・・・大丈夫だ、箒。オレはIS学園(此処)で良いし、IS学園(此処)が良い。これからもずっとな。」

 

 此処で得た楽しみ、苦しみ、そして悔しさ。もう決して心から消え去る事のないそれらは、昭弘にとって「戦場」に代わる日々の糧となっていた。

 

「・・・私もだ。」

 

 不安を消し飛ばした箒は、そう力強く頷いた。

 

 

 

 そうして多少の時間が過ぎ、3位入賞ペア×2、準優勝ペア、優勝ペアの表彰式が恙無く行われた。

 そこで優勝ペアは、例年通り「お望みの景品」が何なのかリクエストを受けたのだがーーー

 

 

 

 

 

 男は、「白衣」に身を包んでいた。

 細身で長身。髪は縮れ毛の様にボサついており、顎髭の処理も適当と言わざるを得ない。更には、センスの悪い銀縁メガネを掛けていた。

 周囲から「所長」と呼ばれているその男は、大勢の研究員らしき男たちに混ざって研究所内を行ったり来たりしていた。そんな中ーーー

 

ピリリリリリリ ピリリリリリリ ピリリリリリリ

 

 仕事用の携帯電話が突如鳴り響いたので、所長は画面もろくに確認せず、気だるげに応答する。

 

「・・・ハイ、此方◯◯◯◯研究所ですが。」

 

《よぉ、久しぶりだな「下衆野郎」。》

 

 その「少女の様な声」だけで、所長は相手の名前を言い当てる。

 

「ボーデヴィッヒくんじゃあないか。いきなり「下衆野郎」とは穏やかじゃないね。」

 

《しらばっくれるな。『VTシステム』を内蔵させた張本人が。それなりの権限がある奴の中で、尚且つレーゲンとVTシステム双方の開発に精通しているのは、研究所では貴様だけだ。》

 

 早速問い詰めに掛かる若き軍人に対し、所長は尚も気だるげに返す。

 

「仕方がないさ、仕事なんだもの。」

 

 誰からの指示なのか、自身の独断なのかまでは言わず、所長は更に続ける。

 

「それより、データありがとね。拝見させて貰ったよ。・・・それで?他には何の用だい?」

 

《・・・》

 

 少しの沈黙を破って、ラウラは返答する。特に怒り狂った様子も無く。

 

《別に、今後の仕事仲間に「挨拶」をしたまでだ。》

 

「仕事仲間・・・って事は、()()()()()が出たんだね。」

 

 一夏と白式のデータ収集は、どちらかと言うと「表の任務」と言った意味合いが強かったのだ。そんな任務の内に隠された「真の任務」こそ、VTシステムの「完全制御」。

 悪い言い方をすれば、ラウラは良いように踊らされていたのだ。

 

 そして、つい先程下った「正式な指令」こそ、『シュバルツェア・シュトラール』の戦闘データ収集と言う訳だ。様々なISが集うIS学園なら、確かにデータ収集には打って付けかもしれないが・・・。

 そしてそのデータを、今後も所長が直接貰い受けると言う訳だ。

 

「ま、お互い「良い事尽くし」じゃないの。君は「戦闘データ収集」と言う名目で、シュトラールの調整や強化が出来る訳だし、「休暇を貰えた」と思えばいいんじゃない?。レーゲンとVTシステムの開発者である僕も、確実に表彰もんだしね。」

 

 他人事の様に、所長は軽口を叩く。結果次第では、惨劇も十分有り得たと言うのに。

 そんな何処か倫理観のぶっ飛んだ男に、ラウラは再度訊ねる。

 

《最初から解っていたのか?こうなる事が・・・。抑、何故態々IS学園で実験を?》

 

「まぁ成功確率は、君が一番高いと思っていたね。軍部にそう助言したのも僕だし。」

 

「だって『織斑千冬』だよ?常人なら望んで受け入れてしまうに決まっているだろう。」

 

 VTシステムの完全起動を果たすには、ISコアが強く求める「織斑千冬像」を拒絶する必要があるのだ。そうする事で己の「意思表示」を明確にしなければ、ISコアの要求に応じる「傀儡」になり果てるのみ。

 確かに、女性の憧れでもあり「力」の象徴でもある織斑千冬は、誰しもが望む姿なのだろう。それを拒絶出来る程強い“なりたい自分像”こそが、VTシステムの完全制御、延いては自分とISの「進化」に繋がるのだ。

 

「どれだけ除け者にされようと挫折しようと這い上がる、常人を遥かに凌駕した君の「メンタル」こそが、君が選ばれた最大の理由だ。科学者らしからぬ「考え方」かもしれないけどね。」

 

 しかし、理論や数字だけではISに通用しないのも事実だ。決して数値化出来ない“感情”も又、重要なファクターを占めている。

 

「IS学園に君を入れたのも、君の中にある「織斑千冬」像を崩壊させる為さ。」

 

