日本(原作にとっての絶望)がやって来る。   作:第2戦闘団

12 / 27

ジゼル× → リゼル○


十二「祝 空海軍初の異世界大規模作戦」

 

 

 8月1日にいきなり遡るが、これはこの時点でゲルベルク軍港に集まっている海上戦力の紹介の為なので深い意味はない。

 

 尚、作戦決行日の8日前なので逃げられた艦隊もいる。

 

 

 

 戦艦「ブランデンブルク」を中心に新型艦24隻で編成された第3艦隊。

 

 運悪く逃げられたが10日後に史実でいう北岬沖海戦(きたみさきおきかいせん)で連邦海軍の2艦隊との戦闘で半壊しながら連邦艦隊を追い返したが、ゲルベルク港が瓦礫に埋もれた為に帝国首都から北東にいったハルマンゲリスクと似たり寄ったりの軍港に寄港する。

 艦隊半壊の上に全艦が小破から大破までの損傷を受けていることから当分乾ドックから表には出てこないだろう。

 

 

 軽巡3隻と駆逐艦18隻で編成された第13水雷戦隊。

 

 これにも逃げられたが高々水雷戦隊なのでどうにでもなる模様。海上基地には半径40㎞を範囲とした水上レーダーを設置しているので艦砲の射程に入る前にミサイル艇やら新型の対艦ミサイルで撃沈出来るが戦艦は例外だ。アレは硬過ぎるので魚雷や対艦ミサイルで片側だけ攻撃して沈没させるくらいが限界。

 

 新たに開発された艦載用ビーム兵装はあるが大気の影響で遠距離戦となると威力と射程が実体弾の方が長いという登場初期のマスケット並みなのでこれがライフル程度にならないと実用はほぼないと言ってもいい。

 

 

 戦艦「リヒテン・シュタイン」と新造艦8隻と現存艦14隻で編成された第5艦隊。

 

 

 U型に酷使した潜水艦28隻、U型の新型と思われる潜水艦28隻と潜水艇10隻の第9潜水艦隊。

 

 

 最後に史実ドイツで計画艦として建造されなかったH級戦艦H39〜41に似た系7隻と重巡5隻、軽巡8隻、駆逐艦28隻の第7艦隊がいた。

 

 

 結果として確実に処分できたのは第5・第9・第7艦隊だけだが、それでも十分すぎる戦果だ。

 

 しかし駆逐艦から戦艦まで新造艦がいるとなるとここで全部潰しても後から湧いて出てくると言う事が懸念されたが、「それが出来るのはアメリカだけや」と言う言葉で片付けられた。

 

 むしろ相手の自慢の海軍を施設ごと廃材に変え続ければその内海軍でポチョムキン事件みたいな事が起こる事を期待すると同時に、相手方の陸軍に力を入れてもらう様協力者(現地調達)に仕向けさせる予定でもある。

 

 帝国首都は内陸、そしてあと3ヶ月もすれば冬季が来る。海からは日本が、陸からは連邦と迫っているが日本に関しては海軍は今のところガリア近海と、陸軍はガリア国内しか活動していない。海軍に関しては今回出張するけど。

 

 海軍はまだしも陸軍はダハウとか言う不確定要素がある為に中々派手な行動ができない。いつの時代も正規軍ってのは奇襲にはめっぽう弱い為上に、ダハウの部隊に関しては戦車などの装甲戦力が鹵獲される可能性があるために、戦車はもはや防衛陣地の砲台になっている。

 

 まあ上で指揮する人間がリディアならまた話はだいぶ変わって来るが。これがイェーガーだったりしたら極悪極まりない。

 

 そんなこんな、海が壊滅して陸から連邦の大軍が首都を目指して来てるとなれば海軍再建どころの話ではないだろう。

 

 理想は帝国が陸に注力して連邦の陸軍と消耗戦をしてもらうことが望ましい。そうなればガリア国内の帝国軍は連邦と言う新たな第3の敵に包囲される前に撤退するだろう。ましてアントホルト以外にまともな港ない上にあっても制海権がない為に迅速に撤退できる手段は鉄道か陸路による行軍になる。

 

 連邦と帝国が消耗しあってガリアから方面軍を引いてくれれば御の字なのだが、方面軍がパルチ化して徹底抗戦でもしようものなら後処理が面倒すぎる。

 

 まあそれら全部ガリアに押し付けるが。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 8月9日、午前2時30分 作戦開始時刻

 

 日本軍側の初撃はMLRSの斉射で始まった。戦艦はまだしも1発404個のM85子爆弾をばらまくM30の砲撃は装甲の薄い潜水艇や潜水艦、駆逐艦と軽巡、重武装の割に装甲が薄い重巡洋艦などには効果があり、魚雷発射管や砲塔が誘爆したりして爆沈し、比較的に浅い港内に次々と中途半端に沈んだ為に大型艦は勿論、駆逐艦すら航行できない為に艦隊は逃げることが不可能に近くなった。

 

 初撃で生き残った艦は各艦隊に所属する戦艦と他の艦種は重巡と軽巡は第5艦隊所属以外は全滅、と駆逐艦は半数ちょっとと散々なもので生き残った戦艦も構造物全体がスクラップになっている。

