遥かな、夢の11Rを見るために   作:パトラッシュS
<< 前の話 次の話 >>

4 / 40
デビュー戦

 

 

 幾多の壮絶な坂路を越えて、いよいよ、私のデビュー戦の日を迎えた。

 

 身体に染み付いた坂路、そして、過酷な筋力トレーニングにつぐ筋力トレーニング。

 

 さらに加えて、遠山式の鬼の追い込みトレーニングをこなした私の身体は更に磨きがかかっていた。

 

 そして、パドックのステージに立った私は鍛え抜いた身体を皆に披露する。

 

 見世物みたいになるのは不本意だが、ウマ娘として、鍛え抜かれた身体を見たがるファンもいるのでそこは致し方ない。

 

 

「3枠3番、アフトクラトラス」

 

 

 アナウンスが流れ、それと同時に入場をはじめる私。

 

 見よ、民衆よ。私がしごきにしごかれて身体をいじめにいじめ抜いたこの身体を!

 

 多分、こなした坂路の数はここのレースに出てるどのウマ娘よりもこなしたと思う(震え声。

 

 すると、私の身体を見ていた観客からはこんな声がちらほらと上がり始めた。

 

 

「…おいおい、マジかよ…」

「一見スラっとしててグラマラスだと思ってたけど凄い身体ね…」

「あれヤベーって…、凄い引き締まってるし」

 

 

 まさかのドン引きである。

 

 大丈夫ですよ、私の太もも試しに触ってみてくださいモチモチしてますから。

 

 胸もぷよぷよしててかなり柔らかいですよ、胸は触ったら坂路で鍛えまくった時速160kmくらいの速さの豪脚で蹴り上げますけどね。

 

 どうやら、ウマ娘の場合は筋力を鍛えまくっても柔らかな柔軟性のある筋肉になるらしい。

 

 本来なら、多分、腹筋がバキバキに割れていて足の筋肉とか腕の筋肉とかボディビルダー並みにバッキバキになっていてもおかしくないトレーニング量を私はこなしてきた筈。

 

 そうなっていないのはウマ娘が普通の人間とは身体の構造が異なっているからだろう。

 

 その後、パドックを無事終えた私は誘導員さんと共にレース場にあるゲートへと向かう。

 

 早速、ゲートインをしはじめる私は拳と首の骨をバキバキと鳴らしながら中へと入っていく。

 

 隣で見ていたウマ娘達がやたらと血の気が引いて、怖がっているみたいだが、きっと気のせいだろう。

 

 はじめてのレースだし、気を楽にしてやるか。

 

 位置について! の号令とともに走る構えを取りはじめる周りのウマ娘達。

 

 私もそれとともにゆっくりと姿勢を低くして、クラウチングスタートの構えを取る。

 

 すると、観客席からは驚いたような声が次々と上がってきた。

 

 あれ? いや、陸上なら普通クラウチングスタートの構えを取るんじゃないのか?

 

 周りのウマ娘もゲート内で私が取る構えに目を丸くしていた。そして、いよいよ、発走の号令が掛かる。

 

 

「ヨーイ…! ドンッ!」

 

 

 その瞬間、目の前のゲートが私の目の前で勢いよくパンッ! と開いた。

 

 デビュー戦の距離は1600m、この距離ならスタートダッシュを決めて早めに先頭を取りいくのが吉だ。

 

 ウマ娘の中には関係なく、一気に後ろからぶっこ抜く豪脚のウマ娘もいるが、私はセオリー通りに今回は先頭を取りに行く!