 違う人生を歩んでいる彼女の「もう一つの顔」を見せる事で、ラウラの中にある「千冬のイメージ」を変えたかったのだろうか。

 何れにせよ、それでも成功確率が高い様にはどうしても思えなかったラウラは、その辺りの事も一応訊いておく。

 

《・・・もし私が失敗していたら、どうするつもりだったんだ?》

 

「夜逃げでもしてたかね。責任取りたくないし。」

 

《貴様・・・!》

 

 言葉の真偽は兎も角、ラウラはこの男の「こう言う所」が嫌いな様だ。無責任、無感情、適当。この男にはそれらの言葉が良く似合う。

 

「おっと、ここいらで失礼するよ?僕も暇じゃないんでね。あと一応言っとくけど、一度こっちにシュトラール戻してね。拡張領域のロック、解除してあげるよ。それじゃ、健闘を祈るね~。」

 

 その言葉を最後に、所長は通話を一方的に切る。

 

 今後、ドイツのIS事情は確実に変わっていく。それだけ、今回の功績は大きいのだ。

 アラスカ条約に定められている「特例措置」により、暫くの間ドイツに限ってはVTシステムの「私用・開発・研究」が認められるようになるだろう。当然細かな制約はかかるのだろうが、それでもこのアドバンテージは大きい。

 

 だからあながち、所長が暇でないと言うのは嘘ではない。

 ラウラが成し遂げた「VTシステム完全起動」と言う眉唾物のデータ。そのデータを基とした、更なるシステムの向上、開発に着手せねばならないのだ。

 上手く進めば、最終的にはVTシステムによる全ISの二次移行が可能となり、更には『織斑千冬(ブリュンヒルデ)』を完全制御下でトレースする事が出来るようになるかもしれない。

 

 

 世界を巻き込む大戦に、間に合えばの話だが。

 

 

(・・・そう言えば彼、IS学園で何かあったのかな?少し大人びた様な気がするけど・・・まぁどうでも良いか。)

 

 手に持つ端末を弄りながら、所長はそんな事を考える。

 確かに、所長が知る必要はない事なのかもしれない。

 “何”が切っ掛けだろうと、結局制御に成功したのはラウラ自身なのだから。

 

 

 

 

 

 話は再びIS学園に戻る。

 

 一年生の表彰式も終わり、多くの生徒たちは全アリーナの清掃を自主的に手伝っていた。

 

 その一人である相川は、ゴミ拾い用のトングを片手に、他愛の無い話を繰り出す。

 

「試合終わっちゃったねー。」

 

 対し、鏡も「そーだねー」と溜め息混じりに返す。彼女たちの「一言」には、目的を達成出来なかった事への「無念」が、色濃く残っていた。

 

 そんな中、本音はゴミの溜まった袋を持ったまま、僅かに青空の覗く空を見上げていた。

 

「ホラ本音!雲なんか数えてないで、手を動かす!」

 

 鏡がそう注意すると、本音はゴミ袋を縛ってゲートへと駆けて行く。

 

「チョ、ちょっと何処行くのよ?」

 

「ゴメ~ン、用事思い出しちゃった~。これだけ捨てて行くよ~~。」

 

 そう言い、本音は新しいゴミ袋を鏡たちに渡す。

 

「アララ、行っちゃったよ・・・。・・・清香?」

 

 相川はそんな様子の本音を見た後、改めて左手に持っているトングを見詰める。「こんな事をしている場合なのか」。彼女はそう言いたげに視線をトングから逸らすと、鏡に向き直る。

 

「・・・ゴメン、ナギっち。私も急用出来た。直ぐ戻るから!多分!」

 

 そうしてトングを渡された鏡は、苦笑いを全面に醸し出しながら「えー」とだけ発音した。

 

 

 

 1年生の表彰式が終わったのち、職員会議までの小休止中である千冬は、管制塔からフィールドを見下ろしていた。ただ何となく、されど意味有り気に。

 

コンコンコン

 

 感覚が常人よりも遥かに鋭敏な彼女は、背後の扉奥に相川が佇んでいる事など知っていたが、ノック音を聞いては流石に此方から開けるしかない。

 

「し、失礼しますぅ。織斑先生ぃ。」

 

 少々萎縮気味の相川を見て、千冬は無言ながらも入る様促す。

 

 

「それで?何の用だ?」

 

 相川用に緑茶を淹れながら、千冬は一応訊ねる。

 相川はありがたく頂戴した後、静かに答え始める。

 

「・・・・・・その、何だか急に織斑先生に会いたくなっちゃって・・・。あ、でも!鬱陶しかったら、今すぐにでも出て行きますので!」

 

 先にそう言われると、却って断り辛いのが人間の心情と言うもの。そうでなくとも、丁度千冬も話し相手が欲しかったのだ。

 

「好きにすればいいさ。私も、フィールドを眺めてただけだからな。」

 

