IS~筋肉青年の学園奮闘録~   作:いんの

7 / 66
大変申し訳ございません。
私のヘマかバグのせいで、4話後編のデータが丸々消えてしまいました。恐らく、今現在執筆中のモノが、そのまま上書き保存されたのかと。
今後なるべく早く直して行きますので、初めて閲覧された方には本当にご迷惑をお掛けいたします。
前編・中編・後編に分けます。

追記:4話すべての編集と再投稿が完了いたしました!
   皆さん大変お待たせしてしまい、申し訳ございませんでした。


第4話 英国貴族の逆襲(中編)

ーーーーーーーーーー4月8日(金) 5時限目ーーーーーーーーーー

 

 その時間は、ISの『最適化処理(フィッティング)」に関する授業だった。

 ISには「最適化」という機能が存在し、操縦者に合わせて文字通り機体を最適化させるのである。

 先ず、操縦者がISを機動させている間、ISコアが操縦者の性格、体力、身体能力、体格、体重、血液型、五感、バランス能力等を読み取る。それらを情報としてIS側にフィードバックさせることで、IS側と操縦者側との間で生じている空中機動のズレを修復するのだ。

 この最適化処理を先に済ませておかないと、操縦者の思う通りにISを機動させることが出来ず、その為の安全処置として出力も大幅に抑えられてしまうのだ。

 因みに、最適化処理後は機体の形状が変化するのだが、これを『形態移行(フォームシフト)』と呼ぶ。

 ・・・というのが、この授業の要約である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー放課後ーーーーーーーーーー

 

 昭弘は映像資料室にて、セシリアとブルー・ティアーズの公式戦での試合映像に噛り付いていた。先程、真耶に部屋の案内をされ、その後真耶に情報資料室での閲覧許可を貰ったのだ。

 機体名は『ブルー・ティアーズ』。中距離・遠距離特化型のISで、まるで大海原からそのまま切り取ったかの様な美しい群青色の装甲を、両腕両脚に纏っていた。最大の特徴は4機の浮遊移動砲身「ビット」であり、操縦者からの脳波コントロールによって敵機を追い回し、四方から狙い撃つという恐ろしい兵器だ。

 

(・・・ビットの威力の低さと、ビットを操っている時は自身のISを動かせないのが弱点か。・・・・・・うし、戦術も凡そ纏まったな。)

 

 心の中でそんな感想を述べると、昭弘は映像資料室を後にする。昇降口に向かって廊下を歩いていると・・・。

 

「あっ!アキヒーだ~~。お~~~い。」

 

「ちょ、ちょっと良しなって本音!」

 

「こ、殺されちゃうよ!?」

 

 後ろから声が聞こえてくる。「アキヒー」・・・もしかして自分のことだろうかと思いながら、昭弘はゆっくりと後ろを振り向く。そこには、比較的小柄な少女が立っていた。

 

(・・・たしか同じクラスの、「布仏本音」・・・だったか?)

 

 僅かに茶色がかった桃色の髪をしており、両側頭部で小さく結んだ髪型をしていた。全体的な髪の長さは、ミディアム程度だろうか。

 

「ふ~やっと話しかけることができたよ~~。アキヒーで最後ぉ~~。」

 

 どうやらアキヒーとは、昭弘の渾名の様だ。しかし、何が最後なのだろうか。

 

「最後ってのは、どういうことだ?」

 

「話しかけた相手~~。今日一日でクラス全員とお話することが今日の私の目標~~。アキヒー教室に居なかったり、お勉強してること多いから、最後になっちゃった~~~。」

 

 そんな事の為に、自身に話しかけてきたのかと昭弘は思ったが、態々話しかけて来てくれたという嬉しさの方が遥かに大きかった。昭弘自身も、クラス中から怖がられているという自覚はあるのだ。昭弘は、微笑を浮かべながらお礼の言葉を贈る。

 

「そうか、態々ありがとうな。これからも、よろしく頼む。・・・にしてもすごいなお前、全員ってことは、あのオルコットにも話しかけたって事だろ?」

 

「そうだよ~。「媚び売りのつもりなら、私に構わないで貰えます?」って言われちゃったけど、めげずにもっともっとアタックしてみるよ~~~。」

 

 昭弘はそれを聞いて、「奴ならそう言いそうだな」と思いながら、本音の更に後方に視線を送る。そこには、明らかに自身に対して恐怖心を抱いている2人の女子生徒が震えながら立っていた。

 

(あいつらは確か、「相川清子」と「谷本癒子」だっけか。)

 

「あれ~~?2人共こっちおいでよ~~~。」

 

