遥かな、夢の11Rを見るために   作:パトラッシュS
次の話 >>

1 / 22
夢の中で

 

 

 これは異世界から受け継いだ輝かしい名前と競走能力を持つ“ウマ娘”が遠い昔から人類と共存してきた世界で活躍するお話。

 

 そんな、彼女達が通うトレセン学園、その門を新たに開こうとする一人のウマ娘がいた。

 

 その名は…。

 

 

「…はぁ…。憂鬱だなぁ…ほんと」

 

 

 アフトクラトラス。

 

 それが、彼女の名前である。ギリシャ語で皇帝という意味だ。

 

 皇帝という名を冠する将来を渇望されている彼女はこのトレセン学園の門を叩こうとしていた。

 

 だが、彼女は顔を引きつらせたままどうしようかと現在、生徒会室の前で右往左往している最中である。

 

 

 黒髪の中に目立つ蒼く目立つパールブルーの毛先。そして、青鹿毛特有の黒く鮮やかな尻尾に耳。

 

 綺麗にぱっちりとした二重の目に、人形の様に小さく整った容姿に綺麗な白い肌。そして、やたら自己主張が激しい胸。

 

 

 そう、これが私、アフトクラトラスである。

 

 

 こうなった事の経緯を説明すると、私はいわゆる競馬をこよなく愛する普通の社会人だった。

 

 

 私の好きな馬は古くはテンポイントやトウショウボーイ。キーストン、シンザン、そして、時代を少し行けば、サクラスターオー、ライスシャワー、ナリタブライアン、ミホノブルボン等、挙げれば多分キリがないだろう。

 

 

 もちろん、彼らのレースに足を運んでは馬券を握りしめて鉄火場である競馬場で彼らの勇姿を見届けた。

 

 そうして、いつも、競馬場に足を運んでいた私は競馬でスターホース達に夢を与えられ、そして憧れていた。

 

 瞳を閉じれば、あの名馬達の姿が今でも目に浮かんでくる。夢の11Rをいつも想像していた。

 

 大好きな騎手もたくさん居て、その騎手が、G1をはじめて取り、嬉しさから涙した日には私も何故が自然に涙が溢れ出てきた。

 

 そんな私は、長年働いてきた会社を退職し、ふと、いつも馬券を買っては馬を応援していた競馬場に足を運んだ。

 

 その日の競馬場は賑やかで、どこか、自分がいつも馬券を握りしめて訪れていた、あの日、あの時の情景が目に浮かぶようだった。

 

 

 できるなら、もう一度、彼らに会いたい。

 

 

 競馬で行われているレースを眺めていた私はそう願った。

 

 叶うはずもない願い、取り組んでいた仕事に対しても情熱を注いでこの競馬場で走る馬達のように全力で毎日を私も駆けていた。

 

 そうして、私は静かに競馬場で目を瞑る。

 

 

 そして、次に目を開けたその時にはーーー。

 

 

 私は一人、青空が広がる広い草原の中に立っていた。

 

 気づけば、耳に尻尾も生えていて、歳を取っている筈なのに顔を触れば肌はすべすべしていた。

 

 

 なんと若返っていたのである。

 

 更に付け加えるならば、肝心な下部のところは綺麗さっぱり大事なものがなくなっていた。

 

 

 状況が分からぬまま、私は草原で、記憶がフラッシュバックする感覚に襲われた。

 

 それは、自分は一体何者なのか? そして、この世界はどういった世界なのか?

 

 まるで、記憶が流れ込んでくるような不思議な感覚だった。

 

 それからしばらくして、私はウマ娘としてこの世界で生を新たに受けたことを悟るに至った訳だ。

 

 この世界の私には、義理の母が居て、その母と二人で住んで居たらしい。

 

 義理の母はかなり厳しい性格の人だった。一言でいうならスパルタ母である。言葉の通りだ。

 

 新たに違う世界で生を受けた私はこうして、アフトクラトラスという名を名乗ることになった。

 

 そして、その義理の母からは相当厳しく鍛えられる事になった。もはや、走るのが楽しいとかそういう次元ではないレベルで。

 

 そして、時間は流れ、いい年に成長を遂げた私は現在、トレセン学園の生徒会長室の前に立っているわけである。

 

 

 なんというか、流れが端折っている箇所は多いが大まかな流れはこんな感じだろう。

 

 

 私は基本、面倒くさがりで熱血体育会系というわけでもなく、どちらかといえば、もう仕事もやりきって退職したし、楽がしたいと思っていたところなのだ。

 

 それが、なんということか、スポ根丸出しのこの世界で、目を覚ましたその時から義理の母からは三冠取ってこいだのと尻をしばかれ。

 

 

 ある時は、『お前は欧州で凱旋門取るんだよ! やれ! あと坂路追い込み500回!』など、この人、ターミネーター育てた厩舎のあの人乗り移ったんじゃないの? というくらいスパルタに鍛えられた。

