死神と妖精の尻尾   作:夜月ライト
<< 前の話

14 / 14
今回でこの章は終わります。
そして短い...


一時の別れ

クジャがルーシィを連れ戻して2週間。

ハートフィリア家の主人であるジュードが帰ってきた。

 

「「お帰りなさいませ」」

「ふむ、変わりないな」

 

ジュードは周りを見回し 異常が無いことを確認すると、執務室へ行った。

1時間後、クジャはジュードの呼び出しを受けて執務室に入った。

クジャが執務室に入るとジュードは話し出した。

 

「あの後、特に何もなかったかね?」

「はい、なにも」

「そうか。これにて契約は完了だ。流石に今日はもう遅い、明日にでも報酬を渡したら出てくれ。それと、契約後は一切こちらに干渉しないでくれ」

「はい。了解しました」

 

クジャはそう言って執務室を後にした。

クジャが執務室を出て荷物をまとめに自室へ行くと、ルーシィが中にいた。

 

「ルーシィ?なんでここに...」

「ねぇクジャ、帰っちゃうの?」

 

クジャの言葉を遮ってルーシィは質問した。

クジャは少し困ったような顔をした後、本当の事を言った。

 

「ああ、明日には帰るよ」

「そっか...また、会いに来てくれる?」

「それは難しいかな。ルーシィのお父さんは僕に今後一切干渉するなって言ってきてるから」

「....やっと友達が出来たと思ったのに...」

 

そう言って俯くルーシィにクジャは迷ったが、ルーシィの頭を撫でて優しく言った。

 

「君の友達になれて嬉しいよ。でも、僕は契約で来ているからね。契約者からの言葉には従わないと。安心しなよ。ここで会ったのも何かの縁、またいつか会えるさ」

「ここに住めないの?」

「悪いね。僕はフェアリーテイルの人間だから」

 

クジャがそう言うと、ルーシィは何かを決めたような顔で頭を上げた。

そして、笑顔で一言。

 

「じゃあ、私が会いに行く!私も魔導師になって、フェアリーテイルの魔導師になる!」

 

ルーシィがそう言うと、クジャは少し笑って言った。

 

「ふふふ...なら、待ってるよ」

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

翌日、朝早くにクジャはハートフィリア家の門前にいた。

門前には初日と同じようにスペットがいた。

スペットはクジャに近づくと、袋を差し出した。

 

「こちらが、今回の報酬となります」

「たしかにいただきました。それでは、僕達はこれで」

「...お嬢様にお会いにならなくてもいいのですか?」

「会ったら彼女が辛くなるだけですよ。それに、置き土産はしておいたので、問題はないかと」

「左様ですか」

「それでは」

 

クジャはそう言うと銀竜に飛び乗り、銀竜はクジャが乗ったのを確認してフェアリーテイルへ飛び立った。

 

 

それを窓から見ていたルーシィは様々な色に変わる宝石の首飾りと金色の鍵を握りしめた。




今回でこの章は終わり、次回からは原作に入っていきます。





※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。