 本音にそう促され、2人は恐る恐る昭弘に近づく。すると、無理に引き攣った笑顔を浮かべながら名乗り出る。

 

「よ、よよよよよよよろしくお願い致しまする。相川清子でご、ございまする。」

 

「た、たたた谷本癒子でご、ございますっ!よ、よ・・・よ、よろしくお願いしまする。」

 

 そんな調子の2人に、昭弘は苦笑いを浮かべながら名乗り返す。

 

「昭弘・アルトランドだ。さっきは教室で、おっかない思いをさせちまって悪かった。気軽に話しかけてくれると嬉しい。」

 

「さて、オレはそろそろ部屋に戻らないとだな、色々と()()ことがあるんだ。布仏もオルコットへのアタック、頑張れよ。」

 

「ありがと~アキヒー。じゃあね~~~。」

 

 本音はそう言いながら、昇降口へと離れていく昭弘に、10cm程余った袖をブンブンと振った。

 

「アキヒーって無口だけど優しいよね~~。セッシーとも仲良くできればいいのに~~。・・・アレ~?何で2人共座り込んで白目なんか向いてるの~~?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 昭弘は茜がかった夕焼け空の下、寮へと歩を進めていた。寮へと近づくと、聞き覚えのある少女の怒鳴り声が聞こえてくる。

 

(この声は・・・箒か?)

 

 そう頭の中で声の主を予想すると、声が聞こえてくる寮の裏口へと進む。

 

「む?昭弘か。」

 

「オッス!アルトランド。お疲れーー。」

 

「おう、お疲れさん。」

 

 昭弘の予想通り、箒と一夏がそこには居た。一夏は芝生の上に座り込んでおり、箒がそれを見下ろしている形だった。

 

(アイツ達が来ている防具は確か・・・「ケンドウ」だっけか?アイツ達が今手に持ってるフルフェイスメットみたいなので、頭部を護るのか。)

 

 そんな風に頭を巡らせた後、昭弘は彼等に尋ねる。

 

「・・・んで?何してんだ、こんな時間に。」

 

「うむ。オルコットとの闘いに備えて、せめて一夏の武術面の勘だけでも取り戻そうと思ってな。」

 

 一夏は、早速訓練機の予約を1週間分職員室に申請しに行ったのだが、1週間でたったの30分しか、訓練機借用の予約が取れなかったのだ。

 訓練機の借用には、IS関連企業への就職に備える為か、2年生3年生が優先される。加えて、IS学園には訓練機も含めて精々30機程度しかISが存在しない。たった30分でも、1年生である一夏が訓練機を借りれたのは最早奇跡に等しい。

 

「んで勿論。結果はボロボロさ。オレは昔箒と一緒に剣道をやってたんだけど、中学じゃずっと帰宅部だったからさぁ。」

 

「いい訳無用だ!」

 

 そう言うと、箒は一夏の頭を竹刀で軽く叩いた。

 

「イテッ!!しょうがないだろ!バイトやら何やらで、色々と忙しかったんだよ!」

 

 その後、昭弘は箒の頭に軽く手刀を入れる。

 

「理由はどうあれ、箒。人の頭を竹刀で叩くな。」

 

「ムゥ・・・。スマン昭弘。」

 

「・・・・・・いや、オレにも謝れよ!?」

 

 そんなやり取りをしていると、昭弘がある提案を切り出す。

 

「武術面の勘か・・・。確かにそれも大事だが、先ずは体力作りと、「体幹」を集中的に鍛えるのもいいだろう。体力作りは当然として、どのスポーツでも体幹を使わない競技は無いだろうしな。精密なバランス感覚を求められるISなら、猶の事だ。」

 

「成程、体幹か・・・。」

 

 無論、今から1週間程度剣道や筋トレを繰り返したところで、付け焼刃程度にしかならないだろう。それでも、何もしないよりはマシだ。

 

「まぁでも、毎日剣道もやるんなら、「筋トレスケジュール」みたいなのを組んだ方がいいかもしれんな・・・。」

 

「それじゃあ、今から私と考えよう。一夏、お前はその間素振りでもしてろ!」

 

「あいよ!時間が掛かりそうなら、素振りの後にランニングでもしてくるぜ。」

 

「ああ、程々にな。」

 

 こうして、昭弘と箒による、一夏短期強化プランが話し合われた。

 

 

 そんな3人のやり取りを、寮の屋上から見下ろしている人影があった。茜色の夕日が、その人物の金色の髪を怪しく照らす。

 

「織斑一夏・・・。」

 

 否、当の人物「セシリア」が見ていたのは3人のやり取りではなく、素振りをしている一夏であった。

 

「唯一の・・・男性適合者・・・。」

 

 ふと、そんな言葉を呟く。その時のセシリアの表情は、一夏の真っ直ぐな瞳に見惚れている様にも見えた。

 

「・・・ッ!フン、まさか。」

 

 セシリアはそう自身に言い聞かせて、今自分が一夏に対して抱いている想いを即座に否定する。「ただ珍しいから意識しているだけだ」と。

 そう無理矢理自身を納得させると、踵を返して部屋に続く廊下へと歩を進める。

 

 

(・・・オルコットの奴、寮の屋上からコソコソと一夏のことを見てやがったな。何か用でもあったのか?)