 

 ゲートが開いたと同時に低い姿勢のまま一気に駆け出す私、すると、一気に先頭に踊り出ることになった。

 

 よし、先頭は取れた、あとは後ろとの身差を考えながらペースを上げていこう。

 

 そう考えた私は、まず、スピードを上げて後続との差を開きにかかる。

 

 

「なんだ! あのスタート!」

「とんでもねぇ飛び出し方だな! おい!」

 

 

 私は、後ろを振り返らないまま、ぐんぐんと足の回転速度を上げて行く。そして、最終的に後ろに手をやり最大限にまで空気抵抗を無くした。

 

 もうそろそろかと、後ろをチラリと見るが後ろからは誰もついてきていなかった。残りの表記は既に400mを切っているというのにだ。

 

 まだまだ、私の足には余力が全然有り余っていた。多分、これでも力の三分の一を出し切っているのかどうかも怪しい。

 

 

「あぁもう、あんまし目立ちたくないのに…」

 

 

 そう言ったところで仕方がない。

 

 本来ならデビュー戦で接戦勝利! くらいで済ませようと思っていたのだが、これでは、目立って仕方ないではないか。

 

 これには解説席に座っていた長年、ウマ娘の実況を行っているベテランのアナウンサー、蒼志摩さんも興奮気味の実況をせざる得なかった。

 

 マイクを握りしめたアナウンサーはぐんぐんと後続を引き離すアフトクラトラスに驚愕の声を上げる。

 

 

「残り400m! アフトクラトラスの一人旅! 強い! 強い! 強い! その差! 15身差はあるでしょうかっ! なんだこの強さはぁ!」

 

 

 後続との差は気がつけば、15身差も差をつけてしまっていた。

 

 そして、更にそこから加速した私は、何事もなかったかのように涼しい顔でゴールまで一直線。

 

 私が凄まじい速さを保ったままゴールを決めたその時、会場からは大歓声が湧き上がった。

 

 

「今、ゴールっ!堂々誕生ッ! 爆速暴君ッ! デビュー戦1戦目にしてレコードを叩き出した超新星が現れました! このウマ娘は強いッ!」

 

 

 思わず、そのレースぶりにアナウンサーの声にも力が入る。それほどまでに衝撃的なデビュー戦であった。

 

 15身差での堂々ゴール、更にまだ余力を持て余してのゴールだった事もあり、私に対する周りの評価は相当なうなぎ登りであった。

 

 やめて! そんな事ないから! 持ち上げないで! 大した事ないから! あの頭のおかしい先輩達に一蹴されちゃうくらいのレベルだからぁ!

 

 そう内心で思いながら、私は顔を真っ赤にしたまま、拍手を送ってくれるファンの皆さんにプルプルと震えながらお辞儀をする。

 

 こんなはずではなかったのだ。そう、期待というのは時に残酷である。

 

 期待をされればされるほどに、その日夜行われるであろうトレーニングが過酷さを増す事を私は知っていた。

 

 確かにデビュー戦で圧勝したのは嬉しい、嬉しいのだが、勝ちでよかったのである。わざわざ圧勝する必要性はなかったのだ。

 

 すると、そんな私に追い討ちをかけるかのようにアナウンスの声が響き渡る。

 

 

「皆さま、この後、アフトクラトラスのウイニングライブがございますので心ゆくまでお楽しみください、今日はご観戦ありがとうございました」

「………はっ?」

 

 

 私はそれを聞いて固まってしまった。

 

 ウイニングライブ、なんだそりゃと。

 

 それはそうだろう、今の今までやってきた事と言えば、地獄の坂路に地獄の筋力トレーニングに軍隊式の鬼追い込みばかりだ。

 

 そんな私にマイクを握って歌えだと? それは生き恥を晒せということか?

 

 いや、待て、まだ手はある、そうだ! この手なら間違いなくいける!…はず。

 

 ひとまず、ウイニングライブについての悪巧みを考えついた私はこの方法でいくことにした。

 

 

 

 そして、不安要素をいろいろと抱えたまま、迎えたウイニングライブ。

 

 私は和服に拳をきかせながら堂々としてセンターに立っていた。

 

 背後からはかなり渋いBGMが流れはじめる。

 

 

「では聞いてください、アフトクラトラスで『坂越え雪景色』」

 

 

 そして、私の渋い拳を効かせた声が会場に響き渡る。そう、私がウイニングライブを乗り切るため打ち出した策はなんと演歌である。

 

