インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto
<< 前の話 次の話 >>

157 / 167
第151話 ゾーンと黄金の究極と白い時計

スカルメモリを手に入れたエターナルは、遂にあるメモリを取り出した。

『ゾーン!』

マキシマムスロットからアクセルメモリを抜き、ゾーンメモリに変え、マントを脱ぎ捨てる。

『ゾーン!マキシマムドライブ!』

ゾーンのマキシマム発動で、T2ガイアメモリが集まってくる。

そして、ダブルが持つT2ジョーカーメモリも引き寄せられた。

「しまった!」

『アクセル!バード!サイクロン!ダミー!ファング!ジーン!ヒート!アイスエイジ!ジョーカー!キー!ルナ!メタル!ナスカ!オーシャン!パペティアー!クイーン!ロケット!スカル!トリガー!ユニコーン!バイオレンス!ウェザー!エクストリーム!イエスタデイ!』

『マキシマムドライブ!』

ゾーンのマキシマムドライブにより、全てのT2ガイアメモリがマキシマムスロットに装填された。エターナルからは緑色のオーラが発せられる。

最後のT2であるエターナルをエターナルエッジへと装填する。

『エターナル!マキシマムドライブ!』

エターナルエッジに緑のエネルギーが収束、エネルギーの刃を形成する。

「させるか!」

『サイクロン!ヒート!ルナ!メタル!』

『マキシマムドライブ!』

「「ビッカーファイナリュージョン!」」

エターナルエッジから放たれる斬撃をプリズムビッカーから発生するシールドで抑えようとしたが、ダブルは吹き飛ばされてしまった。

 

 

 

そのタイミングでオーズとアンクは行動を起こしていた。

「栄司!」

アンクから投げられた2枚のメダル。それを受け取りすぐにコンボチェンジする。

『タカ!クジャク!コンドル!タ〜ジャ〜ドルゥ〜!』

タジャドルコンボから発せられた風は、エクストリームメモリの エクスタイフーンへと収束・吸収され、クリスタルサーバーが黄金の輝きを放ち、風車のような羽が左右に三枚展開される。

「翔太郎、火乃栄司、そろそろ決着をつけよう。」

「はい!」

オーズは『スキャニングチャージ!』を発動、ダブル サイクロンジョーカーゴールドエクストリームと共に天高く舞い上がる。

エターナルは、「ゔぅ"、あ"ぁ"ぁ"ぁ"!」という呻き声を上げながら緑のエネルギーを光の玉へと変え、ネバーエンディングヘルを放つ。

「そんな技、アイツに比べれば!」

「あぁ!たとえ歪んでいたとしても!」

「ただの模倣が、本物(オリジナル)の意思の力に!」

「「「勝てるわけがない!」」」

かつて風都を地獄に変えようとしていた白い死神、すこし運命が変われば共に風都を守っていたかもしれない彼を擁護するつもりはない。だが、死者を侮辱するかのような行為を許せない3人は、その亡霊を振り払い本当の意味の安らぎ……と、言えるのだろうか、を与えるため渾身の一撃を放った。

2人と1人の同時攻撃はT2メモリを粉々にした。………一本を除いて。

そして、エターナルは跡形もなく消え去った。

 

 

 

ダブルとオーズは真っ直ぐ仲間たちの元に降りた。織斑先生は、アンクが運んでくれていた。

「刀奈、簪、真耶さん、ただいま。」

「「「おかえり(なさい)!栄司(くん)!」」」

三人一斉に栄司に飛びつく。

「照井、助かったぜ。」

「何、ガイアメモリ犯罪を取り締まるのが俺の仕事だ。」

そう決めて、照井は去っていった。T2以外のガイアメモリを使用していた生徒にお縄をかけて。

「さて、俺たちもそろそろ風都に戻ろうぜ…相棒。」

そう言う翔太郎の視線の先には、栄司たちがいた。

「あぁ、だがその前に言いたいことがあるんだろう、翔太郎?」

「……まあな、だけど心配なさそうだ。あいつにも……支え合い、助け合える仲間がいる。」

「Nobady's perfect、鳴海荘吉の受け売りだね。」

「そう言うなって。ま、あいつには言わなくても分かってそうだからな。帰るぞ。」

「フッ、そうだね。」

翔太郎とフィリップも自身の街風都へ帰っていった。最後に千冬に絡まれたが。

 

 

こうして、エターナル襲撃事件は幕を下ろした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その裏で……

顔にライダーとピンクの文字がある人物が白い時計のようなものを持っていた。

『エターナル!』



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。