手には弓を 頭には冠を   作:鷹雪

16 / 50
アデレードという女

 深夜、湖に浮かぶボートに私とグレース。そしてジェローム神父の指名を受けた数人の若者と共に乗り込んだ。

 

 コヨーテ・ネルソンが教えてくれたのだ――。

 彼は「いいか、保安官?」そういうと

 

「俺が思うにアンタが向かうのは、刑務所ではないと思う。

 ヘンベインリバーの北側、そこにドラブマン・マリーナがある。そしてあそこにはアデレードがいる。

 俺はあんたはまず、彼女の協力を求めないといけないと思うな。

 元々あそこは地元の名士、ドラブマンが所有する場所だったが。彼の妻だったアデレードが離婚後に権利を手にいれたんだ。

 

 彼女は才能もあって勝気な女性だから、ペギーも騒ぎだす前もあそこには手を出せずにいたんだ。

 マリーナはヘンベインリバーとホワイトテイルの境に丁度位置しているんだが、湖と険しい山脈に挟まれた要害の地だったし。そんな彼女が居座るせいで、ジェイコブもフェイスもお互いが遠慮して手を出せずにいたんだろう。

 

 それが最近、ついにペギーに占拠されてしまったと噂を聞いた。

 以前の彼女は騒ぎと距離を取りたがっていた、とも聞いているから。きっと今なら怒ってレジスタンスに力を貸してくれるかもしれない」

「ということは捕まったのよね?どこにいるの?」

「たぶんまだそこにいるだろうな。怒った彼女は美しく素晴らしいが、同時に恐ろしい。

 元気な彼女をペギーがどうにかできるとは思えない。元の旦那もそれを見誤ってひどい目にあわされた。

 

 だからきっと、あそこを取り戻したアンタに彼女は感謝して。自分からジェイコブやフェイスを苛立たせるようなことを嬉々として行うと思う」

 

 念のためスプレッドイーグルでメアリーに確認すると、コヨーテの言っていることに間違いないだろうと彼女も認めた。

 操縦席に座るグレースに目で準備ができたと知らされ。私は口を開く――。

 

「ヘンベインリバーにむかうわ。マリーナを解放し、アデレードにレジスタンスへの参加を求めるつもり。

 作戦は三段階にわけてある、これは確認よ。

 まず湖の孤島にグレースをおいて、私はそこからマリーナへと泳いで侵入する。ボート残ったあなた達はそこから離れた場所で上陸、湖岸を歩いてマリーナに向かってもらうわ。あとは合図で攻撃を開始となる。何か質問は、ない?」

 

 若者たちの緊張した顔で沈黙を守ったままうなずいた。

 グレースはボートのエンジンにスイッチを入れる――。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 マリーナの桟橋には複数のボートやジェットスキーが止められており。

 近くにはなぜかだらけた風のペギー達が、まだ日も登らないうちからそこに集まって何事かを話しているようだった。

 

『まさか、朝のお祈りでも始めるんじゃないでしょうね』

「――それなら楽に片付きそう」

 

 無線越しにグレースとそう会話しつつも、私もまた当初の予定を変えて桟橋ではなく森の中を通って建物の裏から屋根へと昇っていく――。

 

 ロイドが出かけに新しい武器を送ってくれたおかげで、私の装備も変わっている。

 今回は世界に知られた銃、AK47の後継でもあったAKMが送られていたが。それとは別に、私のためにとわざわざAK74Mが混ざっていた。

 このAK74Mは、そもそも1990年代にロシアに配備されたものだが。近年ではさらにツールで強化できるものが市場で出回るようになっていた。私は迷うことなくそれに手を伸ばしたのだ。

 

(人が多い。警報装置もある、救援が来る前に勝負をつける?ひとりでそれをやれるつもり、ジェシカ?)

 

 忠告という形ではあったが、リー元大尉から「かつてのものはない」と断言されたこともあって、これまでのような強気では通用しないことを理解しなくちゃいけなかった。

 

(グレース、準備は?)

