Fate/Grand Order (名未定)   作:コーラテートク
<< 前の話

7 / 7
第7話

「はあっ、はあっ…。宝具投影に魔力を使いすぎたか、休まないと、少し厳しいな…。」

 

魔力を多用したためか、アーチャーの声が聞こえなくなっている。

 

藤丸たち(あいつら)が出くわさなくてよかったな…。」

 

藤丸たちが見つかっていたら間違いなくやられていた、それほどの強敵だったのだ。

 

「さて、早いこと離れないとな。」

 

重い体を引きずって離れようと踵を返した瞬間、背後が爆ぜた。

 

「なんだ!?」

 

咄嗟に体を捻り、飛んできた破片を回避するが、視界に映ったものに言葉を失う。

 

「おいおい、嘘、だろ?」

 

───だから待てと言っただろう!あれは簡単に殺せる相手ではない、今すぐに撤退しろ!

 

「オォォォオオォオ!!!」

 

「っ!?熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)!」

 

凄まじい力で投げつけられた斧剣を、咄嗟に熾天覆う七つの円環(ロー・アイアス)で弾く、が───

 

「ま、りょくが…。」

 

魔力の大幅な消耗により、視界が歪む。

 

───馬鹿者!意識を保て、ここで意識を飛ばせば死ぬぞ!

 

「わ、かって…。ぐぁぁっ!?」

 

そして、その隙を見逃す狂戦士ではなかった。

斧剣の一撃をもろに喰らい、瓦礫に叩きつけられる。

 

───誠!?

 

「なんとか、生きてる…。」

 

───ちなみに、先程の防御で魔力がほぼ空になっているぞ。英霊化も保てない、解除する。

 

その言葉を最後に、反応が返ってこなくなった。

 

「………え。」

 

「グォォォォォォ?」

 

敵にも心配される始末である。

 

──────────────

 

《カルデアside》

 

誠がヘラクレスと戦い始めて少しした頃───

 

「聞こえたかマシュ!?」

 

「はい、聞こえました!」

 

「きっと衛宮が戦ってるんだ。急がないと!」

 

藤丸たちは───走っていた。

 

「ちょっと、どこにいくつもりよ!?」

 

途中で合流したキャスターが話し出す。

 

「おいおいおい、俺はオススメしないぜ?なんせそいつが戦っている相手はバーサーカーだろうしな。」

 

「バーサーカー?確かに狂化してステータスは上昇している筈だけど、そこまで驚異になる存在では…。」

 

「奴の真名はヘラクレス、大英雄ヘラクレスだ。」

 

「ヘラクレスですって!?(誠視点で記載済みなので以下略)」

 

「ああそうだ。奴と戦ったことのあるやつしか知らんだろうがな、奴はとてつもなく厄介な宝具を持ってやがんだ。」

 

「宝具?」

 

十二の試練(ゴッド・ハンド)ってやつでな。Aランク以上の攻撃しか通用しない上に、一度殺した攻撃は効かなくなる。奴を殺すなら十二種類の宝具を用意しなければならない、とまで言われてるぜ。」

 

「走りながらも説明していただき、ありがとうございます!ですが、それはつまり、倒す手段が無いと言うことなのでは!?」

 

「おう、普通なら殺すことなんざ出来ねえよ。だから行くのはオススメ出来ねぇ。…んで、どうすんだ」

 

「「早く行かないと(行きましょう)!」」

 

「…全く、甘いマスターだぜ。なら急ぐぞ!」

 

「「了解(です)!」」

 

「…どうしてこうなったのかしら。」

 

《カルデアsideout》




今頃失態に気付く(´・ω・`)






※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。