手には弓を 頭には冠を   作:鷹雪

11 / 50
ガンズ・オブ・ザ・パトリオット

――あの事件は結局何だったんだろう?

 

 

 ロイドの語りが始まった。私の求めにすぐには答えず、どうやら彼にも私と話したいことがあるのだとそれでなんとなく理解した。

 私は黙って聞いて、それに答える準備が必要だった。

 

「2014年――つまり、君も参加したあの事件が終わってすべてが一変した。

 大国が夢見る超人兵士計画の、リアルな一歩となったとまで賛辞されたSOPシステム。兵士を、部隊を、戦場をコントロールするデジタルの魔法。

 君を苦しめ、おとしめたあれは完全否定される欠陥品として扱われてしまった。

 

 ナノテクノロジーと最新の脳科学によって兵士を、より優れた兵士に。より優れた部隊とするやり方は、いつの時代にも求められたものだが。それが現実に近づくと。今度はその技術には絶対に適合できない体質の人間たちを生み出す悲劇となってしまった。そうだ、あのシステムは完璧ではなかった」

「ええ――その中のひとりがこのわたしだった」

 

 いろいろと理解はしていても、自然とその言葉には皮肉の色が混じってしまう。

 愛国者として、女性兵士としてより高いものを求めた若かった自分が失望されたのがまさにその一点にあった。

 そして私は、あまりにもあきらめがわるく、しがみついた。無残な最期を迎える日まで希望を捨てなかった。新年さえあればきっと戦い続けられると信じていた。

 

「だが君は知らないだろうな。ここ数年、軍のなかで再びSOPシステムの見直しをすべきだという声がまた上がってきていることを」

「――へぇ、それは知らなかったわ」

 

 これは嘘だ。

 だが、もう以前ほど心を乱されることはない。もう、私には関係ないことだから。

 

「陸軍と海兵隊は、21世紀に入ってから世界規模の戦闘であろうことかテロリストのテクノロジーを前に膝をつくと言う醜態を何度も繰り返してきた。

 ”愛国者”と呼ばれる存在が関わった事件の全解明はなされなかったが。関係が深いとされる非人道的実験の成果を、今更だが生かさない手はないという考え方だ。彼らはあんな結果でも、ないよりはましだと考え直したらしい」

「ひどいものね」

「その通りだ――だがそれもこれも、その始まりはあの前回の大統領選の結果だともいえる。そうだ、結局は政治だ」

「……」

「長らくこの自由と資本主義を支えてきたはずの2つの党が。国民の前に提出してきたのは同性から支持されない元大統領夫人という女王様と。金融界の荒波をホラと度胸で乗り切ってきた男とで選ぶとはね。ブラックジョークにしたって、あまりにもひどい」

「大統領批判?それなら素直にTVをつけたらいいじゃない。こっちじゃ、それも見れないんだけど?」

「――そうスネなくていい。

 見るべきものは今だってないさ。支えるつもりのない議会と騒がしたいだけのTVは、ことさらに大きく問題を見せようとするが。あんなコメディーでも堂々とやり切って見せた大統領だなのだ。平然とした顔で、自分の仕事をただやっているし。彼はきっとやりきるだろう」

「今の大統領には朗報ね」

「ところがそうでもないんだよ、ジェシカ」

 

 ロイドは画面の向こうで自重の笑みを浮かべた。

 

「我々ドレビンズの活動の第一の目的は、力を失った国際連合に新たな息吹を吹き込み。再び世界をまとめ上げる力を与えることで、人類の社会が持つ戦争というシステムを抑制しようとするものだった。

 だが――この国と国民は選んだのは強いアメリカが戻ってくること。だが、それは決して誰かと協調するという意味ではない」

「随分と弱気なのね」

「それが悲しいが現実なのだ。

 この国は再び強く足を踏み出し、歩き始めている。

 なのに我らドレビンズは夢を持って世界に飛び出しはしたものの、国連は新しい空気をどれだけ吹き込んでも。自分がただの老人で、それどころか口も開くことすらできないと信じ込んでしまって動けないでいるんだ。動く気のない奴を、どうやって動かすというんだい」

 

 どうやら本当に悪いみたいだ。

 

「大国は国連にそれほど注目していないが、そこで行われる人事のチェックには余念がない。まるで自分たちがハーレムのドラッグディーラーかポン引きにまで落ちぶれた気がするときすらある。アメリカだけじゃないが、大国はこちらの取り組みをあっさりと叩き潰していくんだよ」

「白旗を上げる?」

「まさか――だが、これで私の現状も分かってくれただろう?