(桟橋に5人、姿を確認した。いつでもどうぞ)

(上陸班は進め。マリーナにはまだ侵入しちゃダメ)

 

 指示を出し、ライフルを背中に回し。代わりにSMGのベクターを取り出す。

 ピストルに使う45口径弾を使用するこの銃もまた、”ロイドからの贈り物”だ。ライフル弾ほどの威力はないが、静穏性と取り扱いには定評がある。

 

 スコープをのぞきながらすり足で進み、アリーナの中へと素早く静かに侵入する。

 倉庫の扉を開くと、そこにはちょうど良くこちらに背を向けてアリーナ内に響き渡るペギーの不愉快なほど脳天気でアップテンポな曲に体を動かしているのが見えた。

 カシッとわずかにベクターが動くと、男はその場に崩れ落ちようとして慌てて私はそれを支えようと者が見ながら背中で相手の体を受け止め、抱く。

 

 手の中に、自分が瞬時にして死んだことが理解できず。

 苦痛に顔をゆがませ、光の失った目と死んでいく表情がそこにある。

 一人前の男、そう呼ぶにはまだ若いと思ったが、それだけだ――。

 

 それでも動揺、したのだろうか。波紋のようにそれは広がるが、すぐに波立つものは消えてなくなる。

 私こそ武器なのだ。武器は道具で、道具には役目がある。銃は人を殺し、そしてそのことに考えない。これは当然のことなのだ、落ち着け。

 

(グレース、初めていいわ)

 

 無線機にそれを告げつつ、私は横の部屋の中にいるペギーの頭をガラス越しに打ち抜いてやった。

 ガラスの音に反応してあちこちから「どうした?なんだ?」と声が上がると。それは同時に敵の位置をこちらに知らせてくれたも同然だ。

 飛び出して行って、スコープを向けた先から訝しんだ表情で立ちつくすペギー達を撃ちはじめた。

 

 30秒余りの間に、私とグレースの不意打ちによってマリーナの死者は10人に迫る勢いで増えていくが。

 敵もついに襲撃だと理解すると、警報装置に飛びついてスイッチをひねってしまう。ジェシカが弾を撃ち尽くし、弾倉をかえている一瞬のスキを突かれてしまった。もはや止めることはできない。

 

 ドラブマン・マリーナに襲撃を告げるサイレン音が周囲に響き渡る――。

 それを聞くと、待機していたレジスタンスの若者たちが海岸沿いに現れ。声をあげてマリーナへと突進してくる。

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 それはいつもとかわらない。

 言ってしまえば、かわらないということを確認するための作業に過ぎないはずだった。

 

「ホランドバレーとの境界線、変化はないのよね?」

「はい、フェイス」

「橋の向こうとこちら。そこにあらわれる人の姿もないの?」

「レジスタンスと名乗っているらしい連中の姿は見ますが。橋には近づきませんね」

「こっちが向こうへ行くとしたら?」

「……やれないことはないでしょうが。あそこにいる連中によると、むこうもどこからかこっちを見ているはずだと言ってます。

 なにもされないとは思えません」

「でも、確実ではないのでしょ?」

 

 食い下がると、彼らは戸惑う表情をみせる。

 ああ、なんて腹立たしいのかしら。彼らは私をお人形さんだと思ってる。ジョセフの隣でかしづき、微笑んで見せるだけの女だと。

 

「どうなの!?」

「どうでしょう、やるとしても”天使”を送り込むくらいしかないように思います」

「そんな弱気でッ――」

 

 声を張り上げようとするが、走りよる信者が耳元で何かをささやくと彼女は急に口を閉ざして黙りこくる。

 つづいてそれまでの目の輝きが変わり、口元には微笑みが浮かんで――。

 

 

 山小屋の中からフェイス・シードが出てきて空を見上げた。

 そこには停止するヘリが浮かんでいて、ちょうどここへと降りてきている。フェイスに続いて、仲間たちもこの訪問者を出迎えるために外に出てきてフェイスの後ろに並んでいく。

 

「ジョセフ!いらっしゃい」

「フェイス……」

 

 ヘリから降りてくるジョセフ・シードをフェイス・シードはその笑みを浮かべた顔で出迎える。これがいつもの彼女。ジョセフが愛するフェイスの正しい姿なのだ。

 2人は家族にするように抱き合うとすぐに体を離す。

 

「ジョンのこと――まだ苦しんでいるのでしょ?」

「もちろんだよ、フェイス。彼は……」

 

 そこでジョセフはため息をつき、こめかみに指をあてる。

 

「彼は、愛されてはいなかった、皆に。だが、私は違った。彼の心を理解できたからだ」

「ええ」

「彼もまた私を理解しようとし。誰よりも罪を克服する強さを自分に求め。他人に分け与えることに尽力を尽くしてくれていた。

 このことを誰かはただの言い訳だと罵るかもしれない。だが、本当のことだった。

 ジョンは強い信仰で、私たちを助けようとしてくれていた」

「やっぱり悲しみは癒えてないのですね――可哀そうに」

 