 

 セシリアの動向は、昭弘にしっかりと察知されていた。箒と一夏には気付かれなかった様だが。

 

「おい、昭弘。ちゃんと聴いているのか?」

 

「ああ、しっかりと聴いてるさ。」

 

 昭弘と箒によるスケジュール作成は、思いの外時間が掛かっていた。

 放課後における真耶の予習も踏まえて、筋トレの時間帯を細かく調整しているのだ。

 

 ある程度話が纏まったのは、既に一夏がランニングへと出た後だった。

 昭弘は自室に戻って「ある事」を()()うと思っていたのだが、丁度箒に聞きたいこともあったので、そのまま一夏の帰りを待つ事にした。

 

「・・・なぁ箒、一つ聞いて良いか?」

 

「む?何だ?」

 

「お前は、織斑のどういう所に惚れたんだ?」

 

 その一言で、箒の仏頂面は大きく崩れ、誰の目から見ても明らかな程に顔を赤らめていた。

 

「なっ!?な、な、な、な何を言い出すんだお前はいきなりッ!?あ、あんな朴念仁に誰が惚れるかっ!!」

 

 あくまで強がる箒に対し、昭弘は苦笑を漏らしながら答える。

 

「ハハッ、何も隠す事は無いだろう。それに、今は当の本人も此処には居ない。なぁに、話の種ってヤツさ。無理に話せとは言わん。」

 

 昭弘がそう言うと、箒は顔を赤くしたまま、口を閉ざしてしまった。

 昭弘が「やはり無理か」と思った矢先、箒はポツリポツリと言葉を紡ぎ出す。

 

「・・・・・・あの時は未だ、小学校の低学年だったろうか。・・・私は当時から、武道の家柄もあって「男勝り」な性格をしていてな。よくクラスの男子から「男女」とか「リボン付けた男」とか言われて、馬鹿にされていたんだ。」

 

「そんな時、私を庇ってくれたのが一夏だった。「女の子にそんな事言うな」と、その男子たちを追い払ってくれたのだ。」

 

「・・・「一目惚れ」って奴か?」

 

「いや、少し違うな。そんな出来事がある以前から、私は同じクラスメイトとして一夏の事は知っていたしな。・・・私は多分、アイツの外面ではなく、「内面」に惚れたのだと思う。そして・・・それは今でも変わらない。私のアイツに対する想いは・・・。」

 

 昭弘はそれを聞いて、箒の事を「何処までも一途な女」だと思った。

 これだけの年月が経過しても尚、彼女にとっての一夏はずっと「あの時」の織斑一夏なのだ。昭弘は、恋愛に関しては未だ良く解っていないが、長い年月が経ってもずっと変わらない想いが、どれだけ尊いモノなのかは良く解っているつもりだ。

 昭弘は、そんな感想を抱いた後、自身の今の心境を語り出す。

 

「・・・そんだけ好きなら、尚更言葉に出して伝えないとな。」

 

「そっ、それが出来たら苦労しておらん!!」

 

 箒が駄々っ子の様に喚くと、昭弘は神妙な面持ちとなって更に語る。

 

「だが、言葉に出さなけりゃ、何も伝わらないのも又事実だ。相手が朴念仁の織斑なら、尚のことだろう。」

 

「それに・・・何だか勿体無い気がしてな。折角誰にも負けない位の「強い想い」を持っているのに、何時までも伝えられないってのはな。それは何と言うか・・・お前の気持ちが、お前自身が、酷く“不憫”だ。」

 

「・・・フンッ。また「御説教」か昭弘。」

 

「ああ、スマンな。」

 

 そう、少し反抗的な態度を取る箒ではあったが、本心では「その通りだ」と思っていた。それでも、「余計なお世話だ」と言う思いが前面に押し出されてしまったのだ。

 彼女と昭弘は、出会ってから未だ1日しか経ってないのだ。そう言いたくなるのは何も不自然ではない。

 

(全く・・・つくづく昭弘には、調子を狂わされる。他人の恋路など、放っておけば良いものを・・・。)

