インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto

119 / 168
書ききれんかった。


番外編 ハッピーハロウィン!(前編)

本日10月29日、ハロウィン前々日。

国際的なIS学園。放課後は各国の生徒が2日後のハロウィン本番に向けて準備を進めていた。

 

 

栄司の部屋。

部屋の主は、既に仮装していた。

「フフフ、あなたの血を頂きますよ〜。」

栄司はドラキュラの格好をしていた。

「う〜ん、確かに栄司さんリスペクトは大事だけど、ドラキュラはありきたりだなぁ〜。………そうだ!」

もうちょっと恐ろしい者になろうと考えた結果、とある人物(キャラ)を思い出し、衣装制作に取り掛かった。

 

 

 

 

数時間後……。

 

 

 

 

 

「ふぅ〜、できたぁ〜。顔は隠れちゃうけど、問題なし!」

できた衣装に袖を通す。少し大きめのツノがついたフードは中に針金を織り込み、ツノを軽量化し、不格好にならないよう調整を施してある。

煌びやかな金の装飾もしっかりと出来ている。

ツノ部と腹部に見える赤い球体にもこだわった。

小物の杖も、7つの蛇のついた素晴らしい黄金の杖となった。

ここまで言えば分かる人はわかるだろう。

 

 

 

 

 

そう!オー〇ー〇ードに登場するアインズ・ウール・ゴウンことモモンガ様の仮装だ。スケルトンメイジだから、怖さも出るし、不死者の()ってサブタイトルつくから、王つながりで尚良い。

 

ハロウィン当日の仮装はこれで決まりだ!

 

 

 

 

 

 

 

そしてハロウィン当日。

皆自分の仮装は当日まで口外していないため、誰が誰だかわからなくなる危険もあるのだが、そこはいつものメンバーということか、すんなりと全員合流した。

まずは髑髏と吸血猫。

「あれ、もしかして栄司?」

「え?……鈴ちゃん?

「やっぱり、それってオバ〇のアインズ様でしょ!」

「そう言う鈴ちゃんは……ネコ?ヴァンパイア?」

「正解はどっちも!ヴァンパイアキャットって言うの!」

「可愛く仕上がってるよ。」

「ありがと♪」

凰鈴音の仮装はヴァンパイアキャット(顔出しver)だった。

「あ、リンリン〜と……エイエイ?」

「本音!……それって…仮装?」

本音の格好は普段とあまり変わって……いな、変わっていた。何やらオレンジ色のフードをかぶっているではないか。

「これはね〜、うま〇ちゃんってキャラのコスプレだよ〜。」

「へぇ〜。まぁ、いつもの本音っぽいから良いわね。」

「なんだろ、和むよね。」

「ほえ?」

本音はう〇るちゃんのコスプレだった。

「あ、鈴に本音に……栄司?」

「あ、簪は……シ〇ン?」

「うん、シノ〇。そういう栄司はアインズ様なんだね。」

「あぁ、中身が鈴木悟じゃなきゃ怖いでしょ?」

「確かに。」

簪は、マフラーとスナイパーライフルなど、完全に〇ノンだった。

「あ、みんな〜。」

「この声は、シャルだな。」

栄司はCV日野聡のような声で喋った。

「ヒィッ!ビックリしたぁ〜。栄司、それリアルすぎるよぉ〜。」

「ハハ、それは作った甲斐があったものだ。」

「シャルのコスは……アーサー王?」

「まぁ、正解かな。本当はアルト〇〇って言うんだ。」

青い騎士の姿はア〇〇リアというらしい。

「みなさん、お揃いですね。」

「あ、虚さん。虚さんは………。」

そう言いながら栄司は振り返る。そこに居たのは……、

「仮面ライダーリバース!」

それは、『HERO SAGA KAMEN RIDER WIZARD EDITION -魔法使いの弟子-』に登場したオリジナルライダーである。

「え、ちょ、う、虚さん、いや虚様!これはどこで?」

「えっと、今朝方に部屋に置いてありました。兎じるしの紙とともに。」

(ありがとう、束様!)

兎じるしと聞いて束に感謝した栄司だった。

「あら、後はおねーさんたちだけだったのね。」

「本当ですね。」

「刀奈に山田先生……。その格好は?」

刀奈と山田先生の仮装は、男装だった。

山田先生はなぜか某有名海賊漫画のゾ〇。

刀奈は、某有名漫画家物語の真〇最〇。

「なんで、〇城〇高と〇ロ?」

「なんとなく!」「私は誘われたので。」

そう、なんで驚いたのか。この2人のあるものが完全になくなっていたのだ。故に栄司は驚いたのだった。




今回は各キャラのコスプレだけ。
次回はハロウィンパーティを楽しみます。

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。