 一時期、歌をアフさん祭りにしようかとも思ったが、これは会長に怒られそうな気がしたのでやめておいた。

 

 演歌ならば、歌って踊るなんて事はしなくてもいいので関係ない、おじいちゃんおばあちゃんまで及ぶ優しい配慮、我ながら良いアイディアかと思う。

 

 

「幾千〜の坂を〜登りぃ〜♪見えてきたのは雪景色ィ〜♪」

 

 

 ちなみにこの曲、作詞、作曲は私である。

 

 以前、一回CDにしてみたのが残っていたのでそれを渡しておいた。

 

 うまぴょい伝説だと? あんなの歌えるかッ! どこまで行っても逃げてやるッ!

 

 うまぴょい伝説から逃げるなってミホノブルボン先輩から捕まるのまでがテンプレなんでしょうけどね、多分。

 

 どうやっても逃れられないうまぴょい伝説、誰か助けてください! なんでもしますから!

 

 そういうわけで、演歌を無事に拳をきかせながら演歌を歌い切る私。

 

 アフトクラトラスってギリシャの語で皇帝って意味なのになんで演歌歌ってんの? 馬鹿なの? っと思われても致し方ないが背に腹はかえられぬ。

 

 演歌を歌い終えた私は深々とお辞儀をして、その場を立ち去ろうとする。

 

 すると、ここで、会場にアナウンスが流れ始めた。

 

 

「皆さま前座のご鑑賞、誠にありがとうございます。それでは、これよりウイニングライブを始めたいと思います!」

「…えっ…!?」

 

 

 結局、私は努力虚しく、その後、ウイニングライブという名のついた生き恥を晒す公開処刑を受けることになってしまった。

 

 しかも、歌わされたのはうまぴょい伝説である。

 

 やはり、どう頑張ってもうまぴょい伝説からは逃げられなかったよ。

 

 こんな時、キタサンブラックさんが居てくれたらッ! キタサンブラックさんッ! なんで居なかったんですかッ!

 

 そういった形で、私のデビュー戦という名の公開処刑は幕を閉じた。

 

 

 とでも言うと思いましたか? 甘い甘すぎる。

 

 世の中そんなに甘くないのですよ、そう、このトレセン学園なら尚更ね!

 

 レースとウイニングライブが終わりクタクタになった私は寮へと帰ろうとしていた時であった。

 

 選手のレース入場口に誰か待機している模様、あれ? 見慣れたことがある綺麗な長い栗毛の髪だぞー誰かなぁ?

 

 私はその姿を見た途端にすぐさま身の危険を感じ、踵を返した。

 

 そして、その場から逃走を試みるも…。

 

 

「どこに行こうというのですか? 妹弟子よ」

 

 

 縮地したのかという凄まじい速さで間合いを詰めてきた鋭く光る眼光を放つミホノブルボン先輩に捕らえられてしまった。

 

 なんだこの人、あの距離からどうやって詰めてきたんだほんとに!?

 

 相変わらずの怪物っぷりに私も恐怖で身体が硬直してしまった。

 

 すると、ミホノブルボン先輩はそんな恐怖で硬直してしまった私の身体を包むように優しく抱きしめてきた。

 

 このいきなりの出来事に私も思わずビクンッと反射的に身体が動く。

 

 あんなに日頃からしごきにしごきまくり、鬼にしか見えなかったミホノブルボン先輩がこんな風な行動に出るとは思いもよらなかったからだ。

 

 すると、ミホノブルボン先輩は優しい声で私にこう話しをしはじめた。

 

 

「デビュー戦勝利、おめでとうございます。しっかりと見てましたよ。ウイニングライブはアレでしたが…、よく、頑張りましたね」

「えっ…?」

「…貴女が頑張った結果がしっかり出せた素晴らしいレースだったと思います。ライスシャワーも自分の事のように喜んでましたよ」

 

 

 そう言いながら、後ろから私の小さな身体を抱きしめて、何度も頭を撫でつつ、笑みを浮かべながらミホノブルボン先輩はそう言ってきた。

 

