インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto
<< 前の話 次の話 >>

151 / 167
番外編 新年の挨拶と謝罪と軽い年越し

年明け……

栄司「皆さま、新年明けまして……。」

一同「おめでとうございます!」

簪「今年もどうぞ」

刀奈「今作品を」

一同「よろしくお願いします!」

和服の一同が、一斉に礼をする。

p「皆さま、お久しぶりでございます。作者のprotoです。えー、予告しておりました通り、投稿できなかった挙句、年末に体調を崩して、更に投稿出来ないという事態に陥っておりました。本当に申し訳ありません。」

栄司「主、部活の合宿で……更にアイデアが消えて詰まるって事態に陥ってたんだ。だから、許してあげてください。」

アンク「こんな、クソミテェな奴の作品を読んでくれてるお前らには悪いが、コイツもより面白い作品目指して頑張ってはいるから、大目に見てやってくれ。」

p「とりあえず、申し訳程度ではございますが、年末年始の様子が下にございます。よろしければ、どうぞ。」

 

 

 

 

 

 

12/31……大晦日。

この日は、グリード達もワールドも静かに過ごしていた。そして栄司達は……。

「いや〜、今年ももう終わるね。」

「そうね〜、栄司くんは何かやり残したことある?」

「う〜ん、ワールドとの決着を早く着けて、みんなとの時間を作る、かな。」

「もう〜、おねーさん嬉しい♪」

「お姉ちゃん、栄司とイチャついてないで、こっち手伝ってよ。」

「はーい♪」

現在は虚を除く彼女軍団がおせちやら何やらの準備をしていた。本当は栄司がやろうとしていたが、ジャンケン勝負に負けてしまったため、コタツでぬくぬくしている。

虚は、更識の方の仕事を軽く済ませている。

「栄司、アイス寄越せ。」

「アンク、唐突すぎない?」

「平成が終わるんだ、平成最後のアイク大食いくらい良いだろ?」

「そう来るかぁ〜。じゃあ、クーラーボックスに入ってるアイス食べても良いよ。本当は、ハッピーニューイヤー大食いするかと思ってたんだけどな。それ用に大量にあるからそれ食べて。」

「………、チィッ。一本だけにしとくか。」

 

 

まぁ、そんなこんなで時間は23:00。

パーティー用のオードブルなんかはテーブルから消え、今は年越しそばの準備中だ。

「はーい、年越しそばおまたせ〜。」

皆ザルに盛られた蕎麦を食べ、アンクがアイスを暴食するなか、栄司は麺を少し端に寄せていた。

「栄司、それどうするの?」

「簪は知らない?金入って?」

「うん、わからない。」

栄司はポケットから和紙を取り出した。

「これに蕎麦の面で金入って作る。まぁ、金運up程度に考えてくれればいいよ。」

「へぇ〜。ねぇ、アタシも作りたい!」

「わ、私も。」「僕も!」

「そう言うと思って全員分の和紙用意してます。」

こうして金入を作りつつ、年が明けるまでのカウントダウンを開始した。

「5」「4」「3」「2」「1」

「「「「「「「「0!」」」」」」」」

「「「「「「「「「あけましておめでとうございます!これからもずっとよろしくお願いします!」」」」」」」」」

こうして、IS学園の栄司達の年越しは終わった。




本当に申し訳ありませんでしたぁ!


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。