怪奇 ハタ人間VS配管工兄弟   作:ガリュウ432
<< 前の話

4 / 4
強敵、大江和那との対決。
そして、マリオの新たな能力の本当の効果の判明。
ここで序章終了って感じですかね。


4話 真の効果

ー紫杏がパーティから一時脱退しましたー

 

ー戦闘開始!ー

 

「お二人共!私は、氷で足止めをしますが、彼女の持っている槍はかなり強靭なものです!それに加え、彼女の槍の技術からして、あの槍の威力はとんでもないものと思ってもいいと思います。」

 

「だろうな。サラの氷は相当な硬さなのにいとも容易く槍でぶち壊しやがったからな。」

 

マリオは苦笑しつつ頷く。

 

「・・・どうした?来やんのか?・・・なら、ウチから行ったろうやないけ。」

 

グァッ!!

 

ー急所突きー

 

「・・・っ!甘い!」

 

マリオは真っ直ぐに突き出された槍を掴み後ろに流す。

 

(・・・っぐっ!やはりこいつの力・・・、尋常じゃねぇっ!?)

 

ズゴァッ

 

マリオは距離を取るべく、蹴りを食らわせる。

 

「・・・そんな蹴り、痛くも痒くもないわ。もっと殺す気でこんかい!」

 

そう叫ぶと大江は槍を思い切り横に振る。

 

「速っ・・・!?(やべ・・・!見切れねっ!?」

 

ーアイスウォールー

 

パキィンッ

カキィッ

 

すると間一髪マリオの横に氷の壁が貼られる。その氷の壁は槍を防いだ。

 

「サラ!」

 

「ふう、間に合って良かったです。」

 

「サンキュー!しかし・・・、思ったよりも手こずるみてぇだな。こりゃぁ・・・、ルイージ!本気を出すしかねえな!」

 

マリオは両手から炎を出し、拳を構える。

 

「ああ!そうみたいだね、兄さん!」

 

ルイージは拳に雷を帯電させ、構える。

 

「・・・さぁ・・・、行くぜ!」

 

「ほぉ・・・、やぁっと本気出したみたいやな・・・。」

 

「ああ、だからそっちも、さっきまでのように殺す気で来な。」

 

「威勢のいいやっちゃな。・・・その『虚勢』・・・、いつまで続くやろなぁ!!?」

 

大江が槍を構え、こちらに向かってくる。

 

「せぁっ!!」

 

ルイージに狙いをつけ、槍をまっすぐ前に突き出す。

 

「甘いよ!」

 

ルイージはその槍を下から蹴り上げる。

 

「ぬあ・・・っ!?」

 

「スキあり!」

 

ー雷通しー

 

ルイージは自分の帯電させた左手の甲の下をみぞおちに当て、さらに右手を左手に当て、爆発力を直接みぞおちに通した!

 

「がぁっ・・・!?」

 

大江の巨体が後ろに吹っ飛ぶほどの衝撃が走る。

 

「終わりじゃねえぜ!」

 

飛んだ先にはすでに力を溜めた状態のマリオが待ち構えていた!

 

「・・・じゃかあしぃわァっ!!!」

 

ー窮地回避ー

 

だが大江はその不安定な身体を立て直し、槍を横振りでマリオにぶち当てようとする!

 

「ぬおっ!?」

 

急なことに即座に対応したため、マリオの上体が崩れる。

 

「もういっぱつやっ・・・!!」

 

さらに大江はその避けられた槍を突き立て、マリオに刺そうと振りかぶった!

 

「っ!《advance!!》スキアリッ!」

 

そのがら空きになった上半身にマリオは身体を持ちこたえながら回転し、回転の勢いをそのまま拳に載せた!

 

ーアドバンススキル トルネードインパクトー

 

そして、強烈な拳を当て、炎を爆発させた!

 

ドッゴオオオオンッ!!