 

『ウマ娘は走るために生まれてきた。鍛えて強くせねば夢も見ることすらできない』

 

 

 義理母はよく、私にこう話しをしてくれていた。

 

 ミホノブルボン先輩もそうなのだ、坂路を追い込ませ、辛いトレーニングを課し、身体を鍛え抜いていかなければ他の才能あるウマ娘達に勝てない事を知っている。

 

 だからこそ、私に対しても夢を見ることさえできなくなってしまわないように義理母の代わりに鬼となって自分の過酷なトレーニングに付き合わせているのだ。

 

 新入生のウマ娘にはそれは常軌を逸した到底ついていけないもの、だが、それはミホノブルボン先輩の優しさでもあったのだ。

 

 優しく後ろから私を撫でながら褒めてくれるミホノブルボン先輩と義理母の不器用さに思わず私も笑みが溢れてしまった。

 

 

「言葉にしなくてもわかりますよ、姉弟子、私が何故、ルドルフ会長に部屋を変えてくれって言わなかったと思いますか?」

「…ふふ、そうでしたか、杞憂でしたかね」

「えぇ、そうです、…あの厳しいトレーニングからは正直言って逃げ出したいって気持ちは今でもありますけどね? 」

 

 

 そう言いながら、私はニコリと笑みを浮かべてミホノブルボン先輩に告げた。

 

 頭がおかしな先輩達と一緒の部屋になったけれど、だけど同時に優しい先輩だと私は思っている。

 

 ハードトレーニングや坂路で懸命に身体を鍛え続け、特別トレーナーから檄を浴び、身体を絞り、途方も無い努力を続け重ねていく。

 

 それが、自分達が栄光を掴める道であると、ライスシャワー先輩もミホノブルボン先輩も理解しているのである。

 

 そして、私はそれを今日のレースで身をもって体験した。

 

 やはり、内心では嫌だとか思ったり、もう逃げたりしたいというときもあるけれど、走るのが楽しいと感じた今日のあの一瞬を知れば自分の世界が変わった様な気がした。

 

 

「さて、妹弟子よ、これからライスシャワーと共に坂路に行きますが…」

「お付き合いしますよ、先輩」

「よろしい、…今日は早めに切り上げて祝勝会もやらなくてはいけませんね」

 

 

 そう言いながら、私の頭から大きくて柔らかい胸部を引き離しニコリと笑うミホノブルボン先輩。

 

 あれだけ鍛えてても、柔らかいところは柔らかいもんなぁ、ウマ娘ってやっぱり凄いと私は改めて自分の胸の柔らかさを手で確認しつつそう感じた。

 

 それから、しばらくして、ミホノブルボン先輩と共にライスシャワー先輩の待ついつもの特別坂路に二人仲良く歩いて向かった。

 

 いつか、この人の隣に並んで駆けたい。いや、ライスシャワー先輩とも一緒にターフを駆けたいと思った。

 

 それには、私はまだまだ役者不足で、これから先、懸命な努力を積み重ねていかなければ彼女達のいる境地にはきっと辿り着けないだろう。

 

 すると、ここで、隣を歩いているミホノブルボン先輩はなにかを思い出したかのようにこう私に話をしはじめた。

 

 

「そうです、貴女、そう言えばまだ所属するチームを決めていませんでしたね」

「あ、そう言えば、そうでしたね」

「ふふ、焦る必要もありませんし、今日のレースを見れば貴女に対するスカウトもいずれ来るでしょう」

 

 

 そう言って、姉弟子は嬉しそうに笑っていた。

 

 なんだかんだで、この人は面倒見はいいのだ。こんな顔をいつも見せてくれたら私もモチベーションが上がるんだけどなぁ。

 

 そのあと、ミホノブルボン先輩と私の初勝利を自分の事のように喜んでくれたライスシャワー先輩と共にいつものように坂路トレーニングをこなした後、祝勝会を行った。

 

 この学園にきて、今日は私が初めて学生らしい事をした忘れられない一日となった。








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。