遥かな、夢の11Rを見るために   作:パトラッシュS
<< 前の話 次の話 >>

11 / 22
ブライアンのヌイグルミ

 

 

 唐突だが、私は現在、お風呂にて死に体になっている。

 

 理由は言わずともわかるだろう、生死の境を彷徨ったからだ。坂路に次ぐ坂路、トレーニング、地獄の併走、思い出すだけで目が回る。

 

 あの体育会系でバリバリの叩き上げ上等! のバンブーメモリー先輩ですら根を上げてしまうようなキツいトレーニングを今の今までこなしてきた。

 

 ミホノブルボン先輩に義理母が加わったトレーニングなんてそりゃもう、壮絶ですよ。

 

 私の身体は限界値を超え、さらに、無理矢理いじめ抜いたのだからもうボロボロである。

 

 

「あ〜…気持ちいいんじゃ〜…」

 

 

 お風呂に浸かる事が、ここ最近では唯一の癒しだ。ボロボロになった身体もトレセン学園が誇る、大浴場のお風呂に入れば多少なりともマシにはなる。

 

 そんな中、私が気持ちよくお風呂に浸かっていると、何やら、大浴場の扉が開き、横にいきなり誰か浸かってきた。

 

 あふん、油断していた。

 

 そうでしたね、私だけ貸切のお風呂なんてありませんよね、そりゃトレセン学園が誇る巨大浴場だもの、誰か入って来ても不思議ではない。

 

 私は横に入ってきたウマ娘に視線を向ける。

 

 扉から入って来た時は湯気で姿がはっきりしなかったが、だんだんとその姿を目で確認することが出来た。

 

 鼻のあたりに白いシャドーロールが付いていて、なおかつ、長くて綺麗な黒鹿毛の髪、それを見た私は隣に入って来たのが誰なのかすぐに察した。

 

 そして、察した私を見て、彼女はクスリッと笑うとこう話をしはじめる。

 

 

「随分とボロボロじゃないか、アフトクラトラス」

「…そりゃ、あれだけトレーニングさせられたらそうなりますよ、ナリタブライアン先輩」

「ははは、そうか、確かにそうだな」

 

 

 そう言いながら、私の横にやってきた彼女は納得したように笑い声をあげる。

 

 この綺麗な身体をした先輩はシャドーロールの怪物と名高い、ナリタブライアン先輩である。

 

 ちなみに胸も私同様に怪物並みなので、侮るなかれ、これはもはや凶器である。

 

 私も人の事は言えないのだが、まあ、そこは良いだろう。

 

 すると、ナリタブライアン先輩は湯船から立ち上がると、私の肩をポンと叩くとこう話をし始めた。

 

 

「今日も死ぬほどトレーニングしたらしいな? 強者が増えるのは嬉しい事だ。私の姉貴もそうだが、お前と私はどこか似たもの同士かもしれないな」

「うーん、言われてみればそうかもしれませんね、姉弟子は桁違いの化け物ですし、でも、ブライアン先輩、せめて、前は隠してください前は」

 

 

 そう言いながら、私は前を全く隠そうとしない漢らしいブライアン先輩に突っ込みをいれる。

 

 尻尾が左右に揺れているのを見る限り上機嫌なのはよく伝わるのだが、私としてもこの状況は反応に困る。

 

 

 ナリタブライアン。

 

 史上5人目の三冠ウマ娘であり、クラシック三冠を含むGI5連勝、10連続連対を達成したのは有名な話だ。

 

 シャドーロールの怪物と言えば、この人というくらい、ミホノブルボン先輩かそれ以上に化け物じみたウマ娘である。

 

 クールな不良や一匹狼的な人物が口に草をくわえるのはよく見かけるが、このブライアン先輩もよくそれをやっている。

 

 彼女にバット持たせたらドカベ○に居そうだなとか私は思ったりしたものだ。それか、スケバンの格好したらなんか似合ってそうである。

 

 さて、話は戻るが、ブライアン先輩に誘われた私はそのまま何故かサウナに直行し、並んで座っている。

 

 そして、ブライアン先輩は減量を兼ねて私を連れて入った風呂場のサウナの中でこんな話をしはじめた。

 

 

「…でだ、アフトクラトラス。私は似たもの同士であるお前についてちょっとした頼みがあってだな」

「ほうほう」

 

 

 そう言って、ブライアン先輩の言葉に相槌を打つ私。

 

 まあ、確かに私も姉弟子であるミホノブルボン先輩が居て、ブライアン先輩にもビワハヤヒデ先輩という凄まじく強い姉がいる。そういった点で言えば似た者同士と言えばそうかもしれない。

 

 互いに強い姉がいるというのは何というか共感できる部分はあるかもしれない、私は姉弟子から振り回されてばかりだけれども。

 

 しかし、それで私に頼みというのは何だろう? 姉妹間の悩みとかいうやつだろうか?

