寝オチしたらギレンになっていたが 何か?   作:コトナガレ ガク
<< 前の話 次の話 >>

38 / 46
第38話 南極決戦

 南極のドーム都市に迫るティターンズ空挺部隊。

 まずは先行するミデア一機が対空砲火を強行突破してくる。ミデアの機動性では対空砲火を躱しきれず被弾してしまうが、代わりにティターンズカラーに塗られたジム三機が無事降下されてしまう。

 ただのジムなのにティターンズカラーに塗られると三割増し強く見えるから不思議だ。

 降下したジムはミデアの犠牲に応えるように後続を無事降下させる道を切り開くため、バリケードを作り防御陣を作る連邦ジオン混戦軍に向かって行く。

「デニム隊長」

「慌てるなジーン、良く引きつけてから撃つんだ」 

 彼等にとってMS戦は初。流石に南極で交渉中にMS戦闘は起きないだろうと能力的に可もなく不可も無い無難なパイロットとして選ばれた。お飾りの警備隊だから普段忙しいエース級は休ませてやろうとしたのが完全に裏目に出た形だが、こうなった以上は頑張って貰うしか無い。

 ジムは地上用に換装していないザクF型など問題にならない機動力で迫ってくる。

「うおおおおおおおおおおお、俺もシャア大佐みたいに手柄を上げて出世してやる」

 我慢しきれなかったジーンが飛び出し戦端を開いてしまう。

 ザクマシンガンが唸り砲弾がジムに吸い込まれるように向かって行くが、シールドに全て弾かれてしまう。

「うわああああああああああ、隊長隊長ザクマシンガンが効きません」

 ションベンを漏らしそうな声で泣き言を言うジーン。

 ジムは装甲こそセラミックだがシールドはガンダムと同じルナチタニウム、ザクマシンガンの砲弾など受け付けない。

「スレンダー左側に回り込むんだ」

 デニムがシールドの無いジムの右側から攻めろと意外と的確な指示をするがジム側がそれを許さない。

 バーニアを吹かし一気に間合いを詰めジーンの懐に潜り込む。

「うわああああああああああ」

 ジーンが火事場の馬鹿力を発揮し反応した。ザクマシンガンを投げ捨てヒートホークを振り下ろす。

 ガシャン。ヒートホークを握り締めた腕がシールドごとジムのビームサーベルに切りさかれ地面に落下する。

「下がるんだジーン」

「うわああああああああああ」

 デニムの声に従いバーニアを噴かし後退するが、ジムのバルカンがそれを許さない。

 モノアイが動力パイプが吹っ飛び装甲が穴だらけになる。辛うじてコクピットだけは守れたがジーンザクは戦闘開始早々に沈黙した。

 駄目だ相手にならない、相手がドームへの直撃を恐れてビームライフルを使っていないというのに。アニメじゃザクとジムは互角みたいな描写だが、ザク側にベテランの凄腕パイロットでも乗っていない限り相手になるわけが無い。本体もだが何より武器のスペックが青銅の剣と日本刀くらい違う。

 デニムやスレンダーでも撃破されるのは時間の問題だろう。

 もう駄目かと思ったとき、騎兵隊のラッパが轟いた。

 轟く轟音に空を見上げれば、HLV。そのハッチが開きドムが三機射出される。

「待たせたな。巨人狩りは俺達黒い三連星に任せろ」

 全解放無線で響き渡る力強い声にジオン側は湧き上がりティターンズ側は恐怖する。

 だがティターンズ側とてエリート部隊恐れるばかりじゃない。MSが最も無防備な降下中を打ち落とそうとビームライフルを向けるが、それを黙ってみているほどデニムも無能じゃ無い。牽制のザクマシンガンが放たれる。

 ジム三機が攻撃を躱している内にドムは無事降下。

「オルテガ、マッシュ。久々の名を売るチャンスだ。シャアの野郎に開けらちまった差をここで埋めるぞ」

「「おう」」

「ザクは陸戦隊の相手をしていろ。

 巨人野郎のMS6機は俺達が引き受けた」

 そう先行のジム部隊が敵を引きつけている内に後続のミデアから追加のジム3機及びドーム占拠用の陸戦隊の装甲車や戦車、歩兵部隊が降下を果たしていたのだ。

 ここに南極における決戦が始まるのであった。

 

「よし。他の戦場を映せ」

「よろしいので?」

「南極は黒い三連星に任せておけば良い。

 他の戦場の方が気になる」

「分かりました」

 地球全土で始まったティターンズの蜂起はまだまだ序盤、ここで対応をしくじれば後々に響く。

 指示に抜けが無いように全部を俯瞰して見ることこそギレンの役目なのであった。

 


感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。