インフィニット・ストラトス〜欲望の王、降臨〜   作:proto
<< 前の話 次の話 >>

95 / 167
野球回だと思った?

ごめんなさい、最後の個人デート回です。


第93話 本音とキャンプと星空と。

前回の3つの出来事。

1つ、無事に鈴のゲーム病が治った。

2つ、アンクと栄司が決意を固める。

そして3つ、IS学園 夏休み野球大会が企画された。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

野球大会企画提案の翌日。

「いや〜、エイエイ。今日はどこに行くのかな〜?」

「行ってからのお楽しみだよ。」

火乃栄司は布仏本音とライドベンダーに乗っていた。

 

 

 

 

 

着いた場所は……

「ほえ〜、ここって?」

「キャンプ用品店!(まぁ、火野さん野宿とかするし、俺も世界回ったとき経験あるけど)」

そう、栄司とのほほんさんが来たのは、キャンプ用品店。

「エイエイ、どうしてここに?」

「ん?まぁ、ここは下準備に来たってだけなんだけどね。一緒に選ぼうかと思って。それに、万が一地震等の震災が来たらキャンプ用品は結構役に立つからね。それも兼ねてだよ。」

 

 

そう、主はゆ〇〇ャン△を見て一時期キャンプ用品を買おうとしていた。だが、金が無くて買えなかった。あの時、アレがあればと思ったのだ。

 

まぁ、僕の個人的な話は置いといて。

 

 

「それで、何買うの?」

「えーと、まず……10人用のテント…と4〜2人ようのテント。」

「ほえ?2個も買うの?」

「みんなで行く時用と、少人数で行く用だよ。ほら、少ない人数で10人用は大きすぎるでしょ?」

「たしかに〜。」

「それから〜、ランタンと寝袋と……。」

こうして2時間弱ほどの買い物は終えた。

 

 

 

カンドロイド達に買ったものを運搬してもらい、栄司と本音はソフトクリームを食べていた。

「いや〜、この絶妙な甘さがいいな〜。」

「そうだね。でも、良くこんなお店知ってたね?」

「たまたまだよ〜。」

たまたまあんな強面のあんちゃんがやってるソフトクリーム屋を知ってるのか、と思う栄司だったが、あのソフトクリームを渡して来たときの顔を見れば納得する。あれは、純粋に客の笑顔を見たいってタイプの人間だ。

 

 

 

ソフトクリームを食べ終わると、学園に戻る。そこで一旦栄司は本音と別れる。

 

 

 

栄司は、予め許可を貰っていた場所にテントを張るなど準備を進める。

 

 

 

予定時間の19:30。

本音は栄司に指定された場所に向かった。

「エイエイ〜。おぉ、これはこれは。」

本音が目にしたのは、The キャンプ!と言わんばかりにセットされたキャンプ用品だった。

「今日の晩ご飯は、カレー麺です。」

と、栄司が本音に差し出したのはカップのカレー麺だった。

「いや〜、中々手作りカレー麺ができなくて。今度はちゃんと作るから。」

「気にしないのだぁ〜。」

「そう言ってくれると、ありがたいよ。さ、食べよ。」

「「いただきます!」」

2人は割り箸を割ると、麺を啜り始めた。

「ん()〜!やっぱりキャンプの時はカレー麺に限る!」

「ホントだね〜。でも、エイエイ?なんで、キャンプなの?」

「あぁ、その理由は簡単だよ。ほら、見上げてごらん。」

そう言うと本音は首を傾げるが、上を見る。すると、

「ほぉわぁ〜、なるほどなるほど。エイエイはこれを見せたかったのかぁ〜。」

「うん。綺麗な星空でしょ?昨日アンクと屋上に行った時に見えたからね。キャンプ気分を味わいつつ、星空も堪能できる。どう?」

「サイコーです!」

グッ!と手を出した本音。だが、いつものダボダボな……萌え袖でグットになってるかはわかりづらかった。

 

翌日朝一で片付けをして、痕跡を消した。山田先生の許可は下りたが、織斑先生の許可を得るのを、忘れていたのだった。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。