 

「がああああっ!?」

 

ドサァッ・・・

 

「・・・へ・・・、へへ・・・。やるや、ないけ・・・。」

 

ニヤァッ・・・

 

『さぁ・・・、第2ラウンドにいこか・・・!!』

 

「おいおい嘘だろ・・・!」

 

「あんなにまでボロボロなのに・・・!まだ戦おうとしているのですか・・・!?」

 

「ハタ人間・・・、侮れません・・・。」

 

「だが、そろそろ通用する頃かもな。」

 

「うん。あそこまで弱らせたら、多分水もフラグクラッシュも効くだろうね。」

 

・・・そういえば、フラグクラッシュを『直接旗に当てた』らどうなるんだろうか。俺の予想が正しければ・・・。《元に戻せる》かもしれないな。

 

ーワンポイントアドバイス!ー

特定の敵が相手だと、マリオの行動に《元に戻す》が増加します。

この行動は使ってみてからのお楽しみですが、大きな戦力になること間違いなしです。この行動は『相手の体力が少ない』時にのみ発動可能です。発動させたいなら、倒してしまわないように気をつけて行動しましょう。

 

「ルイージ!サラ!アイツを『俺の方に誘き寄せてくれ!』」

 

「っ!?兄さん!?」

 

「どういうことですか!?」

 

「俺がトドメを・・・、いや、あいつを元に戻せるかもしれねぇんだ!」

 

「!!」

 

「!!!」

 

「なっ!?」

 

「マリオさん!!そんなことが出来るというのですか!?」

 

紫杏からの声。

 

「ああ!俺はこの『フラグクラッシュ』の使い方を今まで『間違えていた』かもしれねんだ。俺の考えが合っていれば・・・。」

 

「合っていれば・・・?」

 

『確実に大江を正気に戻すことが出来る。』

 

「・・・ほぉ。面白い事言うなぁ。正気のワタシを正気にするやて?・・・ヤッテミンカイッ!!!!!!!!」

 

「・・・やってみるじゃなくて、『出来るから行動を開始したんだよ?』」

 

大江の後には既にルイージが電撃を溜めた状態で回り込んでいた!!

 

「なぁっ・・・!?」

 

ーサンダーロックー

 

「帯電力を増した雷はどう?すごく痺れるでしょ?」

 

「がっ・・・、かはっ・・・!」

 

「まだまだここからです!」

 

「行くよ!サラちゃん!」

 

「はい!」

 

ーデュアルスキル アイスサンダー ー

 

ーワンポイントアドバイス!ー

仲間の親愛度が一定数以上あると、デュアルスキルを発動することができます。非常に強力なスキルが多いので、余裕や、相手が隙を見せたら使っていきましょう。該当キャラのスキル表に表示されますが、『ターン消費するのは選択したキャラ』のみなので、選択をしていないパートナーキャラはまた別に動くことができます。

 

パキパキパキ・・・

 

カキィンッ!!

 

ドンッ

 

「がぁっ!?」

 

大江の下から突き出た氷柱は雷を帯びており、さらに大江の帯電を長引かせながら大江を前方に吹っ飛ばした!

 

「さぁ・・・!最後だ!」

 

がしっ

 

マリオはフラグクラッシュをため、大江の旗を思い切り掴んだ!!

 

「があああっ!!!?やめろっ!このアホっ!!」

 

「これで終わりだあっ!!」

 

ーリザレクションー

 

ドオオオォンッ!!!

 

ー勝利!!ー

200の経験値と500ペラを獲得!

マリオLv.3→4 New『トルネードインパクト』『リザレクション』

ルイージLv.3→4 New『雷通し』『サンダーロック』《アイスサンダー》

サラLv.3→4New『アイスウォール』 《アイスサンダー》

 

ー紫杏がパーティに復帰しましたー

 

キイイイイ・・・

パアンッ!!

 

「あっ!旗が・・・!!」

 

「消えた・・・!!」

 

「カズ・・・!!」(ダッ

 

我慢ならず、紫杏が飛び込んできた。

 

「カズ!息はあるか!?カズ!!」

 

「んんぅー・・・。なんや、紫杏・・・。やかましいなぁ・・・。今日休みやで・・・?」

 

「・・・馬鹿者・・・!今日は金曜だ・・・!」

 

ゴンッ

 

「あだァーー!?何すんねや紫杏!」

 

「・・・あの様子じゃ、戻ったみたいだね。」

 

「ああ。」

 

「良かったですね!紫杏さん!」

 

「ああ。ありがとうサラ。それに・・・マリオさん、ルイージさん。」

 

