赤い戦士と帝王(天)と欲望の王と。   作:proto
<< 前の話

4 / 4
大変長らくお待たせいたしました。


第4話 スマートブレインとオルフェノクグリード

スマートブレイン社設立から約1年。

既に社会に浸透した社名は、だいたいの人に聞けば「あぁ、あの会社でしょ!」となるレベルまで到達した。

壊れにくく、程よく高い性能が人々に好感を生んだのだろう。

初期の方に販売していたのは家電がメインだったが、現在は食品類の方向へ事業拡大しようと考えている。

そしてその裏で、拓海は戦闘訓練を積んでいた。やはり前世はただの一般人なので、訓練はしっかり積むべきだと考えている。

内容は高速移動する的の射撃、超硬質素材を蹴りで破壊、大量の的をファイズエッジで斬るタイムアタックなどだ。

そんな事をしているので、表側の社長を村上という青年に任せている。

現在は学校経営も視野に入れているという事だ。

食品分野と学校経営が同時に行えれば、給食などで使う食材も確保できたりするので、低コストで済むそうだ。

こうして会社経営もしっかりと進めてもらいつつ、こちらの戦闘サポートや新たな武器開発などを円滑に進めてくれていた。

 

 

 

そんなある日。

主要都市の監視カメラはスマートブレイン製へと切り替わり、突然の怪人・怪物出現に備えていた。もちろん、復活まであと1年はある。対策をして、アイツを……映司を戦いに巻き込まないようにしないといけない。

本題に入ろう。まだ復活しないはずのグリードが復活したようだ。

俺というイレギュラーが存在したせいなのか、一体復活したようだった。

俺はスマートブレイン社から緊急出動した。

 

 

 

 

オードバジンを走らせ、グリードの居る場所へと向かう。数十分程で目的地に着いた。

「お前……オルフェノクなのか?」

その怪人の体は灰色一色だった。

「いかにも。我はオルフェノクグリード、ガーラ。死者蘇生と進化への欲望により、死体から作られたコアメダルのグリード。」

「そんな情報、漏らしていいのか?」

「構わん。なぜなら、今ここでお前が死ぬからだ。」

「なるほど、冥土の土産にってか!そうはいくか!」

ファイズギアを装着し、ファイズフォンにコードを入力する。

 

〈 5 5 5 〉

『standing by…』

 

「変身!」

 

『complete!』

 

フォトンブラッドが拓海の体を包み込み、その体を仮面ライダーファイズへと変身させる。

オードバジンのハンドルを抜き取り、ファイズエッジを構える。ガーラと向き合う。

「ってか、今気づいたが……なんでオルフェノクがこの世界にいるんだよ。」

早々に片付けるため、ファイズエッジでオルフェノクグリードを斬り伏せようとする。

が、スレスレで避けて来る。余裕だと言わんばかりに。

「チッ、流石はグリードか…。」

グリードの厄介さを確認しつつ、ファイズフォンを銃モードに変えて、構えるのだった。



※この小説はログインせずに感想を書き込むことが可能です。ログインせずに感想を書き込みたい場合はこちら
感想を書く ※感想一覧
内容
0文字 10~5000文字
感想を書き込む前に
感想を投稿する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。
※展開予想はネタ潰しになるだけですので、感想欄ではご遠慮ください。

評価する
※目安 0:10の真逆 5:普通 10:(このサイトで)これ以上素晴らしい作品とは出会えない。
※評価値0,10についてはそれぞれ11個以上は投票できません。
評価する前に
評価する際のガイドライン
に違反していないか確認して下さい。