 

 

 

 そして空海軍の航空機の250機前後の航空隊による残存艦や港湾施設、工廠などに対する爆撃と少し遅れて雷撃隊による対艦ミサイルの雷撃が開始された。

 

 雷撃が命中するが、さすが戦艦というかバイタルパートは構造物がスクラップなだけで相変わらず硬い。が喫水線上に命中しまくると艦は傾斜し始め、無防備な艦底や砲塔上面を晒しそこに次の対艦ミサイルが突き刺さって弾薬庫や機関部、燃料庫に命中して爆沈や轟沈を始める。

 

 36㎝から40㎝と多種にわたる何百tもの砲弾の爆発の為か、深夜なのに昼みたいに明るい。

 

 

 倉庫群や工廠付近には対空砲があった為に心神B型の誘導爆弾で吹き飛ばし、B-52の低空爆撃によって約20tの無誘導爆弾が降り注ぎ備蓄や新調品を吹き飛ばす。

 

 制空機は制空戦闘という仕事がない為に、トラックや装甲車、生き残りの停泊中の潜水艦など軟目標に対し機銃掃射を行った。

 

 そんな光景が繰り返される事約1時間、ゲルベルク軍港は大量の黒煙が立ち登り時折、巨大な爆発音をあげ3日間に渡って燃え続けたという。

 

 これで民間施設や民間人に被害が出ていないのだから不思議なくらいだ。もはやゲルベルク軍港は施設が使い物にならなくなるまでに破壊され、再建に割く工業力を当てる前に連邦陸軍に占領、それに伴い帝国側が陸軍強化に乗り出した上に、連邦でさえあまりの惨状に言葉を失い扱いに困る等の理由で占領後放置された。

 

 かくしてゲルベルク軍港は燃え尽きなかったコンクリート製の建物や、無残に放置された艦種多様な軍艦たちの墓場と同時に数多くの水生生物の住処になった。

 

 のちにこの廃墟を利用した廃墟ツアーなるものが日本で提案されるが後に建国がどうのこうので潰れたのはまた別の話。

 

 尚、廃艦は共々使えるところは片っ端から解体され資源にされた。

 

 

 

 

 

 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 

 

 

 東京 いつもの国会

 

 

 

 

 

 今は作ったはいいが使い所さんが来ないMSについての話がダラダラとされている。

 

 

 安部「やっぱMSって金食うなぁ。活躍させる場所が見つからん」

 

 永野「ズールが総数110機。九州に15機、四国に15機、本州は中国・近畿・中部に10機ずつ、関東に20機東北に10機、北海道に20機。

 リゼルは各地方に1機ずつと北海道・東北・九州・沖縄にプラス1機ずつ。戦闘より災害派遣の方で役立っていると言う事実」

 

 

 安部「実際今のところ多少旧式の兵器でも余裕の戦いばかりであって、ましてやファンタジーの戦ヴァルやGATEだと、真似されてどっかの転生第三帝国が如く鉄人もどき作ったり、ジャイアントオーガとかよくわからないのに鎧着させてつっこましてくるとかされたらシャレにならないからね」

 

 山下「あと機密保持のために「任務…完了」とか「お前を殺す」とか一定のセリフを喋ると発動する自爆機構を搭載しているが、「安心して操縦できない」などの反発があったので後に認証型になったのは又々別のお話」

 

 安部「今度作業用作ってみようか。兵器から生まれる二面性って結構珍しいな」

 

 共産「まあ全高が高すぎるから誘導弾とかには弱いがそれ以外ならまだ最新のOSで予測して避けたり弾いたりできるし」

 

 安部「まあ今はまだ災害派遣で我慢してもらうとして、取り敢えず俺ダハウとか言うチートに対話しに逝かなきゃいけないから外界難民のダルクス人とかの事東条よろしく」

 

 

 数日後

 

 

 東条「ダルクス人恐ろしく優秀過ぎワロタ」

 

 民主「例えば?」

 

 社民「ラグナイトの液状化技術あげたら急に50年代の技術持ち始めた」

 

 自民「軽く帝国と連邦の技術力超えた」

 

 公明「もう難民として保護じゃなくて国作らせてそこに住ませた方が成長が見られるくらい」

 

 永野「えっ何それは…(困惑)」

 

 東条「と、言う事でこの世界で建国させるか。それとも外界であり彼らの故郷である世界で建国させるかの二択を難民投票で決めようかと思う」

 

 公明「ただそうなると過激派が面倒なんだよな」

 

 自民「まあそう言う時は、シャキッと(暗殺)」

 

 共産「恩を仇で返すのならそれ相応の報いを受けると言うことだが、あっちの過激派が単細胞じゃない事を祈ろうや」

 

 




陛下「最近自分出てないんだけど?」

安部「大丈夫ですから安心しててください鉄仮面卿」

陛下「状況描写?クソ雑魚すぎひん?」

安部「挿絵とか入れようと思ったけど画力がクソ雑魚なめくじなので入れれません勘弁してくつかぁさい。あと熱中症気味だったんで気力が上がりませんでした」



 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。