インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto

148 / 168
第143話 遺伝子と海と地帯

アクアとエグゼイドの2人が相手にしているのは、ジーン、オーシャン、ゾーンの三体。さらに、ビーストにホッパー、アノマロカリスが混ざる。

「ジーンでしたっけ?それは私が相手をしますね。あなたの特性上、万が一彼の攻撃で変身能力を失わせるわけにはいきませんから。」

「お願いします!」

そう言ってアクアはジーン、オーシャン、アノマロカリスを引っ張っていく。

「ノーコンティニューで、メモリブレイクするぜ!」

エグゼイドは、ゾーン、ビースト、ホッパーを相手にする。

 

 

アクアは、オーシャンとアノマロカリスのコンビネーションに苦戦を強いられていた。まるで事前に合わせていたかのような連携をとり、液体化したオーシャンの中からアノマロカリスが牙を撃ち続けるという強烈なラッシュをアクアにしかける。

ジーンドーパントは何もしていない。というか何かできるわけでも無い。

 

 

 

一方エグゼイドは、早々にビーストに剣撃が効かない事を見抜き、ガシャコンブレイカーをハンマーモードに変え、ガシャットを装填。

『キメワザ!名探偵!クリティカルフィニシュ!」

ビーストの脳天目掛けてハンマーを振るう。緑と紫のオーラを纏ったその一撃は、ビーストのメモリを砕いた。

 

 

苦戦していたアクアだが、起死回生の一発にかけることによってその窮地を脱した。

アノマロカリスとオーシャンを分離させる為に、自らそこに突っ込んでいく。

そして、激突するスレスレで体を反り、2体の真下へ。そのままアクアドライバーに液状化しているオーシャンを取り込む。

液状化したオーシャン内にいたアノマロカリスは、地面に転がる。

「イタタ……ん?」

「オーシャニックブレイク!」

「え?ちょ、まってぇぇぇ!」

アクアのオーシャニックブレイクがギャグをやっているかのようなアノマロカリスに直撃、メモリが砕かれる。

メモリブレイクを確認したアクアは、取り込んでいたオーシャンをジーンドーパントに当たるように排出。ベルト内で回転していたオーシャンは遠心力的な働きなのか、メモリが分離、ドーパント化が解除。

そのすぐそばで怯えているジーンを、水の力を使い強化した………

 

 

 

 

デコピンで気絶させ、メモリを出させた。

 

 

 

エグゼイドも残り2体のドーパントを軽く相手していた。ゾーンドーパントは力を使いこなせず、ただの空中に浮いている三角形となっている。

『ガシャコンキースラッシャー !ス・パ・パ・パーン!』

空中から蹴りを放つホッパーをキースラッシャーのアックスでゾーンドーパントの方へ飛ばす。二体のドーパントは激突し、下に落下し始める。

『ジャジャ・ジャ・ジャキーン!ガッシャット!キメワザ!ダブル!クリティカルフィニッシュ!』

キースラッシャー銃口部から緑、赤、金、紫の光の玉が現れ、それらは切っ先に集まる。空にいる二体に向けて、斬撃として飛ばす。それは直撃し、ゾーンのメモリは排出、ホッパーメモリは砕けた。

 

 

「回収完了です。」

「後は、破壊すればゲームクリアだ!」

そう言って砕こうとした時だった。

突然の銃声、手から弾かれたメモリ、2人は困惑していた。

「first game clear」

弾かれたメモリ三本を回収している青い怪物は、そう呟いて姿を消した。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。