「なに、気にすんな。仲間の友人がピンチなんだ。助けてやるのは当然さ。」

 

「・・・そうか。ウチ、ハタ人間になってたみたいやな。アンタらが助けてくれたんか?」

 

「ああ、まあそんなところだな。・・・ただ、お前も含め、さっきの戦いでみんなボロボロだ。ここで休憩しても構わないか?」

 

大江は大きく頷く。

 

「勿論や。それに、ウチもアンタらにえらい迷惑をかけてしもた。これから、アンタらに協力させて欲しいんやけど・・・、ええやろか?」

 

嬉しい提案だ。もちろん俺たちは頷く。

 

「ああ。勿論だ。」

 

「私も、大江が来てくれるととても嬉しいさ。」

 

「紫杏・・・!ありがとうやでー!!」抱きっ

 

「ちょっ・・・!抱きつくなぁー!」

 

「なんや照れてんのかー?可愛いなぁー!!」

 

ぐるぐる目を回し、紫杏が焦る。

慣れてない距離感なのか・・・。

 

「でも紫杏さん、すごく嬉しそう。」

 

「・・・うん、そうだね。」

 

「ああ。・・・あいつの友達を救えてよかった。」

 

「・・・ええ。ほかの困ってる人たちもどんどん助けましょう。」

 

「・・・そうだな。」

 

ー大江和那が仲間になりました。ー

基本武器:槍

スキル:『窮地回避』、『急所突き』、『柄殴り』

 

「ただいまー。」

 

「武美、悪いな。薬を取りに戻ってもらって。」

 

「いいよいいよ。ルイージも護衛についてくれてたしね。」

 

傷ついた身体を癒すべく、質の高い薬を作ろうということでルイージと武美にいちど武美屋に戻ってもらっていた。

あとさっき、道場にある食料も追加された。

 

ー高級回復薬×5、回復スプレー×5を貰ったー

ー食料が増えました。ー

ー時間が1時間進みましたー

 

さて、どうしようか。《現在時刻 13:00》

A:武美屋に戻る

B:休憩する《30分進みます》

C:意見を聞く《数分進みます》◀︎

D:散策する

 

「そういえば大江は、行っておきたい場所とかはあるか?」

 

「せやなぁ・・・。」

 

すると大江は少し悩み、

 

「さらなる食料確保、しときたいなぁ。」

 

食料確保・・・。・・・危険度は増すが・・・、『デパート』に向かうか。

 

to be continued…




スキルの後の数字はSP消費量。頭文字にAdv.が付いているとアドバンススキル。
【現在のパーティ】
マリオ Lv.4HP 250/250 SP 50
基本武器:グローブ
所持スキル:フラグクラッシュ:5、ライジングブレイカー:7、Adv.トルネードインパクト(ライジングブレイカーを選んだ時、一定確率で追加発動)、リザレクション:5
《パートナー.ルイージ》スイングブロス:10

ルイージ Lv.4 HP 290/290 SP 48
基本武器:グローブ
所持スキル:Adv.スプラッシュポンプ(通常攻撃の際、一定確率で追加攻撃)、雷通し:5、サンダーロック:7、
《パートナー.マリオ》スイングブロス:10
《パートナー.サラ》アイスサンダー:10

紫杏 Lv.3 HP 190/190 SP 43
基本武器:ショットガン
所持スキル:ダブルショット:3、乱射:6

サラ Lv.4 HP 165/165 SP 59
基本武器:氷剣
所持スキル:アイスブラスト:6、Adv.アイスウォール(味方が攻撃されたとき、一定確率で発動。)アイスクレイモア:8
《パートナー.ルイージ》アイスサンダー:10

カズ Lv.3 HP 200/200 SP 35
基本武器:槍
所持スキル:急所突き:3、Adv.柄殴り(通常、急所突きで一定確率で発動。)Adv.窮地回避(状態異常、致命傷を食らった時に自動発動。)

残り食料 150

現在の陣形
《前衛》マリオ、ルイージ、大江
《後衛》サラ、紫杏

《仲間人数》(マリオ、ルイージ除く)
3 / 10
サラ
紫杏
カズ
???
???
???
???
???
???
???






感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。