 

 すると、サウナの隣に座るブライアン先輩は私にこう語りはじめる。

 

 

「互いにすごく強い姉がいる同士、こうして、今はサウナで共に汗を流しているわけなんだが」

「そうですね、私はなんか強引に肩を組まれてサウナに連れ込まれたような気がするんですけど」

 

 

 そう言いながら、汗を垂らしつつ、ブライアン先輩の話に耳を傾ける私。

 

 何もおかしな事は言っていない、事実である。

 

 何故、私はこうも他のウマ娘からよく絡まれるのだろうか、やっぱり生まれ持ったカリスマ性が凄すぎるからですかね?

 

 ごめんなさい、調子に乗りました。違いますね、はい、わかってます。

 

 皆さんは義理母には内緒にしといてください、下手したら坂路でのトレーニングの数が有り得ないほど増えますから。

 

 そして、ブライアン先輩に私がサウナに連れ込まれたからといってやましい展開はもちろんありませんよ、はい、ウマ娘同士で何かする訳でもありませんしね。

 

 そんな中、ブライアン先輩は打ち明けるように私にこんな話を語りはじめた。

 

 

「そこでだ、お前に頼みというのは私が寝るまでのヌイグルミの代わりになってくれないかと思ってな…」

「ちょっと何言ってるかわからないです」

 

 

 キリッとした表情で告げてくるブライアン先輩の一言に真顔でそう突っ込みを入れる私。

 

 いや、似通った部分があって、シンパシーを感じるのはわかる。少なくとも私も確かにブライアン先輩とはなんか似通ってる部分はあるなーとは思ったりはした。

 

 そして、それをきっかけにライバルとして切磋琢磨しよう! なんて言われるのも理解できる。

 

 だが、お気に入りのヌイグルミの代わりになってくれと言われるなんて誰が予想できようか、しかも蒸し暑いサウナの中である。

 

 わけがわからない、どうしてそうなった!

 

 そんな中、ブライアン先輩は私の肩をガシッと掴むと目を真っ直ぐに見据え、こう語りはじめた。

 

 

「私は実はオバケや怖い話が大嫌いなんだ。そして、ヌイグルミを抱いていないと寝れない! 夜は…ほら、出るかもしれないじゃないかっ!」

「いや!? それなら何故、私なんですかっ! ヌイグルミを普通に抱けばええやろがい!」

 

 

 そう言いながら、私は肩を掴んでくるブライアン先輩に顔を引きつらせながら告げる。

 

 どうしてその結論に至ったんだ! おかしいでしょう! ヌイグルミですよ! 私はヌイグルミ扱いかっ!

 

 そんな中、ブライアン先輩はがっくりと項垂れながら、お願いをする私に対してこんなことを語りはじめた。

 

 

「…それが…、長年の付き合ってきたヌイグルミがボロボロになってしまってな…。ゴールドシップの奴からお前の抱き心地がかなり良いと話を聞いて、これだっ! と…」

「やっぱりあいつかぁ! 発信源はぁっ!」

 

 

 私はブライアン先輩の言葉に思わず声を上げてしまった。

 

 あのタイ○二ックめ! 余計な事を言いよってからに! その結果、ブライアン先輩からヌイグルミの代わりをお願いされてるのか私はっ!

 

 これだ! じゃないよ、何、新発見したみたいな感じで私を普通にヌイグルミ代わりにできる!みたいになってるの!? 新発見でもなんでもないよっ!

 

 しかしながら、先輩の頼みを無下にできるほど私も無慈悲なウマ娘ではない、こうも、あのナリタブライアン先輩からお願いされては断るにも断り辛い。

 

 これはどうしたものかと私も思わず頭を抱えてしまう。

 

 しかも、サウナで迫られるようにお願いされてるのでナリタブライアン先輩からの圧が凄い、これが三冠ウマ娘のプレッシャーというやつなのだろうか。

 

 こんなところで三冠ウマ娘の圧力使ってんじゃないよ! もっと別のところで使うものでしょうがっ!

 

 しばらく、色々と思案して考えた結果、深いため息を吐いた私は肩を掴んで頼みごとをしてくるブライアン先輩にこう話をしはじめた。

 

 

「わかりました、わかりましたよ。仕方ありませんからしばらくの間ならお引き受けしましょう」

「!?…本当か! それは助かる!」

「その代わり力余って、寝てる間に首しめないでくださいよ?」

「あぁ!! もちろんだとも!」

 

 

 こうして、私はナリタブライアン先輩の寝る際のヌイグルミになることになってしまった。

 

 なんでかなぁ、どうして断れないんだろうか。

 

 いや、確かにナリタブライアンも私個人としては憧れ的な意味合いで好きなウマ娘ではあるのだけど、私の扱いがヌイグルミ代わりですもんね。

 

 そうか、全てはこの身長のせいか、ちくしょうめっ!

 

 抱き心地が良いと言われるのは、身長差的に絶対しっくりくるからだろ!