 

 そう思いながらも、箒は心の何処かで何故か“安心”していた。その安心感の正体は解らないが、少なくとも今迄箒が感じたことの無いモノだった。

 

 すると、丁度一夏がランニングから戻って来た。

 

「ハァ・・・ハァ・・・ただいまぁ・・・。話は纏まったか?」

 

 箒は当の本人が現れて慌てて意識を切り替えると、もう既に話が纏まった旨を伝えた。

 その後、少しだけ今後の事を3人で話し合うと、その日はもう解散となった。

 

 箒と一夏に別れの挨拶を告げた昭弘は、これから()()事に対して大きく胸を高ぶらせていた。

 

 

 箒たちと別れて自室である「130号室」前迄来た昭弘。因みに箒と一夏は隣の「128号室」であった。

 普通なら、男性同士である昭弘と一夏が同じ部屋となるだろう。そうならなかった理由は、簡単に言えば束が国際IS委員会に圧力を掛けたからだ。どの様な方法を取ったのかは不明だが、昭弘をIS学園に入学させた時と同じ方法であろう。

 一人部屋であるならば、束やT.P.F.B.と連絡が取りやすくなるし、昭弘がこれから()()事にも何ら支障を来さない。一夏は女子と同部屋で大いに混乱していた様だが。

 自室の扉を開いた昭弘は、部屋の大半を占拠している夥しい数の「筋トレ器具」を見渡して、怪しげな笑みを零す。

 ダンベル、バーベル、ハンドグリップ、プッシュアップバー、チンニングラック、シットアップボード、バランスボール、ベンチプレス、各種プロテイン等々、見ているだけで息苦しくなって来る様なそれらが悠然と並んでいた。

 

(にしても、バランスボールは念のため2つ調達しておいて良かったぜ。こいつを織斑に貸し出せば、バランストレーニングの幅が増えるな。)

 

 そんな事を考えた後、昭弘は直ちに意識を切り替えて、自身の「趣味」に没頭していった。

 

 

 

ーーーーーーーーーー4月9日(土)ーーーーーーーーーー

 

 昭弘と箒による特訓は、土日も関係なく続いた。

 

「脇が甘いッ!胴ォッ!!」

 

「グォオ!?」

 

「ハァ・・・ハァ・・・織斑、あと1kmだ、頑張れ。」

 

「ゼェハァ・・・ゼェハァ・・・・・・おうよ・・・ッ!」

 

 

 

ーーーーーーーーーー4月11日(月) 放課後ーーーーーーーーーー

 

「織斑。山田センセイの補修はどうだった?」

 

「ウーン・・・何となく解ってきた・・・様な気がする。」

 

「そうか、後でオレにもノートを見せてみろ。何か助けになれるかもしれん。」

 

「ああ!サンキューな、アルトランド。・・・そういや、箒は部活動見学とかはいいのか?」

 

「大丈夫だ。どうせ剣道部に入部することは私にとって決定事項だしな。仮入部期間中の今なら、多少抜け出しても問題はあるまい・・・多分。」

 

「多分て・・・。」

 

 

 

ーーーーーーーーーー4月13日(水) 放課後ーーーーーーーーーー

 

「どうだ織斑。『打鉄』を纏った感じは?」

 

《・・・やばいな。静止しているだけなのに、もう既にフラフラすると言うか・・・。》

 

「そうか・・・。まぁ最初はそんなもんさ。それじゃあ山田センセイ、後はお願いします。すんません、お忙しい中。」

 

《いえいえ!可愛い生徒の頼みですもの!これ位何のことはありません。》

 

「むぅ、私も訓練機を借りれたらなぁ。」

 

 

 

ーーーーーーーーーー4月14日(木) 放課後ーーーーーーーーーー

 

「良かったな一夏。専用機『白式』が間に合って。」

 

「おうよ!けどこれ、武装が「刀」しか無いみたいなんだけど、大丈夫かな?」

 

「刀だけの方が、お前らしくて良いんじゃないのか?」

 

「箒・・・何か適当言ってないか?」

 

(成程な。唯一の男性操縦者だから、データ取りも兼ねて、代表候補生でもない織斑に専用機って訳か。ISコアは束が男性用に再設定したのを、コッソリ摩り替えたってとこか?)

