インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto

163 / 168
番外編 バレンタインデーのお話

2/14、バレンタインデーの数日前。

…………皆、焦っていた。

 

 

 

 

 

作者の場合

作者は焦っていた。そんな美味しいイベントの話を、まだ書いてなかったことを。

そして、作者自身チョコなどもらった経験がほとんど無いことを…。

故に妄想である、許せ。

 

 

 

 

 

刀奈の場合

「………手作りの方が良いかなぁ?それとも、既製品の方が……。」

刀奈は迷っていた。生まれてから特段恋愛などしてこなかったので、好きな男子にどんなチョコを渡せば良いのかなど知らなかった。

「………うん、これはやめよう。」

一緒、自身にチョコを塗って行くなんて言う大胆な案を思い浮かべたが、流石に恥ずかしくなったので、取っ払った。

「よし!手作りで行こう!」

手作りチョコにすることをようやく決断した。

 

 

その頃、簪は……

刀奈が迷っている頃、既に準備を開始、試作を繰り返していた。

「うーん、もう少しビターな感じでも良いかな?」

何度も何度も試行錯誤し、最高の一品を目指しているのだった。

 

 

 

 

布仏姉妹の場合

「おねーちゃんは、チョコどうするの?」

「料理苦手だから、既に買いました。」

「ほえ〜、私も買わないとなぁ〜。」

「早くしなさい。もう日が無いから。」

「は〜い。」

そう言って着ぐるみから着替えるのだった。

 

 

 

シャルロットと鈴の場合

……なんと!この2人何もしていなかった。

 

 

山田先生の場合

レゾナンスで慌てふためきながらも、着実に候補を絞っていき、これだと思うものを決めた。

それにかかった時間……2時間半。

 

 

 

 

 

 

そして迎えた、バレンタイン当日。

一同栄司の部屋に集まっていた。

部屋は誰が動くかで緊迫して……なんて事は無く、年功序列で渡して行った。

山田先生からは梱包からしてお高めのものを、虚からも同じ良いな感じだ。楯無は自作したチョコを可愛らしいラッピングをして、簪はシンプルなデザインの物を渡した。

シャルロットと鈴は(やっぱり日本に合わせるべきだったかな?)と、若干後悔していた。

全て渡し終えたところで、栄司からアクションがあった。

まず、チョコを渡した彼女らに、それぞれのイメージカラーのアクセサリーを渡した。

そして、シャルロットにはプリザーブドフラワー化されたバラの花束を。鈴には映画のチケットとディナーの招待券を渡した。

 

 

そこからは部屋でイチャイチャしていたとさ。

 

 

 

 

少しだけ部屋から抜け出した栄司は、屋上にいるアンクの元へ。

「ア〜ンク。」

と、アンクに差し出したのはチョコアイスバー。

「最近じゃ、友達同士でもあげるんだってさ。なら、相棒にあげても問題ないよね。」

「そうだな。」

「アンク、これからもよろしくな。」

「あぁ。」

 

 

 

 

 

ちょっと番外

「なんか、チョコ貰えそうな気がする。」

と、一夏も箒とセシリアからチョコを貰うのでした。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。