 君がどんな理由であれ、モンタナの田舎町で。政府の認めない内戦のために武器が欲しい、などとこちらに泣きついても。そもそも君に渡す商品など私の手元にはないし、危ない橋を渡る理由もない」

 

 私は理解している。彼は何も間違ってはいない。

 だがそれでも、彼の協力をあきらめるわけにはいかないのだ。

 

「この通信、大丈夫?」

NSA(国家安全保障局)のことかね?それなら心配ない。それに君と話すのは、これが最後かもしれないしな」

「――これからあなたに話すのは、正気とは真逆のことよ。でもね、それはあなたが誇るドレビンズとやらの看板が。真っ白でなくてもよいと言うなら、逃す手はないビジネスになるわ」

「ほう、それは興味深い。君とこうして連絡を取ろうと思った時まで、戻ってきた気がするね」

「ここは戦場なのよ、ロイド。そして私と私の仲間には武器が必要なの」

 

 画面の中のロイドは楽しそうに「そう」とだけ返す。

 私のこれから口にする計画で、この顔を変化させることができなければ。私には打つ手がなくなる。

 

「ロイド、私と組んでこのモンタナで違法の武器ビジネスを始めない?」

「……正気なのかな、ジェシカ保安官?」

「そう、私は保安官。法を執行する立場の人間よ、でも同時にそれで得られる特権もあるわ」

「武器の商売には品が必要だ。どうする?」

「心当たりがある。でも、私はここを離れられないから外で動ける人の力が必要になる。それに輸送ルート。ええそうよ、あなたに丸投げにするけど、やり方は好きにしていいわ」

「フム」

 

 カウンターに座ってビールを飲むクリスは表情を変えずにこの話にじっと聞き入っている。

 私はほとんど何も知らないままこのモンタナの田舎町へとやってきたが。かといって、あのエデンズ・ゲートに。ジョセフに膝を屈して、あいつの望むように神をたたえて祈りをささげるなんてことは絶対にやるつもりはなかった。

 

 だがそれには勝たねばならない。

 武器が必要になる。それも大量に――。

 この申し出で私は金と罪を手にすることになるが、それはこの戦場でレジスタンスを勝利に導く。つまりこれは正しいことなのだ。

 

「確かに魅力的な申し出ではある。だが、わかっているのかな?これは握手は交わさないし、契約書にもサインは必要ない」

「ええ、口頭でも。絶対の拘束力が発生する、でしょ?」

「君が本気ならばこの話を進めてもいい。こちらの要求は2つ。生産の現場と品を直接確認させてほしい」

「私のことは調べたのよね?なら、部族の長老たちに会って私の名前を出して。彼女が仲間のために力になると言っていた。それだけで大丈夫よ」

「では続いて最初の荷はいつ、どうやって送り届けたらいい?その後のことについても話す必要があるだろう」

「それは悪いけど、あなたに考えてもらうわ。こっちは余裕がないのよ」

 

 これは狂気なのだろうか?そうなのかもしれない。

 だが必要なことなのだ。

 

――お前は自分が正しいと信じている。正義の味方だと信じている。だが、それは間違いだろ保安官

 

 耳元であのジョン・シードが囁きが繰り返された気がした――。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

『お前さんが無事で本当にうれしいよ、保安官』

「そればっかりね、ダッチ」

『それにつきるからさ。しょうがないだろう……もう、動けるんだって?』

「ママに看病されるのはもうごめんだって言ったの」

『メアリーにそんなことを?そりゃ、恩知らずってものだろう』

「動けるのよ。それに――なんだか変な感じがね。そろそろジョンもしびれを切らすんじゃないかって気がする」

『あんたがそう言うなら。しかし、だからといってこっちにやれることはほとんどないぞ』

 