「・・・どうして、フィールドを?」

 

 相川の問いを受けた千冬は、控えめに且つとても楽し気に笑った。

 

「・・・・・・思い出していたんだ。5日間の戦いをな。」

 

「どの戦いも凄まじかった。昔の私を思い出したよ。だが中でも一番心が躍ったのは、やはり決勝戦だな。」

 

 しかし、楽し気に語る千冬に対し、相川は少し意気消沈気味だ。「一番心が躍った戦い」が自分の試合ではなかった事に、予想通りとは言えやはりショックを覚えた様だ。

 

 決勝戦で思い出したのか、千冬は相川に「ある奇妙な質問」をする。

 

「なぁ相川よ。・・・お前はアルトランドとオルコット、どっちが「勝った」と思う?」

 

 質問の意図が、相川は解らなかった。「当たり前の結果」を答える前に、千冬の意図を必死に考える相川。

 しかし、どんなに頭を巡らしても答えは変わらず、「オルコットさんの勝ち」と言うしかなかった。

 

「・・・だろうな。いや、お前が正しいよ相川。・・・ただ、実際に戦った当人たちは、どう感じているのかと思ってな。」

 

 千冬がそこまで言っても、やはり相川は解らなかった。

 それは当然の事だ。相川の様な「策」で戦うタイプの人間にとっては、基本的に「ルール」と「結果」が全て。そして千冬が言う様に、それは「正しい事」だ。

 

 千冬の想いが読めない事に、相川はどうしても疎外感を覚えてしまう。自分は彼女の事を何も知らないのだなと、相川は改めて痛感した。

 

 だからか、彼女は話の流れを敢えてブッタ切る事にした。

 

「あ、あのっ、織斑先生はどう思いましたか!?私の試合!!」

 

 自分が千冬にどう映っているのか。それを知りたいが為の一言であった。

 

「うん?・・・率直に言わせて貰うと、良くも悪くも「ブッ飛んだ試合」だったな。フィールドを黒煙で覆い尽くすわ、更にはUGBを躊躇無く落とすわ、思わず声を漏らして身を乗り出してしまった位だ。ただ、フィールドの整備は大変だったそうだぞ?」

 

 今度は意地悪そうに笑いながら、千冬は自身の正直な感想を述べた。

 しかし、その「笑み」から千冬がどういう人間なのか、少しだけ解った様な気がした相川だった。

 

ーーーもっと貴女が知りたい。

 

 そんな事を考えている相川など構わず、千冬は尚も楽し気にIS戦(バトル)の感想を長々と言い連ねた。

 

 

 

「「ハァ・・・」」

 

 似た様に間の抜けた溜め息を漏らす、セシリアと鈴音。

 原因はやはり優勝者への「景品」にあるのだろう。

 

織斑一夏と付き合える。

 

 そんな根も葉もない噂に耳を傾けていた自分自身を、2人は強く殴りつけてやりたい気分なのだろうか。

 

「・・・アタシ、一体何の為に頑張って来たのかしら・・・。」

 

 溜め息交じりに、そうぼやく鈴音。それだけが優勝する目的ではないのだろうが、トホホと肩を落とす気持ちも解らなくもない。

 

「・・・それでも、私たちが優勝したと言う事実に変わりはありませんわ。・・・気持ちを切り替えましょう、鈴。」

 

 その通り。彼女たちが今大会の勝利者なのだ。だのに胸を張らないでいては、負けて行った者たちに失礼極まりないだろう。

 

 それに、まだやるべき事は残っている。それは「当の本人」に自分たちの優勝を伝える事だ。それで一夏がどんな反応を示すか、セシリアと鈴音は楽しみでしょうがないのだ。

 現に彼女たちは、今正に一夏の待つ保健室へと向かっていた。

 

 

 それは、丁度出店通りの終盤地点付近であった。

 

「「「「あ」」」」

 

 彼女たちと同じ方角に向かおうとしていた、大柄な青年と不愛想な少女に、偶然にも鉢合わせてしまった。

 

 

 

 

 

後編へ続く




次回予告:昭弘とセシリアが思い描く「勝利」とは・・・?そして、勝ち続けたセシリアを待ち受けていたモノとは・・・?

アレですよね、勝ったとしても納得できない事ってありますよね。まともな勝利を殆ど味わった事のない私が言うのもなんですが。
ラウラの一件は、この回を以て完全に片付けたつもりです。理系方面は全くの無知なので、何か「ふんわり」とした感じになってしまったかもですが。


次回でタッグトーナメント編は最終回です。
昭弘、セシリア、一夏がメインになる予定です。
どうにか上手い事、セシリアにのほほんさんを絡ませていければと思います。
シャルも必ず出します。折角の最終回ですし。

新編では当初の予定通り、一夏、シャルに焦点を当てていきたいと思っております。

▲ページの一番上に飛ぶ
Twitterで読了報告する
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。