インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto
<< 前の話 次の話 >>

93 / 168
第91話 究極の救助と過負荷とキメワザと。

前回の3つの出来事。

1つ、鈴がゲーム病を発症する。

2つ、現場に宝生永夢/天才ゲーマーMが現れ、仮面ライダーエグゼイドに変身。バグスターユニオンと戦う。

そして3つ、アンクがエグゼイドから抜き取ったコアメダルをバースドライバーで使い変身した。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

バースに変身完了する頃には、バグスターユニオンから鈴の分離は完了していた。落ちてくる鈴をスライディングで受け止める。

「鈴ちゃん、大丈夫?」

「栄司?うん、大丈夫。」

「よかった。それじゃあ、ちょっと待っててね。」

鈴を下がらせ、栄司は戦線に出る。

「エグゼイド、アレは?」

「アレはソルティバグスター。俺が使ってるマイティアクションXのボスキャラだ。」

「わかった。それじゃあ、お仕事といきますか。鈴ちゃんを危険に晒したお前には、さっさと倒れてもらう。」

「こっちも、大変身!」

『ガッチャ〜ン!レベルアップ!マイティジャンプ!マイティキック!マイティマイティアクション X!』

三頭身から八頭身くらいに変わる。

『ガシャコンブレイカー!』

エグゼイドはAとBのボタンがついたハンマーを取り出す。

エグゼイドはソルティバグスターにガシャコンブレイカーを叩きつける。水平方向から胴体に二回。脳天に一回叩き込んで、胴体を蹴り飛ばす。

その間にバースはブレストキャノンを展開する。

『ブレストキャノン!セルバースト!』

「ブレストキャノンシュート!」

ピンク色のエネルギーが発射され、蹴りで吹き飛んだソルティバグスターに追撃をかける。

が、ブレストキャノン発射と同時にドライバーから煙が上がり、変身解除に至った。バースドライバーを外して、アンクに投げ渡す。そして、別のメダルを要求する。

「アンク!クジャク出して!」

アンクはクジャクコアを渡す。栄司は受け取ると、【タカ】【クジャク】【エグゼイド】の順でオーズドライバーに装填する。

『タカ!クジャク!エグゼイド!』

オーズ タジャイドに変身すると、すぐにコアメダルをタジャスピナーに移す。

 

エグゼイドはエナジーアイテムを使う。

『高速化!マッスル化!』

エグゼイドは高速移動でソルティバグスターが撹乱、目を回した。

「オーズ、そろそろ決まるぜ!」

「あぁ!これで決まりだ!』

『ガッシャット!キメワザ!』

『タカ!クジャク!エグゼイド!ギン!ギン!ギン!』

それぞれ必殺技準備をする。エグゼイドがスロットホルダーのスイッチ二回目を押した。

『マイティ!クリティカルストライク!』

『ギガスキャン!』

オーズがタジャスピナーからド派手なゲームエフェクトのかかった炎を放ち、その上からエグゼイドのマイティクリティカルストライク……ライダーキックが炸裂する。炎に包まれたソルティバグスターにまず右足の蹴り、そこから、左足での蹴り上げ、両足での連撃、最後にもう一度右足での蹴りを食らわせると、ソルティバグスターは爆散した。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。