インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto

84 / 168
第82話 耳打ちとオーズと脱不遇と。

前回の3つの出来事。

1つ、オーズは鎧武、ビルドと共闘する。

2つ、全員が必殺の一撃をインベススマッシュに仕掛ける。

そして3つ。Dr.真木の更なる手により、キメラヤミーが誕生する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつまでもコンボでいると、疲労が溜まるため、タトバに戻る。そして、更に別物となったキメラヤミーに対して、栄司は考えていた。

(ヤミーは本来、宿主から分離するはずだ。例外としてカザリのは宿主に寄生するが……、真木博士のヤミーは分離型のはず。)

「まさか!」

「あぁ、そのまさかだ!アイツ、カザリのメダルを取り込んでやがる!」

アンクも同じことを考えていたようだった。

「それよりも、早くアイツをなんとかしねぇと。」

「そうは言っても、俺たちの攻撃が一切通らないし。はぁ、最悪だ。」

「1つ考えがある。ゴニョゴニョ。」

栄司が2人に耳打ちをする。

「それに賭けてみるか。」

「そうと決まれば…。」

 

 

 

鎧武は何処からかヘルヘイムの実を生やし、それを取る。

「よっし!上手くいったぜ!」

それは、オーズのロックシードとなった。(本来はタカメダルが必要だが、今回は神の力で、やってる。)

『オーズ!』

空からオーズの顔が降ってくる。

『ロックオン!ソイヤ!オーズアームズ!タトバ タァ〜トバ!』

鎧武がオーズアームズを纏った。

 

 

 

ビルドはエンプティボトルをアンクから受け取ったセルメダルに向ける。メダルから成分を抜き取ると、メダルボトルへと姿を変えた。

成分を取られたセルメダルは消滅するのだった。

『タカ!メダル!ベストマッチ!』

「ベストマッチ来たぁ!」

『オーズ!タ・ト・バ!タトバ!タ・ト・バッ!』

ビルドの仕様上、ビルドドライバーを巻いたオーズが現れる。

 

 

 

アンクが思い出したかのように、メダルを三枚取り出す。

「栄司、新造メダルだ。【スーパータカ】と【スーパートラ】、そして【スーパーバッタ】だ。まぁ、試作品だから時を止めたりはできないがな。」

「わぁ、ありがとう。アンク、束さん!」

『スーパー!スーパー!スーパー!スーパータカ!スーパートラ!スーパーバッタ!ス・ー・パー! タトバ タ・ト・バ! (スーパー!!) 』

タカヘッドはタジャドル時のブレイブヘッドに。肩が大きくなったトラゴラスアームは、より硬質化したトラクローソリッドを備え、バッタレッグもバッタゴラスレッグへ進化している。

 

 

 

 

全員のフォームチェンジが完了した。

「おぉ、これがオーズアームズかぁ。」

鎧武の手にはメダジャリバーがあった

「へぇ、これがオーズの力ね。さぁ、実験を始めようか。」

ビルドの手にもメダジャリバーがあるが、それと同時にドリルクラッシャーも持っている。

オーズもスーパータトバだが、メダジャリバーは持っている。

それを見たアンクが、セルメダルをそれぞれ3枚、ライダー達に投げ渡す。

それを受け取ると、オーズはすぐにメダジャリバーに入れる。それを見て、他の2人も入れる。

その間に、スキャナーで三枚スキャンする。スキャナーを回していく間、ビルドはドリルクラッシャーのガンモードでキメラヤミーを牽制する。

鎧武がスキャナーを受け取ると、自分のをスキャンし、そのままビルドのもスキャンする。

『『『トリプル!スキャニングチャージ!』』』

スキャンが完了したのはいいが、キメラヤミーがちょこまかと動く。 それ故、動けずにいると…。

「行くよ、リヴァイブ!」

「チィ!仕方ない!」

リヴァイブを纏ったシャルと、怪人態のアンクが、キメラヤミーの動きを抑えようと、左からアンクが火炎弾を、右から高速切替でシャルがそれぞれ攻撃を仕掛けるが、キメラヤミーは上に逃げた。

「よし!今だよ!」

空中に逃げたことにより、身動きの取れないキメラヤミーに向けて、トリプルオーズバッシュを放つ。

*型の斬撃がキメラヤミーを襲う。

が、必殺の一撃として威力が足りなかったようだ。

よろよろと立ち上がりかけているキメラヤミーを囲む3人は、真の必殺技で決めようとしていた。

『スキャニングチャージ!』

『ソイヤ!スキャニングチャージ!』

『Ready GO!ボルデックフィニッシュ!』

それぞれ空中に飛ぶと、赤・黄・緑のリングを出現させる。

オーズ スーパータトバはバッタゴラスレッグを変形させ、他の2人よりも高く飛ぶ。

ビルド、鎧武、オーズの順番で、(スーパー)タトバキックを、キメラヤミーに放つ。

それらは全てキメラヤミーに直撃する。

 

ライダーリンチを受けたキメラヤミーは、セルメダルを溢れさせ、文字通り散った。

そして、TV本編で不遇だったタトバキックが活躍したのだった。




少しだけ更新をお休みします。
すぐに戻って来ますので。

それはそうと、
ダンまち×響鬼とか
IS×オバロ(アインズ様のみ)とか、
sao×オバロとか面白そうじゃないですかね?

 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。