 フェイスはそう言って手を伸ばすが、ジョセフはその手が自分のホホに触れる――というよりも、近づけられるだけでも嫌ってすぐさま顔をそむけた。

 その激しさは思いもよらなかったのか。

 一瞬だがフェイスの顔に恐怖が浮かび、慌ててそれを隠して指を引っ込めたが。顔にはまだ不安が浮かんでいる。

 

「――そうではない、フェイス。お前を嫌ったわけじゃない。私はすぐに戻らなくてはならない」

「はい」

「今日ここに来たのは。お前と私たちの家族の働きに感謝を伝え。

 また、お前に本当に試練に立ち向かうという覚悟があるのか、確認するために来た」

「あります、ジョセフ」

 

 フェイスは間髪入れずに答える。

 疑われるのは心外というように、先ほどの微笑み浮かべる姿ではない。強さを伝えるそれをジョセフに見せようとしている。

 今度はジョセフの顔がほころんだ、喜んでいるのだ。

 

「さすがは私のフェイス、だ。その言葉を聞けて私も心強く思う」

「当然です、ジョセフ」

 

 今度はジョセフの手がフェイスの顔に延ばされるが、彼女はあの微笑みを浮かべてそれを受け入れる。

 さらに体が近づけられ、2人の距離は縮まるが――そこでフェイスに語られるジョセフの声もまた、まるで違う低く小さな声が投げかけられた。

 

「次は、お前だ」

「っ!?」

「彼女はお前に会いに来るだろう」

「それは、神がおっしゃったのですか?」

「告げられたのだよ。今、この瞬間にも君に与えられた試練は始まったのだ、と。

 ジョンは試練に打ち勝つことはできなかった。私はお前にも――」

「できます。神がそうおっしゃるなら」

 

 信じ切った少女のように、ジョセフの言葉が終わらないうちにフェイスは断言する。

 

 シードの家族による麗しい面会はこのまま無事に終わることはなかった。

 まさにこの瞬間、車が一台走りこんでくると。ジョセフとフェイスに、不愉快な報告を伝える。

 

――ドラブマン・マリーナが奪われ。アデレード・ドラブマンはレジスタンスに正式に参加すると表明した。

 

 ジョセフの予言はまたしても的中した。

 ホランドバレーを蹂躙したものが、ついにこのヘンベインリバーへとやってきたのだ!

 

 

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

 

 

 あらかじめ言われていたことではあったが、それでも本人を目の前にするとその迫力に圧倒されてしまう。

 アデレード・ドラブマン。

 

 彼女はマリーナの前にある。ヘンベインリバーとホワイトテイルをつなぐ道の上に出来た燃える鉄のスクラップの山と、そこで焦げていくだけのペギーの死体が放つ悪臭を胸いっぱいに吸い込んで見せ。「これでやっと、気分がスカッとしたわ」と満面の笑みを浮かべてこちらを見た。

 それから無線の前に立ち、このマリーナと自分、そしてそこに勤めている若くてたくましい青年たちにペギーがしたことを罵り。目についたペギーはぶち殺してやったとせせら笑ってから、最後にレジスタンスに自分も参加すると言ってスイッチを切ってしまった。ダッチは何か言おうとしていたと思ったが、どうやらアデレードは彼と話すことはない、そういうことらしい。

 

「正直に言わせて頂戴。

 本当は私、レジスタンスなんてものが頼りになるとは考えていなかったのよ。

 だってフェイスにいいようにやられて、自分から刑務所なんかに閉じこもる連中よ?やってることがあべこべで、まるでわけがわからなかったわ」

「そんな――キツイのね」

「グレース!?これでも私は随分と甘くしてやってるの。ダッチもこれでようやく、グチャグチャいわなくなって清々する」

 

 そこまで話すと、アデレードは私を頭のてっぺんからつま先までなめるように見まわしてきた。

 

「ちょっと、失礼よ――」

「大丈夫よ、これくらい。あなたが私たちの英雄ってことよね、保安官?」

「それは好きに考えて。ジェシカ・ワイアット保安官です。レジスタンス参加を決めてくれて、感謝してます。アデレード」

「新人さんね?私は若くてたくましい子が好きだけど。あなたのようなタフな女性も大好き」

「え、ええ」

「アデレードよ。この私が力を貸すと言ったからには、まかせて」

 

 パワフルな彼女に握手を求められ、硬くこちらも握り返す。

 