 

「まぁ兎も角、先ずは最適化処理だな。どうにか明日までに間に合わせるぞ。」

 

「「分かった!」」

 

 

 

 こうして、彼等3人の短い1週間は過ぎて行った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ーーーーーーーーーー4月15日(金) 放課後ーーーーーーーーーー

 

 放課後、4つのアリーナの内の1つである『アリーナA』にて『1年1組クラス代表決定戦』が行われようとしていた。

 観客スタンドには、思いの外大勢の生徒が集まっていた。今回の模擬試合は、特例で部活動中の生徒の観戦も認められているのだ。何せ「一国の代表候補生」と「世界初の男性IS操縦者」と「世界初(公式上)のMPS操縦者」という滅多にない対戦カードの組み合わせだ。試合を見学するだけでも、得られる物は大きいだろうという、学園側からの粋な計らいだ。

 

 場所は変わって、アリーナAのピットには既に千冬、昭弘、一夏、セシリアの4人が集まっていた。既に昭弘たち3人は、ISスーツにその身を包んでいた。

 千冬が説明した試合のルールはこうだ。

 先ず、試合は完全に1対1で行い、シールドエネルギーの枯渇、若しくは操縦者の戦意喪失(気絶等も含む)により、勝敗を決める。

 3回に分けて戦い、1回戦目で勝った者が2回戦目で3人目と戦う。もし2回戦目で3人目が勝てば、3回戦目でその者と1回戦目敗者が戦うという仕組みだ。しかし、もし3回戦目で1回戦目敗者が勝ったとしても、その時点で今回のクラス代表決定戦は切り上げとなる。他の2年生や3年生の為にも、それ以上アリーナAを貸切る訳には行かないのだ。

 そうなった場合は、クラスメイトからの推薦が最も多かった一夏がクラス代表ということになる。しかし、順当に勝ち進んだ場合に関しては、千冬は敢えて明言を避けた。もしここで「勝った者をクラス代表とする」と明言してしまえば、千冬の思惑は破綻する。

 

 千冬は粗方説明を終えると、試合の順番を決めるべく話を進める。

 

「試合の順番で何か希望はあるか?ピットからは管制塔の遠隔操作が無ければ試合映像が観れないから、順番で優劣が決まることは無いが。」

 

「私は特にございませんわ。」

 

「オレも無いッス。」

 

「オレは・・・1回戦目がいいかな。少しでも昨日の感覚を覚えている内に、試合に臨みたいし。」

 

「成程な。では先ず、織斑が1回戦目で、相手は・・・オルコットで良いだろう。クラス代表に一番意欲的なのはお前だ。お前が最初に出ておいた方が、クラスメイトからの心証も良いだろう。」

 

「分かりましたわ。では、その様に。」

 

 順番が決まると直ぐに、千冬は管制塔に続く道へと消えていった。

 その後、セシリアが一夏に対して啖呵を切りに来る。

 

「織斑さん?私に負けた時の言い訳、今の内に考えておいた方が宜しくってよ?」

 

 そんな風に言いながらも、セシリアの瞳は何処か輝いている様に見えた。まるで、気になる相手についちょっかいを掛けてしまうかの様な。

 

「そっちこそ、こんな初心者相手に苦戦なんかするなよな?代表候補生殿?」

 

 負けじと、一夏もセシリアに挑発で返す。

 セシリアはそんな挑発を鼻で軽く嗤うと、今度は昭弘に視線を移す。

 

「・・・」

 

 無言。一夏とは対照的に、唯々濁り切った憎悪の眼差しを向けるだけであった。

 昭弘はそんなセシリアに動じること無く、普段の仏頂面を貫き通す。

 

 

 セシリアが反対側のピットに移動した後、昭弘は一夏に激励の言葉を贈った。

 

「大丈夫だ織斑。さっきお前も感じたとは思うが、オルコットは明らかに慢心している。きっと良い試合運びができるさ。」

 

「ああ!その・・・ありがとなアルトランド、今迄色々と。」

 

 そう返す一夏に対し、昭弘は無言の微笑みで軽く頷いた。

 

 昭弘の微笑みを見て安心した一夏は、早速フィールドに飛び立つべく、右手首に嵌めてある「白い腕輪」に意識を集中させる。忽ち、青白い粒子が一夏の全身を包み込み、その粒子が純白の装甲へと変わっていく。

 

(・・・全く、いつ見ても信じられんな、ISってのは。あんな小さい腕輪に、一体どういう原理であんな馬鹿デカい装甲を捻じ込んでるんだか。)

 

《織斑及び白式、発進準備完了。どうぞ!》

 

 そんな今更どうでもいい事を考えていた昭弘は、管制塔からのアナウンスで我に返る。

 

《んと・・・それじゃあ。織斑一夏、白式、行きますッ!》

 

 そう言った後、一夏は昭弘に対して右手の親指でサムズアップをし、1対の巨大な機械翼を羽ばたかせながらフィールドへと飛び立っていった。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。