赤い戦士と帝王(天)と欲望の王と。   作:proto
<< 前の話 次の話 >>

3 / 4
第3話 卒業と起業

あれから月日は流れ、高校3年。

映司はちょくちょく学校を休むようになった。きっと、世界を回って子供たちを助けているのだろう。が、もうそろ卒業式が近い。

「そろそろ来ないと、ヤベーイことになるよ〜。」

と、独り言を呟きながら俺は、教室から外の景色を眺めていた。まだ冷え込む日が続いてはいるが、桜の花が咲きそうな感じだ。

「アイツ、風邪とか引いてないだろうな?」

「元気にしてるよ。」

「そうか。なら、良かった!?」

当たり前のように返事をしたが、「なら」の辺りで違和感に気づき、「良かった」と言いながら、全力で振り返る。

「やぁ、久しぶり。拓海こそ、元気してたか?」

「ったく、心配かけさせやがって。」

「ごめんごめん。」

(こうも気のいいやつが、あんな目にあうのか。止めたい、友人として……結末を知っているものとして。だが、それをやると世界が壊れる。)

「そういえば、拓海は卒業後どうするつもりなんだ?大学受験とか?」

「え?しないよ。だって俺、王様になるから。」

「は?」

「え?冗談だよ、冗談。まぁ、会社を設立するんだけどね。」

「へぇ〜、何の会社?」

「うーん、まぁいろんな事業に手を出せるような会社だな。」

「まだ具体案は決まってないんだね。」

「それにまだ下準備が済んでないからな。」

「え?」

「あぁ、なんでもない。」

俺が少し話をはぐらかしたところで、この話題はおわった。

 

 

更に月日は流れ、卒業の日。

映司は卒業式には出ず、国外へと旅立った………俺が渡した大量の派手目のパンツと共に。

俺は卒業証書を受け取り、式の終わりを待つ。

 

卒業式終了と同時に、俺はオートバジンでとある場所を目指す。

目的地は何をやってるかわからない企業『鴻上ファウンデーション』。

予めアポを取ってあるので、入るのは問題なかった。

会長室に入ると、いつも見ている絵面……鴻上光正がケーキを作っている。

「君が、稲生 拓海くんかね。」

「えぇ。お初にお目にかかります、鴻上会長。前座とかご機嫌取りなんかは苦手なんで、本題に入らせてもらうぜ。今から2、3年後、あんたも予測しているだろうが800年前に封印された怪人『グリード』が復活する。俺は、やつらによる被害を最低限にするために動くつもりだ。そのために、アンタの力を借りたい。」

「ほう、グリード復活を予見するか。」

鴻上会長は、俺がグリードについて知っている事に関しては何も聞いてこない。

「では、我々にメリットはあるのかね?」

「あぁ、出資してくれれば、ウチの会社の売り上げ……4割をそっちに譲渡しよう。それから、俺がヤミーを倒した時に発生したセルメダルも……全て渡そう。その代わり、もし出資してくれるのなら、ケチケチせずにドーーンと出資してくれ。俺は、企業がデカくなれば研究が進むから、戦いやすくなる。この世界を守るのは俺の仕事じゃない。俺は自分が戦いたいから戦う。アイツのサポートもしながらな。」

「………いいだろう!だが、4割ではなく……3割で構わない!」

そう言いながら、完成ケーキをこちらに差し出す。そこには、3割とデカデカと書いてある。最初から売り上げは狙っていたようだ。

「私たちの新たなる契約に、ハッピーバースデーッ!」

 

 

こうして鴻上ファウンデーションとこれから設立するスマートブレイン社が契約を結んだ。

 




約3ヶ月ぶりの更新となりました。
大変お待たせしております。


※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。