 夜中、スプレッドイーグルでひとり密造酒の瓶と無線機にグラスをカウンターに置き。寝間着姿の私はダッチを相手にひさしぶりに会話を楽しんでいた。

 だが――。

 

「つまるところね、ダッチ。こっちの弱点がまさにそこなのよ」

『なぁ、保安官……』

「やめて。希望に縋るやり口は神父が必死にここでやってるのを見てる。でも、それだけ。現実はもっと厳しいわ。このままだとレジスタンスは動けなくなって押しつぶされてしまう」

『そうは言ってもなぁ』

「武器がいるのよ。大量の武器が。それがないと勝負にならない」

 

 苛立ちから唇をかむが、慰めにもならない。

 ロイドと話はしたし、それなりの手ごたえはあったが。だからといってすぐにどうこう話が転がるわけではなかった。

 クリスは私とロイドの通信会談が終わると、すぐにフォールズエンドから立ち去るとだけ言い残して姿を消した。多分、もうペギーが気が付かないであろう脱出方法を使ってロイド(雇い主)のところへと戻っていったのだろうと思う。

 

 あとはこの()芽が無事に大木へと育つかどうか――それだけ。

 

『なぁ、保安官。あんたがなにやら外の奴と話したってことは俺も聞いている。それを話してはくれないのかい?』

「まだ無理よ」

『わかった。無理には聞かんよ、だが――助けは期待できないのか?』

「――ダッチ。私があんたに助けられた夜を覚えている?」

『ああ、忘れるわけがない』

「あの夜、ジョセフに追われ。連邦保安官は州境にまで走って、州兵を連れて戻るんだって言ってた。それでこの事件は終わりだってね」

『そうか』

 

 私は苦笑する。

 

「本当は思ってるんでしょ?そんなことは無理だってこと」

『……ジェシカ保安官』

「あの時、州境にまで走れたとしても。連邦保安官も私も、州兵を連れて戻ってくるなんてこと不可能だった。でしょ?」

『ペギーの奴は――ジョセフはあれでしたたかだ。政界にも顔が利く、弁護士もやり手だ』

「アーロンがなぜあんなに嫌がったのか、今ならわかるわ。政府から自分に逮捕状が出たことを、あの男が知らないわけがない。そしてきっとこっちの思いもつかないやり方で、さらに余計な騒ぎを起こそうとするかもしれない。その予感だけはあったのね」

 

 ロイドは別に、ここで起きている出来事を知らせてほしいと言う私の要請を拒否した。

 やりたいなら誰か別の奴を外に出して、話を聞いてもらえるか試してみればいいと。モンタナ州知事は、すでにここで起こっている混乱についての情報が入っているが見て見ぬふりをしているらしい。

 そもそもここの状況を知りもしない司法省の制服組くらいしか、エデンズ・ゲートをどうこうしたいとは思っていないのは明らかだとまで言うのだ。

 

 私たちにやはり助けはない。

 

「田舎町の宗教戦争といっても、相手が肌が白く無くて。祈りの言葉に『アッラーアクバル』とつぶやかないなら、正直何が問題なのかってのが彼らの見解」

『ジェロームに言わせれば、ジョセフの言葉は歪み切っているが。それでも神の言葉は口にしている、と言っていたな』

「私の中には神も精霊もいない。ずっと昔からね、それを可哀そうだのなんだの言われるのもご免よ」

『保安官にはこの世界は。ダーウィンの進化論がすべてってことか?』

「いいえ。『神は死んだ』、これよ。誰だったかな。とにかくこの言葉がすべてよ、解釈も議論もそこには必要ない」

 

 今夜は少ししゃべり過ぎたようだ。

 私は最後に通信終了と告げると、グラスの中のいびつな味わいを残す液体を飲み干した。胸の中の不安は、まだ消えてはくれない。


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。