 

 

 義理の母の名前を調べたら遠山試子という名前だった事、そして、義理の母が『私が今、トレセン学園にいるミホノブルボンを育てあげた』と豪語した事から、私はその時点で、あっ…(察し)、となってしまった。

 

 

 そりゃ厳しいわけだよと思わず涙が出てくる。

 

 しかし、気づいた時にはもう、逃げようにも逃げようが無いので私はひたすら超鬼調教をこなす毎日を送る羽目になった。

 

 そのおかげで私の脚の筋力は元コマンドーの大佐くらいの量は間違いなく付いたと確信できる。

 

 そう、絶え間ぬスパルタ特訓のおかげか筋肉モリモリマッチョマンの変態って言われるくらいには鍛えられた訳だ。

 

 私の太ももは見た目は一見して白くてすべすべしてそうだが、中身はギッシリした柔軟性のある筋肉となっている。

 

 私の義理の母曰く、白くモチモチしてるらしい、モチが粘っているみたいとも言っていた。どっかの競走馬かな?

 

 さて、そういうわけで私は生徒会室を訪ねるか否か迷っている真っ最中というわけである。今日が転入初日なので訪ねなければならないのだが…。

 

 ウマ娘としての実感というのが、今にして湧いてきている。

 

 トレセン学園の生徒名簿を見た時は度肝を抜かれた。

 

 まさか、生徒会長がシンボリルドルフで、あのライスシャワーやナリタブライアンが女の子になっていたのだから。

 

 いや、私も今は女の子なんだけれども。

 

 退職するくらいいい年した人間がこんな女の子になるなんて、予想もしていなかった。

 

 そして、その頃の記憶も、もう最近では曖昧になりつつある。

 

 以前の競馬に関する記憶は問題ないが、私のアフトクラトラスになる前の普通の社会人の人間だった時の記憶が時間が経つにつれて消えかかってきているのだ。

 

 これが修正力というものかどうかは定かではないが、あまりいい気分ではない。

 

 

 さて、話を戻そう。そう、問題はルドルフ会長との面会である。

 

 なんと言って訪ねて良いものやら…。

 

 

「…? 君、生徒会室の前で何をやってるんだい?」

「………」

 

 

 はっ…! そうだ! こうなったらバックれて明日、改めて来よう! なんか居そうにないし!

 

 よし、帰ろう、寮にも挨拶しなきゃだし! 明日でいいよ! 明日で!

 

 そう思って、私がその場から立ち去ろうと足を動かしたその時であった。

 

 

「君だよ、君」

「ひゃいっ!? はっ…! い、いつのまに背後に…っ!?」

「さっきから居たんだがな、君かい、転入生っていうのは?」

 

 

 気品あふれる雰囲気を撒き散らし、白い三日月に似た前髪の一部にメッシュが入っている女性が私の肩にポンッと手を置いて居た。

 

 そう、彼女こそ無敗で三冠を達成し、生涯史上初の七冠を制覇した馬の名を冠するウマ娘。

 

 シンボリルドルフ、その人である。

 

 皇帝と呼ばれる彼女からは私の肩越しにあふれんばかりの強者のオーラが滲み出ていた。

 

 

「話は聞いている、ひとまず部屋に入り給え」

「…は、はいっ…! 失礼しま〜す…」

 

 

 そう言って、恐る恐る、生徒会室に招かれる私は席に座らされる。

 

 私はルドルフ会長と対面する形で向かい合う形で座る事になった。

 

 あのルドルフが生徒会長…、なんというか、見た感じに凄い違和感を感じる。

 

 しかし、私は紛れもなく、これはあのシンボリルドルフだと確信が持てた。

 

 それは彼女が身に纏う気品と圧倒的強者であることを感じさせる雰囲気がそうさせている。

 

 

「明日から転入だったな、アフトクラトラス、寮の方にはもう話はしてある。今日からよろしく頼むぞ」

「え、えぇ、はい…」

「…君の話は聞いてはいた。無敗の皇帝だそうじゃないか」

「…誰が言ったんでしょうねぇ〜…?」

 

 

 そう、私が生徒会長室に入りにくかったのはこのあだ名のせいなのだ。

 

 異名というか、アフトクラトラスという名の通り、ギリシャ語で皇帝というこの名前、目の前にいるルドルフ会長が皇帝だというのに同じ異名で被っているのだ。

 

 無敗の皇帝という異名というのは、会長に対しての挑戦状みたいなものである。

 

 ルドルフ会長から煽ってんのかテメーと言われても何にも言い返す言葉がない。

 

 なので、私は現在、ひたすら目を泳がせているわけである。

 

 

「皇帝…か…、君とは一度レースで…」

「いえっ! お気遣いなくっ! 第三者が勝手に付けた名前なんでっ! はいっ!」

「ふっ…そうか、共に皇帝の名を冠する者同士、切磋琢磨できるような関係になれたら良いな」

「ソ…ソウデスカ…」

 

 

 そう言って、私は冷や汗をダラダラと流しながら真っ直ぐにこちらを見てくるルドルフ会長から視線を逸らす。

 

 やっぱり、意識していらっしゃった。それはそうだろうとは思ってはいたけれども、なんだか泣きそう。

 

 なんで、こんなややこしい名前を付けたんだ私の母、せめてハリケーンランかフランケルあたりにしてくれたら被らなかったのに!

