寝オチしたらギレンになっていたが 何か?   作:コトナガレ ガク
<< 前の話 次の話 >>

40 / 46
第40話 利権

「先の南極での戦闘で連邦の新型MSを圧倒したのを見ても明らかなように、ドムこそジオン地上軍主力に相応しい」

 ツィマッドにコネがある技術士官が力説する。

「何を言う。あれは黒い三連星のパイロットの技量によるものだ。ギレン閣下惑わされてはいけません、ジャブロー攻略戦での縦横無尽に起動し敵を圧倒したグフこそ、主力に相応しい」

 ジオニックにヒモが繋がっている技術士官が力説する。

「何を言う。あれこそラル少佐の技量頼りでは無いか。あんな奇をてらった武装だらけのMSより重装甲高機動を両立したドムこそ神MS」

 理系肌だろうに今にも掴み掛からんばかりの勢い、子供かよ。

 この混迷する戦局を打破するための方針を決める御前会議。まずは次期ジオン軍を担う主力兵器に付いての議論から始まり、始まった途端にこれだ。

 ハッキリ言ってこの議論任せていたら永遠に決着しない。

「ジオン軍地上部隊の主力はドムにする」

 俺は断を下した。

「やったーーーーーーーーーーーーーー」

 ツィマッドはガッツポーズ、ジオニックはがっくりと項垂れる。まあこれでボーナスの額が変わると思えば仕方ない。

「随時ドムを導入するが、今地上は激戦の最中であり戦力の空白期を作るわけにはいかない。地上に降ろしたザクF型の内半数をJ型に換装して対応する。

 またドムだけでは作戦行動に支障をきたす場合もある。山岳地帯などの特殊戦を考慮しグフも少数ながら配備する」

 ジオニックにも配慮を忘れない。あまり恨みを買うと暗殺とかされそうだからな。総帥といえど、いや総帥だからこそこういう配慮を忘れてはいけない。

「閣下。ありがとうございます。

 ここで我等から提案があるのですがよろしいでしょうか?」

 勢いに乗るツィマッドがグイグイ来る。

「許可する」

「閣下。我等スペースノイドは忘れがちですが地球の7割は海。つまり海を制する者こそ地球を制する」

 凄い嫌な予感がする。

「水陸両用MSゴックの開発許可を裁可願いします。

 有能性が証明された重装甲、そしてビーム兵器を内蔵した高火力MSで必ずやジオンを勝利に導きます」

「待てっそれはナンセンスだ。陸上においてもザクを上回る機動性を誇りビーム兵器を内蔵するズゴックこそ、ジオンを勝利に導きます」

 今まで大人しかったMIP(の紐が付いている技術士官)が参戦してきた。

 此奴等開発許可と言いつつ既に設計や基礎実験は終わっているのだろう、下手をすれば実機もあるかもしれない。此奴等が欲しいのは後追いでの開発予算か。そして最終的には量産化の認可。

 ゴックとズゴック。水中用MSはいらないとは言わないが、その重要性は原作を見るにそんなでも無いと言うのが正直なところ。

 どう答えるか。

「閣下。地球の7割が海等なら10割は空です。空を制した者が地球を制するのです。

 ここはMSでなく空母こそ必要。是非ジオン開発部にガウ攻撃空母の開発許可を」

 各社と紐が付いていない純粋のジオン技術士官のいきなりの乱入。

 ここは技術者にとっての戦場、大人しく口を開けて待っていては誰も予算はくれない。

 それは分かる分かるけど、うざい。

 だがここで切れるわけにはいかない。ジオンのリソースは有限、効果的に使わなくてはあっという間に無くなってしまう。楽勝ムードの時は良かったが、今は並べて楽しいMSコレクションをしている余裕は無い。

「それもいいが、鹵獲したペガサス級の解析はどうなっている? あれが量産出来ればガウはいらないだろ」

「修理及び解析は終わっています。しかし我がジオン軍の台所事情ではあれの数を揃えるのは至難かと」

 何で急にまともになるんだよ。自分で開発じゃないから興味が無いが本音だろ。だがまあここは突っ込むまい。確かにガウは必要だろう。あれば作戦の幅が広がる。上手くいけばジオン水泳部ことジオン海軍は設立する必要が無くなり、予算と人員が浮く。

「いいだろう、ガウの開発を許可する」

 すげえな。俺が元の世界で一生働いても手に入れられない金が俺の指示でぽんぽん右に左に流れていく。まともに考えたら胃に穴が空くな。

「ありがとうございます」

「最後に私からだが、全社合同で開発を命じたジオン次期主力MSはどうなっている?」

 ゲルググ量産の暁には連邦など一気に片付けてくれるわ、わはっはっはっは。と高笑い出来る状況じゃ無い。現状ではゲルググが出来てやっと連邦MSと互角と言ってもいい。宇宙において連邦MSの数が少ないから何とかなっているが、数が揃ったらザクじゃ勝てない。早くゲルググさんプリーズ。切実に願う。

「それでしたらビームライフルの開発に手こずっていましたが、連邦のMSを奪取出来たことにより大幅に開発が進みました。もう直ぐお披露目出来るかと」

「そのMSにジオンの命運が懸かっている。頼んだぞ。

 後、それまでの繋ぎはザクⅡの近代化改修で対応する」

 事実上のリックドムのリストラ宣言だ。だがしょうが無い、その分のリソースはゲルググ量産のための貯金だ。

 地上はドム+ガウ。宇宙はゲルググという基本方針が決まったところで御前会議技術の部終了。

 次は戦略の部だ。


感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。