 

 なんかそう考えたらちょっとだけ悲しくなってきた。

 

 というより、ブライアン先輩のあの前振りは果たして意味はあったのだろうか?

 

 確かに私にヌイグルミ代わりになってくれと頼むのは頼み辛いのはよくわかるが、わざわざ風呂場でする話だったのだろうか…。

 

 とはいえ、こうして話がまとまった以上は致し方ない、私は今日からウマ娘という名の抱き心地が良いヌイグルミになるのだ。

 

 風呂から上がった私はひとまず、パジャマに着替えるとナリタブライアン先輩と共に寝室に連行されることになった。

 

 そうして、ナリタブライアン先輩から部屋に案内された私は扉を開く彼女の後に続く。

 

 

「今帰ったぞー」

「おー、お帰りー…って、ブライアンお前、なんでアフトクラトラスが一緒に居んだよ」

 

 

 そう言って部屋に居たのはブライアン先輩と同室のヒシアマゾン先輩だった。

 

 ちなみに、ナリタブライアン先輩とヒシアマゾン先輩は私やミホノブルボン先輩達とは異なり、寮の二人部屋を共同で使っている。

 

 よくよく考えたら、ブライアン先輩、ヒシアマゾン先輩をヌイグルミ代わりにしたらよかったんじゃないか? と今にして私は思う。

 

 すると、ナリタブライアン先輩は私の背後に回り込むと背後から手を回し、ヒシアマゾン先輩にサムズアップしてこう話をしはじめた。

 

 

「アマさん、ヌイグルミの代わりを見つけてきた」

「何言ってんだお前」

 

 

 そう言って、冷静にナリタブライアン先輩に突っ込みを入れるヒシアマゾン先輩。

 

 そうだよね、それが普通の反応ですよね、抱き心地が良いからとお願いされたんですよ、もっと言ってやってください! ヒシアマ姉さん!

 

 当たり前の話である。ブライアン先輩と同室のヒシアマ姉さんからしてみれば、なんでどっからか拾ってきたみたいな感じで後輩を連れてきてヌイグルミを見つけたみたいに言われてるんだってなるのは普通の事だ。

 

 だが、ナリタブライアン先輩は冷静に突っ込みを入れるヒシアマゾン先輩に対して、こう話をしはじめた。

 

 

「そうか、アマさんにはわからないか…。女子力低そうだから仕方ないな」

「お前から女子力低いって言われるとなんだかわからんが異様に腹立つな、おい」

「いや、いいんだ、皆まで言わなくても」

「だーかーら! なんで何かを悟ってんだよ! おかしいだろうがー!」

 

 

 そう言って、 呆れたように首を振るナリタブライアン先輩にうがー! と声を上げるヒシアマゾン先輩。

 

 ヒシアマ姉さんや、もっと突っ込むところあるでしょう? 私がヌイグルミ扱いされてるところとか、ほら?

 

 しかしながら、妙にナリタブライアン先輩が私を後ろから抱えている絵面が違和感が無いのかそう言った突っ込みはヒシアマ姉さんからは一切なかった。なんでや。

 

 そうしているうちに、ヒシアマ姉さんはため息を吐くと呆れたようにこう告げはじめる。

 

 

「たく…。まあ、いいか。とりあえずヌイグルミの代わり見つかって良かったな、ブライアン」

「あぁ、これで心置きなく安眠できる」

 

 

 そう言って、ヌイグルミの代わりを見つけてほっこり顔のナリタブライアン先輩。

 

 おい、何にも良くないよ、なんで何にも言わないんですかっ! おかしいでしょうよっ!

 

 ちょっとヒシアマ姉さん諦めるの早くないですかね、めんどくさいからもういいやって感じになってるの丸わかりなんですけど、なんでそんなに雑なんですかね。

 

 ちなみに、ミホノブルボン先輩達には既にナリタブライアン先輩から話を通しているらしい。

 

 姉弟子よ、もうちょっと貴女からも何か言う事はなかったのですか? いや、坂路をもっと増やしたいとかは聞いてないです。

 

 確かに私の扱いが雑なのは、今に始まった事ではないですけれども!

 

 こうして、私はナリタブライアン先輩のヌイグルミ代わりとして彼女の寝室にて抱かれたまま寝るという事になってしまった。

 

 昼間はキツイトレーニングをこなし、そして、夜はナリタブライアン先輩の抱きヌイグルミ役。

 

 私に安住の地は果たしてあるのだろうか。

 

 やたら頭の上に当たる胸、そして、背後からナリタブライアン先輩に抱かれたまま、パジャマ姿の私は疲れからか一瞬で眠りに落ちた。

 

 一癖も二癖もあるトレセン学園の先輩達とこうして関わりながら、私はいろんな経験を積んで成長していくのだろう。

 

 

 そして、ミホノブルボン先輩とライスシャワー先輩が激突する皐月賞を迎える前に私のOP戦がいよいよ、近づいてきた。








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。