伝説となった男の人理修復   作:Seli
<< 前の話 次の話 >>

11 / 15
新しい水着鯖でテンションが上がっているseliです。
一応今回で特異点Fは終わりです。

その後、カルデアの日常を挟んで、次の特異点に移ります!


10話

ちっ、逃げられたか。

 

「キャスター、やったの?」

 

 

「いや、逃げられたみたいだマスター。

オルガマリー、魔力をだいぶ使ってしまったが大丈夫か?」

 

 

すると、オルガマリーに抱きしめられた。

 

「私の心配より、貴方よ!

バーサーカーでの戦闘では、一人だけ残って、セイバーとの戦いでは無茶するし、レフの時にだって宝具や固有結界まで使って!

体は大丈夫なの?

お願いだから無茶はしないで。

貴方にまでいなくなられたら私は・・・・。

私を残して行かないで。」

 

オルガマリーは泣いていた。

 

オルガマリーの頭を撫でながら、

 

「やれやれ。ホントお人好しで優しいマスターだな。涙を拭くんだ、オルガマリー。

君には笑顔が一番似合う。

約束しよう。君を残していなくならないということを誓うよ。

何ていったって私が大好きなマスターだからな!」

 

 

「ハルキ! 約束よ!

いなくなったらダメだからね!

私だって大好きなんだから!」

 

 

余計に抱きついてきた。

 

 

すると

 

「オルガマリーばかりズルい!

私もかまってよ、ハルキさん!」

 

頬っぺたを膨らました立夏が、俺の背中から抱きついてきた。

 

 

「立夏!? ビックリするだろ?

お前も甘えん坊さんなんだな。

可愛い奴だな。

お前もこれから行く旅では、必要不可欠だからな?

オルガマリーと共に守ると誓おう。

まあ、マシュがいるから心配はしていないが。」

 

 

「えへへ。ハルキさん優しすぎるよ~

私も大好きだよ!

私だってハルキさんがいなくなったら嫌だからね!

これからもよろしくね!

マシュも!」

 

「はい、先輩! 私も頑張ります!」

 

 

「ハルキくんモテモテだね~

所長と立夏ちゃんなんかデレデレじゃないか。

うらやましいなこのこの。

って痛いよ、レオナルド!

何するの!? え? ハルキ君が所長達と仲良くしてるのがなんかおもしろくないって、僕関係ないよね!?

悪いんだけど、四人ともすぐに戻ってきてもらえるかい?

カルデアに転送するから。」

 

 

「へー。いつの間にダ・ヴィンチと仲良くなったのハルキ?」

 

 

「私も詳しく聞きたいかな? ハルキさん。」

 

 

「二人とも、凄く関節が決まっているんだけど!

あと、笑顔が怖いよ、二人とも?

ちょ! ギブアップです!」

 

「所長、先輩。二人とも怖いです。

怒らせないようにしておかないとダメですね。教授」

 

「そうだね、マシュ。」

 

二人に締めつけられ、転送間近に気を失うのだった。

 

 

 

 

俺頭の裏に柔らかい感触がした気がして、俺は目を覚ました。

すると、ダ・ヴィンチの物凄い笑顔があった。

 

 

「おや、お目覚めかい?」

 

 

「ここは、カルデアか?」

 

 

「そうだよ! 私の膝の感触はどうかな?」

 

 

「何言ってるんだ、お前は。

目覚めた瞬間凄い殺気を前方から感じるんだが・・・・。」

 

前方に目を向けてみると、オルガマリーと立夏が怖いオーラを出しながら笑顔でこちらを見ていた。

 

近くでマシュとキャスパリーグとロマニが震えていた。

 

怖いよ・・・・!

 

ん?

二人の前にあるのは召喚サークルか?

 

 

「気づいたみたいだね!

そうだよ!

今から新たなサーヴァントを召喚するんだ!

二人とも。早く召喚したまえ!

戦力増強は課題だろ?」

 

 

「後で覚えておきなさいよ。」

 

 

「ダ・ヴィンチちゃん、許すまじ。」

 

 

二人は文句を言いながらも呪文を唱え、召喚を開始した。

 

 

オルガマリーもちゃんと召喚できているみたいだな。

 

って何だ、この悪寒は?

非常に嫌な予感がするぞ。

 

 

オルガマリーが召喚した箇所の光が収まると、

 

「問おう! 貴方が私のマスターか?」

 

うん! 嫌な予感って当たるよね。

全力で逃げよう!

このままだとオルタの方まで来る気がするよ?

 

って逃げれない!

ダ・ヴィンチの奴魔術かけてやがる!

 

「そうよ。私の名前はオルガマリー・アニムスフィア。

貴方のマスターは、私よ。

これからよろしくね。

クラスはセイバーで良かったの?」

 

「そうです。オルガマリーですね。

よろしくお願いします。

私の真名は、アルトリア・ペンドラゴン。

クラスはセイバーです。」

 

 

「アーサー王じゃないの! ってことはあそこでデレデレしている奴の知り合いかしら?

私のもう一人のサーヴァントを紹介するわね。

あそこで美人に膝枕をしてもらっているのが私のもう一人のサーヴァントよ。」

 

 

「??? もう一人のサーヴァントですか?」

 

あ、アルトリアに認識されましたね。

魔力放出してるよー?

エクスカリバーここで放ったりしないよね?

 

うん、逃げないと俺の霊基が間違いなく吹き飛ぶぞ!

 

 

「・・・・・・・・・・なるほど。

これは大変面白いですね。

私というものがありながら浮気ですか、そうですか。

あそこから勝手にいなくなったと思ったらこういうことですか。

話してもらえますよね、兄さん?」

 

 

「・・・・・・・・はい」

 

 

俺は諦め、自分の運命(fate )を受け入れるのだった。

 








※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。