 

 すると、ルドルフ会長は真っ直ぐ私を見据えたまま、こんな質問を投げかけ始める。

 

 

「さて、ここで質問なんだが…、君がこの学園に入る目的とはなんだ?」

「えーと…、そうですね…」

 

 

 なんと言ったら良いだろう。

 

 下手な事を言ったら胸ぐら掴まれて頭突きされそうだ。

 

 義理の母から言われて、欧州三冠や日本三冠のダブル三冠を目指しに来ました、なんて、今の私が口にすればレースを舐めるなと言われるのは明白だ。

 

 私はふと、ルドルフ会長の真っ直ぐな視線を逸らしながら、目を泳がせて思案する。この緊張感は新卒の面接以来ではなかろうか?

 

 そして、絞り出した答えが…。

 

 

「セ…セクレタリアトさん…に憧れてですかね…。あんな、強いウマ娘になりたいなって思いまして…」

「!!…セクレタリアト! …そうか、あのベルモントステークスで31身差をつけた伝説的なウマ娘か…。なるほどな」

「は、はいっ!」

 

 

 よし、なんとか誤魔化せた!

 

 あんな化け物じみたウマ娘目指すとか頭沸いてるんじゃ無いか? と心配されるかと思っていたが、意外と好感触で助かった。

 

 あくまで憧れだからね、目指すわけじゃ無いもんね。

 

 目の前にいるルドルフ会長はニコニコと笑みを浮かべると再び話を戻すようにこう話をしはじめる。

 

 

「さて、宿舎の話だな。今日から君には寮に入ってもらう事になるんだが…、三人合同部屋になるが構わないか?」

「へっ…? 三人部屋ですか?」

「そうだ、現在、宿舎の部屋が丁度増築中でな。しばらくは三人部屋になる、すまない」

「い、いえ!? むしろ賑やかで問題ありませんし! はい!」

 

 

 ルドルフ会長はそう言うと申し訳なさそうに私に頭を下げてきたので、私は慌てて、ルドルフ会長に対して左右に首を振り告げた。

 

 まさかの三人部屋か…。

 

 それからしばらくして、私はルドルフ会長が呼んでくれた、黒髪で同じ女の子かな? と疑うくらい凛々しい、一言で言えば宝塚の劇場が似合いそうな、フジキセキ先輩に連れられ部屋に案内された。

 

 道中、色んなウマ娘の視線がやたらとこちらを向いていたのでなんだか歩き辛い。

 

 

「部屋はここだ、今日から君の部屋でもあり、そして、仲間達と一緒に過ごすことになる」

「は、はい…」

 

 

 恐る恐る、部屋を開かれてフジキセキ先輩からそう告げられる私。

 

 その中に居たのは、二人のウマ娘だった。

 

 一人は部屋だというのに薄着で懸垂を行なっており、綺麗でしなやかな身体からポタリポタリと汗が零れ落ち、湯気が立ち上っている長い栗毛の髪色をした少女。

 

 そして、もう一人は小柄で全体的に綺麗な黒髪が映える跳ねっ毛がある少女が椅子に座っていた。

 

 彼女達はピタリと動きを止めると、扉を開いたフジキセキ先輩と私に視線を向けた。

 

 

「紹介しよう、彼女達はミホノブルボン、そして、ライスシャワーだ。今日から君の先輩であり同居人だから仲良くするようにね? ポニーちゃん」

 

 

 フジキセキ先輩に二人を紹介された私はピタリっと動きと思考が止まった。

 

 ミホノブルボンにライスシャワー…だと。

 

 あの、サイボーグと淀の刺客と同居だって聞けば誰だってそうなるだろう。二人共に間違いなく一級の…化け物達だ。

 

 

「貴女が噂の…」

「よ、よろしく…お願いします」

 

 

 それが、ウマ娘となって自分の目の前に立っているのだから、言葉が湧いてこない。

 

 光が窓から差し込み、まるで、光明がかかっているかのように私の前にいる二人は輝いて見えた。

 

 今年、クラシックレースを戦う怪物二人、この二人と同室であるという非現実が私をどうしようもなく胸をざわつかせていたからだ。

 

 

 ーーーこれが、私の運命を大きく変えた二人の先輩との初めての邂逅であった。








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。