「挨拶はこれでいいわね?それじゃ、さっそくお願いを聞いてちょうだい」

「は?」

「ペギーの奴。私たちを閉じ込めるだけじゃなく、勝手にうちの機材を持ち出して行ってしまったのよ。保安官、さっそく取り戻してきて」

「え?」

「私の可愛い子たちもつかっていいから。あ、でも味見はダメよ?皆、私が選んだものだからね」

「いや、そんなこと――」

「船も車も取り返すけど。とにかく私のチューリップをとりかえして」

「花?」

「ジェシカ。彼女の言っているチューリップはアデレードのヘリよ」

「そう、私があのクソッタレの旦那から正当な権利として奪った。私の大切な羽!あれが必要なの」

「どこにあるのか――」

「ああ、それなら大丈夫。ペギーが持ってるヘリを全部回収してくればいいでしょ」

「え、全部!?」

「あら、もちろん当然でしょ?こっちは被害者なの、加害者にはきっちりと思い知らせないと。でも金でもって来いと言ってもいやがるでしょうし、私もアイツらと机を挟んで交渉なんてお断り。

 だから慰謝料として、あいつらのヘリを全部もらってあげることにしたわ」

「決定してるの!?」

「アデレード、保安官も困ってる。無茶よ……」

「なによ!あいつらが言ったことじゃない、この世界に法はないって、ならあいつらのやり方に合わせて。私も良心的な誠意をアイツらに払わせてやらないと気が済まないわ」

 

 それが当然とばかりに胸を張る彼女の姿は美しく、そして反論するほどペギーの権利を守っているようでそれがためらわれるのを感じる。

 私はため息をつき、グレースはそんな私を見て肩をすくめて苦笑する。

 エネルギーの強い女性だが、なるほど熟女であってもなお溌溂とする彼女の姿に。コヨーテやここにいる男たちは放っておけなくなるのだろう。

 

「わかった、ヘリね。それで――」

「うちの子ね。わかってる、私が頼めばやってくれるわ。チューリップは彼らが知ってるから、保安官はただヘリを見つけてとってきてくれるだけでいいの」

「はいはい」

「それじゃジェシカ。私はこれで、一旦ホランドバレーに戻るわね」

 

 するとアデレードはグレースに体を向ける。

 

「待って。あなたにもやってほしいことがあるのよ」

「私にもですって?」

「ちょっと大変だと思うけど、ホワイトテイル・マウンテンに行ってほしいのよ」

「なんで?危険だという話は聞いているから、無茶はしたくないわ」

「ジェスに会ってやってほしいの」

「誰?」

 

 私が聞くが、なぜか頼まれたグレースも心当たりがないようで顔にはてなマークが浮かんでいる。

 

「あのダッチの家族よ」

「息子さんに娘がいるって聞いたけど――」

「それとは違う家族、よ。ダッチは知らないようだけど。

 私、知ってるのよ。あの娘、ホワイトテイル・マウンテンで大暴れしているみたいなの」

「それは……頼もしいわね」

「ええ、そうね。あの娘があなたみたいな元軍人だったら、私もそういうでしょうよ。でも――そうじゃないの。普通の子よ」

 

 運がいいのか、たまたまか。

 それは確かに放っておくのは危険だろう。

 

「グレース」私が口を開こうとすると、彼女は止めてきて「わかってる、保安官。それで、アデレード。どうしたらいいの?」と聞いた。

 

「とにかくあそこから連れ出したほうがいいでしょうね。ここでも、フォールズエンドでもいいけど」

「連れ出せばいいのね?」

「ダッチのところにはいきたがらないでしょうし。素直に人の話に従うようなタマでもないからね。駄目なら無理強いはしないでやって」

「それでいいの!?」

「よくないけど、知ったこっちゃないわよ!言葉も理解できないガキのおもりがしたいなら、好きにして。大人は忙しいのよ」

「わかった、そうする」

 

 一方的に決められ、まとめられ、指示まで出されてしまった。

 アデレードは私たちにさっと背中を向けると、マリーナを守る若者たちに事情を説明しに行ってしまった。

 

「すごい女性ね」

「ええ、わかってるのジェシカ。しばらくは彼女があなたを助けてくれるみたいよ」

 

 私は思わず天を仰いだ。

 なぜだろう、今なら素直に神に助けを求められる気がする。

 


 ▲ページの一番上に飛ぶ
感想を書く ※感想一覧 ※ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に 感想を投稿する際のガイドライン に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。